TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。

第360回

4月24日「大人用ランボー」

・『ランボー 最後の戦場』試写。射撃や爆撃や肉弾攻撃によって、人間ひとりひとりの体が生きながら動きながら破壊されていく様子がとてもリアルに現出されていく。その技術は実に高度で、恐ろしさや気味悪さを通り越して美しさすら感じさせられてしまう。

・シリーズで初めて15禁指定になってしまっていた。その理由は、政府軍隊による村人の虐殺などミャンマー奥地で現実に起こっている状況をリアルに再現してみせたシーンのせいだという。この判断は、非常に残念。

・ミャンマーの現状に対する抗議メッセージは強烈だ。全体として、激しいプロパガンダ映画として仕上がっている。絶対的正義のなくなってしまった時代に、どの側に視点を置くか、という決意が、大きな創作行為になる。ハリウッドコンテンツは今後キリスト教的価値観を世界にプッシュしていくための兵力としても機能していくわけである。

4月25日「完成!」

・講談社BOXさんと創っているコンセプトカフェ『KOBO CAFE』@中野ブロードウェイ、内装が遂に完成。デザインと工事をお願いしたシエスタ社の皆さんが本当に良い仕事をしてくださった。素人なのにイメージばかり先行している僕らの、非常に漠然とした表現を一生懸命くみ取って、具体化しては何度も提案してくださったのである。

・個人的には、本やゲームを作るのとは違う面白さを知ることができた気がする。文学もデザインも、平面も立体も、ディテールへのこだわりが全体のたたずまいに影響することは間違いない。今後もコツコツいじっていきたいと思う。

08050401.jpg

4月27日「毎晩やりたいですね」

・そして、いよいよお披露目である。『KOBO CAFE』プレオープン。昼間は関係各社の皆さんを、夜は作家、イラストレーター、漫画家、デザイナーといったクリエーターの皆さんを招待。

・もちろん僕はコーヒー担当で、いれていれていれまくった。最終的には百数十杯をいれていた。ホットはKOBO CAFEオリジナルブレンド、そしてアイスは渡辺浩弐オリジナルのUFOコーヒーである。

・夜8時にお開きとなり、前途を祝して乾杯。その乾杯にお代わりを注ぎ始めてみたらほとんど全員が残ってつきあってくれて、それから飲みまくり喋りまくり、気が付くと、朝。楽しい!

2008.05.04 |  第351回~

第359回

4月18日「泣きゲー、ではない」

・早稲田大学の河合隆史教授は、VRやゲームといったテーマに正面から取り組んでいる優秀な学者だ(こういう領域においてはマスコミ受けを狙って結論を先に作ってから実験をしているインチキ学者も実に多い)。以前この人と話していて、ゲームの効用を実証するには効用のあるゲームを作ることがベストだ、という話になったことがあった。河合さんはそのテーマに取り組み、一つの成果を上げた。監修した『99のなみだ』(バンダイナムコ/DS)というゲームが完成したのである。

・さっそくテストプレイさせてもらった。「泣く」ことの癒し効果を重視し、プレイヤーごとの心理状態に合わせて感動系のショートストーリーを提示してくれるソフトだ。位置付け的には、2ちゃんねるで生まれたショートコンテンツ文化(極限まで短い文章で泣かせる/笑わせる技法)を延長したものと言えそうだ。今2ちゃんの泣ける系まとめサイトに癒されている大人はすごく多いのである。

・ネット上では膨大な名無しさんの実体験から生まれたエピソードが自然とセグメントされて浮上していくわけだが、ここではプロの作家陣が書きおろしている。そのせいか、システムにも制作者側の自意識が強く出ているように感じられる。物語が始まったら、早送りなどの操作はできなくなり、約10分間、画面上に流れる文字を設定された速度でじっと見続けさせられる。パソコンやケータイではなく映画の方向性をはっきり目指しているわけだ。

4月22日「文芸合宿同窓会?」

・カフェ予定地@中野ブロードウェイにて粛々と開店準備。してたら作家さんが次々と(乙さん、佐藤さん、滝本さん、西尾さん)いらしたのでここぞとばかりコーヒーいれまくる。みんな優しくて目が血走ってくるほど飲んでくれた。

・そういえば砂糖とかミルクとか出すの忘れていた。渡辺さんがあんまり真剣にいれてるからブラックで飲まなくちゃ怒られると思って、と言われた。

08042801.jpg

4月23日「ゲーム第一世代、老後に突入」

・ゲームのダウンロード販売が盛んになってきたおかげで、昔のクソゲーを探すのが楽しい。ただしクソゲーの味わいは当時の周辺事情と一体になって初めて理解されるものなので、語り部が必要である。雑誌とかテレビには無理かなあ。

