恋愛・結婚

六本木で流行中の「ちんちん侍」ってナニ!?

飲み会の席でのゲーム

王様ゲームへの応用も可能

「山手線ゲーム」「せんだみつお」「たけのこニョッキ」……時代とともに、飲み会の席でのゲームが変化してきている。最近、六本木界隈で大流行りし、酔いつぶれる女子が続出中の「ちんちん侍」を試してきた。

 ルールは至って簡単だ。スタートの人が「ちんちん」「侍」「ちんちん侍」の中から1つワードを選んで誰かを指さす。「侍」と言いながら誰かを指すと、指された人は「シャキーン」と言いながら片手で宙を切る。「ちんちん侍」と誰かが言ったら、参加者全員が大声で「ちんちん侍」と言いながら両手で空手のポーズを決める。

 もし誰かが「ちんちん」といって指してきたら、指された人は女の子であっても、大声で「ちんちん!」と叫ばなくてはならないのだ。恥ずかしがっている暇はない! すぐに誰かを指さし、次のワードを声にできなければ、イッキが待っているのだ。

◆男子諸君にオイシイ罰ゲーム

 いざアップテンポでやってみるとなかなか難しいもので、お酒が入っていればなおさら「ちんちん侍!」の時に出遅れてしまう。

 さらに、恥ずかしがり屋の女の子は「ちんちん」の言葉がどうしても出遅れてしまう。

「はい、アウト~!」

 待っているのは無情なイッキだ。罰ゲームはお酒を飲む以外にも、失敗した人が指してきた人のほっぺにチュー、お願いごとを聞くなど、王様ゲーム的なアレンジも。男性の快楽のために作られたようなドキドキゲームなのだ。

◆口当たりバッチリ。ウォッカ3杯入りの“ガリガリ君ウォッカ”

 記者が六本木で「ちんちん侍」のレクチャーを受けている間にも、隣の席で始まっていた。傍からチラ見していたのだが、おとなしそうな女のコが、「ちんちん」と恥ずかしそうに言っているではないか! 目についたのは、男たちのあられもない欲望。女性陣の中にモデルのような美女がいたのだが、案の定、男たちが彼女たちばかりを集中して指している。

「……ちんちん」

 最初の方こそ小さな声だった彼女たちだったが、ゲームが進むに連れてテンションが上がってきたようだ。お店に響き渡るような声で「ちんちん侍!」と叫んでいる。しかも、彼女たちが飲んでる(飲まされている?)のは、ウォッカにガリガリ君ソーダ味をミキサーした強烈な酒!

「甘いから、お酒って感じがしな~い」

 って、まんまと罠にハマってる気が……。女性はくれぐれも飲まされすぎないように注意していただきたい。 <取材・文/六本木調査隊>


ハッシュタグ




おすすめ記事