【2022年7月最新】WiMAXプロバイダー20社比較でおすすめランキングを決定

WiMAX

2022.07.02

【2022年7月最新】WiMAXプロバイダー20社比較でおすすめランキングを決定

2021年4月からWiMAX+5Gとして5G回線が、さらに2022年2月1日より無制限に使えるようになって便利になったWiMAX。

本記事ではWiMAXの最安プロバイダーだけでなく、初めてWiMAXを使う方でも安心して契約できるサポート重視のプロバイダーなどの選び方についても解説していきます。

そのほかWiMAXの利用シーンや使い方、WiMAXを契約しようとしている様々な背景から、適切なWiMAXプロバイダーを紹介します。

WRITER
コネット編集長(ISPの元社員)

KDDIグループ企業で勤務していたインターネットプロバイダー(ISP)の元社員。これまで10社以上のモバイルWiFiを利用した経験も踏まえて光回線やWiMAX、ポケットWiFiなどのお得な契約方法と便利な使い方を発信中。

WiMAXの選び方

WiMAXの選び方 

WiMAXはプロバイダーによって月額料金やキャンペーン、それらに伴う契約期間にかかる費用や、事務手数料などの初期費用が異なっていますので、安易にプロバイダーを選んでしまうと損してしまうことがあります。

WiMAXはプロバイダーの選び方によって、最大で3万円以上得をする可能性があります。

WiMAXはMVNOという形でUQコミュニケーションズが様々なプロバイダーに回線を貸しているため、どのプロバイダーを選んでも通信品質などは同一です。そのため最安のプロバイダーを選ぶことがポイントとなってきます。

初めてWiMAXを契約する初心者の方は、WiMAXの使い方や契約期間・解約のことも考えておくことも重要です。
料金やキャンペーンだけでプロバイダーを選んでしまうと、解約に違約金がかかったり、通信容量が理想より少なかったりと後悔することも。

まずは、WiMAXプロバイダーに申し込む前に検討するべき4つのポイントを抑えておきましょう。

WiMAXプロバイダー選びのポイント

  • 実質費用の安さ
  • 端末を決める
  • 契約期間
  • サポート体制

以下よりWiMAXプロバイダー選びのポイントについて解説していきます。

実質費用の安さ

WiMAX料金 

料金や価格、端末の値段などを重視して選ぶのが基本となります。

通信品質、使える端末、基本的なWiMAXサービスにおいてはプロバイダー間で違いはありません

月額料金・キャッシュバックなどのキャンペーンの有無・初期費用が無料or安価であるかといった点を加味して、年間でどの程度費用がかかるのか計算して選択する必要があります。

なお、契約期間の時期によって月額料金が異なったり、キャッシュバック金額も条件によって変わってきます。

CHECK!

実質費用の安さ重視でプロバイダーを選ぶ

プロバイダーによって速度や使える端末は変わらないので、月額料金やキャンペーンを踏まえて契約年数の実質費用で比較することが重要。

端末を決める

WiMAX端末の選び方。モバイルルーター?ホームルーター? 

WiMAXでは家でも外でもインターネットに接続できるモバイルルーターと家でしか使えないホームルーターがあります。

WiMAXは5G回線が使えるようになったことで多くの地域で、より高速通信ができるような環境が整っています。

外出先でも動画を閲覧したいなど様々なシーンでWiMAXは活躍できます。

契約期間

WiMAXの契約期間はUQ WiMAXの場合で2年間となっています。

ただ、プロバイダー各社が提供しているサービスの契約期間は様々で、1年契約もあれば3年契約としている事業者もあります

  主なプロバイダー
契約期間縛り無し 5G CONNECT, UQ WiMAX
1年契約 Vision WiMAX, BIGLOBE WiMAX
2年契約 カシモWiMAX、Broad WiMAX、UQ WiMAX
3年契約 とくとくBB WiMAX, Broad WiMAX

WiMAXの契約期間が長ければ長いほどお得なキャンペーンを提供している事業者が多いので、長く使うほうが毎月あたりの実質費用は安い傾向にあります。

一方で、契約期間を定めていない、「期間条件なし」や「縛り無し」のWiMAXプロバイダーも存在します。

いつでも自由に解約できるというメリットがある一方で、月額料金は割高となっている点、端末代を分割払いとした場合は残った期間は支払う必要があるなど金銭的なデメリットがあります。

数ヶ月、半年だけ使いたいという場合にはうれしい契約形態なので、その場合は契約期間縛りなしで使えるプロバイダーを選んだ上で契約することをおすすめします。

CHECK!

契約期間縛りなしのWiMAXも選べるが、料金は割高!

第一に、月額料金は割高となっている点、端末代を分割払いとした場合は残った期間は支払う必要があるなど金銭的なデメリットがあります。

数ヶ月、半年だけ使いたいという場合には違約金が発生しない契約となっていますので、その場合は契約期間縛りなしで使えるプロバイダーを選んだ上で契約することをおすすめします。

サポート体制

BIGLOBEサポート 

プロバイダーのサポートが充実している事業者といえばビッグローブです。

もともとビッグローブはNECが運営していたことで、パソコンもネット契約も並行して販売してました。そのためインターネットの相談とパソコンの両方を一緒に相談できるサポート体制が整ってます。

サポート専属スタッフを独自に採用し、24時間体制で完全個室、個人情報を外部に漏らさないよう徹底されたセキュリティ管理など、お金も時間もかけた体制を築いていました。

近年では、電話相談のための予約システムやLINE相談など様々なプラットフォームでの相談も受けられるようになっており、NEC・ビッグローブのサポート面を参考にする企業あるほど。

現在はKDDIグループの傘下となったビッグローブですが、サポート面はそのまま維持されているので初心者の方はおすすめできます。

CHECK!