・マガジングレート連載の『宮ちゃんの戯夢人生』(宮崎かずしげ)は面白いので単行本にして下さい。

2008.04.28 |  第351回~

第358回

4月9日「現場報告としての講義」

・大学(大学院)の授業が始まった。ここ数年、不景気のせいか社会人学生が減り続けている。けれど単位に関係なく勉強したいという意欲のある人の割合は増えているように思える。本気で研究したいテーマがあるケースを除き形だけ修士号や博士号を取ってもあまり役に立たなくなっている、という情報を聞いた。大学もいったん権威や利権を捨ててスタンスを取り直す必要があるわけだ。

・今年は、過去のことの話を省略して、現場でもがいている立場からの体験談を軸に、現在と未来の話をしていくことにした。

4月14日「遺跡の秘密」

・中野ブロードウェイのカフェ予定地はいよいよ最後の仕上げ段階だ。時にミニシアター的な使い方もしたいので、壁に大型ハイビジョンモニターを設置、しようとするが、なにぶん古い建物なので強度が心配になり、まず先に壁を補強することに。

・PCやゲーム機も搬入。回線も全て引き直して接続。ブロードウェイの電話回線はかなりカオスな状態になっていて、NTTの人も来るたびにとても苦労している。そういう作業で壁裏や天井裏を調べるたびに、いろいろ怖いものが出てくるし。

4月15日「ブロードウェイの次はワールド会館に注目」

(クイズ)中野といえば●●こたん ●●を埋めよ。

・ところで元祖中野系ドラッグクィーンといえば黒木香さんだ。ワールド会館に住み、ブロードウェイをよく彷徨っておられた。しまいにワールド会館2階の縁からダイブして死にかけた。それまでに、そのあぶなっかしい場所で体操していたのをよく見かけた。報道では自殺未遂ってことになってしまっていたが、誤報なのだ。そういうのは中野ではよくあることなのである。

(クイズの答)神居

08042101.jpg

2008.04.21 |  第351回~

第357回

4月2日「一期一会」 ・『世にも奇妙な物語』の「DVDの特別編1・2」が送られてきた。世にもシリーズは今、過去作品も含め再評価されているようだ。昔のものを見直してみると、このシリーズの魅力の一つにキャスティングのセンスが […]

2008.04.13 |  第351回~

第356回

4月1日「さる業界の秘密」 ・あえて4月1日付けで書くわけだが、この話もいろいろとやばいので、内密にしておいてもらいたい。 ・文章書くのは大好きだけれどもストーリーのアイデアが出てこない。絵はすごく得意だけど世界観を作れ […]

2008.04.06 |  第351回~

第355回

3月22日「人生スクラップ&ビルド」 ・中野ブロードウェイのカフェ予定地、改装、始まる。まずは真っ白に塗っちゃおう! 映画『ナック』を思い出しつつ。 3月24日「萌えは3次化できるか」 ・『僕の彼女はサイボーグ […]

2008.03.29 |  第351回~

第354回

3月8日「珈琲と言葉」 ・カフェのために小説を執筆。『珈琲と言葉』というタイトルを先に決めて書く。オープンに向け雑務が多い日々だが、こういうことをまじめにやっていないと本末転倒になる。 ・メニューの中に書き下ろし作品が入 […]

2008.03.23 |  第351回~

第353回

3月5日「よりキングらしく」 ・『ミスト』試写。原作はS・キングの「霧」(『スケルトン・クルー』/扶桑社ミステリーに収蔵)。とある田舎町が突然濃霧に包まれる。買い物の途中スーパーマーケットに閉じこめられてしまう住民達。外 […]

2008.03.14 |  第351回~

第352回

2月28日「メニュー開発中」 ・カレーが大好きな乙さんに「乙カレー」を開発してもらおうと頼みに行く。だが断られる。 2月29日「子供を作ろう」 ・そういえば乙さんと「クリエーターが結婚したり子供を作ったりすると作風は変化 […]

2008.03.09 |  第351回~

第351回

2月24日「冬吹っ飛ぶ」 ・春を探しに(というか虫採りに)山に行ったらいきなり信じられないほどの吹雪。ろくな準備もないまま閉じこめられる。ひー。なんとか戻ってきたら東京は突風で花粉激しく舞う状況。ひーひー。 2月25日「 […]

2008.03.02 |  第351回~