FXと株とビットコインの違いは?初心者にもわかる各メリットデメリット

【PR】この記事には広告を含む場合があります。
fx株ビットコイン

FX・株・ビットコインの特徴が知りたい
3つのうちどれが一番儲かるの?
それぞれのメリット・デメリットを教えて!

この記事を読むと、上記の疑問や悩みを解決できます。

どれが一番儲かるかは人それぞれですが、少額取引でリスクを抑えて運用するにはFXがおすすめです。

そこでこの記事では、それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説するとともに、FXがもっともおすすめな理由をお伝えします。

それでは最初にFX・株・ビットコインの特徴について解説しましょう。

目次

FX・株・ビットコインの特徴

FX株ビットコイン特徴

FX・株・ビットコインの特徴を知っていれば、どの金融商品が自分に合うのか検討しやすくなります。

それぞれの特徴を詳しく解説しますね。

FXは2国間の通貨ペアを取引する投資

FXは2国間の通貨ペアを売買して利益を狙う投資です。

判りやすく言うと、為替レートが1米ドル円=100円の時に5,000円を50米ドルに両替して、1米ドル円=105円になった時に米ドルを日本円に戻すと、5,250円になって差額の250円が儲かりますね。

このような利益を為替差益(キャピタルゲイン)と呼び、FXでは2国間の政策金利の差を利用してスワップポイントという金利を稼ぐこともできます。

スワップポイントは通貨ペアのポジションを保有し続けると毎日もらえますが、マイナススワップのポジションを保有し続けると損失になるので、ポジションを持つ方向に注意が必要です。

株は上場会社の持分を取引する投資

株式は上場会社に対する出資であり、保有株式数に応じて配当を得られます。

本来なら会社を支配して経営権を握るために株式を保有するところ、ほとんどのトレーダーは株価の変動を使って売買差益(キャピタルゲイン)を目的に取引します。

例えばマクドナルドホールディングスの株価が1株3,000円の時に100株購入し、1株3,200円に上がった時に売れば利益は2万円です。

また権利落ち日に株式を持ち越せば、配当や株主優待(インカムゲイン)がもらえるのは株式投資ならではの特徴です。

ビットコインは仮想通貨の一種

ビットコインは2009年1月に発行が開始された仮想通貨の一種で、仮想通貨の中で最も時価総額が高く有名な通貨です。

仮想通貨はインターネット上に存在するデジタル通貨で、トップとして管理する国や企業が存在しないのが特徴です。

ビットコインは取引所に専用の口座を開設することで取引が可能で、FXや株と同様価値の変動を利用して利益を狙う投資です。

FXや株のようにスワップポイントや配当・株主優待などのインカムゲインが得られません。

FX・株・ビットコインはどれが一番儲かるのか

fx株ビットコイン稼ぐなら

3つの投資のうちどれが一番儲かるかは人それぞれです。

理由は人によって投資できる余剰資金や取引量、取引時間、取引手法といった条件が異なり、向き不向きがあるからです。

そのためにもFX・株・ビットコインそれぞれのメリットデメリットを知っておきましょう。

FXのメリット・デメリット

3つのうちどれに投資すべきか判断するため、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

メリットデメリット
投資対象が選びやすい
少額から投資できる
平日24時間取引ができる
元手以上の損失を出す可能性がある

FXのメリット

FXは通貨ペアが20種類ほどしかないので、約3,700社から銘柄を選ばなければならない株よりも、初心者にとって投資先の絞り込みが簡単です。

またFXにはレバレッジがあるので、最大で手持ち資金の25倍の金額が取引できます。

通貨ペアによりますが最低5,000円〜1万円あれば取引できるので、資金負担を抑えて効率的に稼げるんです。

ポジションを保有し続けると、毎日スワップポイントという金利も得られます。

さらに取引時間が平日24時間なので、自分の生活サイクルに合わせて無理なく投資できるメリットがあります。

FXのデメリット

FXのデメリットは、ハイレバレッジの場合です。

ハイレバレッジだと為替レートが不利な方向に少し動くと、大きい損失が出るからです。

例えば米ドル円が1円下落した時の損失は、1,000通貨取引なら1,000円で済みますが、1万通貨取引だと1万円に増えます。

為替レートが短時間に急変すると、ロスカットが間に合わず証拠金を超える損失が出てしまうリスクがあるので、普段からロット数を抑えると同時に、必ず早めの損切り注文を出しましょう。

