新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


日本の歴史 本当は何がすごいのか【第3回:言葉が作られるはるか以前から日本にある「形の文化」】

文字のない時代の豊かな「形の文化」 「初めに言葉ありき」。聖書にはそう書かれています。これは西洋文化...

日本の歴史 本当は何がすごいのか【第2回:文字のない時代に生まれたゆえの神話の美しさ(続)】

神話は民族の魂の記憶  世界には数多くの神話があります。ギリシャ神話、エジプト神話、旧約聖書で語られ...

日本の歴史 本当は何がすごいのか【第1回:文字のない時代に生まれたゆえの神話の美しさ】

なぜ『古事記』で語られている神話の言葉は美しいのか 「人々がこの文字というものを学ぶと、記憶の錬磨が...

中学校歴史教科書で「聖徳太子」が復活した!(4)――「通説の呪縛」からの脱却を

先の大戦を「アジア・太平洋戦争」と言われても  歴史学界の一部には、ある種の思惑を持って歴史用語を変...

中学校歴史教科書で「聖徳太子」が復活した!(3)――『日本書紀』では「厩戸皇子」、「厩戸王」は近年の造語

「厩戸王」なる用語は、近年の造語  では文科省が、理解が得にくい厩戸王(聖徳太子)の表記を打ち出して...

中学校歴史教科書で「聖徳太子」が復活した!(2)――国民の間に定着している歴史用語を変えることには慎重であり...

歴史用語は、現行の学習指導要領に戻る方向  前述したように、中学校の歴史用語に関して次期期学習指導要...

中学校歴史教科書で「聖徳太子」が復活した!(1)――パブリックコメントで文部科学省が異例の方針転換

厩戸王(聖徳太子)へのパブリックコメントが殺到  聖徳太子の名称をこれまで通りに戻す――3月20日に...
育鵬社編集部M

大企業は江戸の「石門心学」に学べ――「富の主は天下の人々なり」という考え方

江戸時代に商業道徳を説いた石田梅岩 <文/佐藤芳直>  商業道徳というのは、それぞれの国のそれぞれの...
佐藤芳直

新入社員なら入社式前に知っておきたい!吉田松陰に学ぶ「志の立て方」

なぜ私たちは勉強するのか? <文/佐藤芳直>  私は十数年間、山口県の萩市で吉田松陰セミナーを開いて...
佐藤芳直

歪んだ歴史ではなく、本当の日本史を取り戻そう(韓国編②)

古代まで歴史を溯る  古代の話でも、韓国の閣僚が、任那について日本が支配していたことを日本の教科書に...
1
41
42
43
44
45
57