新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

豪華絢爛!ド派手な花魁ショーで春を感じる夜

 新社会人が夢と希望を膨らませて街に出るこの時期、俺のところにもあらぬところを膨らませた若人が

「パイセ~ン、イイとこ連れていってくださいよ~」と馳せ参じてくる。

 そんなとき、いきなりディープなところには連れていかない。すわ、奢ったとしても俺の財布にも優しく、面子が立つ、いわばCPの良い店を選びたいからだ。

 今回訪れたのは六本木。インバウンドで、今東京で最も“イケイケ感”のある街である。外国人が集まる「ハードロックカフェ」や六本木のランドマーク「ロアビル」とは目と鼻の先に、突如として遊郭を模した建物が現れる。

現代風の花魁道中は激しさを増していき

六本木香和

ダンサーの花音祭ちゃん(左)と小町ちゃん。祭ちゃんは本人からニューハーフと言われるまで気づかなかった

 ショーパブが乱立する六本木において存在感を放つ「香和」。豪華な花魁ショーで今や大人気の店だ。

 紅い暖簾をくぐり、受け付けを済ますと2階に案内される。レトロな階段を上がると、突如として現れたのは桟敷風客席。まさに芝居小屋の風情だ。

 100人は十分に収容できる大箱。辺りを見回すと、客の半分は外国人。聞けば、ルーマニアからのご一行のようで、テンションが高い。舞台前のかぶりつきには接待と思われるスーツ姿の紳士淑女。国際都市・東京の遊び場とは何かを知るには十分の雰囲気だろう。

 暗転――舞台には豪華絢爛な花魁たちが現れ、妖艶な「花魁道中」が始まった。15mにも及ぶ高さのある舞台は、音楽や照明に合わせて上下する「高速可動式」。花魁たちの踊りが激しくなるにつれ、舞台も波打つように動くのには圧倒される。演目もストーリー性があり、歌舞伎でお馴染みの「八百屋お七」を現代風にアレンジした踊りが行われた。恋人に会いたい一心で放火する女の情念を描いた作品だが、なかなかに露出度の多い衣装もあり、花道に女のコが降りてきた時は思わず身を乗り出してしまったほど。1時間のショーはあっという間に終わってしまった。

 終演後には先ほどまで舞台に上がっていた演者たちが各席を回ってご挨拶。お気に入りのコがいれば、チップなど追加料金ナシでしばしトークができる。我々は花音祭ちゃんと小町ちゃんを“キープ”。妖艶なビキニ姿を披露してくれていた、祭ちゃんはニューハーフというから二度見してしまったほど。

六本木香和

演者の皆さんとステージ上で記念撮影ができるサービスも。紙焼きの写真を帰るときにプレゼントしてくれる

 デート中と思しき男女もおり、雰囲気は申し分なし。若人に「パイセン面」するにはうってつけではないだろうか。

【六本木香和(かぐわ)】
住:東京都港区六本木5-4-2
電:03-5414-8818
営:18時~ラスト(ショーは19時半、22時~の2部制)
休:なし
料:¥3500~●入場料込み飲み放題セットプラン(¥6500~※前日まで要予約)等各種コースあり

六本木香和

六本木香和

協力/O氏(夜遊びガイド)撮影/渡辺秀之

格安料金なのにこの距離感!現役AV女優と店内で接近戦!!

 AV女優に会えるお店……と聞けば、まっさきに思い浮かぶのが六本木にある某“赤い竜”のお店。知名度は相当なものらしく、本連載をやっていることもあって、よく友人から「あの店に連れてってくれよ」なんて言われるスパムです。

 とはいえ、現役の超人気AV女優が勢ぞろいする店なので、安月給のスパムからすれば行くにはかなりの覚悟がいるのも事実。だって、グーグルの検索欄に店名を入れてスペースあけたら「予算」と予測ワードが出てくるんだから……。

 ただ、高いカネを払わなければ現役AV女優と飲めないのか?と言われればそんなことはない。数年前からAV女優が働く店はどんどん増えているので、今ではかなり選択肢があるからだ。というわけで今回は、現役AV女優と経営者という二足のわらじを履くアラサー女優さんに会いにいってきた。