初心者はサポート重視で選ぶ

WiMAXの利用に不安があるならWiMAXに繋ぐパソコンや周辺機器、スマートフォンの操作などの相談もできるプロバイダーを選ぶことをおすすめします。

その他の気にかけるべきポイント

その他、気にしておくポイントとしては、料金や価格だけでなく、キャッシュバック適用までに要する期間・端末発送のスピード・端末はレンタル?買取?といった点は確認した方がいいでしょう。

キャッシュバック時期について

キャッシュバックはすぐに振り込みされるか、条件が厳しくないか、振込時期や受取の方法が明確化といったところを含めて、信頼できる事業者かどうかが重要なポイントです。

あるプロバイダーではキャッシュバック受け取り申請が1年以上後になることもあれば、別のプロバイダーでは契約の翌々月にはキャッシュバックを対応してくれるなど、事業者によってキャッシュバック受け取り時期が異なります。

受け取りまでの期間が長ければ長いほど、申請を忘れてしまうこともあり、手続きを行う時期を覚えておく必要があるので注意してください。

端末の発送スピードについて

WiMAX端末の配送 

引っ越しなどで、すぐにインターネット接続したいというお急ぎの方は、端末が到着して使い始められるまでの時間が短い、つまり、契約後すぐに端末を発送してもらえるかも選ぶポイントです。

一般的には契約から2,3日後に端末を発送するのが通常の発送タイミングですが、即日発送で対応してくれるプロバイダーも中にはあります。その場合は、早ければ翌日には端末が届いてすぐ使えるということも可能なので、どうしてもインターネット環境をすぐに手に入れたいという場合は、端末の即日発送に対応したプロバイダーも検討してみることをおすすめします。

端末はレンタルか買取か

2022年から一部のプロバイダーでWiMAX端末のレンタルによるサービス提供が開始されています。

WiMAXリリースの当初より、端末は基本的に買取で解約後も使おうと思えば使えるような契約形態でしたが、レンタル提供でサービスを提供しているプロバイダーも増えてきました。

レンタルの場合は、当たり前ですが返却が必要となってきます。

本来、WiMAXの月額料金に端末代が含まれています。レンタルの場合は比較的安い料金で提供していることがあり、金銭面のメリットがあるように見えますが、結局端末を返さないといけません。
それでも端末代が月額でかかっていることを考えると、実はそれほどお得ではないこともあります。

WiMAXはSIMを別のプロバイダーで契約しても使えるので、端末の価値は十分にあります。おすすめとしては買取で無料提供してくれるプロバイダーを選びましょう。

レンタルの場合はどうしても返却の手間がかかりますし、返却時期や返却物に不備・不足がないか気にしなければなりません。さらにはレンタルの場合は通常中古品が提供されるということも頭に入れておく必要があります。

WiMAXプロバイダー料金比較表2022年7月

ここではWiMAXプロバイダー20社を以下の観点で比較して本当におすすめできるプロバイダーを紹介します。

まずは、今月のWiMAXプロバイダーの料金比較表で最新の料金やキャンペーンを示した上で、その料金情報を根拠におすすめ順にランキングで紹介していきます。

WiMAXプロバイダー料金比較表

今月、2022年7月の料金比較表は以下の通りです。
※比較しやすいようにプロバイダーで複数の契約年数を持つプランがある場合、お得なプランを比較しています(基本的に長期契約ほど月あたりの料金はお得になりますので長い契約期間のプランで比較しています)

料金プラン とくとくBB
WiMAX
UQ
WiMAX
BIGLOBE
WiMAX
Broad
WiMAX
DTI
WiMAX
カシモ
WiMAX
So-net
WiMAX
Vision
WiMAX
5G CONNECT
WiMAX
Yamada air mobile
ヤマダ電機
BIC
ビックカメラ
Yodobashi
ヨドバシカメラ
クオルネット
エディオン
KT WiMAX
ケーズデンキ
実質月額料金 3,713円 4,688円 5,042円 4,490円 4,345円 4,462円 5,140円 6,050円 5,313円 5,313円 5,313円 5,313円 5,313円 5,313円
実質総額
(契約期間)
142,684円
(3年)
112,512円
(2年)
142,684円
(3年)
60,504円
(1年)
161,656円
(3年)
156,420円
(3年)
160,633円
(3年)
185,064円
(3年)
18,150円
(3ヶ月)
127,512円
(2年)
127,512円
(2年)
127,512円
(2年)
127,512円
(2年)
127,512円
(2年)
月額料金 2,079円×2ヶ月
4,389円×34ヶ月
4,268円×24ヶ月 4,191円×12ヶ月 2,090円×2ヶ月
3,894円×34ヶ月
4,070円×24ヶ月
4,620円×12ヶ月
1,408円×1ヶ月
4,455円×35ヶ月
3,700円×12ヶ月
4,816円×24ヶ月
4,400円×2ヶ月
4,950円×34ヶ月
4,950円×3ヶ月 4,268円×24ヶ月 4,268円×24ヶ月 4,268円×24ヶ月 4,268円×24ヶ月 4,268円×24ヶ月
キャッシュバック・特典 23,000円~41,000円 3,000円~15,000円 15,000円 - 21,780円 - - 5,000円 - - - - - -
端末代 無料 21,780円 21,912円 無料 21,780円 21,780円 無料 無料 21,780円 21,780円 21,780円 21,780円 21,780円 21,780円

