TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。

第510回

5月13日「20年後コンピュータが夢魔になる」

・日本人はあと10年~20年のうちに生殖形態を一変させる必要がある。急がなくては少子化は加速し、国家は崩壊する。

・まず恋愛というものが架空の相手と行うものになることを、きちんと受け入れていかなくてはならない。日本ではオタクマーケットにおいてその状況が十二分にシミュレートされていたことは幸運だ。ゲームやアイドルのマニアは、そしてバーチャルYouTuberのリスナーやラブドールのオーナーは、新時代を先取りし、準備していた先駆者だったのだ。

・恋愛対象はゲームやアニメから飛びだして、日常生活に入り込んでいく。例えばスマホの秘書アプリがリアルなバーチャルキャラクターになる。例えばAIスピーカーが可動式の美少女フィギュアとなる。抱き枕あるいはラブドールにヒューマノイドロボット技術が導入される。

・ハードウェアより大事なのはソフトウェアで、肝心なのはその恋愛対象の容姿や声や性格だ。そのデザイニングについてはゲーム業界やアイドル業界が、というかオタク層が数十年にわたって培ってきたノウハウが活かされる。最初は既存のキャラクターや実在のアイドルからスキャンされる(容姿だけでなく、思考ルーチンについても)だろうが、もちろんユーザーがカスタマイズすることもできる。

・もちろん人間相手の恋愛も残るだろうが、それも、肉体的に出会って行うケースは極端に少なくなるだろう。バーチャル空間で出会い、愛をはぐぐむ。その際、自分の姿は、好きにデザインすることができる。もちろん相手の姿を、自分の好きな形に調整することもできるわけだ。

・つまり、全ての人が自分にとっての理想の相手と恋愛し、結婚できるようになるということだ。物理的な性行為はVRマシンやセクサロイドの上で営まれるようになるが、この時、利用者からは精子や卵子が……DNAが採取されることになる。マシン内部のカプセルに一時保管された後、定期便によって回収され、遺伝子情報とともにDNAバンクに保管される。

・DNAバンクのコンピュータ内ではたえず遺伝子マッチングのシミュレーションが行われ、スーパーな組み合わせが見つかると「カタログ」に掲載されることになる。

・つまり、子作りはまた別のライン上で行われるものになるわけだ。子供がほしくなった人はこのコンピュータに希望の条件を入力する。100メートル9秒台で走るアスリートでも、知能指数200オーバーの天才でもいい。絶対音感や9等身や超長寿といった要素を追加してみてもいいだろう。全ての条件を満たした人間が、カタログから検索されて表示される。気に入ったら購入して、人工受精そして人工子宮への着床をオーダーする。

・以上かなりはしょって書いてしまいましたが、つまりですね、今後、VRマシンが人々の性欲を吸収する。だけではなく、生殖活動までをサポートするということを言っときたいのです。

・夢魔の伝説がある。悪魔は男性に会う時はサキュバスつまり理想の美女の姿となり精子を奪取する。そして選ばれし女性のもとに理想の美男インキュバスの姿で訪れ精子を注ぎ妊娠させる。何をやっているかというと、DNAのマッチングを愚かな人間の愚かな恋愛にゆだねずに悪魔の知恵によって行い、スーパーベビーを作ろうとしているのだ。

・それぞれの理想の姿を擬して誘惑する機能、そして理想のマッチングを決めて遠隔の男女を使って子作りをさせる機能。今のVRとネットワークのテクノロジーによって実現されうるものだ。つまりコンピュータが、新時代のサキュバス・インキュバスになっていくと考えるべきなのだ。 ※参考→「少女再生装置」

2018.05.13 |  第501回~

第509回

5月6日「ゲーム実況を地上波でやるとつまらなくなる?」

・「無名の素人がやってるゲーム実況が100万再生とかいくらしい。じゃあ有名なタレント使ってやってみれば100億再生じゃないか!」的な企画書でスポンサーつけて作られたテレビ番組が次々と失敗しまくった時期があった。ゲーム実況はネットで生まれ、育った文化だ。マーケットとしても巨大なものになったが、そのまま一方向のマスメディアに持ってくるのはうまくない。というか、持ってくる意味がない。そこでコツがいるのだ。

・「じゃあそのコツを教えてよ」と言われて一生懸命話すこともあるが、そういうこと言う人に限ってゲーム実況をぜんぜん見てなかったりするので、話が通じない。ネットにはネットの、テレビにはテレビのやり方がある。そこを理解しようとせずただ収穫だけをしようとしてるのなら、うまくいくはずがない。

・「マスメディアの中で輝くタレント性と、ネットメディアで好まれるタレント性」の違いについて前に少し書いた。YouTuberやゲーム実況者として人気が出ている人達に共通している個性とは、「一緒の部屋にいても不快でない人柄」だ。

