恋愛・結婚

OL300人が認定、壁ドンより効く「男のモテ仕草」…ねじポケ、顎クイ、なろ抱きetc.

まさかの大流行となった壁ドン。実際にアンケートを取ってみると、経験者の約6割が胸キュンしたと告白。その威力は確かなものらしい。一方で「壁ドンはもう古い」との声も。そこで今回は壁ドンを超える“モテ仕草”をSPA!が提唱。その胸キュン度を独身OL300人に調査した ◆女を落としたいなら男らしく強引に迫る<オラオラ系モテ仕草>
小高千枝氏

小高千枝氏

 心理カウンセラーの小高千枝氏によると「壁ドンのような強引な仕草は、女性の『そばにいたい』という親和欲求、『認めてもらいたい』という承認欲求、さらに『守ってもらいたい』という依存欲求を満たしてくれる」。そこで、男性からの積極的な行為を「オラオラ系」とカテゴライズして紹介したい。  まず、冬に大活躍しそうなのが、女性の手を自分のポケットにねじ込む「ねじポケ」(213人)。「強引に手を繋がれる感じがいい!」(24歳・SE)という声に加え、カリスマ出張ホストの藤崎清十郎氏は「『救急手当て』などの『手当て』は『手を当てる』ということ。それほど手には力があり、スキンシップは効果的」と語る。  同じ「手」でいえば、女性の腕を掴んで引き寄せる「腕グイ」(220人)も高評価。「普段おとなしい人にされるとギャップ萌え」(27歳・公務員)と、いつもと違う「オス」の一面にキュン。飲み会などのどさくさにまぎれて繰り出そう。
ねじポケ

ねじポケ

 顎を持ち上げてキスを迫る「顎クイ」(202人)には、「壁ドンは何をされるかわからないけど、顎クイはキスしかない。クイられた時点でキスしてるも同然って、エロくないですか?」(25歳・商社)と大興奮。そして、オラオラ系屈指の胸キュン度を誇ったのが、女性を後ろから抱きしめる「なろ抱き」(261人)だ。男女関係コラムニストの勝部元気氏は、「守られているという安心感と背後を取られる緊張感がほどよくミックスされ、性的興奮にも似た甘い感情を呼び起こす」と分析。世の女性たちからは、「その気があるのか不安なときにいきなりされると、『我慢してたんだ! かわいい!』って愛おしくなる」(28歳・司書)と熱烈なラブコールが届いた。  ただ、オラオラ系の注意事項として「強引さの後には必ず優しさを足すこと」と、女性向けAVメーカー・シルクラボ代表の牧野江里氏。「オラオラと優しさの波が何度も寄せ返すことで女性は幸福感に包まれる」とか。なるほど! Q1. 壁ドンされたことがある? ・「ある」82人 ・「ない」218人 Q2. 壁ドンされてどう思った? ・「キュンとした」48人 ・「なんとも思わなかった」28人 ・「ドン引きした」6人 ★オラオラ系モテ仕草 ●頭ポン<胸キュン度:266人> 「今日もお疲れ~」などと言いながら、頭を優しくポンポン。「いつも厳しい上司にやられて、ちょっとうるっときた」(24歳・食品) ●なろ抱き<胸キュン度:261人> ドラマ『あすなろ白書』でキムタクが見せた名シーン。「寂しげな背中を、背後から包み込むように。ポイントは“癒やし”!」(牧野氏) ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=780025
なろ抱き

なろ抱き

●腕グイ<胸キュン度:220人> 人混みではぐれそうなときや別れ際に、腕をグイッと引き寄せる。「不意打ち的な力強さに、一種の思考停止状態に」(藤崎氏) ●ねじポケ<胸キュン度:213人> 寒空の下で凍える女性の手を取り、強引にコートのポケットにねじ込む! 「恋人未満の気になる人にやられたら一発で落ちちゃいそう」(25歳・金融) ●オレぬく<胸キュン度:213人> 「俺、手あったかいんだよね。ほら」と、女性の手や頬を包み込む。「クールキャラだとさらにいい!」(27歳・医療) ●顎クイ<胸キュン度:202人> 片手で顎をクイッと持ち上げ、そのままキス。「顎を持ち上げられるという非日常のサプライズはその場を一瞬で劇場と化す」(藤崎氏) ●髪クシャ<胸キュン度:184人> 「かわいくてたまらない!」と、ちょっと男らしく髪をクシャ。「髪は女性にとってのアイデンティティ。その分、親密さを感じます」(小高氏) ●NHK<胸キュン度:182人> 二の腕(N)を引っ張って(H)突然キス(K)。受信料を払っていないあのコも、この取り立てからは逃れられない! 【壁ドン超えならず……】 ●指キス<胸キュン度:157人> 「しゃべっちゃダメ」との意味合いで唇に指で触れる ●キス飲み<胸キュン度:132人> 女性のドリンクを「一口ちょうだい」と間接キス ●トイトーク<胸キュン度:124人> 合コンにてトイレ前で待ち伏せして二人きりでトーク ●膝ツン<胸キュン度:117人> 居酒屋のテーブルの下で膝をつついたり足を絡める ●デコツン<胸キュン度:112人> 女性のおでこをツッコミのノリで軽くつつく 【小高千枝氏】 心理カウンセラー。’10年、渋谷区広尾に「メンタルケアサロン~ピュアラル~」を開業。心身症・神経症をはじめ、カップル間など各種カウンセリングを行っている 【藤崎清十郎氏】 フリーの出張ホスト。著書に『悪用禁止! 女心を操る禁断のテク』『「モテの原理」モテるオトコに変わるための出張ホスト禁断の教え32』(共にゴマブックス) 【勝部元気氏】 コラムニスト。ジェンダー論、現代社会論、コミュニケーション論などを切り口にした男女関係論が専門分野。現在、ブログ「勝部元気のラブフェミ論」も運営中 【牧野江里氏】 女性向けAVレーベル「シルクラボ」のプロデューサー。女性視点のSEX論や恋愛論についてのコラムも執筆・連載中。最新DVD『ワーキング+(プラス)』が発売中 ※調査対象 東京・大阪・名古屋ほか都市部に暮らす22~35歳の独身女性300人を対象に、男性の仕草別に胸キュンするかどうかを調査した ― 壁ドンより効く[男のモテ仕草]があった!【1】 ―
恋愛氷河期

著者は、ナンパ禁止論や反・不倫論で話題を呼んでいるコラムニスト。男性から、かつ若手からの立場で、女性に厳しい社会に真っ向からダメ出しをする。

悪用禁止!女心を操る禁断のテク

オンナの電話番号は決して聞くな!


「モテの原理」モテるオトコに変わるための出張ホスト禁断の教え32

モテない自分には、もう、戻れない……

Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事