プロバイダーメールアドレスが付与されるおすすめモバイルWiFi3選

WiMAX

2022.09.14

プロバイダーメールアドレスが付与されるおすすめモバイルWiFi3選

最近では一部のサービスでフリーメールによる申し込みができないことがあるので、プロバイダーのメールアドレスを持っていた方が便利です。このページではメールアドレスを付与されるポケット型WiFi・モバイルWiFiサービスを調査しました。

WRITER
コネット編集長(ISPの元社員)

KDDIグループ企業で勤務していたインターネットプロバイダー(ISP)の元社員。これまで10社以上のモバイルWiFiを利用した経験も踏まえて光回線やWiMAX、ポケットWiFiなどのお得な契約方法と便利な使い方を発信中。

メールアドレスをもらえないモバイルWiFiが多い

従来ならインターネットプロバイダーといえば固定回線が一般的だったので、メールアドレスについては固定回線を契約すれば自動的に使えるようになっていました。
しかし、近年人気となっている高速モバイルのような契約形態だと回線のみというケースが多く、光回線でもメールアドレスの付与が行われないことがあります。

最近では自宅で光回線を持たずスマホのみをインターネット回線にする方や格安SIMを利用されている方が多く、フリーメールではないプロバイダーのメールアドレスを持たない人が増えています。

一部サービスではフリーメールが使えない

使うサービスによってはGoogleのGメールやヤフーのYahooメールだと登録ができず、フリーメールではサービスが使えないこともあります。

モバイルWiFiとして人気のWiMAXでもプロバイダーのメールアドレスが使えるかは明記されていないことが多いです。

現在は廃止されましたが「えきねっと」ではフリーメール以外でないと利用ができないなど(現在はフリーメール以外でも使えるようになりました)フリーメールのみだと不便なことも多いです。

光回線で付与されていたプロバイダーのメールアドレスを使っていた方であれば、モバイルWiFiでもプロバイダーメールを使いたいというケースも多いと思います。

実際問題、フリーメールよりもプロバイダーメールのほうが安定的でウィルス駆除などの対応も良いため、フリーメールは使いたくないという方も多いです。

プロバイダーメールアドレスを使うメリットとは?

プロバイダーメールを使うメリットとは?

プロバイダーのメールアドレスを使うメリットは以下の通りです。

プロバイダーメールアドレスを使うメリットとは?

  • 高いセキュリティと送受信相手に対するプロバイダーメールアドレスの信頼性
  • 大容量のストレージ
  • 大容量添付ファイルのメール送受信
  • 迷惑メール対策
  • ウイルス駆除
  • フィッシングサイト注意喚起
  • メールアドレスに紐づく会員サービス

最近ではフリーメールでも大容量ファイルの送受信や迷惑メール対策が行われていますが、それでもフリーメールの信頼性は高くありません。

フリーメールはとにかく誰でも取得できて大量に保有できることから、送信相手からの信頼もプロバイダーメールアドレスの方が高いといえます。

最近ではフリーのメールアドレスの場合、相手先には迷惑メールボックスに入ってしまうこともありますので、プロバイダーメールを使うメリットは十分にあります。

メールアドレスをもらえるおすすめモバイルWiFi

今回はWiMAXに絞って実際にモバイルWiFiを使う場合でもプロバイダーメールが使えるおすすめプロバイダーを3つ紹介していきます。

BIGLOBE WiMAX

ビッグローブではWiMAXを利用することでビッグローブ会員となります。ビッグローブ会員になるとビッグローブIDが付与され、それに紐づいたメールアドレスを利用することができるようになります。

あくまでフリーメールではなくビッグローブの専用メールアドレスとなり、光回線やその他のサービスを利用した場合でもビッグローブ会員としてビッグローブIDが付与され、同じように使うことが可能です。

BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAXキャンペーン
実質月額料金 5,651円(税込)※SIM+端末セット
4,052円(税込)※SIMのみ
端末代 21,912円
契約年数 縛り無し
支払い方法 クレジットカード、口座振替
  • 縛り無しでキャッシュバック5,000円を翌月受け取れる
  • SIMのみの契約も可能
  • 最短申し込み翌日に端末発送

とくとくBB WiMAX

とくとくBBではサービスを利用することでGMO IDが付与され、GMO IDに紐づいたメールアドレスを使うことができます。

キャッシュバック申請の際は、こちらのGMO IDを使ったメールアドレスに申請手続きのメールが送られてくるので、利用する際は注意して確認する必要があります。

とくとくBB WiMAX
とくとくBB WiMAXキャンペーン
実質月額料金 3,678円(税込)
端末代 無料
契約年数 2年
支払い方法 クレジットカード
  • キャッシュバック23,000円!!乗り換えなら49,000円
  • 実質月額料金が業界最安値
  • 最短即日発送に対応

So-net WiMAX

So-netではソネットの会員ユーザーIDが付与されます。ビッグローブと同様に会員制度となっていますので、利用中はずっと使うことが可能です。

もし、WiMAXなどのインターネットサービスを利用しなくてもメールアドレスを使い続けたい場合には、会員費用を払えば継続して利用することが可能です。

So-net WiMAX
So-net WiMAXキャンペーン
実質月額料金 5,293円(税込)
端末代 21,780円
契約年数 3年
支払い方法 クレジットカード、口座振替
  • 安心サポートオプションが半年間無料
  • 口座振替で支払い可能

まとめ

プロバイダーメールアドレスを使うメリットとメールアドレスをもらえるモバイルWiFiについて解説しました。

フリーメールは無料で使えて便利ですが、セキュリティ面や容量、迷惑メール対策のデメリットがある分、信頼性としては低く、必ずしも安心して使えるものではありません。

モバイルWiFiの業界ではメールアドレスを付与してくれるサービスが少ないですが、一部の大手プロバイダーなら信頼できるプロバイダーメールが無料または料金込みの価格で付与されます

今回はWiMAXでプロバイダーメールを使いたい場合におすすめのプロバイダーを紹介しました。

WiMAXは高速通信で無制限に使えるモバイルWiFiで、モバイルルーターを使えば外出先でもインターネット利用が可能です。

そういった場面でもプロバイダーメールを使うことができるのでWiMAXでプロバイダーメールを付与されるプロバイダーは使い勝手がいいです。

今月おすすめのWiMAXランキングはこちら

TO SHARE

この記事をシェアする