DTI WiMAX +5Gの評判は本当?口コミ・評判のほかメリットデメリットも解説

WiMAX

2022.05.23

DTI WiMAX +5Gの評判は本当?口コミ・評判のほかメリットデメリットも解説

DTI WiMAXの評判は本当か、口コミの真実は?メリット・デメリット、良い点・残念な点も出し惜しみせず解説します。

WRITER
コネット編集長(ISPの元社員)

KDDIグループ企業で勤務していたインターネットプロバイダー(ISP)の元社員。これまで10社以上のモバイルWiFiを利用した経験も踏まえて光回線やWiMAX、ポケットWiFiなどのお得な契約方法と便利な使い方を発信中。

DTI WiMAX メリット・デメリット

DTI WiMAXのメリット・デメリットを解説します。料金やキャンペーンの数字に関わる競合他社との比較は WiMAX比較表をご覧ください

メリット・おすすめポイント

メリット

  • 高額キャッシュバック
  • 2年間月額4,070円(税込)で使えるシンプルな料金体系
  • NTTグループカードの入会・支払いで6,000円キャッシュバック

高額キャッシュバック

DTIは端末代相当の高額キャッシュバックを実施しています。

7ヶ月間の利用継続を条件に8ヶ月目頃キャッシュバックを得られます。

ご利用開始月を1カ月目として、7カ月目まで継続してご利用いただいているお客様に、キャッシュバックのご案内をメールにてお送りします。
(例)2022年2月がご利用開始月の場合、2022年8月にキャッシュバックの案内メールをお送りします。
ご案内メールはご登録のDTI連絡先メールアドレス宛にお送りします。

2年間月額4,070円(税込)で使えるシンプルな料金体系

DTIはシンプルな料金体系でわかりやすいプラン設定を行っています。

月額4,070円(税込)で2年間使えるので、他社と比較すると安い料金と言えるでしょう。

ただし、3年契約の最後の年は少し値上がりした料金なので注意してください。

CHECK!

老舗のインターネットプロバイダーの安心感

DTIは古くからインターネットプロバイダーの事業を展開している老舗の企業です。
NTTフレッツなどでもプロバイダー事業を展開していますので、サポート体制は申し分ありません。

デメリット・残念な点

デメリット

  • 端末代は費用負担する必要あり(キャッシュバックで補填)
  • 3年目から料金は値上がり

端末代は費用負担する必要あり(キャッシュバックで補填)

これまでWiMAX端末は無料で提供されていましたが、DTIではWiMAX+5GにおけるWiMAX端末は有償となっています。通常、21,780円を支払う必要があります。

他社は無料としているプロバイダーと比較すると割高になってしまう要因の一つです。

ただ、キャッシュバックとして端末代相当を丸々キャッシュバック特典として提供しているので実質無料で使えるものの、キャッシュバック手続きは必要となりますので、それならキャッシュバックなしとして端末無料で提供してもらいたいものです。

3年目から料金は値上がり

シンプルな料金体系で人気のDTIではありますが、2年間の料金は比較的安く設定されていますが、基本的に3年契約のため、3年目まで料金の支払いは続きます。

2年目までは4,000円前後の料金でしたが、3年目は4,620円(税込)と600円ほど値上がりすることになります。

見た目の安さに囚われないで契約期間内で支払う総費用を計算した上でプロバイダーを選ぶ必要があります。

DTI WiMAX 料金

DTI WiMAXの料金、データ端末の値段については下記を参照ください。月ごとにキャンペーンは刷新されます。

  料金内容
月額料金 4,070円 ※1ヶ月目~24ヶ月目
4,620円 ※25ヶ月目以降
事務手数料 3,300円
端末代 21,780円
端末発送 申し込み後、数日以内に発送
契約期間 3年
解約金 20,900円 ※1~12ヶ月目の解約
15,400円 ※13~24ヶ月目の解約
10,450円 ※25ヶ月目以降の解約

※表記は税込み

DTI WiMAXの口コミ・評判

事務局で収集した口コミやTwitterなどのSNSの口コミから評判を分析していきます。

50代 男性

DTIって光回線だけじゃなかったのか。WiMAXもあったとは。

30代 男性

DTIは古臭いイメージ。老舗なんでしょうけどね。
まぁ、使ってみて特に問題ないので満足はしています。

DTI WiMAXはシンプルな料金体系でわかりやすい

DTI WiMAXならではの特徴として、シンプルな料金体系で当初の2年間は安いプランを展開している点です。
キャンペーン以外のメリットとしては、老舗のインターネットプロバイダーならではのNTTグループカードによるキャッシュバックがあげられます。
一方で、デメリットは端末代がかかってしまうため他社と比較すると、その分割高となってしまうところです。
WiMAXプロバイダー全体で比較すると料金面では他社のほうが安いので、安さ重視なら月額実質費用が安いプロバイダーを選ぶのがおすすめです。

TO SHARE

この記事をシェアする