TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。

第240回

11月29日「ニワンゴ発進」

・「2ちゃんねる」と「ドワンゴ」のジョイントプロジェクト(2ちゃんねる管理人・西村博之氏を経営陣に迎え入れる形でドワンゴが設立した新会社)「ニワンゴ」が話題になっている。ケータイメールのやりとりの延長の操作により、ネット上のあらゆる情報を検索できるというものである。今日その発表会が行われた。

・ニワンゴ社・杉本社長と一緒にひろゆき氏が登壇し、このプロジェクトのプロデューサーとして詳細まできちっとプレゼンしていたことに来場者は驚いていた。好球必打の人なんでしょうね(おみやげはやはり「うまい棒」だった)。

・2ちゃんねるの特性は別としても、今後、巨大掲示板がコンテンツの一大産地になっていくことは間違いない。しかしこれを良い形で加速させるのは難しい。「商売」のラインに載せていくことは特に(『電車男』の事例と『のまネコ』の事例を比較するとわかりやすいかも)。

・ていうかデジタル時代になると、コンテンツ産業自体が、資本主義のフォーマット上に乗りにくいものになっていくのだ。その打開策を発見し始めている人達がいる。この話、続きます。


11月30日「ライトノベル世界進出」

・『ファウスト』最新号届く。おお、竜騎士07さんの書き下ろし小説が載っているぞ。この号は分冊で、つまりサイドA、サイドBの2冊が出るということで、その中での短期連載という形も試みられている。ところでこの本、目次がないのだけど渡辺浩弐のショートショートは真っ黒なページなので探しやすいですね。

・『ファウスト』はいよいよ世界進出らしい。まずはアジアから、ということで台湾版が尖端出版社から出るとのこと。偶然だけど『プラトニックチェーン』コミックをリリースしてくれてる会社だ。

12月1日「砂上の楼閣」

・手抜き設計のビルのことがが大騒ぎになっているけれども、高度成長期に造られたものにはもっと危険な建物がいくらでもあるはずだ。

・昭和時代に土建屋をやってたというおっさんに話を聞いたことがある。現場に届けられる建築資材をいかにちょろまかすかが愉しみだったって。例えばセメントにはそのへんにある砂を大量に混ぜて使うと、本当は5袋必要なところが4袋で済んだりする。余ったぶんを横流しして、ぼろ儲けできたんだそうな。

・賞賛されている日本の高度成長の実体はこういうもんである。僕は、戦後復興を信用しない。あの焼け跡が今はこんなに立派なビル街に……なんて自画自賛してる世代のことも。ご立派なその風景は、大きな地震の一つでも来れば崩れ去るのだ。その時、本当の犯人は責任を追及されることはない。それは阪神大震災の時に証明されてしまったことである。

2006.03.04 |  第231回~

第239回

11月18日「CM500本イッキ見」

・世界のCMフェスティバル。映画館(新宿ミラノ座)で、世界各国のコマーシャルフィルムを延々と上映するイベント。超満員の会場が数十秒ごとに大歓声で揺れるお祭り騒ぎが、オールナイトで続く。

・ネットCM時代になってテレビでは見られないような過激作品も増えている。まとめて見るには良い場だと思う。これからまだ各地で行われるそうなので、機会があったらぜひ。

・CFは1本数十秒の超ショートムービーとしても、もっと注目されて良いと思う。CMというジャンルがあまりに特異な形で成立しているせいで、有料コンテンツとしての価値を認められにくいことが今のところネックだろうか。


11月25日「渋谷ケータイ文化輸出?」

・スクウェア-エニックス社にて、連載コミック『プラトニックチェーン』の打ち合わせ。新刊は12月末に出ます。それから香港版・台湾版・韓国版も出ることになった。香港版のタイトルは『網路尋謎』台湾版は『柏拉圖之鏈』。網路はネットのこと。柏拉圖はプラトン。なるほど。

11月28日「よいお年を」

・僕は一般社会とは生活サイクルが違う。一日の長さの設定自体が違うのだ。大抵の人は体内時計と実時計に誤差がある。つまり一日25時間のはずなのに無理に24時間サイクルで生きてたりする。そのせいで毎朝目覚ましが鳴るたびにつらい思いをしているのだ。

・仕事上のコミュニケーションは、ネットとケータイで9割方足りるようになっている。だから今は自分のサイクルで生きていても弊害はほとんどない。たまに朝の6時頃にアポを入れようとして嫌がられたりすることはあるが。

・そしてここ数年は、パソコンの時計に細工をして、時計の進み方をほんの少し速くしている。1時間に1時間5分進むようにしてあるのだ。すると、1年が335日程度で終了する。そして毎年1ヶ月程度が、余る。

