TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

「えっ!? 20代?」予想を裏切る下町熟女キャバはここが楽しい

 都心の熟女キャバクラといえば、キャストの平均年齢は30代半ばから40歳。そのため、この手の店の紹介記事では世代が同じなのでおっさんでも話が盛り上がる、といった論調で説明することが多い。だが、私に言わせれば熟女キャバクラが楽しいのは、新宿や渋谷、六本木などの都心よりもむしろ下町なのである。その理由、おわかりだろうか。

 もったいぶらずに答えを言おう。実は、下町にある熟女キャバクラは、都心よりもより素人臭が強くなるため会話のタブーが少ないだけでなく、「熟女なの?」と思う20代前半の若いキャストが在籍しているケースが少なくないのだ。

いい意味で裏切る多様性あるキャスト

キャストの多様性

右からのぞみチャン(38歳)、まどかチャン(23歳)、えみチャン(34歳)。年齢は幅広いが、キャストのレベルの高さに驚かされる

 その最たる例が今回訪れた新小岩にある「アンティーク美少女倶楽部M~ふぞろいの女たち」。

“熟女キャバ”と謳っているが……

アンティーク美少女倶楽部M~ふぞろいの女た その店名通り、キャストの年齢は20~40代と大変幅広い。そもそも、熟女のことを「アンティーク美少女」と名づけるこのセンス、間違いなくプロの仕業だと思ったあなたは鋭い。実はこのお店、東東京エリアのナイトワーク系メディアの読者ならば知らない人はいない、「下町の糸井重里」ことコピーライターの北大路枕氏が内部スタッフとして働いている店なのだ。

「毎回似たようなコが席につくより、年齢も系統も違うコと話したいというお客さんが意外と多いんですよ」

 というわけでキャストの多様性をご覧あれ。

まどかチャン(23歳)

まどかチャン(23歳)

 巨乳のまどかチャンはなんと23歳。熟女でもなんでもないし、めちゃめちゃキレイ! 新小岩になぜたどり着いたの?

「レッズファンだったので浦和のキャバで働いたあと、都心に近い新小岩に移籍してきました!」

 新小岩が都心に近いのかは議論が分かれそうだけど……。お酒は好き?

「ウイスキーもワインもなんでも飲むくらい大好きです! 好きなコールは『全然飲んでへんやないかいっ! いっぱい飲んで深夜徘徊!』です!」

合コン気分で飲める素人感!

幅広い

キャストは20代から40代までと幅広い。ここまで多様性があると、話が合うコが必ず見つかる

 続いてスレンダー美女のえみチャン。これまた謙虚なコで……。

「私は千葉から来てるので、おのぼりさんなんです……。都民じゃなくてすみません。ちなみに、盛り上がる話は断然下ネタです!」

「マジで? じゃあ好きなエッチ聞いていい? おじさんのねちっこい感じとか、どうよ?」

「全然あり! 淡泊なのよりは、しっかり愛してくれる感じのほうが好きですね!」

 さすが熟女キャバクラ!

 普段歩かない街にふと降り立ったとき、あえてクセのある店に足を踏み入れると、いい意味で予想を裏切られる。隣に座るキャストが代わるたび、タイムマシンに乗ったように話題が変わる葛飾の夜を楽しむ私だった。

アンティーク美少女倶楽部M~ふぞろいの女たち

アンティーク美少女倶楽部M~ふぞろいの女たち

【アンティーク美少女倶楽部M~ふぞろいの女たち】
住:東京都葛飾区西新小岩1-9-1ファーストウッドビルⅡ3F
電:03-5654-6888
営:20:00~LAST
休:日
料:4000円(20:00~20:59)、5000円(21:00~21:59)、7000円(22:00~LAST)
サ:15%
指:3000円

撮影/長谷英史

コスプレ美女と飲んで騒げるサラリーマンのオアシスがあった

 一通り遊んできた人生だが、一つだけ縁遠い分野がある。それはコスプレだ。42年の人生でコスプレをしたのは2度。20年前の大学時代、ハロウィンのパーティでハチミツの瓶を持って黄色の全身タイツをはいてくまのプーさんになったことと、娘の保育園で節分の日に、鬼の格好で豆を投げられたことだけ。ちなみに鬼役はあまりにもハマりすぎて園児が登園拒否になり、来年からは二度としないでください……と、顰蹙を買ってしまった。そっちからオファーしたのに酷い話である。

 そんなわけで少なからずコスプレにはトラウマがある。しかし、トラウマとは克服しなければならないものである。とはいえいきなり秋葉原に行って、先輩コスプレイヤーに交じってコスプレを始めるのも気が引ける……というわけで、まずはコスプレしたキレイどころと飲める店から攻めてみようと向かったのは、新橋でサラリーマンに人気のコスプレカフェ、全宇宙魔法使いぱぴぷぺポロンだ。

