FXのpipsとは?初心者でもわかる計算方法とpips目安の損切がNGの理由

【PR】この記事には広告を含む場合があります。
FX-pips

1pipsって何円なの?
円とドルで1pipsは同じ?
pipsを使ったFXの損益計算ができるようになりたい

この記事を読むと、上記の疑問や悩みを解決できます。

pipsはスプレッドや損益計算で登場する単位です。

ドル円の場合は1pips=1銭です。

しかし、通貨ペアが変わると上記の限りではありません。

そこで今回は、pipsの仕組みと単位を解説するとともに、具体的な計算方法と注意点をお伝えします。

目次

FXのpipsとは

pipsとは

pips(ピップス)は「percentage in point」の略として通貨ペアの変動幅を表す数値で、通貨の1%(=100分の1)を表す値動きの最小単位です。

為替取引では2国間の通貨を取引するため、共通の単位でそれぞれの値動きを示さなければなりません。

為替の価値変動を共通単位で示すもの、それが「pips」です。

どうしてpipsを使うの?

為替取引において、pipsを使うのは利点は次の2つです。

メリット
  • パフォーマンスを比較しやすい
  • 値幅やスプレッドが一目でわかる

値幅が統一されるため、取引のパフォーマンスを一目で把握できます。

また、pipsは値幅だけでなくスプレッド表記にも使え、異なる通貨ペアとの比較が簡単です。

1pipsは日本円でいくら?

1pipsは日本円でいくら?

1pips は1円の100分の1、つまり1pips は0.01円(1銭)です。

10pipsなら0.1円、100pipsなら1円です。

またトレードで20pips 儲けたといった場合、通貨数量によっても何円になるのかが変わります。

参考

1通貨の20pipsは1通貨×0.2円=0.2円(20銭)

1,000通貨の20pipsは1通貨×0.2円=200円

1万通貨の20pipsは1通貨×0.2円=2000円

FX会社はよくスプレッドの単位を【銭】で表記していますが、日本円が絡む通貨ペアの場合、1銭=1pipsという解釈でOKです。

例えばスプレッドが0.3銭と表記されていれば、0.3pipsということです。

しかし、銭とpipsがイコールなのは日本だけで、実はここに落とし穴があります。

pipsはどの通貨も少数第2位以下?

1銭=1pipsということで、初心者の中には通貨単位の最後の桁がpipsと認識してしまう人がいる。

ところが、これは間違いです。

通貨ペアによってpipsが小数点以下の第何位になるかが変わります。

通貨ペアによるpipsの違い

通貨ペアによるpipsの違い

日本円が絡む通貨ペアである「クロス円」と、日本円が絡まない通貨ペアである「ドルストレート」で1pipsの見方が変わってきます。

①クロス円

米ドル円やユーロ円、ポンド円といった円の絡む通貨ペア(クロス円)では1pips=0.01円=1銭です。

「●●/円」と表記される通貨ペアには全て当てはまります。

クロス円では日本円に換算すると小数点が2桁ずれると覚えましょう。

②ドルストレート

ユーロ米ドルや豪ドル米ドルといったドルストレートでは、米ドルの最小単位は「ドル」ではなく「セント」です。

1pipsは1セントの1%なので、0.01セントですね。

0.01セントを米ドルに直すと

0.01セント=0.0001米ドル

です。

つまり、1pips=0.0001米ドルです。

小数点が4桁も動くので、イメージしにくいね。

こちらも、「●●/米ドル」と表記される通貨ペア全てに当てはまります。

また、日本円以外のほとんどの通貨が米ドル同様「1pips=0.0001通貨単位」です。

通貨ペア別pips早見表

対通貨1pips通貨ペア例
0.01円ドル円、ユーロ/円 など
米ドル0.0001米ドルユーロ/米ドル、ポンド/米ドル など
豪ドル0.0001豪ドルユーロ/豪ドル など
スイスフラン0.0001スイスフランユーロ/スイスフラン など
ポンド0.0001ポンドユーロ/ポンド など
ニュージーランドドル0.0001NZドル米ドル/NZドル など
カナダドル0.0001カナダドル米ドル/カナダドル など
中国人民元0.0001元米ドル/中国人民元 など

pipsの計算方法

pipsの計算方法

pipsからの損益を計算する方法を紹介します!

