雑学

週1回デリヘルで働く、マイルドヤンキーの女たち

「ヤンキー経済」という言葉が注目を集めている。現代の消費のキーワードは、地方都市のマジョリティである地元族の若者たちが担っているという見方だ。大企業も注目し始めた彼らのライフスタイルと独特の思想・本音を聞いてみた!

◆週1回デリヘルで働く、マイルドヤンキーの女たち

マイルドヤンキー(イメージ写真) 一部地方で増加中なのが「週1デリヘル勤務」の20代女性だ。

「昼間は正社員や派遣で働き、週1回だけデリヘルに勤めるケースです。大体、昼の仕事の月収は10万円前後のコが多く、デリヘル収入を合わせると月収16万~18万円になる」(北関東のデリヘル業者)

 業者からすれば「新人感がいつまでも保てる」ので週1嬢はありがたい存在とか。だが、驚くのは働く女性とその周囲の反応だ。週1デリヘル嬢(23歳)は言う。

「友達はもちろん、弟にもバレてる。むしろ女友達からは羨ましがられます。地元の男たちも『キャバや風俗やれる女はアゲマン』だって思ってて、モテますよ(笑)」

 これもまたマイルドヤンキー独自の価値観なのか??

※写真はイメージです
― [ヤンキー経済]知られざる消費と本音【5】 ―

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体

日本経済「成長の終焉」で出現したマイルドヤンキーの生態とは?




おすすめ記事