第219回

6月21日「人里離れた秘密基地?」

・早稲田の本庄キャンパスに行く。東京から新幹線で小一時間、本庄早稲田駅前の広大な敷地に、早稲田大のデジタル時代に向けての研究施設が林立している。

・今、フルデジタル映画の制作環境についてリサーチしているのだが、今日は大学院国際情報通信研究科・河合先生のご厚意により、ここにあるNiCT(情報通信研究開発支援センター)を見学させてもらった次第。巨大なビルの中に情報表現・入出力研究室、CG制作研究室、オンライン編集研究室、オフライン編集研究室、オンライン合成研究室、音声加工研究室、映像評価研究室……等々、各種設備が揃っている。全て「研究室」という名目になっているが、モーションコントロールカメラやモーションキャプチャー完備の撮影スタジオ、インフェルノ(億を超える合成システム)まで入っている編集スタジオ、DLP、5.1ch対応の試写室(といえかミニシアター)等まで完備している、つまりフルデジタル・ハイビジョン対応のスーパースタジオなのである。ギガビットのネットワークにも接続しているし、人工衛星経由でデータを送受信するためのパラボラアンテナもある。これは使いたい。

・それも大御所の大監督連れてくるんじゃなくて、若くて元気なデジタル系クリエーターをたくさん連れてきたいなあ。


6月27日「次世代対応型」

・コミックス新刊、出ました。『プラトニックチェーン 第3巻』(遠野ヤマさん作画のシリーズ)と、『プラトニックチェーン セレクテッド・ストーリーズ 第3巻』(気鋭の作家陣によるアンソロジー)の、2冊。

・プラトニックチェーンの実写映画化も、遂に発表。フルデジタルをキーワードにして、制作から配給までを全く新しいスタイルで貫くということになった。乞うご期待!

6月28日「ジョシカクもブーム直前!」

・女子総合格闘技“スマックガール”。精神的にも肉体的にも強靱な若い格闘家達を中心にジョシカクを愛する人達が集まって行われている興行である。立ち技も寝技もあり、膠着を許さない過酷なルール。ほとんどの試合で流血を見た。選手のレベルはすごいスピードで上がっているようだ。日本女子はそもそも格闘技の素質があるのかもしれない。そして、とてもキュートだ!

・代表の篠さんと久しぶりに会う。この人、ゲームやゲーム関連出版物のプロデュースをやっていたこともある人で、アイドルやアニメ関連ビジネスにも詳しい。日本独特のサブカルチャーは水面下で繋がっているように思える。

2006.02.11 |  第211回~

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。