pipsから損益額になおすには、次の式で計算できます。

利益(損失)額=取引量×利確幅(損切り幅)÷100

例えば、米ドル円の通貨ペアを1万米ドル取引して1pipsの利確をした場合で計算してみましょう。

1万米ドル×1pips÷100=100円

超便利なpipsの「変動・損益」早見表!

スクロールできます
購入レートからの変動幅・損益額
取引通貨量1銭(1pips)5銭(5pips)10銭(10pips)50銭(50pips)1円(100pips)
1000通貨10円50円100円500円1,000円
2000通貨20円100円200円1,000円2,000円
3000通貨30円150円300円1,500円3,000円
5000通貨50円250円500円2,500円5,000円
1万通貨100円500円1000円5,000円10,000円

この表は、1ドル=100円の場合を想定しているぞ!

FX初心者は利確と損切り幅を何pipsで決めたら良い?

FX初心者は利確と損切り幅を何pipsで決めたら良い?

pipsで損切りラインを決めるのは危険です。

なぜなら、pipsが同じでも、取引量に応じて損切りになった時の損失額が変わるからです。

例えば

100pipsで損切りするケースでは、1万米ドルの取引だと損失額は1万円、1,000米ドルの取引だと損失額は1,000円になります。

10万円の証拠金で運用したとすると、1,000円の損失なら資金全体の1%の損失で済みますが、1万円の損失だと資金全体の10%を失うことになりますね。

損切り額の設定は2%ルールが安全!

1回の取引の損失額は資金全体の2%以内に抑えるのがおすすめです。

2%にする理由は、損切りしても資金の減少を抑え、損失を取り返しやすくするためです。

例えば

30万円の証拠金で損切り幅を10pipsに設定した場合、想定の損失額は、

30万円×2%=6,000円

なので、適正な取引量は

6,000円÷10pips=6万通貨

となります。

pipsを使う時の注意点

pipsを使う時の注意点

pipsは投資効率の測定には役立ちますが、以下2点に注意が必要です。

注意
  • FX会社によって1pipsの定義が異なる
  • pipsではなくpointが使われることも

それぞれの注意点を具体的に解説しますね。

FX会社によって1pipsの定義が異なる

多くのFX会社で1pips=1銭(0.01円)が採用されていますが、ヒロセ通商など一部のFX会社では1pips=0.1銭(0.001円)のケースがあります。

慣れれば問題ありませんが、1pips=0.1銭のFX会社しか使ったことのない人や複数のFX会社を使っている人は混乱しないよう気をつけてください。

新しくFX口座を開設したら、取引要綱などから確認しておきましょう!

pipsではなくpointが使われることも

FX会社の中にはpipsの他にpoint(ポイント)という単位を使っているところもあります。

pipsとpointを同じ意味として捉えている方もいますが、pipsとpointは違います

ポイントを使う理由は、少数第4位以下までの数字を取引で使いたいからです。

以前FX会社は、取引する最小単位を小数点以下2桁、または4桁まで表示し、最小単位をpipsとしていました。

しかし近年、小数点以下を3桁または5桁まで表示するために最小単位「point」を導入するFX会社が現れたのです。

つまり、pointを使うFX会社では「0.1pips=1point」のように表示されます。

FX初心者にオススメ!少額取引ができるFX会社3選

業界最小!1通貨(ドル/円なら6円)から取引可能「松井証券

スプレッド
米ドル/円(原則固定)

(※1,000通貨までの注文の場合)
ユーロ/円(原則固定)

(※1万通貨までの注文の場合)
豪ドル(原則固定)

(※1万通貨までの注文の場合)
スワップ最小取引単位キャッシュバック
米ドル/円
通貨
Good point
  • 業界最小!1通貨単位(ドル/円なら6円)から取引OK
  • 手数料無料で少額でも低コスト取引が可能!
  • もちろんスプレッドは業界最挟水準で提供中!

