新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

お店のスタッフは全員カープ女子のガールズバーで野球飲みを楽しむ

 旧知のエロライターである中山美里さんから、飲みの誘いがあったのは、私の愛してやまない中日ドラゴンズが広島に10点ほどブチ込まれて大敗した翌日のこと。

「最近広島カープ、すごいじゃないですか。カープ女子のやってるスポーツバーにビールでも飲みに行きません?」

 ボロ負けで傷心の私に向かってカープ女子の店に行かないかとは、傷口に塩を塗ることにほかならない。私は思わず電話で怒鳴った。

「いったい中日は広島相手に何敗してると思ってるんだ!」

 しかし、返す刀で中山さんは、

「じゃあ負けた貯金をカープ女子に返してもらえばいいのよ」

 なんて言われて向かったのは、六本木にある「SPORTS BAR C」だ。

球場にいるような雰囲気で飲める店

SPORTS BAR C

写真右手前からナツミちゃん、カヨちゃん、ニシコちゃん。写真左奥はエロライターの中山美里さん。カープ話だけじゃなく、野球談議やいろんな話ができるので、カープファン以外にもオススメしたい店だ

 カープ女子と言えば、12球団で一、二を争うかわいさで有名。以前、マツダスタジアムを訪れた際も、熱狂的でかわいいカープ女子の多さに激しく嫉妬。私、中日ファンではあるが、カープ女子のかわいさには試合前から白旗である。

 出迎えてくれたのは店長のカヨちゃん、そしてスタッフのナツミちゃんとニシコちゃんの3人。

「わたしたち、カープは大好きなんですけど、カープの知識は完全にお客さんのほうが上(笑)」

SPORTS BAR C 兄の影響でカープファンになったという店長のカヨちゃん。勢い余って店まで出すからには、かなりの“ガチファン”と思いきや、マイルドなファンで安心した。スタッフのコたちも同様だ。お酒が大好きなニシコちゃんに、普段お店はどういう感じなのか聞いた。

「ウチのお店は本当にアットホーム。家族連れでいらっしゃる方もいるくらいなんですよ!」

 それで安心した。あまりにもガチなカープ女子だったら、私はメガホンでぶん殴られているところだった。私は野球好きではあるが、こうしたファンの集まる店はやや敬遠していた。その理由は客も店員もガチファンすぎて、疲れてしまうからだ。だが、ここではそんなことはない。

 他球団ファンの私を温かく出迎えてくれたカープ女子たちと飲むにつれ、もう、中日なんてどうでもよくなってしまった……というのは、言いすぎか。

SPORTS BAR C ちなみにそれぞれの推し選手を尋ねると、ユカちゃん菊池涼介。ナツミちゃんとニシコちゃんはそれぞれ鈴木誠也。

「今のお店の悩みは、マニアックなカープトークができるコが少ないことですね」

SPORTS BAR C

店を埋め尽くすカープグッズの数々。カープ女の子のペナントを手にするナツミちゃんは、カープグッズを集めるのが趣味だとか

 笑顔でお酒を飲むナツミちゃんが悩みを打ち明けてくれたのだが、残念ながら私が教えてあげられるのはマニアックな中日トークだけ。仲よくなれないね……と呟くと、

「でも、ドラゴンズはたくさんカープに負けてくれたから」

 などと、絶妙な返しで思わず酔いも醒めた。野球のない月曜の夜、私はカープ女子を相手にしこたま飲んだのであった。

SPORTS BAR C【SPORTS BAR C】
住:東京都港区六本木4-12-4シミズビルB1
電:03-5770-5622
営:18~24時
休:日曜
料:チャージ500円 税・サ20%
飲み放題スタンダードプランは最初の1時間2000円(30分延長700円)
女性限定で90分飲み放題無料キャンペーンを実施中

SPORTS BAR C撮影/赤松洋太 取材協力/中山美里

六本木発。最新夜遊びスタイル「box disco」ってなんだ!?

 夏真っ盛り。この時期になると、スチャダラパーの『サマージャム’95』の歌詞にある「夏!! クラブ!! ナンパ!! 思い出!!」が脳内で流れ始めるスパムです。とはいえ、クラブでオールなんてもう何年もやってないけどね……。朝まで立ちっぱなしなんてムリよ、ムリ。そんなことを考えていたら、六本木に一般的なクラブではない「box disco」というスタイルの新スポットがあるという情報が。そこはクラブとショーパブとラウンジを融合させたような店で、海外ではセレブの遊び場として有名なんだとか。……いまいち想像がつかないので、行ってみた。

