第80回

02年8月10日「ルー大柴ファンクラブではない」

・『ルーマニア#203』が好きで、ドリキャス版に続きプレステ2版も遊んでいる。まったり楽しめるおしゃれなゲームだよ。そのファンクラブ『ルーマニア友の会』の会員証が送られてきた。会員ナンバー12番。

・なんと12番目なんてうれしい。ありがとうございます。こないだキャットファイトの団体「JLFP」の会員になった時は、17番という会員ナンバーをもらって「僕以外に16人しかいないのか」と驚いたが、それとはまた別の感動である。

・猛暑続きで散歩者としては行き倒れ寸前。と思ったら行き倒れの犬を保護(もう無事に帰宅済み)。


02年8月13日「亀有にせがれ有り?」

・ホームページで『ひらきこもりのすすめ』という連載エッセイを書いている。毎日無心に書き続けているうち、なんだか自分でも正体のわからない大きなものを掘り出しつつあるようで、楽しみになってきた。

・ここで、このエッセイの主旨に関係のある、未来的スタンスのクリエーターさん数人にインタビューをしてみることにした。今日は、CGクリエーターの秋元きつねさんちに。

・きつねさんと言えば最近は『スマステ』で放映された『ムダベラベラ』に香取慎吾が感動して絶叫してましたね。個人クリエーターとして、デジタルのインフラを使ってどう活動していくか、実践的なお話をいろいろ聞けた。「個人でDVDをプレスして、亀有の、とある蕎麦屋だけで売ってみようと思ってるんです。そこに行ってそば食って、店主のおやじさんに気に入ってもらった人しか買えないようにするとかね」という話が特に面白かった。

02年8月16日「飲まずに乗る」

・『ひらきこもりのすすめ』インタビュー。今日は売れっ子構成作家の鈴木裕史さん。

・最近は合コンの鬼と化してるらしい。しかし鈴木さんは僕と同じでお酒を一滴も飲めないはずなのだ。そして自分だけ飲まずに飲んでる人をじーっと観察するのが共通の趣味なのである。酒飲まずにどうやって口説いてるのか。「酒の力なんか借りずに口説く。それが美学なんです。どうするかというと、番組作りのノウハウを生かすわけです。オープニングで客をつかみ、CMでチャンネルを変えさせずに、エンディングまで突っ走る。つまりまず飯を食いはじめた瞬間にとっておきのネタを出して驚かせる。笑わせながらCMをまたいでニ次会へ、そしてホテルに行くには……(以下略)」という感じで、以下非常に実戦的な話が続いた。多謝。

2004.10.31 |  第71回~

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。