恋愛・結婚

海外有名プロゴルファー、熊本ソープを求め日本の大会に参戦――オヤジの“夜”の都市伝説

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その39 ―


ロック 20年以上も、六本木で飲んでいると、有名人のさまざまな武勇伝やエピソードを耳にする。これを都市伝説として紹介したい。あくまで噂ですから、そこんとこヨロシク! って表現が、すでに昭和ですな~。

 元巨人の清原番長は今、金欠らしいが、過去にお金をたくさん持っていた頃、銀座でひと晩500万円を使った伝説がある。東京スポーツには、独身時代に2万5000円のお値ごろソープに花束を持って出かけたと書かれて、遊びを知っている通と言われたんだけどね。

 さあ本題。ここで出ました、最近においてのひと晩の飲み代最高金額ホルダー。某ネット通販会社オーナーのМさん登場です。とある日、お目あてのコのいる店に来て、まずは1本オーダー。彼の1本とはロマネコンティのことで、だいたい100万円が相場だ。次第に盛り上がり、さらに1本、また1本となり、5本目あたりから、これはちょっと尋常じゃない空気が漂い始めた。

 そもそも店にそんなにロマネを置いていないから。ママが知り合いの店に電話して、ロマネを借りる。「どうしたの?」「実はМさんが来て、どんどん頼むのよ~」「あら面白いじゃない、店に行っていい」となって、見物するママまで現れて、ちょっとした騒ぎに。結局、たくさんのママがロマネ持って押しかけて、頼んだ数はざっと20本。これがМさんのロマネ20本、2000万円伝説だ。

 500万円に分けて4回飲むなら、2000万円をポンと使った方が賢い。だってそれだけ話題になって伝説化されるのだから、おそらくこんなアホな記録、今後も破られないだろうな。何を飲んでもすべてオシッコなんだからさ。

 続いて、海外の超有名プロゴルファーのお話。セックス依存症にもなったゴルファーが、日本の試合出場のオファーを受けたときのエピソード。どこで試合があるんだい、関東か、関西か、九州か? 彼は九州なら行くと言ったそうで、ちょうど宮崎県で試合が開催されるので、渡りに船だったそうだ。

ゴルフ その真意はどこにあるのか。熊本にある伝説のソープランドBは、一見さんお断りで、日本一というもっぱらの噂だ。店に入るなり、お客様の足の指をそのまんま、舐めてくれるという。そのゴルファーはそこに行くために、宮崎の試合に出たらしい。もちろん、順番を待って無料のタバコなど吸うわけもなく、行ったら当然貸切でしょうね。

 ソープランドにまつわる伝説はいっぱいある。動物愛好家の有名おじいさんが、ソープ大好きで、動物を可愛がるようにソープ嬢に接するから、笑いをこらえるのが大変だったとか。

 そういうえば最近、ススキノのソープに行った人の話。ひと通りサービスを受けて世間話をしたら、なんと女性は、某有名エステの従業員だという。噂通りノルマが厳しくて、達成できないと罰金になるので、せっせとソープで働いて罰金の補てんをしているとか。なんか本末転倒のような気もするが、さすがエステティシャン、スゴく気持ちよかったという。お客様を癒す意味では似てるから、いっそ転職したらいいんじゃないか、余計なお世話ですね。

木村和久

木村和久

 というわけで、一連の話はあくまで都市伝説ですから、本当のところはわかりません。信じるか信じないかは、あなたのやましい気持ち次第です。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。著書に『50歳からのかろやか人生』





おすすめ記事