株のメリット・デメリット

メリットデメリット
売買益の他に、配当や株主優待が受取れる
企業の経営方針に対する議決権が持てる
初期投資資金が10万以上はいる
投資対象が多い

株式投資のメリット

株式投資のメリットは株価の上昇により値上がり益が得られるとともに、権利落ち日をまたいで株式を保有することで配当や株主優待がもらえる点です。

ちなみにFXとビットコインでは配当や優待はもらえません。

また、株式を保有していれば会社の株主総会に参加して、経営方針についての決定権を行使できます。

自分の意思が企業経営に反映されると思うと少しリッチな気持ちになりますよね。

株式投資のデメリット

株式投資は流動性が低く値動きが不安定な「値嵩株(ねがさかぶ)」と、流動性が高く値動きが安定的な「優位株」に分かれます。

リスクを抑えて安定して稼ぐには優位株に投資すべきなのですが、優位株は株価が高く最低投資金額が高いのです。

具体的には数十万円〜百万円必要で、資金負担が大きいのがデメリットです。

また2020年10月14日時点で約3,700社の銘柄があり、特に初心者にとっては投資対象を絞るのが難しいと言えます。

さらに平日午前9時〜午後3時(11:30〜12:30の昼休みを除く)しか取引できないので、仕事や家事で日中忙しい人は投資しにくいのがデメリットです。

ビットコインのメリット・デメリット

メリットデメリット
少額取引ができる
365日24時間取引ができる
価格が政治経済の影響を受けにくい
価格の変動が大きいので、一気に損失が出やすい
ハッキング被害の可能性がある

ビットコインのメリット

取引所により最低投資金額が異なるものの、ビットコインは1,000円以下の少額取引ができます。

というのも取引の最小単位は1ビットコイン(BTC)の1億分の1に相当する1satoshiで行われているからです。

またビットコインはFXや株より取引時間の自由度が高く、土日祝日を含め24時間365日取引所が開いているので、平日忙しい人でも取引ができます。

さらにビットコインは管轄する特定の国家や企業がないので、政治・経済情勢に価値が左右されにくい点もメリットいえるでしょう。

ビットコインのデメリット

ビットコインはFXや株と比べて価格の変動幅が大きいので、相場が不利な方向に触れた時に損失が出やすいです。

投資経験が浅い人は相場の動きに振り回されて損失を出しやすいので、まずはFXや株で経験を積んだほうがいいでしょう。

また2018年には、仮想通貨取引所であるコインチェックに何者かがハッキングして、100億円以上の仮想通貨が盗まれる事件が起きました。

この事件以外にも、数億円〜数十億円規模のハッキング被害は何度も起きています。

いくら取引所がセキュリティを強化しても、ハッキングのリスクはなくならないでしょう。

初心者には株・ビットコインよりもFXがおすすめな理由4つ

fx株ビットコインfxがおすすめ

投資経験が浅い人にFXがおすすめな理由を4つ紹介します。

オススメ理由
  1. 資金負担が少ない
  2. 平日24時間取引できる
  3. 取引の仕組みが判りやすい
  4. スワップ運用ができる

3つの投資から選べず困っている方は参考にしてくださいね!

理由①資金負担が少ない

FXでは最大25倍のレバレッジが使えるので、大金を用意できなくても取引を始められます。

というのも1通貨から取引できる松井証券なら約6円、1,000通貨から取引できるFX会社なら約6,000円、1万通貨から取引できるFX会社でさえ約6万円から取引できるからです。

株式投資で優位株を買おうとすると数十万円は必要なので、お小遣い程度の金額で投資ができるFXがおすすめです。

ただし、最低投資金額ぎりぎりの資金で取引すると、わずかな為替変動でもすぐにロスカットされてしまうのでギリギリの資金はオススメしません。

1000通貨取引でも最低5万円程用意しましょう!

