23年7~9月【勝率98.18%】iサイクル2取引はコロナ渦でも驚異の結果

【PR】この記事には広告を含む場合があります。
外為オンラインのiサイクル2取引

iサイクル2取引ってなに?
初心者でも始められる?
ユーザーの評判も知りたい!

「iサイクル2」は外為オンラインが提供する自動売買システムで、初心者でも仕組みがすぐに理解できるリピート型の自動売買です。

こんにちは!FXの歩き方編集部の河野です。
5社以上の自動売買を試しましたが、iサイクル2はランキング機能があるので儲かっているプログラムをひと目で比較できるのが便利でした。

この記事では、取引の仕組みやサービスの特徴、リスクや始め方が初心者でもわかるように、iサイクル2取引を詳しく解説します。

この記事を読めば、iサイクル2取引のメリット・デメリットや儲かっているプログラムを選ぶコツがわかるので、安全に順序良く自動売買をスタートできるようになりますよ!

目次

【62万人が口座開設】iサイクル2取引とは?

iサイクル2取引

iサイクル2取引とは、64万人が口座開設をしている外為オンライン自動売買です。

以前は「iサイクル注文」という名称でしたが、2019年3月4日より「iサイクル2取引」へと変更されました。

外為オンラインのiサイクル2取引はリピート注文型のシステムで、細かく売買を繰り返して利益を積み上げていきます。

そのため、これまで裁量トレードで勝てなかった人でも利益を出せるようになる、優れた自動売買システムとなっています。

外為オンラインの満足度は67.9%

外為オンラインの独自満足度調査

上記は当サイトが独自調査した各FX会社の満足度を表すグラフです。

一番上にあるのが外為オンラインの満足度ですが、回答者106人のうち、「満足」・「どちらかというと満足」と答えた人は72人。

割合でいうと67.9%の人が満足している結果となりました。

不満を抱えている人はかなり少ないのね♪

外為オンライン

2023年7~9月の取引実績は98.18%の勝率を達成

ウクライナ情勢の影響が大きかった2023年でしたが、そんな中でも外為オンラインのiサイクル2取引は90%以上の勝率をたたき出しました。

30日未満30日以上
60日未満
60日以上
利益確率72.04%87.80%98.18%
損失確立27.95%12.19%1.81%
※100万円以上の運用資金で取引した場合
※2023年7月から9月の実績
外為オンライン公式YouTubeより引用

さらに対象資産100万円以上の設定で、かつ60日以上運用した場合の平均リターンも公開されています。

30日未満30日以上
60日未満
60日以上
期間別対象資産に
対する平均リターン
1.68%11.10%20.78%
※全コースの平均リターン
※2023年7月から9月の実績
外為オンライン公式YouTubeより引用

平均リターンは30日〜60日未満の運用で平均11.10%、60日以上の運用で平均20.78%のリターンを記録しています。

これは例えば、投資対象資産額が1000万円だとすると、60日以上運用したら207.8万円のリターンとなる計算です。

この時期たまたま成績が良かっただけじゃないの?

この時期以外も含めて、実際に6ヶ月検証した結果があるから見てみなさい。

【実際にやってみた】iサイクル2取引で72.8万円の利益達成

iサイクル2取引の運用実績

編集部で外為オンラインのiサイクル2取引を6ヶ月運用したところ、月利4.04%72.8万円の利益を出しました。

iサイクル取引2の運用結果
  • 運用期間:2023年4月24日から11月15日まで
  • 運用資金:3,000,000円
  • 口座資産:3,728,169円
  • 利益:728,169円
  • 月利:4.04%

※利益に評価損益は含んでいません。

アメリカと日本の金利差からドル高円安になると予測し、トレンド追従型の設定をしたのが好結果の要因です。

iサイクル2取引の設定

自分の予測と合致した既存プログラムを選ぶだけなので設定も簡単ですよ。

自動売買は長期的にコツコツと利益を狙う仕組みなので、過去実績のある「iサイクル2取引」は信頼度が高い自動売買と言えます。

iサイクル研究室をチェックしてより有利に!

iサイクル2取引の参考サイト

iサイクル研究室では、通貨ペアごとのランキングを確認できます。

最大ポジション数決済損益pips、利食回数などをチェックできるので、このiサイクル研究室のデータを参考にしてみると良いでしょう。

上手なトレードをしている投資家の注文方法を使って、勝率を高めていくことができるのです。

良いことずくめ?iサイクル2取引のメリット

iサイクル2取引には、以下の5つのメリットがあります。

メリット
  • システムが24時間自動で繰り返す
  • 始めるときも簡単3ステップ
  • システムが相場を自動で追従する
  • すでに口座を持っている人はワンクリックで開始できる
  • スプレッド(手数料)が狭い

