ニュース

オンラインゲームで暴言を吐く子供たちが増加中?

子育て, 学校, 教育, 社会, 育児, ゲーム「モンスターハンター」シリーズや、「とびだせどうぶつの森」など、昨今の人気ゲームはオンライン機能によっていつでもパーティプレイが楽しめるのが特徴だ。しかし、見ず知らずの人たちとオンラインでプレイを楽しむには、思いやりや節度あるコミュニケーションが欠かせない。そんななかで、最近問題視されているのが、「オンラインゲームで暴言を吐く子供」の存在だ。

「仲間として遊んでいたのになぜか突然背中を襲われたり、全員で分け合うアイテムをひとりで持ち去ったり……自分の要求ばかりを連呼。叶えられないと『死ね』『殺す』(実際は伏字で表示される)などの暴言を吐く子供たちが増えていて、せっかく息抜きにゲームをしようと思っても却って疲れてしまうこともしばしばです」とは、独身・子ナシ女性の立場から育児にまつわる様々な問題に斬り込む漫画「いくもん!」を週刊SPA!で連載中の漫画家・中村珍氏。

 顔の見える相手ではないので、100%子供だとは断定できないが、「なんねん?(何年?)」といきなり学年を聞いてきたりするプレイヤーは、小中学生の可能性が高いという。こういった話を聞くと、「やはりゲームばかりやっているとキレやすい子供に育つのでは」「ゲームは教育上よくない!」と思う人も多いだろうが、中村氏はそうした意見には異を唱える。

いくもん!1

「いくもん!1」より

「陰惨な殺人事件が起こると、しばしば『犯人はゲームオタクだった』などと、殺人の原因を犯人の趣味嗜好に求める報道が見受けられますが、根本的な原因は違うところにあると思っています。ゲームが好きだからこそ『ゲームで人を殺していると、現実社会でも人を殺しても何とも思わなくなる』みたいな意見を聞くと悲しくなります」(中村氏)

 現在発売中の単行本「いくもん!1」では、「ゲームでキレる子供」についてゲーマーの立場から分析し、「ゲームのせいでキレやすい子供になる」という論調に真っ向から反論。最近のこうした論調に賛同する人も、反発を覚えるという人もぜひ確かめてみてほしい。 <取材・文/牧野早菜生>

いくもん!

中村珍が「カヤの外から」問答し、舌鋒鋭く斬り込む




おすすめ記事