恋愛・結婚

真面目な性格の人妻ほど、一度タガが外れると淫らになる

いつまでも女でいたい――ということなのか、不倫相手と秘め事に勤しむ昼顔妻たち。人妻キラーの攻略術をもとに、極力リスクを減らして密事を楽しむ術を探ってみた。

◆『人妻不倫旅行』監督が語る、真面目な性格の人妻ほど一度タガが外れると淫らになる

不倫 初対面の人妻と1泊2日の不倫旅行に出かけるハメ撮りシリーズ『人妻不倫旅行』で大勢の素人妻と接してきた高橋監督。応募してくるのは夫の浮気やDVなどの問題を抱えた女性が多いという。

「一期一会の関係だから、好き勝手なことが言えるんですよ。あと結婚生活の長い人妻は自分が女性であることを再確認したがっています。特にお子さんのいる奥さんは、夫からも女として扱われず、名前で呼ばれることもなくなる。だからAVに出ることによって自信を取り戻したいんです」

 人妻を濡らすオープンマインドの手法として、高橋監督が推奨するのは初恋話を聞くこと。

「いくつになっても女性は初めての恋愛を明確に覚えていて、思い出すうちにウブな少女に戻るんです。夫との馴れ初め話も重要ですね。学生時代に知り合ったパターンと略奪愛では、自ずと攻め方も変わってきます。意外に恋愛経験に乏しい真面目な性格の人ほど、浮気にハマりやすい。中でも厳格な家庭に育った女性はタガが外れるとスゴい。堕ちることに一種の憧れもあるんでしょうね」

 一度乱れると止まらなくなるのも浮気妻の大きな特徴だ。

「年齢が高い女性ほど反応が良くて、充実したセックスをします。たとえセックスレスでインターバルがあっても、昔の快感を取り戻して止まらなくなるパターンが多い。それに旅先では大胆になって、夫とは恥ずかしくてできないことも喜々として試したがるんです」

 飢えた人妻との濃厚なセックス。危険を冒す価値はあるかも!?

【高橋浩一氏】
1984年にAV男優として業界に関わり翌年、監督業をスタート。代表作『人妻不倫旅行』シリーズは今年9月で150作目を突破

― [昼顔妻]の危ない生態【4】 ―




おすすめ記事