R-30

『まどか☆マギカ』で人生論を語る35男って……

どうにも挙動や言動がおかしい30代のオッサンが増えている。ももクロなど束モノアイドルに目覚めてみたり、『魔法少女まどか☆マギカ』をフックに人生論を語り出したり……。その迷走について『なぜ男は35歳を境に狂い始めるのか?』にて触れたところ、大きな反響があった。そこで、さらなる分析を進めてみたところ、「人生をこじらせた男たちには共通点」があったのだ。社会学者の阿部真大氏によれば、OVER35の「こじらせ男」は下記のように分類されるという。

over35

誰かオレとまどマギについて語らないか!?

◆青春回顧系
・束モノアイドルに夢中
・フジロックに全力
・男子会好き
・プラトニックラブに開眼

◆人生まとめ系
・SNSで自分語り
・深夜アニメで人生を語る

◆自己完結系
・オナニー大好き
・やたらいいマンションに住む

◆次のステップがズレてる
・右傾化

ちなみに、カネと暇がある「独身男」がもっとも迷走しやすく、次に「子どもなし、嫁は専業主婦」→「子どもなし、共働き」→「子どもあり、嫁は専業主婦」→「子どもあり、共働き」の順になるという。

阿部氏は「30代後半になると男性の婚姻件数は激減しますし、配偶者が同世代であれば出産も年々難しくなっていく。『俺はもう一生結婚できないかもしれない』『もう子供を持つことはない』という不安や諦めを打ち消すために、青春を振り返ったり、人生論を語ったりして自己肯定へと繋げているのでは?」と分析している。

少し前ならば、未婚で子どもがいなくても、仕事を頑張っていれば社会的にも承認された。しかし、「男性のアイデンティティは会社というコミュニティが支えていたのですが、今では稀薄になっている。仕事が男性のアイデンティティを支えてくれなくなったことが、迷走を生む一番の原因なのかもしれません」と続ける。

これは大いに頷けるのではないか。人によって何にハマるかはさておき、仕事が充実していてプラベートも忙しいとなれば、男子会に勤しむことも、「まどマギ」について熱弁することもないだろう。しかし、「そんな人生楽しいか?」と、こじらせている筆者は思うのだ。「うんうん」と同意した同志たちには、週刊SPA!11月8日発売号「[人生をこじらせた男たち]の共通点」を読んでもらいたい。納得すること請け合いである。

文/犬飼孝司(本誌) イラスト/ただりえこ

魔法少女まどか☆マギカ 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

第11話と最終第12話を収録。特典CD付き




おすすめ記事