創業100年の総合ネット証券会社「松井証券」がついにFXを始めました!

1通貨単位からの取引ができるので、少額から始めたい人にはもってこいの口座です。

また、小ロット取引だと手数料が発生するFX会社が多い中、松井証券では一切手数料はかかりません。

レバレッジを「1倍」「5倍」「10倍」「25倍」の4つから選べるので、初心者でも資金管理がやりやすい!

低コスト・使いやすさ抜群!デイトレに最適「GMOクリック証券

スプレッド
米ドル/円(原則固定)
ユーロ/円(原則固定)
豪ドル/円(原則固定)
スワップ最小取引単位キャッシュバック
米ドル/円
通貨
Good point
  • 米ドル円(原則固定)全通貨ペア業界最小水準のスプレッド
  • スマホ・PCのどちらも使いやすさ抜群の高性能な取引ツール
  • 1クリックで即時注文できるスピード注文があるからチャンスを逃さない!

業界最小水準のスプレッドに各種手数料無料。低コストで取引できるため、取引回数が多くても安心。

取引ツールはスマホ・PCのどちらも使いやすく操作に迷いにくいため、スムーズに取引ができます。

スピード注文機能は迅速な売買ができるのでデイトレードには持ってこいのツールです!

低コスト!GMOインターネットグループのFX会社「GMO外貨

GMO外貨
スプレッド
米ドル/円(原則固定)
ユーロ/円(原則固定)
豪ドル/円(原則固定)
スワップ最小取引単位キャッシュバック
米ドル/円
通貨
Good point
  • 取引通貨単位は「1000通貨」ドル円なら約5000円から取引OK
  • 業界最狭水準のスプレッドを提供中!
  • スマホアプリが使いやすい!

GMOインターネットグループのFX会社なので安心・安全!

また、チャート描画も使いやすく、オシレーター系指標にも描画ができる優れものです!

私も使っています。まじでアプリは一番使いやすい!

平日・祝日 午前8:00~午後5:00(土日休み)受付の電話サポートもつながりやすくて助かっています。

FXのpips まとめ

まとめ

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

まとめ
  • pipsは通貨ペアの値動きを表す、通貨の共通単位
  • クロス円とドルストレートで1pipsの単位が異なる
  • 損切り幅はpipsではなく金額ベースで決めよう

最初はpipsがややこしく感じるかもしれませんが、すぐに慣れます。

特に、取引記録をつける際はpipsを使えば、後々の取引と比較がしやすく便利です!

ぜひ初心者の方はpipsで計算しながら取引してみて下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)/

FXのpipsに関するQ&A

Q&A
1pipsって何円ですか?

1pipsは日本円で0.01円です。

ドルやユーロになるとケタが違うの注意しましょう。

⇒詳しくはコチラ

1pipsの損益計算方法は?

pipsから、損益計算をするには次の式を使います。

利益(損失)額=取引量×利確幅(損切り幅)÷100

⇒詳しくはコチラ

FXの損切は何pipsが目安ですか?

FXの歩き方では、pipsを目安に損切りするのをオススメしません。

⇒その理由はコチラ

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね m(_ _)m

この記事の監修者

株式会社フォーカスワン 代表取締役


約13年前に外為オンラインで取引を始めたが、初心者にありがちな小さく稼いで、大きく負けるで一発退場。

その後、復活して取引を再開。2018年のトルコリラ暴落を経験しながら、早目の損切りで逃れ現在に至る。

FXのリスクと楽しさを感じながらも日々格闘中。

目次