※表記は税込み価格です。
※契約時の初期費用として各プロバイダーで事務手数料3,300円がかかります。
※とくとくBBはキャッシュバック23,000円、UQはキャッシュバック15,000円を想定して計算しております。
※契約期間縛り無しで使える5G CONNECTは最低契約期間3ヶ月間を想定して計算しております。

注目していただきたい場所は実質月額費用の部分です。

こちらの金額が安ければ安いほど契約月数でみると一番お得かどうかがわかります。

客観的データに基づく料金情報の調査方法

調査日 2022年7月1日
調査方法 WiMAXサービスを提供するMVNO事業者の公式ウェブサイト
(専用特設ウェブサイト含む)のリサーチ
電話、チャットによるサポート窓口問い合わせ
調査者 コネットby 日刊SPA!事務局
調査対象 WiMAX+5Gの月額料金、事務手数料、キャンペーン情報
(キャッシュバック、割引特典)等の利用者が支払う料金・価格情報
参考・引用  UQ WiMAX公式サイト
総務省
消費者庁
国民生活センター
KDDI株式会社
MVNO事業者各社の公式サイト

原則、月初に料金及びキャンペーン情報を調査し、その後、毎月数回の調査を行い、変更があった場合は随時キャンペーン内容を更新しています。

実質月額費用とは

実質月額費用は以下の計算式で算出しています。

実質月額費用=(月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+端末代+事務手数料)÷契約月数

こちら計算した結果を安い順に並べることで本当にお得なプロバイダーを見極めることができます。

WiMAXおすすめランキング2022年7月

WiMAXおすすめランキング 

WiMAXの契約期間にかかる総費用を合計し、キャッシュバックや月額割引の特典を含めたうえで料金が安い順に紹介します。

GMOとくとくBB WiMAX

GMOインターネットのとくとくBB WiMAXは実質月額費用で比較すると業界最安で一番お得に使えるプロバイダーです。

高額キャッシュバックだけでなく、他社からの乗り換えなら違約金を肩代わりしてもらえますのでお得に使えます。

WiMAX+5Gの端末は無料で使えて、端末はレンタルではないため返却不要、解約後も使えるのでおすすめです。

とくとくBB WiMAX
とくとくBB WiMAXキャンペーン
実質月額料金 3,678円(税込)
端末代 無料
契約年数 2年
支払い方法 クレジットカード
  • キャッシュバック23,000円!!乗り換えなら49,000円
  • 実質月額料金が業界最安値
  • 最短即日発送に対応

DTI WiMAX

DTI WiMAXはドリーム・トレイン・インターネットの老舗プロバイダーのWiMAXです。端末は有料ですが、その分高額キャッシュバックでお得に使えます。

DTI WiMAX
DTI WiMAXキャンペーン
実質月額料金 4,317円(税込)
端末代 21,780円
契約年数 2年
支払い方法 クレジットカード
  • 端末代相当キャッシュバック21,780円
  • 2年間4,180円で使えるシンプルな料金体系
  • DTI Club Offの福利厚生サービスが利用可能

カシモ WiMAX

カシモWiMAXは初期費用が安く、キャッシュバックはありませんが、2年契約または3年契約ができる総合的に安いプロバイダーとなっています。キャッシュバックの受け取り不要でお得なプロバイダーをお探しならカシモが良いでしょう。

カシモ WiMAX
カシモWiMAXキャンペーン
実質月額料金 5,229円(税込)※縛り無し
端末代 21,780円
契約年数 縛り無し
支払い方法 クレジットカード
  • 初月1,408円(税込)で使えるシンプルな料金体系
  • 契約期間縛り無し
  • 最短即日発送に対応

Broad WiMAX

Broad WiMAXは端末有料ですが、2年契約または3年契約ができ、毎月の料金が安くなっています。乗り換えで解約の違約金を負担してくれるなど、WiMAXへの乗り換えでお得なプロバイダーです。

Broad WiMAX
Broad WiMAX キャンペーン
実質月額料金 4,824円(税込)※2年契約
5,003円(税込)※縛り無し
端末代 21,780円
契約年数 2年、縛り無し
支払い方法 クレジットカード
  • 契約当初1,397円(税込)で使える
  • 乗り換えで最大19,000円キャッシュバック
  • 2年契約と縛り無しが選べる
  • 最短即日発送に対応

UQ WiMAX

UQ WiMAXはWiMAX本家で2年契約が主体となっています。期間条件なしの縛り無しの契約プランもあります。オンラインショップからの申込みで一定条件を満たせば高額キャッシュバックが受け取れます。