システムが24時間自動で繰り返す

iサイクル2取引は24時間繰り返し自動で取引をしてくれるため、会社員や主婦の方など普段忙しい人にとっても手間がかかりません。

専業トレーダーでもなければ、チャートに張り付いて取引する時間を取るのは、なかなか難しいですよね。

iサイクル2取引なら副業としてFXを行いたい方にとっても、時間を有効活用することができます。

始めるときも簡単3ステップ

iサイクル注文は簡単3stepで始められる

iサイクル2取引は

STEP
  • 買い売りどちらか選ぶ
  • 変動幅を決める
  • 対象資産を決める

この3つを設定するだけで簡単に始められます。

後はシステムが最も良い取引条件の自動計算をしてくれるため、自分で難しく考える必要がありません。

システムが相場を自動で追従する

iサイクル2取引は相場を自動追従

iサイクル2取引を始めるステップの中に「変動幅を決める」とありますが、 この変動幅を出てしまったらどうするのか不安ですよね。

ご安心ください。iサイクル2取引なら想定した変動幅から出てしまったとしても、相場を自動追従してくれる機能があります。

相場が自分の予想どおりに進んだときは確実に利益を確保してくれ、自分の予想と反対方向に進んだときには損切りをして最小限の損失にしてくれます。

初心者にとっては難しいタイミングでも、iサイクル2取引は賢く利益確定・損切りをしてくれるのです。

すでに口座を持っている人はワンクリックで開始できる

外為オンラインの口座を既に持っている方は、iサイクル2取引のためにわざわざもう一つ口座を開設する必要はありません。

新規注文ボタンから、iサイクル2取引を選ぶだけですぐに始められます。

もちろんiサイクル2取引を利用するためには、外為オンラインでの口座開設が必須です。

iサイクル2取引にはデメリットもある!

良いことづくしのように思えるiサイクル2取引ですが、以下のようなデメリットも存在します。

デメリット
  • スプレッドが広く、取引手数料がかかる
  • 大きく稼ぎたいほど資金も多く必要
  • 完全放置は危険!資金管理が必要

スプレッドが広く、取引手数料がかかる

スクロールできます
FX会社自動売買裁量トレード
スプレッド売買手数料スプレッド売買手数料
外為オンライン0.9銭片道20円1銭無料
0.2~0.9銭無料0.2銭無料
FXブロードネット0.2銭片道20円0.2銭無料
MAiMATE(マイメイト)変動制
5選
無料
アイネット証券2銭無料0.7~1銭無料
ひまわり証券2銭無料1銭無料

外為オンラインでは、スプレッドが広く設定されています。

たとえば米ドル/円だと1銭なので、業界最狭水準(裁量トレード)の0.2銭と比べるとかなり広いです。

また、iサイクル2取引を行う場合は1,000通貨あたり、新規注文と決済のときに20円ずつ取引手数料がかかります。

そのため裁量トレードを行うよりも多くのコストがかかることを念頭に置いておきましょう。

大きく稼ぎたいほど資金も多く必要

iサイクル2取引では、注文時に設定する想定変動幅と注文間隔の2つの設定によって、必要な資金が変わります。

iサイクル2取引の想定変動幅と注文間隔1
iサイクル2取引の想定変動幅と注文間隔2
iサイクル2取引の想定変動幅と注文間隔3

想定変動幅が狭く注文間隔が大きいと必要資金は少なくなります。

逆に想定変動幅が広く、注文間隔が小さいと資金が多く必要となってきます。

完全放置は危険!資金管理が必要

iサイクル2取引のリスク

iサイクル2取引は長期投資の自動売買を行うことが目的です。

そのため短期間で予想と逆に大きく動いた場合には、バッサリ損切りしていきます。

結果、最悪の場合ロスカットになる場合もあるため、資金管理には注意が必要です。

自動売買とは言っても完全に放置していると、いつの間にか資金がなくなってしまうということも考えられます。

できるだけ損切りされないように、想定変動幅を選ぶのが重要なんだね。

リターンだけではなく、最大損失リスクとのバランスを考えるのは投資家の仕事ですね。

iサイクル2取引 3つの始め方

iサイクル2取引には3つの始め方があり、自分のレベルに合わせて使いわけができます。。

始め方
  • 「ランキング方式」:成績を比較して選ぶだけの初心者むけ
  • 「マトリクス方式」:シミュレーション結果から投資戦略が分析したい中級者向け
  • 「ボラティリティ方式」:3つの設定を自分好みにカスタマイズしたい中級者向け

