TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

第5章:竜太、ふたたび(26)

 さて、サンピンでも、スペード・三つ葉・ハートのカードであれば、「花が向く(あるいは、花が咲く)」と呼ばれる方向がある。ダイヤにはこれがない。

 これは、それぞれのスート(マークの種類のこと)が示す形状によって、そうなってしまう。

 二点が向いている方向(=花が咲いた方向)が「アタマ」であり、一点しか向いていない方向が「ケツ」である。

 なぜダイヤのカードにはこれがないのか? トランプのカードを自分の前に並べてみて、納得していただきたい。

 この局面で、サンピンのカードを「アタマ」から絞るのか、それとも「ケツ」の方から絞るのか?

 打ち手によって、そのやり方は異なるはずだ。

 勢いをもった打ち手が、勝利を一気に決めに行くときには、「ケツ」から行く。

「ケツ」の中央下部にマークが現れたら、そのカードは8だからである。

 一方、「負けないこと」を確定したければ(それは同時に一発で「負けてしまったこと」の確定ともなりうる)、「アタマ」の方から、すなわち「花が咲く」方向から絞る。

 そこにマークが現れれば、そのカードは7か8となるのだから。(そしてマークが現れなかったら、そのカードは6であり、瞬殺される)

 一般化はできないのだろう。

 しかしこの局面なら、心の中に恐怖を抱いた打ち手たちは、サンピンのカードを「アタマ」から絞るケースの方が多いのかもしれない。

 竜太は「アタマ」から絞り起こしている。

 自信がなかったのか。

「テンガア~、テンガア、テンガァ、テンッ!」

 息を詰めている竜太は、心の中で絶叫しつづけた。

 カードの中央に翳が現れろ。点がつけ。

 あらん限りの力を指先に籠め、1ミリの数分の一ずつカードを起こしてゆく。

 ゆっくりと。本当にスローに。

 天国への道を切り拓く。地獄への穴ぼこが現れる。

 これがバカラの「シボリ」の真骨頂だ。

 しかしカードの中央部に、なかなかマークが出てこない。

 翳が見えてこないのである。

 ん、ん、んっ?

 カードの先端が、ぶるぶると大きく震えていた。

 これは竜太の掌の震えが伝達したゆえではない。極端な力がカードに加えられていたからだった。

「テンガア~、テンガア、テンガァ、テン」

 まだ出ない。まだ現れない。

 カードを三分の一ほどを絞り込んでも、中央部になにも見えてこなかった。

 駄目だ。スカ。

 息が上がったが、そういう問題じゃなかった。

 しかし、竜太は悟る。

 竜太が全身全霊を籠めて起こしていたこのサンピンのカードは、左右三点中央無点の6のカードである、と。

 広東語の語呂合わせでいわゆる「チャッシュー(=叉焼)」と呼ばれる状態、すなわち、プレイヤー側7、バンカー側6での敗北だった。

 竜太はがっくりと首を折る。

 脱力した竜太が、バンカー側のカードをディーラーに戻した。

「プレイヤー・ウインズ。セヴン・オーヴァー・シックス」

 ディーラーが読み上げ、1000ドル・チップ10枚がフロートに回収されていった。

 ああ、俺の1万ドル、俺の1万ドル。

 嘆いても、もう手遅れだ。

 すでに竜太の席前に積まれた大小さまざまなチップの合計は、3万ドルを割っていた。

 なんでここで「チャーシュー」なんじゃい。

 竜太の頭に、大量の血が昇る。そこで血液が煮えたぎった。

「俺のカネ、返せえええっ!」

 と叫びながら、バンカーを示す白枠内に、竜太は席前に残ったチップのすべてを叩きつけた。

(つづく)
※次回の更新は3/1(木)です

第5章:竜太、ふたたび(25)

