恋愛・結婚

エリート化が進む風俗嬢。75%の女性が面接に落ちている

エリート化が進む風俗嬢。75%の女性が面接に落ちる実体とは?

写真はイメージです

 風俗業界で働くのは簡単な話ではない。さらに現在は、風俗店に入ることすら難しく、女性の75%が面接に落ちるという。どういう女性が風俗店の面接で落されるのか。実例を紹介する。

「あたし、8年前くらいまでは渋谷のデリヘルで月に50万円くらい稼いでたんだよ。あの頃が一番よかった」

 目を輝かせながら昔話をするのは、現在は援交で細々としのいでいる山村彩さん(仮名・33歳)だ。彼女は20歳から10軒以上の風俗を渡り歩いたベテランである。だが、不健康そうな肌の色、バサバサの髪の毛、お世辞にもカワイイとは言えない。

「一番稼いでた頃はお客さんからお願いされて、外で会ったりお小遣いもらってた」

 彼女は当時から店に内緒で直引き(外で客と会うこと)や、別料金で本番を繰り返しており、それが“人気”の秘密だったという。実際、さして可愛くなくとも本番させてくれる風俗嬢はネットなどで情報が広がり、指名が入るようになるのだ。結局、そういったことが店に知られ、何度かクビになったという。

「最初は体洗って、リップして、フェラしてって面倒くさい。最初にお小遣いほしいみたいに匂わせて……でも、もらえなくても本番してたなぁ(笑)。そっちのほうが楽だし」

 献身的なプレイもせず、気分で小遣いを求めたり本番させたりする女性が生き抜いていけるほど風俗は甘くはない。気がつけば指名よりもクレームが多く入るようになってしまった。

「店長にマジギレされたこととかあって、なんか店に縛られて“仕事”するのがかったるくなってきちゃった」

 少し前までは知り合いのスカウトのつてで地方に“出稼ぎ”に出たりすることもあるが、それも今はほとんど声が掛からないという。

「店に入れば定期的に稼げるけど、やっぱ面倒くさい。それにもう、面接行っても全然ダメ。熟女系のデリヘルもダメだった。もう、こうなったらコンビニのバイトでも応募してみようかなって思う」

 面倒くさいが口癖の山村さん。コンビのバイトはそんなに甘くはないことを彼女は知る由もない。

※1/27発売の週刊SPA!では「75%の女性が風俗面接に落ちていた!」という特集を掲載中。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!2/3号(1/27発売)

表紙の人/中村アン

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事