エンタメ

吹石一恵は毎日、頭の中で「17の倍数」を唱えている

吹石一恵 その類いまれなる美貌と確かな演技力でテレビや映画、CMに引っ張りだこの人気女優・吹石一恵さん。だが、実は「素数が大好き」という意外な一面があった。

 彼女がナビゲーターを務めるテレビ番組『スーパープレゼンテーション』(NHK Eテレ)はアメリカのプレゼンイベント“TEDカンファレンス”で発表される文化・芸術・科学・ITなどの最先端の講義を英語で学ぶ語学教養番組。吹石さんは、登壇者の人生や背景知識などを紹介するナビゲーターとして出演しており、気取らず自然体の姿が印象的だ。

「打ち合わせの段階で、『今回の内容、全然わからなかったんですけど……』って素直に言っちゃいますね。私は専門的なことを知らない視聴者の代表としての位置づけで、詳しい解説は伊藤穰一さんにおまかせして、嘘のないリアクションを心がけています。難しくて100%理解できなくても、世の中にはこういうアイデアや考え方があるということを知るだけでも、世界が広がる気がすると思うんですよね」

 そして、印象に残っているプレゼンテーションの回を尋ねると、「素数」の話が飛び出した。

「私、実は“素数”が大好きなんです。1とその数字でしか割り切れない、そのにっちもさっちもいかない感じがよくて。気がつくと頭の中で毎日、17の倍数を唱えているんですよ。撮影の待ち時間に、17、34、51……と数えていって、170までいったら満足してやめるんです」

 だが、実は素数好きということはこれまで黙っていたのだという。

「変な人だと思われそうでずっと隠してたんですけど、番組の打ち合わせで思い切ってカミングアウトしてみたら、『素数を扱ったプレゼンテーションありますよ』と言われて、すごいテンションが上がりました! 2は偶数にして唯一の素数なんですけど、柔らかいんだか硬いんだかわからなくて、『もう、なんなのよ~♪』って興奮します!」

 少し前に注目を浴びた「リケジョ」ということなのだろうか? 美貌の女優と「素数」という意外なギャップはなかなか興味深い。

<本誌構成/福田フクスケ 撮影/中山雅文 再構成/SPA!編集部>

※8/5発売の週刊SPA!「エッジな人々」では吹石一恵さんのロングインタビューを掲載中。彼女が業界で愛される理由とは?

週刊SPA!8/12・19合併号(8/5発売)

表紙の人/SKE48

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ハッシュタグ




おすすめ記事