R-30

自分でできる精力回復トレーニング

「最近、勃ちが悪いな……」。そんな悩みをお持ちの諸君、まだまだあきらめてはいけない。公私ともに働き盛りのサラリーマンの男性力がアップする方法をエキスパートが伝授

◆画期的かつ簡単!独自鍛錬法

松田慎太郎氏

松田慎太郎氏

 近年、男性力アップで見直されているのが、東洋医術だ。

「東洋医術では、内臓を鍛えて体の機能をアップさせるという考え方をします。意識するポイントを押さえてトレーニングをすれば、精力も簡単に回復しますよ」

 こう話すのは、『40代からの男の体を強くする本』の著者で加圧トレーニングインストラクターの松田慎太郎氏。具体的には何を?

「肺は男性器に直結している臓器です。両手を思い切り横に広げて息を吸うことで、空気が肺に入って大きく広がる。これを毎日繰り返せば、勃起時の固さも角度もアップすること間違いありません」

⇒「写真で学ぶ精力回復トレーニング」はコチラ
http://nikkan-spa.jp/502961


 さっそく実践! だがこの動き、運動不足の記者にとってはかなりしんどい。勢いよく手を広げた拍子に肩の筋肉がつりそうに……。

「もっと楽な方法もあります。会陰と呼ばれる肛門とサオのつけ根を結ぶラインの筋肉を鍛える。イキそうだけど我慢するのをイメージしながら力を入れてください。座りながらでもいいので、デスクワークや電車の中でもできます」

 この会陰こそ、勃起時に角度をつけてくれる筋肉だという。場所も場所だけに、こちらのほうが効き目があるような気がする。

 ほかにも、回数をこなせるスタミナアップトレーニングや、集中力を高めて早漏を防止するトレーニングを教えてもらった。が、回数を繰り返すと結構しんどい……。

「最初は少しずつでもいいですよ。だんだん回数が増えてきたら、それこそが精力回復の証しです」

 ちなみに、どのトレーニングでも意識すべきポイントがあるという。それは、足の重心の位置。

「かかとや足の外側ではなく、足裏の中央部内側寄りにある湧泉というツボに体重をかけるように、普段から意識するといいでしょう。そうすると足の指が鍛えられて男性器の反り返りがよくなります」

 実は、足の指の反り返りは、勃起時の角度と同じだと言われているのだとか。湧泉を鍛えると足の指がグンと反るようになり、勃起力もアップする、というわけだ。

「湧泉を意識しながら毎日トレーニングを続ければ、数か月後には必ず効果が出ると思いますよ。僕の知り合いで、角度が約3度は上向いた人もいます(笑)」

 ビンビン上昇を目指すべし!

【松田慎太郎氏】
加圧トレーナー。加圧ジム「MKジム」を経営。中国整体や古武術などの知識を基に、独自のトレーニング術を開発。近著に『40代からの男の体を強くする本』(中経出版)

― 自宅でできる[精力]回復メソッド【5】 ―

40代からの男の体を強くする本

40歳を過ぎたころから昨日の疲れがとれない、太りやすくなった……などの不調はありませんか

ハッシュタグ




おすすめ記事