 竜太はここで、バンカー側二枚目のカードの絞りの掌を停める。

 まあ、バカラを打ち慣れた人なら、ここでは絞りの掌を停める局面だろう。

 理由は、バンカー側のカードが、絵札プラスサンピン(=横ラインに3点のマークが認められるカード)だった、という部分にある。

 不安が残るとしても、悪い組み合わせではなかった。

「ハウス、オープン」

 竜太はディーラーに命じた。

 この程度の英語なら竜太でもできる。

 というか、日本の非合法カジノでも同様に言うので、これは英語というよりか日本語でもある。

 ディーラーが、ハウスを代表しプレイヤー側の伏せられたカードを開け、という意味だった。

 頷いたディーラーの掌が、プレイヤー側二枚のカードに伸びた。

「ルッルッ!」

 竜太は叫んだ。

 腹の底から力を込めて、叫んだ。

 6を出せ、という意味の広東語である。

 ちなみに、アジア・太平洋地域のカジノのバカラ卓では、北京語と広東語が共通言語となる。

 ここいらへんでは、竜太はまだまだみゆきの師匠だった。

 規則上、持ち点が6であれば、プレイヤー側に三枚目のカードは配られない。

 ということは、プレイヤー側は6が最終の持ち点で決定する。

 一方、竜太が握るバンカー側の最初の二枚は、絵札にサンピンのカード。

 それゆえ、竜太はサンピンのカードを絞る掌を中断させたのであった。

 サンピンのカードは6か7か8だから、絵札の10で、バンカー側の持ち点は6か7か8となる。

 最悪の6で「タイ」。賭金の移動はなく、プッシュ(=引き分け)。6以外なら、バンカー側の勝利。

 すなわち、プレイヤー側6ならば、絵札プラスサンピンのバンカー側に、もう負けはないのである。したがってバンカー側は、プレイヤー側の持ち点を「ルッルッ」と祈る。

 もしプレーヤー側が0から5の持ち点なら、これは三枚目で勝負となってしまう。セカンド・チャンスが生じた。

 そうなってしまえば、プレイヤー側の三枚目次第で、勝敗の行方は不明だ。

 竜太の指示を受けたディーラーが、事務的にプレイヤー側二枚のカードをひっくり返した。

「うっ、うっ、うっ」

 呻きとならない音が、竜太の喉奥から漏れ出した。

 リャンピン(=横ラインに2点のマークがあるカードのこと)の5に、モーピン(=横ラインにマークが認められないカードのこと)の2がひっついて、プレイヤー側の持ち点は7で確定。

 ヤ、ヤ、ヤバいよ、これ。

 竜太が絞りを途中で停めていたサンピンのカードが6であれば瞬殺され、7でやっと「タイ」で生き残る。

 バンカー側の勝利は、サンピンの中央上下にマークをつけて、8のカードである場合のみ。

 ベットが大きいときに、この展開はつらい。

 小賭金 (こだま)のベットでは、8を起こしてプレイヤー側の7を捲くれる自信があっても、大賭金(おおだま)勝負では、どうしても8が起きてくれないのだ。

 なぜだかは知らない。

 しかし、恐怖で圧し潰される。

 竜太の経験ではどういうわけか最悪の6を起こしてしまうケースが多かった。

 しかもここでのベットは1万ドルだ。これまで、自分のカネで90万円なんて大賭金ベットを仕掛けたことはない。

 もう竜太は、自力で正面から恐怖と向き合うしかなかった。

 そして恐怖を叩き潰す。

 自力更生、刻苦奮闘。

 毛沢東の言葉だった。

 それしかない。

 竜太は、バンカー側二枚目のサンピンのカードの絞りを再開した。

「アタマから行く」

 指が大きく震えていたが、これは仕方ない。

⇒続きはこちら 第5章:竜太、ふたたび(26)

第5章:竜太、ふたたび(24)