理由②平日24時間取引できる

FXは平日ならいつでも市場が開いているので、自分の都合に合わせて好きな時間に投資ができます。

例えば通勤電車の中や休憩時間、寝る前のベッドで横になりながらなどです。

株は取引市場が平日の日中しか開いていないので、日中働いているサラリーマンや家事・育児で忙しい主婦の方は予定が合いにくいんですね。

時間帯によって値動きの特徴が違うものの、24時間取引できることでチャンスをつかみやすくなります。

理由③相場の動きが予測しやすい

FXは2国間の通貨ペアの力関係で為替レートの動きが決まるので、株やビットコインよりも相場を予測しやすいといえます。

例えば

米ドル円の通貨ペアだと、日本とアメリカの経済指標や要人発言に注目すればいいですね。

一方株の値動きを予測するには、日米やヨーロッパなど世界的な経済情勢に加え、業界の事情や個別銘柄の財務状況などを幅広く分析する必要があります。

またビットコインは、値動きに影響する情報が収集しにくく、投機的なお金の動きで相場が短時間に急変しやすいため、値動きが読みにくいです。

理由④スワップ運用ができる

FXではポジションを保有し続けるとスワップポイントが毎日得られます。

頻繁に売買を繰り返して為替差益を狙うよりも、長期投資でコツコツ金利を稼ぎたい人におすすめです。

ただし投資対象の通貨ペアの政策金利が変わると、得られるスワップポイントが減ったりマイナスになる場合があるので、定期的にスワップポイントをチェックしましょう。

ちなみに株だと銘柄を買い替えても1年間に最大12回(毎月)しか配当がもらえませんし、ビットコインでは配当すらもらえません。

編集部おすすめのFX口座3選

低コスト・使いやすさ抜群!デイトレに最適「GMOクリック証券

スプレッド
米ドル/円(原則固定)
ユーロ/円(原則固定)
豪ドル/円(原則固定)
スワップ最小取引単位キャッシュバック
米ドル/円
通貨
Good point
  • 米ドル円(原則固定)全通貨ペア業界最小水準のスプレッド
  • スマホ・PCのどちらも使いやすさ抜群の高性能な取引ツール
  • 1クリックで即時注文できるスピード注文があるからチャンスを逃さない!

業界最小水準のスプレッドに各種手数料無料。低コストで取引できるため、取引回数が多くても安心。

取引ツールはスマホ・PCのどちらも使いやすく操作に迷いにくいため、スムーズに取引ができます。

スピード注文機能は迅速な売買ができるのでデイトレードには持ってこいのツールです!

業界最小!1通貨(ドル/円なら6円)から取引可能「松井証券

スプレッド
米ドル/円(原則固定)

(※1,000通貨までの注文の場合)
ユーロ/円(原則固定)

(※1万通貨までの注文の場合)
豪ドル(原則固定)

(※1万通貨までの注文の場合)
スワップ最小取引単位キャッシュバック
米ドル/円
通貨
Good point
  • 業界最小!1通貨単位(ドル/円なら6円)から取引OK
  • 手数料無料で少額でも低コスト取引が可能!
  • もちろんスプレッドは業界最挟水準で提供中!

創業100年の総合ネット証券会社「松井証券」がついにFXを始めました!

1通貨単位からの取引ができるので、少額から始めたい人にはもってこいの口座です。

また、小ロット取引だと手数料が発生するFX会社が多い中、松井証券では一切手数料はかかりません。

レバレッジを「1倍」「5倍」「10倍」「25倍」の4つから選べるので、初心者でも資金管理がやりやすい!

低コスト!GMOインターネットグループのFX会社「GMO外貨

GMO外貨
スプレッド
米ドル/円(原則固定)
ユーロ/円(原則固定)
豪ドル/円(原則固定)
スワップ最小取引単位キャッシュバック
米ドル/円
通貨
Good point
  • 取引通貨単位は「1000通貨」ドル円なら約5000円から取引OK
  • 業界最狭水準のスプレッドを提供中!
  • スマホアプリが使いやすい!

GMOインターネットグループのFX会社なので安心・安全!

また、チャート描画も使いやすく、オシレーター系指標にも描画ができる優れものです!

私も使っています。まじでアプリは一番使いやすい!

平日・祝日 午前8:00~午後5:00(土日休み)受付の電話サポートもつながりやすくて助かっています。

投資初心者にはFXがおすすめ!まとめ

まとめ

上記で紹介した「FXが一番おすすめな理由」を理解すると、今後は投資対象の選定で悩まずに済み、少額取引でリスクを抑えて運用できるようになります。

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

まとめ
  • FX・株・ビットコインはそれぞれメリット・デメリットがある
  • どれが一番儲かるかは人それぞれ
  • 少額取引でリスクを抑えて稼ぐにはFXはおすすめ!

投資は一攫千金を狙うよりも、長く生き残ってコツコツ稼ぐのが大切です。

資金負担を抑えて取引経験を積むにはFXがおすすめですよ!

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね m(_ _)m

この記事の監修者

株式会社フォーカスワン 代表取締役


約13年前に外為オンラインで取引を始めたが、初心者にありがちな小さく稼いで、大きく負けるで一発退場。

その後、復活して取引を再開。2018年のトルコリラ暴落を経験しながら、早目の損切りで逃れ現在に至る。

FXのリスクと楽しさを感じながらも日々格闘中。

目次