UQ WiMAX
UQ WiMAXキャンペーン
実質月額料金 4,653円(税込)
端末代 21,780円
契約年数 2年
支払い方法 クレジットカード、口座振替
  • オンラインショップからの申込みで端末値引き5,940円~
  • 2年契約や機関条件なしのプランも選べる
  • Try WiMAXで15日間お試し利用も可能

参考・運営元企業:UQコミュニケーションズ株式会社

BIGLOBE WiMAX

ビッグローブWiMAXは1年契約かつ高額キャッシュバックで人気の老舗プロバイダーです。SIMのみ単体での契約も可能です。

BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAXキャンペーン
実質月額料金 5,651円(税込)※SIM+端末セット
4,052円(税込)※SIMのみ
端末代 21,912円
契約年数 縛り無し
支払い方法 クレジットカード、口座振替
  • 縛り無しでキャッシュバック5,000円を翌月受け取れる
  • SIMのみの契約も可能
  • 最短申し込み翌日に端末発送

1年契約で選ぶWiMAXおすすめプロバイダー

1年間だけWiMAXを使いたいという場合は、1年契約ができるプロバイダーがおすすめです。

2022年現在、WiMAXの1年契約ができるプロバイダーはVision WiMAXとBIGLOBE WiMAXとなっています。

改めてここで料金やキャンペーン内容を比較して、どちらが良いか確認しておきましょう。

  BIGLOBE WiMAX Vision WiMAX
実質月額料金 5,229円 6,248円
実質総額 62,748円 74,976円
月額料金×契約期間 4,378円×12ヶ月 5,973円×12ヶ月
キャッシュバック 15,000円 -
端末代 21,912円 無料
事務手数料 3,300円 3,300円

※表はすべて税込み価格です。
※2022年7月現在

1年契約のWiMAXプロバイダーを比較したところ、BIGLOBEのほうがお得に1年間使えるということがわかりました。

BIGLOBE WiMAX 1年契約

BIGLOBEは基本契約プランが1年のみとなっており、SIMのみの契約かSIMと端末のセットかを選べます

これからWiMAX+5Gを利用したいという方は端末を持っていない方も多いと思いますのでSIM+端末で検討するのが良いでしょう。

なお裏技として、ビッグローブは端末のみの契約ができますので1年利用とはいえ、メルカリなどのオークションサイトでWiMAX+5G端末を購入し、ビッグローブのSIMのみの契約で手に入れたSIMを端末に挿入して使うという手もあります。

BIGLOBE WiMAXのプランや料金を詳しく見る

Vision WiMAX 1年契約

Vision WiMAXも1年契約に対応したプロバイダーで端末無料が使えるというメリットがあります。

1年契約で契約終了しても買取となっているので返却不要です。

2年契約で選ぶWiMAXおすすめプロバイダー

1年契約でもなく3年でもないという方は少ないかもしれませんが、何らかの事情で2年間でだけWiMAXを使いたいという場合は、2年契約ができるプロバイダーがおすすめです。

2022年現在、WiMAXの2年契約ができるプロバイダーはカシモ WiMAXやUQ WiMAX、そして家電量販店で販売するWiMAXで利用可能です。

改めてここで料金やキャンペーン内容を比較して、どちらが良いか確認しておきましょう。

UQと家電量販店の料金体系は同一のためUQ WiMAXとしてご覧いただければと思います。

  カシモ WiMAX UQ WiMAX
実質月額料金 4,708円 5,104円
実質総額 112,992円 122,512円
月額料金×契約期間 1,408円×1ヶ月
4,708円×23ヶ月
4,268円×24ヶ月
キャッシュバック - 5,000円
※条件により異なる
端末代 無料 21,780円
事務手数料 3,300円 3,300円

※表はすべて税込み価格です。
※2022年7月現在

2年契約のWiMAXプロバイダーを比較したところ、カシモのほうがお得に1年間使えるということがわかりました。

カシモ WiMAX 2年契約

カシモは2年契約と3年契約を提供しており、実質月額で比較すると3年契約のほうがお得です。しかし、2年契約でもほぼ同等の実質月額で提供されているので2年契約でも十分でしょう。

ある意味で2年契約はUQ WiMAXや家電量販店でしか検討ができなかった契約期間でしたが、2021年末よりカシモも提供をはじめました。

カシモWiMAXの大きな特徴としては、キャッシュバックなどの特典ではなく月額割引を基本として、契約当初の料金が安く抑えている点と、基本的に定額料金を設定している点になります。

2年契約でも安い料金体系を維持しているので3年は少し長いという方にはカシモWiMAXをおすすめできます。

カシモ WiMAXのプランや料金を詳しく見る

UQ WiMAX 2年契約

UQ WiMAXは2年契約が基本となっています。

「WiMAX+5Gはじめる割」を適用すると4,268円(税込)で2年間利用可能です。キャッシュバックのキャンペーンもオンラインショップからの端末購入で特典を得られるなどメリットも増えています。

ただし、端末代は2万円以上かかるという部分がネックとなり今回はランキング第2位となりました。実質月額費用で比較してもカシモのほうが安い結果となっています。

UQ WiMAXのプランや料金を詳しく見る

契約期間縛り無しWiMAXおすすめプロバイダー

WiMAXは1年契約、2年契約、3年契約が主体ではありますが、契約期間の縛り無しで利用も可能となっています。一部のプロバイダーのみの提供ですが、違約金なしで利用したいという方にはおすすめできる契約形態となっています。