設定が簡単なものから説明していきますね。

ランキング方式

iサイクル2取引のランキング方式

外為オンラインは店頭取引のシュミレーションにて、利益の高い注文内容をランキングで出しています。

その中から自分の好みや資金にあった注文内容を選ぶだけで始められる、最も簡単な方法です。

マトリクス方式

iサイクル注文のマトリクス方式

マトリクス方式はシミュレーションの結果をもとに、iサイクル2取引による様々な投資戦略をサポートする機能です。

青いマスを選択すると、そのマスと全く同条件のiサイクル2取引を利用することができます。

ボラティリティ方式

iサイクル注文のボラティリティ方式

ボラティリティ方式は、売り買いの選択・過去の変動幅・対象資産の3つを設定するだけで始められます。

取引するために最も良い条件を3つ選べば、自動で計算して発注してくれるのです。

注文内容を自分でカスタマイズできるため、「予算に合わせて、細かく注文設定したい」という方にはオススメです。

どのタイプでも、良好なものを選べるということは共通しているね。

自分のレベルに合わせて選べるというのは嬉しいわよね。
iサイクル2取引は、こうしたタイプ別に始められる点も便利よ。

初心者はランキング方式から始めよう!

iサイクル2の自動売買はランキングから選ぶのがおすすめ

自動売買を今まで試したことがないという方は、 まずランキング方式を使ってみましょう。

なぜなら、儲けが出ているプログラムを比較して選べるので、大きく設定を間違える心配がないからです。

どれだけ自動売買が便利でも、初心者が適当に作ったプログラムでは長期での運用に不安が残りますよね。

まずは利益が出ているプログラムで運用に慣れてから、自分のレベルに合わせてカスタマイズするのが上達への近道ですよ。

よーっし!ランキング上位のプログラムを片っぱしから使うぞっ!

まてまて、長期目線で取引するのだから、ランキングは3か月以上の期間での実績をチェックするんだぞ

通貨ペアはメジャーな通貨を選ぼう

初心者が取引する通貨ペアは米ドル/円などのメジャー通貨を選ぶことがおすすめです。

新興国のトルコやメキシコ、南アフリカなどの通貨は経済規模が小さいので、ニュースひとつで値動きに大きな影響を与えるからです。

その点、米ドルやユーロといったメジャーな通貨は比較的値動きが安定しやすく、流通量が多いので取引コストが安く済みます。

「儲かっているから」だけで選ぶのではなく、普段から馴染みのある国や通貨を選ぶのが情報収集しやすいですよ。

ついに全自動?新機能でさらに使いやすく

iサイクル2取引にトレンドをフォローできる機能が追加されました。

そのため、トレンドの状況に応じて自分で売り買いの方向を判断しなければいけないリピート型の弱点を克服できるようになりました。

リピート型の弱点を克服!新機能「トレンド」

iサイクル注文の新機能

この新機能である「トレンド」を使えば、システムが買い注文・売り注文を判断し取引を開始してくれます。

そのため相場が大きく変動するときでも、トレンドの流れにシステムが自動でついて行ってくれます。

またトレンドの転換時には全ての注文と予約がリセットされ、自動で反転します。

もちろんこのトレンド機能は、マトリクス方式・ランキング方式・ ボラティリティ方式のすべてに対応しています。

相場の転換時も自動で反転してくれるのか!
どんどん投資家の手間が減っているんだね。

便利な時代ですよね。
とは言っても、もちろんiサイクル2を行ううえで注意すべきこともあるわ。

iサイクル2取引の注意点

iサイクル2取引の注意点

iサイクル2取引の注意すべき点は、設定や検証などの最終判断は自分でする必要があることです。

なぜなら、過去にどれだけ好成績なプログラムでも、今後も同じ成果を出すとは限らないからです。

自分がイメージした見通しから外れていないか、少なくとも週に1回はチェックしてくださいね。

特に、想定しているギリギリのところまで値動きがあったなら、チェック回数を増やして運用を継続するかよく検討するようにしましょう。

「完全に放置して儲かる」そんな投資は詐欺なので、気を付けてくださいね。

いきなり資金を使うのは怖い・・・そんな人はデモ口座

自動売買の不安はデモトレードで解消

いくら自動売買が便利とはいえ、いきなり資金を入れて取引を始めるのは、多くの方にとって不安なものです。

そのためここまで紹介した「iサイクル2」の実力を試すためにも、まずはデモトレードを始めてみましょう。

デモトレードは無料で利用することができ、実際に資金を入れる必要が無いためノーリスクです。

本番と同じ環境で取引を体験できるため、 使いやすさを知ることができますよ。

ただし、デモトレードはノーリターンだ。
いくら成功してもお金は増えないから、納得したら本番で稼いでいこう!

