いざ桐生!

ボートレース桐生で開催されている
開設60周年記念・G1赤城雷神杯

大好きな山崎智也選手と湯川浩司選手が出場するということで
仕事がお休みの日曜にでも行きたかったのだけど

土曜の夜も遅いし、
月曜日も仕事だし、
ナイターだし、

関東とはいえ遠いし

諦めていたのですが
土曜の夜に、ここ最近ボートレースに興味を持ってくれたお友達が

『明日行かないの?俺ら行くよ!』

とサラッと言い放ち、
いや、私、行くでしょ、と。

今までほぼ1人で行っていたボートレース、今年に入って興味を持ってくれるお友達続出。
みんなで行くとこれまた楽しいんだよねー♡

と、言う事で行っちゃいましたよボートレース桐生!!!

ドラキリュウ

色あせて色白になったドラキリュウがお出迎え。


本当に施設がきれい!

ゴミ箱

ゴミ箱も無駄におしゃれ(笑)



下道で行ったもんでなかなか手こずっちゃって駆け込みでドリーム選手インタビュー。

ギリギリ湯川選手だけ見られました。
6号艇で助かったー(笑)

そして1Rから観戦。
券売機に並んでいると隣にやたら空いている券売機が。
しかも券売機の並びだけじゃなく、水面側の壁にもあったり、とにかく数が多いのに並んでない!

『ドラタッチ・・・?』

そう。ボートレース桐生には入会費・年会費無料のキャッシュレスカード
『DKカード』なるものがあって
(ほかの場もそれぞれのカードがあったりする)

銀行のATMみたいな専用機で、PASMOとかスイカみたいにチャージして、

そこから舟券を買えるの。

更に当たり額はそのままカードにチャージされ、払い戻し期限は1年間と長めだから

舟券落とした《゚Д゚》とか
払い戻しのヒマが(;´д`)・・・
とかの心配がほぼ無い!
(また来るきっかけにもなるし♪)
全額引き出したければまたATMみたいな専用機で引き出せる。

こりゃいいぞ、と。

更にこの日はキャンペーンで600円分のお食事券がもらえるとの事で早速みんなでいそいそ作りました(笑)

DKカード

3種類のデザインから「舟券デザイン」をセレクト!かわいい!


そのお食事券で食べたのはもちろん

ソースカツ丼

ご飯少なめは40円引きの650円!

新井食堂のソースカツ丼~♡

お肉やわらか♡衣サクサク♡ご飯もちょうどいい♡
ソースの絡み方もしつこくなくてペロリと食べられちゃう(♡´艸`)

お食事券を使ったもんで50円で食べられましたよ何これ天国?

そしてレースはほぼ本命決着かと思いきや後半荒れる荒れる(笑)

10R、人気は断然1号艇篠崎仁志選手。
そしてオッズ見てたら3号艇の山下選手の単勝が144倍ついてたから

『夢舟券♪夢舟券♪』と購入。

みーんな同じこと考えてて、最終的には5.9倍まで下がっちゃったんだけど

なんと人気に答えて山下選手、1着。

3連単、6万舟。

コレハ(°д°)トレナイヨ・・・

そしてその次のレースも5万舟。
信頼度の高い選手のインが飛ぶことの恐ろしさよ(;´д`)

そして湯川選手の出るドリーム戦。
さすがに桐生の6コースは勝負的には遠いんだけど

鑑賞的には近いんですよ( •̀ω•́ )و

もちろん湯川選手からの夢舟券も買いつつ、
大好きな1-2-3も抑えつつ、
柵に張り付いて観戦。

結果は残念ながら4着に破れてしまったのだけど
久々にこんな間近で湯川選手のレースが見られて幸せすぎた(*´ω`*)

やっぱりレースを見て惚れ込んだ選手は
生でレースを見るのが一番だな、としみじみ実感しつつ

私のドタバタ日帰り桐生は終了致しました。

舟券は山下選手の単勝と、12Rだけ。
完全に買い方ヘタクソでした。
記念はやっぱり強豪が集まってるだけあって難しいなー

でも楽しいなー

記念も確実に取れるようにならなくては。

馬場絹依40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する

馬場絹依の他の記事

2016.06.09

SPA!ボートレース女子部員

白河雪菜 27歳、東京都出身。ボレ女の中心メンバーとして、各種メディアに精力的に出演。元プロ雀士として磨いた勝負勘を舟券テクニックに生かし、初心者の方でも高配当をゲットできるような、わかりやすい舟券テクニックを紹介
小林真希 21歳、大阪府出身。関西有名私大に在籍する秀才ボレ女。大学卒業後の夢はボートレーサー。舟券テクニックはまだまだ初心者でも、同世代の若手レーサーたちの魅力について熱く語っていく予定だ
篠原麻実 26歳、兵庫県出身。「尼崎と住之江を中心とした、地元密着な情報を女子目線で発信したい」という関西超LOVE!な地元愛に溢れたボレ女。キュートで落ち着いた雰囲気から“ボレ女の良心”とも言われる
柴田千恵子 21歳、和歌山県出身。艇界のエース、山崎智也選手を追いかけ続け、「今年は山崎さんの出るレースは全部1着で買い続けます!」と宣言。斜め上をいく発言と天然キャラで人気を集める、現役女子大生ボレ女
馬場絹依 40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する
増田美由紀 26歳、神奈川県出身。ボートレース唐津でピットリポーターを務めた経歴を引っさげて堂々のメンバー入り。ナイターレースを中心とした“夜のボートレース”の魅力を伝えていきたいとう実力派ボレ女