恋愛・結婚

今夜ヤる! “寸前カップル”の茶番会話を実況中継!

カップルがイチャこいている会話なんてのは、ハタから聞いていると大概茶番だが、なかでも茶番度が凄まじいのが「寸前カップル」の会話だ。「寸前カップル」とは耳慣れない言葉だが、「まだ付き合ってないし、ヤってないけど、今夜この後ヤっちゃうであろうカップル」のこと。巷のカップルの会話を盗み聞くのが趣味の小誌記者が命名した。知りもしないカップルの会話なんぞ聞いて何が楽しいのか、と思うかもしれないが、何事も極めれば芸。茶番もここに極まれり、の会話の応酬には思わず唸らされる。記者が実際に耳にした、公衆の面前でハイセンスな前戯を繰り広げる寸前カップルの会話を紹介していこう。

●「シャチョは何もわかってないヨ!」 片言で訴える部下と夜の帳に……

「ダレもワタシのこと評価してくれないヨ……」

午前1時過ぎ、港区某所のワインバーに静かに響く、アラサー女性の憂いに満ちた声(片言)。

評価されることが目的になっちゃダメなんだよ。とにかく次のシステム立ち上げまでは……」

IT系企業に勤務する中国系女性と、上司といったところか。

「もう、ツライヨ……」

男「仕事ってのは誰だって辛いんだよ」

手厳しい、というよりは薄ーい一般論で返して、聞く耳を持たない男。

「シャチョは何もわかってないヨ!」

男「……俺はお前が頑張ってるの、ちゃんと見てるよ!」

……え、社長だったの!? ていうか、何そのツンデレ会話!

女もドン引きだろう……と思いきや、

「……(ハート)」

……キュンときてる!

そして、シャチョのツンデレ発言以降は空気が一変し、突然ラブモードに。会計を済ませた二人は、タクシーの前で濃厚キス(記者は店の2階の窓からしげしげ観察)を交わした後、果たして同じ車に乗り込んで夜の帳に消えたのであった……。それにしても、随分自由な社風だなあ……。

【Part2】につづく
⇒「私、高校のときいじめられてたんだ……」 トラウマアピールに男はグラッ!

取材・文/マッキーナ




おすすめ記事