WiMAXは乗り換えで何度もキャッシュバックを受けられる?方法を紹介

WiMAX

2022.07.12

WiMAXは乗り換えで何度もキャッシュバックを受けられる?方法を紹介

WiMAXのキャンペーンでビッグローブなどGMOのWiMAX などでキャッシュバックキャンペーンを行っていますが、もうすぐWiMAXを利用し始めて2年が経とうとしています。利用してから数ヵ月後に無事にキャッシュバックを受けて現金が戻ってきましたが、また改めて契約してキャッシュバックを受けられるのでしょうか?やはり、新規のときだけなのでしょうか?

WRITER
コネット編集長(ISPの元社員)

KDDIグループ企業で勤務していたインターネットプロバイダー(ISP)の元社員。これまで10社以上のモバイルWiFiを利用した経験も踏まえて光回線やWiMAX、ポケットWiFiなどのお得な契約方法と便利な使い方を発信中。

キャッシュバックを何度も受けることは可能?実際に聞いてみた

契約期間満了となると解約ができる期間になりますね。

どうせならWiMAXのデータ端末も新しく買い直しして、ついでにキャッシュバックを受けたいという方も多いと思います。

例えば、WiMAXでカシモなどを使っていて契約年数が経ったので、次はビッグローブへ乗り換えるという考えは全く問題はありません。

この場合は通常の乗り換えで乗り換え先でキャッシュバックのキャンペーンがあれば問題なくキャッシュバックを受けられます

一方で、同じプロバイダー、例えばGMOとくとくBBを使っていて2年後の契約満了時に再びとくとくBBのWiMAXを使ってキャッシュバック等のキャンペーンを適用可能かということですが、結論、キャッシュバックを何度も受けることは可能です。

こちらについては2022年7月時点ですが、直接電話で確認しましたので確かな情報です。

あくまでとくとくBBでの情報となりますが、他社WiMAXプロバイダーにおいても2022年以前に問い合わせた際は同様の考えで、キャッシュバックを何度も受けることが可能とのことでした。

何度もキャッシュバックを受けるための条件はある?注意点を紹介

ここで注意点として2つの条件を確認しましょう。

注意点

  • 途中解約をしない
  • IDを別のものにして新規登録する

第一のポイントは途中解約をしないことです。

キャッシュバックを受けるまでの継続利用期間というものが存在します。

とくとくBB WiMAXの場合は12ヶ月目に振り込まれるため、それまでは解約してはいけません。当たり前ですが、キャッシュバック期間まで継続して利用することが必要です。

第二のポイントとしては、プロバイダー登録時にIDの新規作成で同じものを指定しないことです。

契約時に以前と同じIDとしないようにしてIDを使いまわさなければまた新規の扱いになってキャッシュバックが受けられるということだそうです。

例えば、GMOとくとくBB WiMAXの場合、GMO IDというのがあります。申込時にはGMO IDが保有しているか否かで選択するようになっています。

こちらを新規にまた別のIDを取得するようにして手続きを進ませれば新規扱いとなってキャッシュバックが受けられるということになるようです。

既存のIDをそのまま利用する場合はキャッシュバックは受けられないそうです。他社のビッグローブも同様の考え方となっておりました。

もう1度キャッシュバックを受けたいならIDを解約してから新規IDで申し込みを進めると良いでしょう。

※念のためプロバイダーに確認するようにしてください。

何度も契約して使うのがお得!

長くWiMAXをお得に使いたいならWiMAXで一番お得なものを何度も契約して使うのがおすすめです。

キャッシュバックが高額としているWiMAXプロバイダーは相対的にも実質費用が安くなっています。

高額キャッシュバックで人気のとくとくBBでも何度もキャッシュバックを受けられるということで、乗り換えなどせず、長期的にとくとくBB WiMAXを使うことで安く通信費を抑えることが可能になります。

とくとくBB WiMAX
とくとくBB WiMAXキャンペーン
実質月額料金 3,678円(税込)
端末代 無料
契約年数 2年
支払い方法 クレジットカード
  • キャッシュバック23,000円!!乗り換えなら49,000円
  • 実質月額料金が業界最安値
  • 最短即日発送に対応

他にもキャッシュバックを受けられるWiMAXプロバイダーといえば、DTI WiMAXやVision WiMAXもあります。

当サイトではお得なWiMAXプロバイダーを毎月更新して紹介していますので、最新のWiMAXおすすめランキングを参考にしてみてください。

 

TO SHARE

この記事をシェアする