恋愛・結婚

【女のウラ副業】“1日彼女”で時給3000円

【女のウラ副業】一日彼女で時給3000円

「ただ散歩するだけで1時間3000円の稼ぎになる。お客さん次第ですけど、割のいいお仕事だと思いますよ」と香澄さん。副業で得た収入の使い途は「ほぼ生活費の補填」だという。「今の時代、孤独な人が多いですね」と痛感中

 5年前、夫が勤めていたIT会社が倒産。その後は別のIT会社で派遣社員として働きはじめたが、年収は600万円から200万円台に激減し、2人の子どもを抱えた生活は困窮。それまで専業主婦だった香澄さんは、3年前に介護ヘルパーの資格を取り、訪問介護の仕事をはじめた。だが……。

「仕事は超ハード。でも、時給は900円程度でした。一時は風俗でもやろうかなと真剣に悩んだこともありました」

 そんな彼女が、女性スタッフ専門の「便利屋」で働きはじめたのが半年前。「ヘルパー仲間の奥さんが、訪問介護の仕事をしているときにひらめき、立ち上げた会社です。最近は1人暮らしの男性が急増しているし、老老介護も多い。純粋な介護だけじゃなく、買い物代行とか、掃除、洗濯など需要はいろいろあると踏んではじめたら、あたっちゃって」

 元同僚に誘われ、彼女もスタッフの一員に。時給も900円から3000円に跳ね上がった。どんな仕事が多いのか。

「一番多いのは、“1日彼女”や“1日奥さん”ですね。最低1時間、料金は6000円から。一緒にスーパーにお買い物に行ったり、スカイツリーに遊びに行ったり。もちろん、買い物やデートの実費はお客さん持ちです。当然ですが、エッチな行為は表向き、厳禁です」

 表向き? とは意味深な言葉だ。

「スタッフのなかには、会社に内緒でお客さんとそういう行為をして、お小遣いをもらっている人もいるみたい。でも、私は潔癖症だし、時給3000円で十分と思っているので、誘われてもお断りしています」

 1か月の稼ぎは「10万~15万円程度」。たしかに重労働の介護の仕事よりは楽そうだが……。10/21発売の週刊SPA!では「[女の(裏)副業]高収入ランキング」という特集を組んでいるのだが、香澄さんの副業は全10職種の7位にランクしている。ほかも気になる!という方はぜひ本誌を読んでほしい。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!10/28号(10/21発売)

表紙の人/久松郁実

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事