現在、縛り無しで契約可能なプロバイダーは5G CONNECTとUQ WiMAX(期間条件なし)となっています。

以下、半年間で解約することを想定し料金を比較します。

  5G CONNECT UQ WiMAX
実質月額料金 5,500円 8,635円
実質総額 32,730円 51,810円
月額料金×契約期間 4,950円×6ヶ月 4,445円×6ヶ月
キャッシュバック - -
端末代 無料 21,780円
事務手数料 3,300円 3,300円

上記の表をご覧の通り、期間条件無し・縛り無しでの契約においては5G CONNECTが安い結果となりました。

5G CONNECT

5G CONNECTはMugen WiFiやAiR-WiFiを提供する事業者が展開するWiMAXレンタルサービスで、契約期間の縛り無しとして標準の料金プランとしてサービス展開しています。

注意としては、縛り無しということですが、最低3ヶ月は解約ができなくなっている点、端末はレンタルのため返却が必要という点です。

30日間のお試し利用も可能ということで自分の使うエリアで使えるのかどうか、速度はできるのか、接続は安定するのかといった不安に対して実際に試してみて決めることもできます。

UQ WiMAX 期間条件なし

UQではオンラインショップでの申込時に期間条件なしの料金プランを選択可能です。

期間条件なしと2年契約とで月額で200円前後の差ではありますが、少し割高になっています。

なお、2年契約のプランでも解約で1,100円しかかからなくなっていますので、2年契約にしておいて半年で解約しても、以前のように1,2万円程度違約金はかかりませんので、あえて期間条件なしのプランにしなくても良いと考えます。

UQ WiMAXのプランや料金を詳しく見る

モバイルルーターとホームルーターはどっちがいい?最新機種を比較

モバイルルーターのメリットデメリットを紹介

WiMAXモバイルルーター 

メリット

  • 自宅でも外出先でも使える
  • コンパクトサイズで持ち運びが可能
  • 通信量の確認や設定が端末で操作できる

デメリット

  • バッテリー残量を気にしながら使う必要がある

モバイルルーターの選び方とスペック比較

WiMAXモバイルルーター比較 

2022年7月現在、WiMAXモバイルルーターでは以下の2種類の端末が提供されています。

以下、スペックや機能面の比較を行った上で、おすすめの機種を紹介します。

  Speed WiFi 5G Galaxy SCR01 Speed WiFi 5G X11 NAR01
通信速度 下り:2.2Gbps
上り:183Mbps
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
サイズ 147×76×10.9 mm 136×68×14.8 mm
重量 203g 174g
バッテリー容量 5000mAh 4000mAh
使用時間 連続通信時間:約1,000分
連続待受時間:約790時間
連続通信時間:約490分
連続待受時間:約400時間
通信規格/Wi-Fi6対応 11a/b/g/n/ac
(2.4GHz, 5GHz)
Wi-Fi5
11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz, 5GHz)
Wi-Fi6
同時接続台数 10台 16台
製造元 サムスン NECプラットフォームズ

それぞれ特徴のある2種類の機種ですが、Galaxy端末では5.3インチの大画面ディスプレイが搭載されていますので、非常に見やすくタッチパネルで操作も簡単です。

デザインもしっかりしていて視覚的に分かりやいので周波数帯の変更や通信量の確認、接続端末の確認、カレンダーも確認できるなど特徴的です。

バッテリーも大容量なので長時間の使用に便利です。

ただし、通信面ではNECプラットフォームズのX11には劣ります。Galaxyの端末で特に気になるのはWi-Fi5までしか対応していない点。Wi-Fi6は通信の安定性やスピードもかなり強化されているので、今後の主流は明らかにWi-Fi6で、現在販売されている多くの市販ルーターはWi-Fi6対応となっていることから、時代遅れ感があります。

CHECK!

おすすめモバイルルーターはX11

X11についてはバッテリー容量が若干少ない点やディスプレイが小さく操作がタッチパネルでできない点などデメリットはあるものの、Wi-Fi6に対応している点やコンパクトサイズなので持ち運びするならこちらのX11端末のほうがおすすめです。

別売りのクレードルを購入すれば自宅でも充電しながら使えるようになり、LANポートも使え、さらにはWウイングアンテナという独自のアンテナ内蔵クレードルとなっていることから室内で使うときもより繋がりやすくなります。

ホームルーターのメリット・デメリット

WiMAXホームルーター 

メリット

  • 4ストリームMIMOなど技術面で接続が安定しやすい
  • ゲーム機やテレビ、家電など複数端末の接続に想定された設計
  • 有線LAN接続が可能
  • ACアダプタによる給電のためバッテリーを気にしないで使える

デメリット

  • 外出先で使うには持ち運びや電源確保で不便
  • 通信量確認や設定はスマホアプリを通じて行う必要がある

上記のメリット・デメリットについて少し捕捉すると、有線LAN接続についてはモバイルルーターのクレードル(据え置き型の充電装置)を使えば有線LAN接続も一部機種で可能です。