日本に初上陸した体感型の進化系クラブ

party on

普通のクラブにはない楽しさ!パフォーマーは30人ほどが在籍

 訪れたのは、今年2月にオープンした「party on」だ。360度LEDモニターで飾られた店内の正面には巨大なステージ。インスタ女子が泣いて喜びそうな凝った内装に加えて、フロア中央には……うお、プールまである。

 さて、同店が普通のクラブともっとも違うポイントは、テーブルやソファ席などが豊富にそろっているところだ。別途料金(3000円~)を払えば、席に座りながらゆっくりと飲むことができる。

party on

週末はロイヤルVIP席(チャージ代30万円也!)も埋まるほどの盛況ぶりだ

party on

VIP席を予約すると特別なパフォーマンスで出迎えてもらえる。ドンペリで乾杯しながら、有名人たちがバブルな一夜を過ごしていることもあるとか

「席でくつろぎながらショーとクラブノリを一緒に楽しむのがbox discoのだいご味です。いい年の大人なら、やっぱり立ちっぱなしは疲れますからね」(店長)

 そんなフロアには、露出度の高いセクシー衣装の美女たちがズラリ! 彼女たちは、スタッフとパフォーマンスを兼任する、同店自慢のパーティガールたち。

party on「ショー以外でも、私たちがフロアを盛り上げています。スマホで一緒に撮影するのもOKですよ」(パーティガールのNaoちゃん)

 突発的にポールダンスが始まったり女のコが無料テキーラを飲ませ回ったりと、ショー以外にもコンテンツが盛りだくさんだ。

 そしてショーの時間になればパーティガールたちはステージ裏へ。店内にはブランコ(!?)が設置されてショー仕様に早変わりする。

 ステージ上に生バンドが登場し、ブランコのパフォーマンスからスタート。代わる代わる登場する20人ほどのパフォーマーが乱舞し、後半になると、中国の龍舞や恐竜ロボットまでもが店内を縦横無尽に暴れ回り……。最後は六本木界隈のロングヒットナンバー「Run to you」(日本ではDJ OZMAがカバー)に合わせて、会場の客が一斉にダンシング。スパムもパーティガールに手を引かれてフロアの中央へ。隣の女性客と肩を組んで、アゲアゲエブリナイトさせていただきました。

party on ショーの後はまたクラブの形態に。木~土曜はエントランスフリーなので、フロアの雰囲気を楽しみつつショーだけを観るのもありだろう。複数の形態を組み合わせて遊べるのは「boxdisco」ならではの面白さ。久しぶりにパリピだらけの始発電車で心地いい酔いを感じるスパムでした。

party on【party on】
住:東京都港区六本木3-8-15 六本木日拓ビルB1
電:03-3403-3666
営:22:00~翌5:00
休:日曜
料:エントランス料500円(1ドリンク付き、木・金・土曜はエントランス料が無料) ドリンクは800円~

撮影/水野嘉之

ママはグラドル。競合週刊誌が本気で手がける「週プレ酒場」に潜入!

 『週刊プレイボーイ』が新宿・歌舞伎町に酒場を出す―そんな噂を耳にしたとき、失礼ながら、初めて抱いた感想は「ロフトプラスワン(歌舞伎町にあるトークライブハウス)で雑誌イベントでも行うんだろ?」というものだった。が、どうも様子がおかしい。「グラドルが日替わりママを務める」「1年限定」「フリー入店可能」。骨格が露わになるたびに、そのガチ度に言葉を失う。例えるなら、エベレストの超難解バリエーションルートを狙う主人公に対する、ライバル登山家の衝撃に比肩する。

「無酸素単独登頂。やる気なんだ。言わなくてもわかる。こういうアイディアがあったんだ」(集英社文庫『神々の山嶺』 長谷常雄の「K2日記」より)

 他誌の企画にまんま便乗するようで気は引ける。が、週プレもSPA!も、同じ週刊誌業界を盛り上げようとする呉越同舟の間柄。本気度を測るため現地へ向かった。

日替わりママがセクシー衣装で登場

週プレ酒場

月城まゆちゃん。’94年、兵庫県出身。身長160cm。B86W58H88。「ミスFLASH2017」グランプリ受賞。「一緒にお酒を飲んでくれる男性がタイプです。お仕事の抱負は雑誌の表紙グラビアを飾ることです」

 JR新宿駅方面から歌舞伎町の目抜き通りを進む。TOHOシネマズの手前左のビル5Fに「週プレ酒場」はあった。

 壁面を覆う馬場ふみかの特大水着パネル。“プレイボーイ”と書かれたネオン電飾。近隣にあるロボットレストランに匹敵する、ギラギラとした内装設計だ。

週プレ酒場

入り口手前の天井には、みうらじゅん氏が描き下ろしたお釈迦様と水着ギャルのイラスト

「いらっしゃいませ~」

 白いTシャツに赤いエプロン姿のガールズ店員たちが笑顔でお出迎え。まずはビールで乾杯。「週プレの唐揚げ」「生本まぐろのてんこ盛り」などに舌鼓を打ちつつ、店内奥にしつらえてある完全予約制の「週プレ酒BAR」へ。

