デジタル

「キタコレ!」の短パン社長にニコ動騒然!

新サービス発表会に登場した社長のいでたちは、記者の目にはツッコミ待ちに見えた……。8月15日、博報堂DYグループのMedia JUMPが、一人ひとりの興味、関心にマッチしたイベント情報を提供するWebサービス「キタコレ!」(http://www.kita-colle.com/)をスタートさせたということで、発表会に参加してみた。

「キタコレ!」とは、独自開発のアルゴリズムを搭載したレコメンドエンジン「キタコレ!エンジン」を利用して、ユーザーの登録情報やサービス利用頻度に基づいて、膨大なイベント情報データベース(ぴあやイベントバンク、データスタジアムといったイベント情報提供会社のほか、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などの各メディア、一般ユーザーによる投稿を集約)のなかからユーザーにピッタリのイベント情報を教えてくれるそう。

キタコレ

「キタコレ!」 利用は無料で、ユーザー登録が必要。TwitterやFacebookのアカウントも使用可能 http://www.kita-colle.com/


イベント情報は、全国規模の興行イベントから地方で実施される小規模なものまで網羅し、人気順・エリア別・カレンダー表示(Googleカレンダーと同期も可)など自分好みにカスタマイズできる。

「!」マークの剃り込みにも注目

会場にはすでに、Media JUMPの代表取締役である小林パウロ篤史氏の姿が。まず目を引いたのが、そのいでたち。短パン&「!」マークの剃り込みが入ったヘアスタイルから、新サービス立ち上げに対する並々ならぬ気合が感じられる。だが、会場はそのことに関してスルー。しかし、会見の模様は、「ニコ動」で生中継され、「パウロって芸名?」「意外とイケメン」など短パン社長に関するコメントが多く寄せられた(名前は本名で、母親がエクアドル人なんだそう)。

「興味のあるイベントでも『気づいたら終わってた!』という悔しい経験はよくあること。また、ネットが発達しても『明日、何しよう?』という悩みはなくなりません。そこに、ビジネスチャンスがあると思い、このサービスを立ち上げました。『書を捨てよ町へ出よう』じゃないですけど、『O2O(Online to Offline)』でユーザーをイベントの場へつなげていきたい」とアツく語る短パン社長。

ひときわ異彩を放っていた短パン ※短パン社長と呼ばれているかは定かではない

ゲスト出演したぴあ取締役・夏野剛氏は、パートナー企業であるにも関わらず、「ウチは奥さんと秘書が予定をすべて決めるので、『キタコレ!』は役に立たない」と仰天発言。会場の笑いを誘った。

一方、「はてなブックマーク」などに技術提供し、今回の「キタコレ!エンジン」を共同開発したプリファードインフラストラクチャーの代表取締役社長・西川徹氏は、アニヲタで、声優の水樹奈々ファンであることを告白。「土日はほぼライブの遠征にあてているんですが、情報が得られず悔しい思いをすることも。そういった“抜け”をなくしたいですね」と、こちらはニコ動ユーザーからも称賛コメントが多数寄せられていた(ちなみに「ニコ動」来場者数は17184人、7225のコメントが)。

超絶レコメンド」(短パン社長談)は、ユーザーの利用頻度に比例して精度が上がっていくそう。夏も後半戦、まだ予定のない人は、試しにキタコレ!の力を借りてみては。

左から、代表取締役共同経営責任者・糸永洋三氏、同・小林パウロ篤史氏、夏野剛氏


取材・文/おはつ




おすすめ記事