また、ホームルーターといえば原則契約した住所のみでの使用に制限されるのが一般的。
基本的にドコモHome 5GやソフトバンクAirは利用する住所以外での利用はNGとなっています。WiMAXについては持ち運びは可能ですが、どちらにしろ電源確保の問題もあるため、物理的に持ち運びに適していません。

上記のモバイルルーター・ホームルーターのメリット・デメリットの通り、それぞれ相反する特徴があります。

これらに加えてモバイルルーターはモバイルルーターの複数種類から選び必要もありますし、ホームルーターも同様です。

以下は現在販売中のモバイルルーターとホームルーターの機種からどう選ぶべきか解説していきます。

ホームルーターの選び方とスペック比較

WiMAXホームルーター比較 

2022年7月現在、WiMAXホームルーターでは以下の2種類の端末が提供されています。

以下、スペックや機能面の比較を行った上で、おすすめの機種を紹介します。

  Speed WiFi HOME 5G L11 Speed WiFi HOME 5G L12
通信速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
サイズ 70×182×124 mm 101×179×99 mm
重量 599g 446g
OFDMA対応 ×
通信規格/Wi-Fi6対応 11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz, 5GHz)
Wi-Fi6
11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz, 5GHz)
Wi-Fi6
同時接続台数 30台 40台
製造元 ZTE NECプラットフォームズ

基本的にL11とL12で大きな差はありません。

デザイン面でも分厚いか細くて背が高いのかという違いですし、重量に違いがあるものの自宅に設置して使う分には気にならないでしょう。

しいて違いをあげるならOFDMAが搭載されているか否かです。

OFDMAとは

Orthogonal Frequency Division Multiple Accessのことで、従来のOFDMでは狭い周波数帯の中で複数ユーザーの接続で共有していたものを、OFDMAでは同一周波数帯をさらに細分化、サブキャリア毎にユーザー毎に割当ることで同時接続していても通信をスムーズに行えるものになります。

このOFDMAは複数端末が同時に接続するシーン、つまりL12を用いてテレビやゲーム機、パソコン、スマホ、家電など同時に接続するような場面で効果を発揮します。

自宅で1人、1端末でしか使わないという場合はOFDMAの機能を発揮できませんので、その場合は非搭載でも問題ありませんが、上記のように同時に複数端末が接続して使うような場合はOFDMA搭載の端末のほうが良いでしょう。

CHECK!

おすすめホームルーターはL12

どちらかで迷ったらOFDMA対応や機能面でメリットが大きいのでL12がおすすめです。

提供を終了したWiMAXプロバイダー

@nifty WiMAX(ノジマへ統合され、その後販売終了), JPWiMAX, 3WiMAX, novas WiMAX, OHP WiMAX, Panasonic WiMAX, @TCOM WiMAX, au(UQへ統一), Nojima WiMAX, コミュファ光 WiMAX, ベスト電器(DIS WiMAXへ統合), ソフマップ(ビックカメラへ), コジマ(ビックカメラへ)

WiMAX契約の流れと利用までの3ステップ

WiMAXの契約の流れは以下の3ステップです。

第一にやるべきことはどのプロバイダーと契約するかということなので、そちらに関しては当ページのプロバイダー選び方をご覧ください。

  1. 料金プランやオプションの選択
  2. モバイルルーターまたはホームルーターを選び、WiMAX端末を決める
  3. 利用者情報や支払い情報等の情報を入力して契約完了
WiMAX契約の流れ 
STEP.1料金プランやオプションの選択

料金プランはWiMAX2+は通常プランの月間7GBまで使えるプランと月間無制限で3日間10GBまで使えるギガ放題というプランがありました。

WiMAX+5Gとなって、通常プランは廃止され、ギガ放題プラスのみの料金プランとなりましたので、特に料金プランを選ぶということはありません。

ただし、契約期間を選択できるプロバイダもありますので、その場合は契約期間をこのタイミングで選択することになります。

オプションはプロバイダー個別に用意している場合はそちらを検討することになります。

主として安心補償オプションという名目で端末の破損や盗難などを補償するオプションを月額数百円で加入することができます。

月額料金に対して料金のインパクトが大きいので気になる方だけ申し込むと良いでしょう。

他にはサポートを手厚くするようなオプションを用意しているプロバイダーもあります。

STEP.2モバイルルーターまたはホームルーターを選び、WiMAX端末を決める

ホームルーターとモバイルルーターどちらを選ぶか考えた上で、その中から機種を選ぶことになります。

ホームルーターとモバイルルーターどちらにするのか、機種はどうするのか参考にして決めてみてください。

なお、WiMAXプロバイダーによってはホームルーターとモバイルルーターは選択できるにしても、全機種販売せず機種を限定しているプロバイダーもありますので注意してください。

STEP.3利用者情報や支払い情報等の情報を入力して契約完了

WiMAXの支払い方法は原則クレジットカードとなっています。

未成年の方はクレジットカードが使えないので、保護者が契約者になるか、口座振替を選択することになります。

当ページでは口座振替で支払い契約できるプロバイダーを紹介していますので、どうしてもクレジットカードが使えないという方は参考にしてみてください。

WiMAX契約の注意点

WiMAXの契約は基本的にインターネットのウェブサイトを通じて行います。まずはプロバイダーを決める必要がありますが、契約の流れとしては、上記した料金プランとモバイルルーターなどのWiMAXを決めておけばスムーズに契約することができます。

