恋愛・結婚

キャンセル待ち300人! 大盛況の「自衛隊合コン」

合コン

身体を張って災害救助に当たる姿も好印象だった自衛官の人気上昇中

 合コンセッティングサービスも浸透したなかで、最近は男性の“職業別”括りも人気だ。婚活事情に詳しいライターの山口佐知子氏は「自衛隊、警察官、消防士など肉体派公務員との合コンが盛況」と語る。

「最近の女性は不況続きで相手に堅実さを求める。そこで、堅実さに加えて、有事の際も生き抜ける“サバイバル能力”を持ち合わせた肉体派公務員に辿りつくのです」

 なかでも「自衛隊合コン」は女性のキャンセル待ちが300人(!)も出るほどの大盛況ぶりだ。

「自衛隊員も日々の厳しい訓練、門限の関係で出会いがない。合コンには上司が率先して『日曜空けとけよ』と詔令し、基地の独身男性が丸ごと参加しています。一般的な合コンと違って、彼らの寡黙さも硬派として好感度が上げる」

 例えブサイクでも制服を着れば「3割増しでよく見える」という自衛隊マジック。最近では細分化され、陸・海・空に分かれての開催もあるとか。

「屈強さなら『陸』、繊細さとインテリジェンスを求めるなら『空』とタイプが違う。リピーター女性が多いのも納得の面白さですよ」

 週刊SPA!9月10日発売号「合コン四季報 2013秋」では、自衛隊以外にも、合コン好きOL300人を対象にアンケート調査を実施。「合コンしたい企業」や「アベノミクス効果を感じた企業」など各企業の合コン市場における評価をリサーチしている。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!9/17・24合併号(9/10発売)

表紙の人/中居正広

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事