恋愛・結婚

40代独身男が結婚に目覚めたらどうすればいいのか?

40代独身男が結婚に目覚めたらどうすればいいのか?「そろそろ結婚したい――」。例えば知人・友人から届いた年賀状の内容が、家族ネタに変わっていたりすると、そう思ったりしないだろうか? ふと気づけば自分も40代。最近は合コンにも誘われなくなり、なかなか若いころのように出会いもなく、今から婚活するにしても何をしたらいいのかわからない。流行りの婚活サイトでの出会いに挑戦してみようにも、どうふるまったらいいのか……。そこで迷える40代独身男はどうやって出会えばいいのか? 累計会員数90万人、業界最大級の婚活サイト「youbride」を直撃してみた。

◆婚活サイトにいるアクティブな女性は子どもが生みたい!?

youbrideの会員データ

「弊社の女性ユーザーのメインは30代です。彼女たちは、そろそろ子どもを生むリミットを感じてきているため、いつまでに結婚したいと、期限を区切って婚活する人が多いのが特徴です。そのため、子育てのことなどを考慮して、相手の男性の年齢も同年代の30代を望む人が多いのですが、場合によっては40代でもかまわないと考えている女性も多い」とは、Youbrideの広報。同サイトは、mixiグループが運営している婚活サイトで、無料会員登録を済ませれば、すぐに会員検索も可能で、有料会員にならなくても、どんな女性がいるのか下調べすることもできる。会員が登録しているプロフィール情報には、年齢、居住地、最終学歴、身長、体型、プロフィール写真など基本的な情報に加え、仕事と収入、ライフスタイル、結婚観など婚活サイトならではの項目が並んでいる。

「女性側が気にしているのは、相手の経済力や性格、価値観の一致など。こうした点がOKなら、相手の離婚歴は気にしていないようです」

 結婚生活に重要な価値観を確認できるように、youbrideでは価値観についての項目が、共働き、子供、家計、旅行、食事、趣味、育児、性生活といったように細かく選択できるようになっている。相手次第や未登録の項目もあるが、見つけた相手との結婚生活をイメージしやすいだろう。実際に記者が結婚相手に望む条件を細かく設定してみると、多数ヒットし、さらに好みの顔の人を選ぶことができた。なかでも、サキさん(仮名)は、年収500万以上、休日は部屋の掃除とジム通い、互いの仕事を尊重しつつ、2人の時間を大切にしたい、というプロフィール文で好印象。文章は控え目ながら、プロフィール写真はあざといメガネ写真な点も面白い。

◆清潔感ある自撮り写真、500文字以内のメール、etc.婚活サイトの鉄則とは?

40代独身男が結婚に目覚めたらどうすればいいのか?

youbride 検索結果画面。顔写真には編集部でモザイク追加。非表示部分は、自分もプロフィール写真を登録すると閲覧可能

「男女限らず、まず大事なのはプロフィール写真ですね。写真がない男性とはやりとりしないという女性は多いです。仮に写真があっても、40代男性は自撮りに慣れてないため、極端に顔だけの“どアップ写真”だったり、背景がすごく汚い部屋だったり、なぜか洗面所で撮っていたりと、婚活サイトのプロフィール写真としては、NGな写真を掲載している人がいます。イケメンである必要も、無理やり若ぶる必要はなく、自然な笑顔で清潔感を感じさせるスナップなどを、トリミングしたものをプロフィール写真にしている人のほうが、女性のウケはいいです」

 詳細な男の自撮り方法については、こちらを参照されたし(http://nikkan-spa.jp/614867)。さらに、注意したいのがプロフィール文やその後のメッセージの書き方だ。

「若いころに、ケータイメールなどがなかった40代男性は、メールのコミュニケーションが苦手な傾向にあります。女性ユーザーへのインタビューでわかったのですが、論文のような長文メッセージで、自分の趣味や自慢話を一方的に書いたメッセージを送ってくる男性が一定数いて、印象があまりよくないそうです。メールでのコミュニケーションも通常の会話と同じ。相手の仕事や趣味、価値観などで共感したところや共通点などを交えつつ、必ず女性のプロフィールには触れ、一度のメールは500文字以内に収めるのがオススメです。共感や共通点が一切ないメールでは、返信がくる可能性はかなり低いでしょう」

 基本的には、女性とのコミュニケーションは、メールも会話も聞き役7割、自分話は3割程度がいいだろう。

40代独身男が結婚に目覚めたらどうすればいいのか?

結婚観に関する項目。自由記述部分は編集部でモザイク追加

「あと、メールでのコミュニケーションが苦手な40代男性は、メールでのデートの誘い方にも慣れていません。弊社のアンケートでは、やりとりが9往復したら、もう会ってもいいというアンケート結果が出ています。しかし、それを超えてもデートに誘わずに、そのうち話すこともなくなり、なんとなくフェードアウトしてしまう男性が多いという女性の意見がかなりあります。9往復もやりとりをしていたら、見たい映画、好きな食べ物、よく行く街などの話が絶対に出てきたはずなので、その時に『今度一緒に行ってみませんか?』などと誘ってみるべき」

 サイトの目的は結婚だ。友達探しではない。出産のリミットが迫っている女性にすれば、9往復でも長いかもしれない。ダラダラとしたやりとりはのぞまれていないのだ。

◆年齢ではなく自分と相手の相性でパートナー探しを!


「性格タイプ別の恋愛相関図」。男性では「包容力」タイプ、女性では「癒し系」タイプに、異性からの人気が集中していることがわかる

「最後に、40代男性で20代前半の女性にアプローチして成功する人は多くありません。それでも成功している人は、経済的な状況がいいとか40代だけど顔がイケメンというだけではなく、自分のキャラや市場をよくわかっている人です。例えば、多くの女性から人気があるのは包容力がある男性。そのため、包容力を身につける努力をするのは一つの手です。あとは、自分がやんちゃなら女性は天真爛漫を狙うなど、自分のキャラと相性がいい女性を見つけ、持ち味を生かして攻めるのです」

 要するに婚活サイトで成功している人は、年齢よりも相性で相手探しをし、アプローチをしている人ということだ(詳細はこちら⇒http://youbride.jp/contents/koimen/?num=1)。本気で婚活を考えるなら、40代男性でも、このようにいくつかの戦略的アプローチを行うだけで出会いは見つかる。まずは一度、試してみてはどうだろうか。

●youbride
http://youbride.jp/r/spa201501/

<取材・文/日刊SPA!取材班>

ハッシュタグ




おすすめ記事