サラリーマンのオアシスと化した店内

全宇宙魔法使い ぱぴぷぺポロン サラリーマンの街、新橋の金曜夜は1週間の“垢”を飲んで落とそうとするサラリーマンの酔客でごった返していた。赤ちょうちんが似合う街の路地裏に、萌え~なイラストの看板はなんとも場違いな存在だ。しかし、店の扉を開けてビックリ。そこにはギッシリとサラリーマンたちが座り、アニメのコスプレをした女のコたちが所狭しと歩いている。なんとも不思議な光景である。

 お相手をしてくれたのは、魔法少女育成計画のスノーホワイトのコスプレをしたすずちゃんと、まどか☆マギカの暁美ほむらのコスプレをしたありすちゃん。すずちゃんは昼間はOLをしながら働くコスプレ歴10年というベテラン。ありすちゃんはコスプレ歴3年の現役女子大生だ。

文化祭的なノリでコスプレ女子とはしゃぐ!

人気アニメのオールスター

左からすずちゃん(魔法少女育成計画)、いずちゃん(デッドオアアライブ)、コカちゃん(らき☆すた)、ありすちゃん(まどか☆マギカ)と人気アニメのオールスター

 42歳のオッサンからすれば、アニメの世界は初代ガンダムとうる星やつら、せいぜいエヴァンゲリオンくらいで終わっているので、アニメの名前を言われてもサッパリわからないのだが、一つだけわかったことがある。それはコスプレしている女のコはカワイイ!ということである。

アニメの話以外でもしっかり盛り上がる!

人気アニメのオールスター とりあえず、乾杯していろいろ聞いたのだが、新橋のサラリーマンたちを相手にお仕事をしているだけあって、アニメ以外の話でもしっかり盛り上げてくれる……というより、退店するまで私、一度もアニメの話をしなかったくらいである。

「ちなみにテポドンさんはコスプレしたことあるんですか?」

「あるよ。女王様に縛られて、ミイラ男みたいになったかな」

鬼コスプレの写真

鬼コスプレの写真で盛り上がる。ちなみにお店のコたちは「お酒は弱いけど大好き!」というオッサンが喜ぶ満点発言。しっかりドリンクをおごってあげよう!

「それはコスプレじゃなくて、ただのプレイじゃないですか~」

 という、低レベルなボケにもしっかりツッコミを入れてくれるあたりが嬉しい。

全宇宙魔法使い ぱぴぷぺポロン 飲み放題45分2500円~という、キャバクラの半値くらいで、コスプレという非日常的な女のコたちと飲めるなら、これはもう新橋のサラリーマンでも通いたくなる……そう感じた一夜であった。

全宇宙魔法使い ぱぴぷぺポロン

全宇宙魔法使い ぱぴぷぺポロン

【全宇宙魔法使い ぱぴぷぺポロン】
住:東京都港区新橋3-22-7 Nビル1F
電:03-6450-1980
営:18時~ラスト
休:日、祝
料:ワンセット45分飲み放題2500円~
カラオケなどもあり、アニメをあまり知らなくても飲んで騒いで楽しめるお店として、新橋のサラリーマンから人気

撮影/赤松洋太

出会いを求める男女が列をなす。コリドー街に新名所が誕生!

 恒例の新春マージャン大会では大負けし、さらに先日のビットコイン暴落のダメージで仕事のやる気スイッチが入らないスパムです。そんな折に、思わず頭の中が切り替わるニュースが舞い込んだ。なんでも昨年末、東京屈指の出会いスポットである銀座・コリドー街に大阪で“次世代型マッチングバー”として流行中のお店が、満を持して東京初進出してきたという。これは早速、行くしかないだろう。

出会いをより確実にする「スイッチャーシステム」

店前にはすでに長蛇の列

店前にはすでに長蛇の列

 いざ向かったのは、フライデーナイト。お目当てのスタンディングバー「SWITCHBAR(スイッチバー)銀座コリドー街店」に到着すると、店前にはすでに長蛇の列ができていた。15分ほど並んで入店すると、すでにカップリングされた男女で盛り上がっているではないか。男性はスーツ姿の会社員、女性は20代OLが中心か。

入場

店の奥にはテーブルやシート席も完備。一度入場すれば、何度でも再入場が可能

恋活OLたちにも話題

SNSや口コミで恋活OLたちにも話題に

 さて、なぜここまで人気なのかというと、出会いを盛り上げる仕掛けにある。まず、パーティドリンクの定番・イエガーマイスター(35度)が、なんとタダで飲み放題! サーバーが設置され、「自ら注いで勝手に飲みまくってくれ」といった状態なのだ。

頼もしい「スイッチャー」が男女の仲をガッチリ取り持つ!