家電量販店では店頭に在庫があればその場で契約して持ち帰ってすぐに使うことができますが、ほとんどのプロバイダーではネット契約が基本となっています。

契約画面ではプランを選択した上で、モバイルルーターはどれにするか選択。
最後はクレジットカード払いのためのカード情報を入力して申し込みすれば早くて翌日、または数日以内にWiMAX+5G通信用のモバイルルーターやホームルーターが自宅に届いてその日からすぐに利用できるようになります。

WiMAX+5Gとは

WiMAX+5Gとは 

2021年4月よりWiMAX+5Gが提供がスタートしました。当初は首都圏を中心に5Gエリアでの通信が提供となり、徐々に全国に広がってきています。

WiMAX+5Gとは、従来のWiMAX2+のネットワークに加えて、au 4GLTEとau 5Gのネットワークがスタンダードモードにおいても使えるようになった次世代のネットワークサービスとなっています。

従来のWiMAX端末では接続できませんので、5Gの通信に対応した専用端末を利用して5Gエリア内で使わなければなりません。

料金面では若干WiMAX2+より割高ですが、通信制限として3日間10GBのところ、15GBまで緩和されているため、たっぷりと通信が行えるようになったのも大きなメリットの一つです。

従来のWiMAX 2+と異なる点

WiMAX2+は2015年頃からサービスが開始され、2017年からLTEとの同時接続技術、4×4MIMOなどの適用により最大下り速度1.2Gbpsとなりました。
こちらは有線接続時で、従来は440Mbpsの通信速度でした。これはインターネットプロバイダーが提供するフレッツ等の光回線最大1Gbpsよりも速い速度です。

WiMAX2+とWiMAX+5Gで大きく異なるのは、回線にあります。

WiMAX+5Gではau回線として4G LTE, 5Gが標準で利用できるようになった点で、WiMAXより今まで接続しづらかった地域やエリア、地下やビル群で繋がりやすくなりました。

WiMAX+5Gのメリット

WiMAX+5Gとなって、利用すべきメリットが増えました。主なWiMAXのメリットは以下の通りです。

メリット

  • 下り最大2.7Gbpsの高速通信が可能
  • 速度制限が撤廃され通信量無制限の利用が可能
  • 他のモバイルWiFiサービスより安い・お得
  • ホームルーターは契約住所以外でも使える

これは他社の接続サービスと比較した上でのメリットになりますが、やはりポイントは速度制限と通信速度になります。

通信速度は他社より高速

WiMAX+5Gは、下り最大2.7Gbpsの高速通信が可能です。
例えば、ワイモバイルでは3日間10GBの制限があるほか、WiMAXよりも下り速度は遅い理論値となっています。クラウドSIM対応のWiFiでは月間の通信量は100GBというのが相場で、速度は150Mbps程度と低速となっています。

速度制限が撤廃され無制限に使える

速度制限については、まだ多くの事業者で通信量の制限を設けており、一定の通信量を超えると速度制限がかかるようにコントロールしています。

これは通信を行う利用者が増えて、ネットワークの混雑により利用者全員がインターネット利用できなくなるのを防ぐ目的とネットワークの管理維持の負担のために制限を設けています。

これがWiMAX+5Gとなって速度制限が撤廃されました。au回線の標準で使いつつ、無制限に利用できる点は大きなのメリットでしょう。

実質月額費用で比較するとWiMAXがお得

ドコモやソフトバンクのデータ通信サービスはドコモの5Gギガホプレミアやソフトバンクのメリハリ無制限による無制限での通信が可能で、AIR STATIONやポケットWiFiを使って2Gbps以上の速度を確保するなどWiMAXよりも利点がありますが、料金は月額7,000円以上とかなり高額となっています。
その点、WiMAXでは実質月額料金で見れば端末代込みで月額4,000円前後となっていますので他社より断然お得ということがおわかりいただけると思います。

ホームルーターは契約住所以外でも使える

他にも細かいところになりますが、ホームルーターの端末でも自宅以外で使える点はメリットです。

ドコモのhome 5GやソフトバンクAirは原則自宅のみ(契約・登録した住所)のみでの利用に限られますので、その点が少し緩いWiMAXはメリットがあると言えるでしょう。例えば、帰省先や車の中でも使えます。

WiMAX+5Gのデメリット

デメリット

  • au回線とWiMAX回線の切り替えで通信の断絶が発生することがある

au回線とWiMAX回線の切り替えでラグ発生

WiMAXのデメリットはau回線とWiMAX回線の切り替えのタイミングで少しラグが出ることです。

私自身がL12やX11の端末を長時間使って感じた印象として、速度はそこそこ速く快適なのですが、ところどころで通信が一瞬遮断されることがありました。

この秒単位の遮断はau 4G LTEとWiMAX2+回線を切り替えていることが要因と考えられます。

WiMAX+5Gではau回線かWiMAXかを自動で切り替えますので、利用者側で操作はできなくなっています。

少し通信が途絶えるところはWiMAXのデメリットと言えるでしょう。

WiMAXを使う上での注意点

キャッシュバック 

キャッシュバックの受け取り忘れに注意

人気のプロバイダーでは主要キャンペーンとしてキャッシュバックを提供していますが、その多くが利用開始から数カ月後や2年以内の時期とかなり先の時期を設定しています。

多くの人が振込申請忘れによる「キャッシュバック受け取り忘れ」の状況にあります。

キャッシュバックの受け取りは指定の口座の情報を各プロバイダーの管理画面ウェブサイトを通じて登録を行うのがほとんどです。また、キャッシュバック受け取り時期が近づいたら登録したメールアドレスに連絡が来るのが通常なのできちんと確認して手続きを行う必要があります。