 ほとんどの打ち手は、この「ゲーム賭博の基本原則」が守れない。

 勝っているときには手が縮こまり、一方負けているときには、取り戻そうとして、ベット額を上げていく。

 そうやって、傷口を広げる。

 回復が望めない状態にまで、陥ってしまう。

 そうであるならもう諦めて、いくらでもいいから残ったゼニを持ち帰ればいいようなものだが、それでも打ち手たちは席を立てない。

 向かっていく。

 挙句の果てに、

 ――早くラクになりたい。

 最後は無謀な「オール・イン」のやけくそベット。

 なぜだかは知らないけれど、やけくそベットはまず外れるものなのである。

 ――トビの高張り、裏を張れ。

 竜太も知っているカジノ金言だった。

 この「トビ」には、「飛び」という漢字を当てるらしい。

 いや、一回目か二回目の「オール・イン」は取れたとしても、いつか必ず絶対に外す。

 そうやって、打ち手たちは「大数の法則」が示す期待値以上に負けるのだった。

 そうやって、打ち手たちはいつもいつもケツの毛羽まで毟られる。

「いまの竜太さんが、まるで『プロスペクト理論』の示す状態そのものでしょ? 負け込んでいるから、ベット額を上げている」

 とみゆき。

 竜太に返す言葉はない。

 もう完全に、教える者と教えられる者の位置が逆転してしまったようだ。

 だからといって、竜太にとっては、一度ベットしたものをボックスから引き揚げられるものでもなかった。

「じゃかあしい。理論なんかじゃねーんだよ。博奕 (ばくち)は気合いだ」

 竜太は叫ぶと、ゲームを進行させるよう、ディーラーに掌を振って合図した。

 シュー・ボックスからカードが抜かれる。

 もう遅い。引き返すことはできなかった。

 ディーラーが、プレイヤー側2枚、バンカー側2枚のカードを、いったん所定の位置に定めてから、バンカー側2枚のカードを竜太の席前に流してきた。

 コノヤロ。

 やっちゃる。

 竜太は重ねられたバンカー側2枚のカードの上に両掌を載せると、気合いを籠めた。

 そして念じる。

 ナチュラル、ナチュラル、と。

 そう、博奕は気合いなんじゃ。

 深呼吸するとそこで息を止め、カードを絞り始めた。

 一枚目は枠がすぐに現れ、これは絵札。

「アシだぞ、アシ」

 竜太は祈りながら、二枚目のカードを絞る。

 力を籠め、ゆっくりと。

 カードを絞っている指先が、白く変色していった。

 血流が止まるほど、力が入っているのである。

「アシッ!」

 カードの右隅上方に、うっすらと翳が現れた。

 アシがついたのである。

「セイピンッ」

 再び思いっ切り息を吸い込むと、竜太は叫んだ。

 絞る。絞りつづける。

 しかし、二段目に翳は現れない。

 つまり、セイピンのカードではなかった。

 こうなりゃ、欲しいのはサンピンのカードである。

「テンガア~ッ、テンガァ~、テンガァ、テンッ!」

 横ライン中央に翳を認めた。

 竜太が絞っていたのは、サンピンのカード、すなわち6か7か8だった。

 最初の二枚でバンカー側が6ならば、6+条件(プレイヤー側が三枚目で6か7を起こさない限り、スタンド)。

 7ならば、そのままスタンド。

 8ならば、ナチュラル・エイト。

 どんなもんじゃい。

 竜太は鼻の孔を広げた。

⇒続きはこちら 第5章:竜太、ふたたび(25)

第5章:竜太、ふたたび(23)

「ウエイト・ア・モーメント」  みゆきがディーラーに告げて、ゲームの進行を中断させた。  VIPフロアでは、これができるからありがたい。 「ウォルター・ミシェルという心理学者の実験があったの」  みゆきが説明する。  二 […]

第5章:竜太、ふたたび(22)

「ツラにはツラ返し」  竜太はつぶやきながら、手を止めた。  Pの4目(もく)ツラが切れたのだから、Bに落ちるのか。  本当に「ツラ返し」となればそうなのだろうが、そんなこと、わかりゃせん。  アルコールで痺れた竜太でも […]

第5章:竜太、ふたたび(21)

 さすがに初手は、300ドルのミニマム・ベット(その卓で許された最小の賭金)。  カードは竜太が絞り、これがナチュラル8でプレイヤー側の楽勝だった。  次の手も、またその次の手も、またまたその次の手も、3枚引きとはならず […]

第5章:竜太、ふたたび(20)

 泡ワインが2本、空になってテーブルの上に載っている。  いくらタダメシ・タダ酒だからといって、竜太は飲み過ぎた。  1500ドル(13万5000円)・ベットを連続して外した衝撃が残っていたのだろう。 「これ、美味しいね […]

第5章:竜太、ふたたび(19)

 ジュリアという名札をつけた美女ホストに、VIPフロアに導かれた。  外ではまだ陽が落ちていない。  バカラ卓は3台だけオープンしていた。  ミニマムはそれぞれ100ドル、300ドル、500ドルと、打ちやすい設定である。 […]

第5章:竜太、ふたたび(18)

 なんというか、画に描いたような「飛び込み自殺」だった。  浮き賭金(だま)オールインのチップが発火して、竜太は一瞬で熱くなる。  次手も1500ドルをプレイヤー側を示す白枠内に叩き付けた。 「俺のカネ、返せええっ!」 […]

第5章:竜太、ふたたび(17)

 ブロンドの長髪で、瞳は深いブルー。  痩せているのに、ベージュのブラウスの胸の部分が、きゅんと尖っていた。  まるで漫画に出てきそうな白人美女なのだが、紅がちょっと強めにひかれた唇は、竜太に悪魔のそれを連想させた。   […]