スイッチャー

マッチングしやすい時間帯は20~23時。女性は2人組が多いため、男性側も2人だと話が通りやすい

 さらに、話しベタでもマッチングを手助けしてくれる「スイッチャー」という頼もしいスタッフたちがいる。お目当ての女性が見つかったら、スイッチャーに頼み、女性がOKならスムーズにマッチングしてくれるのだ。スパムは今回、2時間半で4人とのマッチングに成功。最初は、女子大生2人組だった。

カナちゃん(21歳)

カナちゃん(21歳)

 カナちゃん「大学の友達に『すっごい声かけられるから、出会い欲しいならここ行けばいいよ』って教えてもらって来たんです」

アユちゃん(21歳)

アユちゃん(21歳)

 アユちゃん「同世代との出会いだけだとつまらないから、もうちょっと大人の人と会いたいですね」

 ほかにも、「会社の女子社員の間で話題になってるんですよ」と言う婚活OLさんたちも多い様子だ。

ミサキちゃん(21歳)

ミサキちゃん(21歳)

 ミキさん「この前300円バーに行ったら、ナンパしてきた男性から『スイッチバーのほうがちゃんとした出会いがあるよ』って言われたくらいですよ(笑)」

 ちなみに週末は入場制限がかかることもあるので平日も狙い目だ。

「特に水曜日はノー残業デーだから、わりと早い時間から女性が多いです。マッチング率も高いですよ」(スイッチャーのアヤカちゃん)

《“スイッチ”を入れる流れ》

《“スイッチ”を入れる流れ》入場料を払ってチケットをゲット

 《“スイッチ”を入れる流れ》

《“スイッチ”を入れる流れ》カウンターでドリンクなどを注文

《“スイッチ”を入れる流れ》

《“スイッチ”を入れる流れ》酒を片手に女性へアプローチせよ

 さらに同店では、LINEで予約してから来店すると、入場料の1000円オフや週末はドリンク&フードのチケット枚数が追加されるなど特典も多数。すっかり男のやる気スイッチも刺激され、今年中には本場・大阪の店へも遠征したいと目論むスパムでした。

SWITCH BAR 銀座コリドー街店

SWITCH BAR 銀座コリドー街店

【SWITCH BAR 銀座コリドー街店】
住:東京都中央区銀座8-2-16
電:070-5508-3539(予約受け付けダイヤル)
営:18:00~翌2:00(日曜は18:00~24:00)
休:なし
料:3000円(ドリンク&フードのチケット6枚付き)
詳細はお店のHPまで:http://switchbar.jp

撮影/水野嘉之

年の初めはまっさらな気持ちで。すっぴん女子に癒やされる

 年末から怒涛のように忘年会、クリスマスパーティ、新年会など例年になく酒を飲んだ。巷の景気は少しは良くなったのだろうか、お誘いの回数が増えたのは大変光栄なことなのだが、齢40を過ぎた身にとって、連日連夜の飲み会は体にも財 […]

港区男子が集う夜の隠れ家で高級キャバ嬢の経済観念を調査

「シェフズテーブルまでのアプローチはまるでランウェイ!」、「外資金融マンの寝酒はプレミアムテキーラ」、「次の予約もその場で取る、それが『港区ドリーマー』のルーティーン」  秀逸なキャッチコピーを楽しめる雑誌といえば、「ガ […]

忘年会シーズン行く前に必読! 2017年キャバ嬢流行語大賞

 今年も残すところあとわずか。忘年会で足を運びたい夜の店リストが次々増えていくワルヂエです。今年もいろんなお店を紹介してきましたが、今回は一年を象徴するようなお店から2017年のキャバ嬢のトレンドを振り返りつつ、忘年会の […]

男同士の忘年会は恥のかき捨て! 美女のオッパイで揉み納める

 夜遊びの師匠にして高校時代の先輩であるT先輩が久しぶりに連絡してきた。「ちょいと早いが忘年会がてらに一杯、オッパイでもひっかけないか?」と。  飲みの誘いを断るのも、オッパイの誘いを断るのも無粋である。仕事を放り投げて […]

アフター忘年会でドヤれる店を発見。最新AVキャバで今年を締める夜

いよいよ年末特有の繁忙期に突入したスパムです。さて、12月といえば忘年会なわけで、毎年、居酒屋だけで終わるのは物足りないと2次会に繰り出すのだが、そこで「俺の夜担当なんだから、いい店連れてってよ」なんて言われるのが恒例行 […]

バニーを愛でるかバーで一人飲むか個室でカラオケか?“三毛作”を満喫

 気がつけば今年も11月後半。忘年会シーズンを前にして財布の中身が心もとないスパムです。とはいえ夜の街をブラブラしていると、店前で寒そうに客引きをするガールズバー店員たちの姿が健気に見えてくるのがこの季節。特に露出度の高 […]