キャッシュバックの受け取り条件と金額について

WiMAX2+プロバイダーからのキャッシュバック額はプロバイダー各社の公式サイトやバナー広告に記載されたもの、それはだいたい最大キャッシュバック金額で、プロバイダーによってはWiMAXモバイルルーター毎に異なったり、支払い方法で異なったり、継続利用期間によって異なります。

継続利用期間は数ヶ月から2年弱でプロバイダーによってバラバラの期間が設定されています。

WiMAX端末によるキャッシュバック金額の違いについてはとくとくBB WiMAX2+において最新端末より少し古い端末ほどキャッシュバック金額が多くなっています。支払い方法についてはBIGLOBE WiMAX2+において口座振替とクレジットカード払いでキャッシュバック金額が異なります。

また、オプション加入がキャッシュバックの受け取り条件となっていることもあるので注意が必要です。

オプション加入条件についてはキャッシュバックの提供に限らず初期費用の割引など様々なケースでオプション加入を条件としているプロバイダーもあるので注意してください。

契約当初の料金と契約終盤の料金が異なる

これは、ほとんどのプロバイダーに言えることですが、多くのプロバイダーでは契約当初の料金と契約終盤の料金で異なる料金体系が設定されていることがあります。

例えば、契約当初の1~2ヶ月目までは1,500円前後、その後は4,500円前後といった形で見た目の安さを訴求したいがために設定されている内容です。

実質月額費用の項目でもお伝えしているように、本当にお得なWiMAXプロバイダーはどこかを計算するには総費用を算出した上で比較する必要がありますので、安易に契約当初の料金の安さに騙されないようにしてください。

WiMAX+5Gのエリア

WiMAXエリア 

WiMAXエリア、そしてWiMAX+5Gに伴うauの5Gエリアについても通信可能エリアは日々拡大しています。具体的に利用したい地域・場所でWiMAXの通信が可能か確かめるにはUQ WiMAXの公式サイト等でご確認ください(参考:UQコミュニケーションズが公開しているWiMAXのエリアマップ)。

基本的なエリアの考え方としては、WiMAXとしてはWiMAX2+のエリアが基本で、auのネットワークについては4G LTE, 5Gのエリアに繋がることになります。前述したようにWiMAXにつながるかau回線に繋がるかは選択ができません。そのときの通信環境によって切り替えが行われます。

地下鉄や地下街、新幹線などはUQコミュニケーションズが個別に電波を受信するための基地局を設置していますが、屋外に関しては屋外基地局でカバーしうるエリアとなります。実際に利用できるかは公式サイトでご確認いただくか、UQでWiMAXのレンタルをしてみて確認してみることをおすすめします。

WiMAX+5Gとなってからはau回線も使えるようになったことでWiMAXのデメリットだった地下鉄や地下街などでも高速通信が可能になっています。

空港
新千歳空港、関西国際空港、羽田空港、成田空港、ほとんどの空港のターミナルビルで利用可能
新幹線・特急
東海道新幹線のN700系などの車内でUQ WiFi、成田エクスプレスのE259系車内でWiMAXが利用可能。トンネル内は利用できません。その他、全国ほとんどの駅のホーム、コンコースでWiMAXが利用可能です
地下鉄・私鉄
全国のJR地下鉄の地下ホームや私鉄で利用可能です。WiMAX2+はまだ全国対応はできていませんが、WiMAXはほとんどの駅で利用可能となっています。
商業施設
全国の屋内商業施設、ショッピングモールなどでWiMAX2+またはWiMAXの電波を受信することができます。イオンモールやイトーヨーカドーなどはほとんどのエリアで利用可能です
地下街
東京駅八重洲地下街や大阪ホワイティうめだなどを含め、全国の地下街でWiMAXが利用可能です。ただし、電波を受信しにくい場所も一部あります。
大学キャンパス
全国の私立大学、公立大学、国立大学、短期大学などでWiMAXが利用可能です。エリアによってはWiMAX2+は受信できない場所もあります。

ポイントは実質月額料金が安いプロバイダーを選ぶこと

WiMAXはUQから回線を借りているだけなので、どのプロバイダーを選んでも速度や使える端末は変わりません。よって、最安のプロバイダーを選ぶことが一番賢い選び方です。
安さを比較するポイントは実質月額料金です。月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーンを計算して実際に毎月どのくらいお金がかかるか計算することが重要です。

当サイトでは毎月プロバイダー各社の料金・キャンペーン情報を計算して本当に最安でおすすめのプロバイダーを紹介していますので参考にしてみてください!

\ 2022年7月最安&おすすめNo.1 /

TO SHARE

この記事をシェアする