・ネット番組は、映画やテレビのように別世界を外部から観賞する感じではなく、同じ部屋でゲームやったり雑談やったりする感じで視聴するものだから、直接的に生理感覚に触れてくる。視聴者としてはそのタレントを、自分の動物的な「なわばり」に迎え入れることになるわけだ。格好よかったり面白かったりする人でも、旅行で一緒の部屋に泊まってくださいと言われると「ちょっとなあ」となるタイプ、わかるでしょう。逆にそんなに魅力的とは思えないけど同じ部屋にいて安らげる人って、いるものだ。

・そしてネットでエスタブリッシュされた人気者は、テレビに出るために芸風をテレビに合わせるメリットがないことは、テレビ側の人は知っておいた方がいい。ネットで、自分で勝手にやってれば十分稼げるのである。

2018.05.06 |  第501回~

第508回

4月29日「あなたの名前、検索されてますよ」

・若い人には相手を問わずできるだけ礼儀正しく接するようにしている。自分の会社の新入社員でも呼び捨てにしたことはないし、たいてい敬語で対応している。多くの大人たちにはそんなふうにしてほしいと思う。「後生おそるべし」という言葉は、若い人に対しては無条件で敬意を払うべきだ、という意味だ。未来の可能性があることだけで偉いのである。

・ただし。この言葉には続きがある。
「子曰。後生可畏。焉知來者之不如今也。四十五十而無聞焉。斯亦不足畏也已。」

・これを現代語訳してみよう。

「孔子先生の言葉から。

若い人は、”若い”というだけでリスペクトされてよい。可能性という資産を持っているから。

どんなにダメなやつでも、今見えていない才能を発揮していきなりブレイクするかもしれない。ネットによって趣味趣向が細分化されそれぞれに商業化への道ができている今、どんな才能が受けるか誰にも予想できない。一夜にしての大成功もありえる。

しかし、逆に、歳をとっている相手のことは、クールに見極めよう。年長というだけで、キャリアが長いというだけでいばっている人。オレはあの仕事に関わったとか、こんな有名人を知っているとか、そんなことをしつこく言う人、やたらと説教したがる人。良い服を着て、声が大きくて、ずいぶん立派に見える人。本物なのか偽物なのか、今ならネットで検索して調べればすぐわかる。40歳以上で評価できる履歴がなかったら。

そいつは、とるに足らないやつだ。可能性は、ない」

・つまり、「40歳や50歳過ぎてヒットがなかったらそいつはゴミだ無視しましょう」ということだ。孔子先生、なかなかきっついですね。

・実際、若い頃に丁寧な対応されて図に乗るようなやつにかぎって40になっても50になっても何者にもなれず、なおかつ年をとればとるほどいばりたがる。そういうおっさんが裏で笑いものにされている風景をよく見かける。偉そうに説教したり指図したりしようとしてるその人がどれほどエライものか、今ならその場でスマホ検索すればすぐわかってしまうからだ。怖いですね。

2018.04.29 |  第501回~

第507回

4月22日「お金がちらばらなくなるだけ」 ・YouTuberが年収ウン億ってネタで大騒ぎする番組を最近よく見るけど、テレビ側の「こんな仕事で?」っていうような上から目線に驚く。テレビ番組作ってる人、特に局や大手制作会社の […]

2018.04.22 |  第501回~

第505回

4月8日「 iPhoneユーザーが知らないこと」 ・Androidのスマホを使ってる人には、うっかり口約束をしない方がいい。 ・iPhone使っている人は知らないと思うけど、Androidユーザーは今もうすでに、全ての会 […]

2018.04.08 |  第501回~

第504回

4月1日「ぱっと消えた」 ・なにか操作ミスをしたみたいで、2012年末以降の書き込みを全消去してしまった。折々の近況や時評、特に私生活や私感の文章はここだけに書き続けていたのだ。バックアップは取っていない。つまり僕の5年 […]

2018.04.01 |  第501回~

第503回

10月25日『ゲームのじかん』 ・ニコニコ生放送の番組『ゲームのじかん』が終わってしまったことが、木曜の夜に延々とやってたあの感覚がもう二度とないってことが、どうもまだ信じられないです。おっと、おいおい、ちょっと待ってよ […]

2012.11.03 |  第501回~

第502回

10月12日「2000年のゲーム・キッズ」 ・新刊『2000年のゲーム・キッズ(上)』 (星海社文庫)、出ました! ・すぐ目の前にあるテクノロジーを日常生活に取り入れてみる、それだけでどんなことがおきるのか、おきてしまう […]

2012.10.13 |  第501回~

第501回

9月21日「TGS2012」 ・TGS(東京ゲームショウ)。1日目はネット経由で情報を求め、2日目に現地に。しかしなんだか1日目の方が充実していたかもしれない。いい時代になったってことだね。 ・これから行く人は朝イチでモ […]

2012.09.22 |  第501回~