・つまり、僕のカレンダーではそろそろ年末である。そして1年終わった頃に、まるまる1ヶ月休めるわけである。いいでしょう。

2006.03.03 |  第231回~

第238回

11月7日「オタクはお嫌いなのかなぁ?」

・「X-boxカフェ」に行ってみた。表参道の紀伊國屋跡に特設されたホールだ。発売前のX-box360対応ソフトを並ばずに遊べる穴場である。

・綺麗でお洒落で、良くも悪くも80年代的な空間。青山あたりのバーでモデルを口説いてる広告業界人的センスというか。ゲームショウやショップ店頭イベントと違ってど真ん中のゲームマニアが入りにくいような雰囲気は、狙いなのかなー。360は「ゲームの一般化」という戦略をもって、泥をくぐらずにスマートに売っていくつもりなのだろうか。

・360は素晴らしいタイトル揃いだが、欠けているのは「必然性」だと僕は思う。進化形であり斬新性はないのだ。ハードごと買わせるようなマニアックな魅力を真剣に訴求しなくてはならない時機に、かっこつけてて大丈夫なのかしらと思う。余計なお世話ですが。


11月8日「商売がたきの皆さんに」

・A系フリーペーパー『マントラ』のインタビュー受ける。クリエーター志望の方々向けの媒体である。PS3参入に必要な初期資金は20億円だ、なんて報道がなされてしまう時代の、若い独立系クリエーターの戦略について話した。冬コミ配布の号に載ります。

・来年どんな活動をするか、と聞かれて答えるうちに、ネットを活用し、直接受け手に向けて書くスタイルの仕事が多いことに気づいた。じゃあみんな商売がたきってことになるじゃん。

11月9日「かめはめ肩」

・朝から腕が筋肉痛で一体なんだこれはと思っていたが、無意識にまた『ドラゴンボールZ・バトル体感格闘かめはめ波』を始めていて気づいた。明らかにこのゲームのやりすぎなのだ。

・完全に中毒になっている。そしてこれ体脂肪が3日で1パー落ちるほどの運動量だ。体感ゲームにありがちな左右非対称の不自然な動きではなく、両掌をむすんでひらいて、とか、両腕を上下にスライド といった健康体操的な動きがほとんどなのだ。運動不足の人にマジお勧めである。

・さてバンダイがXaviXチップを使ったソフト・ハード一体型ゲーム機をいろいろと企画してるって話をこないだ書いたけれども、その中に思わず膝を叩く商品企画があり、及ばずながら協力させて頂くことになった。続報します。

2006.03.02 |  第231回~

第237回

10月28日「ヘルシーな街」 ・私のいる某雑居ビルには既にコスプレショップが3軒メイド喫茶が2軒メイドゲーセンが1軒あるわけだが、今度はすぐ近所に”メイドヘルス”ができた。窓から見えてしまうので気が散って仕方がないのだが […]

2006.03.01 |  第231回~

第236回

10月25日「アメリカの頂点にいる悪魔たち」 ・『ロード・オブ・ウォー』試写。監督・脚本アンドリュー・ニコル。と言えば『ガダカ』『トゥルーマン・ショー』『シモーヌ』のあの人である。今回もそれだけで唸ってしまうような秀逸な […]

2006.02.28 |  第231回~

第235回

10月20日「現代アートの現在」 ・現代美術作品の展示会「横浜トリエンナーレ」。3年置きのイベント。インターコンチネンタルホテル壁面の巨大バッタからもう4年てことか。今回は山下埠頭突端に巨大な敷地を確保して行われている( […]

2006.02.27 |  第231回~

第234回

10月17日「そろそろパソコンいらなくなる?」 ・結局仕事もなく手ぶらで島に行った。10日間何もせず寝ていた。いや正確には手ぶらではなくケータイ持ってたし、何もしなかったわけじゃくて電波も来てないケータイでかちかち遊んで […]

2006.02.26 |  第231回~

第233回

10月5日「この視点から」 ・デジタルコンテンツ協会スタッフの方々から“デジタルコンテンツグランプリ”審査のレクチャーを受ける。今回で20周年を迎えるという。この業界で最も経験値の高い表彰システムといえるだろう。 ・経済 […]

2006.02.25 |  第231回~

第232回

10月1日「センス・オブ・ワンダ」 ・PS2『ワンダと巨像』サンプル版をプレイ中。『ICO』スタッフの新作だ。 ・木々の生い茂る山を見ていて、これがもしむくむくと起きあがり咆吼したら、とか。あるいは超高層ビルを見上げて、 […]

2006.02.24 |  第231回~

第231回

9月20日「16連射20周年」 ・元ハドソンの梶野さん来社。円満退社して、今は映画を監督したり表紙が話題のA系フリーペーパー(=写真)を編集したりしているそうだ。 ・最近また「高橋名人」人気が爆発している話など(この人、 […]

2006.02.23 |  第231回~