週プレ酒場

左から、咲樹(20歳)、まゆ(22歳)、まき(20歳)。一般求人で集まった居酒屋スタッフは300を超える応募をくぐり抜けただけあって、美女揃いだ

 ここでは、グラビアアイドルが“日替わりママ”として接客をしてくれるのだ。

 5人定員のカウンターに腰掛けて、黄色い紙に自分の名前を書いて待機。「どうぞ~」というチーママの掛け声と同時に、この日のママ・月城まゆちゃんがカウンター奥から登場。まずは、名前の書かれた紙を確認してご挨拶。

週プレ酒場

チーママの合図で、カウンター奥から本日のママが登場

「今日はありがとうございます。スギナミさん、いらっしゃいませ」

 肌の匂いや体温まで伝わってきそうな至近距離で、まさに無酸素単独登頂状態に。お酒を酌み交わし「まゆちゃん」「スギちゃん」と呼び合いつつ、トークが進む。

「お酒、特に麦焼酎がめっちゃ好きです。酔っ払うと『ちょっとぉ、もっと飲んで!』と語気が荒くなっちゃうのがタマにキズかなぁ」

週プレ酒場 初恋話や好きな男のタイプなどを聞きつつも、酔いが回るにつれ「どこかでマネジャーが監視してるんじゃ……」という当初の警戒心も薄れてきて、「まゆちゃんは受けか攻めかでいえば……」と、下ネタ方面に話を振ると、少々食い気味に「受けです!」と反応してくる。

「ドMなんですよ。首輪や緊縛グラビアにも興味あります!」

 最後の一言に軽~く、小誌「グラビアン魂」への営業感も見え隠れしたが、それはヤボというもの。ともあれ可愛いグラドルとくだけたトークを楽しめる、週プレの“本気”に脱帽する夜であった。

週プレ酒場

美女を肴に、ついついお酒のピッチもあがってしまう

【週プレ酒場】
住:新宿区歌舞伎町1-18-9 WaMall歌舞伎町5F
電:03-6273-9787
営:17~24時
料:「週プレ酒BAR」のチャージは1万円(税別)でコース料理付き。
各回1時間の3部制。詳細は公式サイト(http://shupure-sakaba.jp/)まで

撮影/西田 航

駅徒歩25分。繁華街から離れても大繁盛のキャバクラ

 夜遊びの店と言えば、駅前などの繁華街に立地していることが一般的だ。その意味で、今回紹介するキャバクラはその常識が見事に当てはまらない不思議な店と言える。  千葉県は市原市。JR内房線五井駅から徒歩25分ほどの場所にある […]

AVメーカー直営ガールズバーで現役AV女優としこたま酔う!

 AV女優がいるキャバクラ、ガールズバーは数あれど、メーカー直営のお店はない。今年3月、某有名AVメーカーが歌舞伎町にガールズバーをオープンさせた。在籍キャストにはAV女優がひしめいており、アダルトなトークでうまい酒を飲 […]

肉×コスプレ美女!14年続く名店で、長く愛され続ける秘訣を聞いてきた

 いよいよビールがうまい季節到来。いつものように夜街で飲み明かしていたところ、「ビールと焼き肉って最高だよな。肉が食えてかわいいコがいる店を探してよ」なんてデスクから拝命したスパムです。  そこで真っ先に思いついたのが、 […]

浅草ロック座伝説の元ストリッパーに“かぶりつく”夜

 まだ10代のころ、アルバイトで稼いだわずかなカネを握りしめて、緊張しながら、浅草の地に降り立ったことを。目指したのは、六区に輝くランドマーク「ロック座」。受付に5千円札を放り込み「大人1枚」と無理に低い声で言い放った時 […]

ジャズの流れる瀟洒な店内で美女OLと恋のセッション

 平日昼間の映画館。客層は9対1で圧倒的に女子が多い。周囲の好奇な視線に晒されながらも、ぽつねんとスクリーンに没頭していた。  『ラ・ラ・ランド』――言わずと知れた、異例のヒットを飛ばすミュージカル映画だ。  幻想的なロ […]

え?全員女!? 歌舞伎町発“男装ホスト”を2軒目に選ぶ

「2軒目、どこかおもしろいとこない?」  俺の夜取材班に入ってからというもの、飲み会中にこんなリクエストを受ける機会が増えた。男だけの場合、答えは簡単だ。かわいいお姉ちゃんがいる店に行けばよい。だが、問題はそこに女性がい […]