お得に取引できるキャンペーン情報

iサイクル2取引のキャンペーン

外為オンラインでは新規口座開設キャッシュバックキャンペーンを行っています。

新規口座開設をすると、取引量に応じて最大15万円のキャッシュバックが受けられます。

キャンペンの詳細は、下記の公式サイトよりご覧ください。

勝率99.62%!FX初心者が選ぶ自動売買「外為オンライン

スプレッド取引タイプ取扱通貨ペア
米ドル/円
リピート26通貨ペア
特徴取引単位取引手数料
長期運用するほど
利益を出す口座が多い

圧倒的勝率の高さ
通貨【miniコース】
1,000通貨あたり40円
通常コース】
1万通貨あたり400円
Good point
  • 自動売買の勝率99.62%!
  • 選ぶだけの簡単操作!5分で自動売買が始められる
  • 外為オンラインで自動売買を始める人の82%はFX未経験者
※勝率について

外為オンラインにて、2022年1月3日~2022年6月30日の期間に設定されたすべてのiサイクル2取引™において、利益が発生した設定の実績です。当該期間に利益が発生した設定数を、同期間で利益が発生した設定数と損失が発生した設定数の合計を除して算出しています。当該期間は集計期間であり、設定毎の取引期間や設定条件はそれぞれ異なります。また設定毎の損益は、当該期間で確定した損益、スワップポイント、手数料、及び、2022年6月30日時点での評価損益、スワップポイントを含み、iサイクル2取引™の停止後に決済などで発生した損益は含みません。これらの実績は当該期間における過去の実績値であり、今後の利益を保証するものではありません。お取引はお客様のご判断にて開始していただけますようお願いいたします。

FXの自動売買と言えば外為オンラインと言われるほど、自動売買が有名です。

「FXの勉強をしたくない!楽して稼ぎたい」なんて人には、放置プレーでOKの自動売買がオススメ!

外為オンライン

自動売買って難しそうなイメージだったけど、iサイクル2なら始められそうだよ!

iサイクル2取引のまとめ

今回は外為オンラインのiサイクル2取引を解説してきましたが、高い勝率や簡単な仕組みに驚かれたのではないでしょうか。

これまでリピート型注文には不向きと言われていたトレンド相場にも対応できるようになり、ひと昔前より使いやすさが格段に上がりました。

裁量トレードでなかなか上手く利益を出せないという方は、是非試してみてください。

まとめ
  • iサイクル2取引はリピート注文型の自動売買
  • 勝率91.96%の実績がある
  • 初心者はランキング方式から始めるのがオススメ
  • 相場を自動追従してくれる「トレンド」機能で相場の転換時にも対応
  • 実践が不安ならデモ口座を利用しよう

自動売買だからといって完全放置するのではなく、しっかりと資金とリスクを管理してくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

iサイクル2取引 Q&A

Q&A
iサイクル2取引ってなに?

iサイクル2取引とは、外為オンラインが提供するリピート注文型の自動売買です。

普段忙しくて取引に関わる時間をなかなか取れない人でも、管理がしやすく簡単で、手間のかからないシステムとなっています。

【詳しくは、記事内の「iサイクル2取引とは?」で解説しています。】

初心者でもできる?

iサイクル2取引は初心者でも始めやすい自動売買です。

始め方はランキング方式、マトリクス方式、ボラティリティ方式の3つがあり、初心者にはランキング方式がおすすめです。

【詳しくは、記事内の「iサイクル2取引 3つの始め方」で解説しています。】

実際に儲かるの?

外為オンラインの公式ホームページで、「運用資産100万円以上で利益を出しているかは90.75%」とあり、多くの人が実際に儲かっています。

【詳しくは、記事内の「iサイクル2取引の公式ホームページ」で確認してください。】

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね m(_ _)m

この記事の監修者

株式会社フォーカスワン 代表取締役


約13年前に外為オンラインで取引を始めたが、初心者にありがちな小さく稼いで、大きく負けるで一発退場。

その後、復活して取引を再開。2018年のトルコリラ暴落を経験しながら、早目の損切りで逃れ現在に至る。

FXのリスクと楽しさを感じながらも日々格闘中。

目次