現役AV女優さんがほぼ1人で切り盛り

オーナーの早川瀬里奈さん。お店には、撮影やイベントがなければ毎日出勤。最新出演作『女弁護士牧村麗子 濡れた法廷』が発売中

 向かったのは、新宿・歌舞伎町にあるラウンジバー「コネクト」だ。同店のオーナーは、’05年にAVデビューして一度引退。そして昨年、電撃復帰を果たした早川瀬里奈さん。ドアを開けると「いらっしゃいませ」と、ご本人がお出迎え。カウンター10席ほどのこぢんまりした同店は2年前にオープンした。

「引退期間に始めたので最初は本名でやっていたんですよ。それで復帰が決まったときにこのお店も一緒に宣伝するようになったら、お客さんが一気に増えました(笑)。今はAV女優が在籍しているお店が増えたけど、いろんな女優さんに会うためにお店を“トローリング”しているお客さんもけっこういるんですよね。アイドルでいう『DD(誰でも大好き)』みたいな」

 そんな数あるAV女優に会える店のなかでも、こちらのシステムはチャージが4時間3000円(税別・1時間ごとにワンオーダー制)と、かなりのお手頃。カウンター越しにハイボールを作る姿は、まるで某ウイスキーCMの女優のようだ。その色気にほだされたのか、ド直球で口説くお客さんもいるんだとか。

綺麗なお姉さんには、ハイボールがよく似合う

「やっぱり私の作品を見てくる人が多いので、距離感が近くなるんですよね。『月100万円でどうだ?』とか言ってきたお客さんもいました。だからあんまり下ネタ合戦になったら『序盤から飛ばしすぎない!』って叱ってるんです。24歳童貞のコが飲みにきていて、その様子を見ながら『もっと優しいお姉さんなのかと思った』って引いちゃってましたね(笑)」

 憧れのAV女優さんを目の前にしたら欲望をガマンできなくなる気持ちも理解できなくはないが、そこはガマン汁で止めておくべし。ちなみに店では、早川さんのオリジナルライターや出演作品まで売っている。本人を目の前にしながら「どれがいい?」なんて言われたら……、断る方法を知りません。

本人を目の前に出演作を選べるという至福はここでしか味わえない。

 出演作を片手にキープ焼酎(5000円~)のピッチも上がる。「早川さんのタイプはどんな男ですか?」などと聞けば、「絶対条件は年上なのと日焼け肌とヒゲですね。目の前にタイプの男性が座ってたら、ガブって食べちゃいたくなる。ウチに来る前にはみんな日サロに寄ってから来てください(笑)」。

 お薦め作品を2枚購入。そのDVDを抱えながら、自宅まで待てないとばかりにタンニングマシンとDVDデッキを完備したネットカフェに駆け込むスパムでした。

作品以外にも、オリジナルライターが人気。また、お店で働く女のコがやっている占いが密かに人気だとか(1回1000円。火・木のみ)

【コネクト】
東京都新宿区歌舞伎町1-3-15 ザ・カテリーナ3F 1号室
電:03-6457-6417
営:20時~翌4時まで
休:日・祝
料:240分/3000円(1時間ずつのワンドリンクオーダー制)ドリンクは800円~。
税・サ:10%
http://bar-conect.com/

撮影/水野嘉之

新宿・歌舞伎町ディープゾーン探検。一見客でも入れる穴場的名店を発見!

 繁華街の奥地に必ず存在するのが、無数のテナントが入った雑居ビルの存在。料金システムが表示されているわけでも気のきいたキャッチコピーが打ち出されているわけでもなく、ただ「まどか」、「中西」などの人名表記の店名が妖しく光るネオン看板の威圧感は、一見客の肝を冷やすことこのうえない。この手の店の多くは、高級クラブに在籍していたホステスが太客を引き連れる形で独立開業というのが大半。夜遊びの新規開拓のため、歌舞伎町の奥地に何度か突撃を敢行したが、ママのファン歴ウン十年なんていう常連客とカウンターを共にし、過去の思い出トークをされる。

テナント

繁華街から一歩踏み込むと無数のテナントが入る雑居ビル群が。どんな強心臓でも立ち入るのがためらわれる

「スギナミよ。お前もここでこうして聞いとるとよ? ワシとママがどれほどの仲かわかろうもんじゃろうて、のう?」(『仁義なき戦い』山守義雄風)てな会話に終始。若僧の勇み足を咎められる形で、泣く泣く退散を繰り返してきた。

セクシーダイナマイトなダンサー&キャストが勢ぞろい

Allure

写真左上のみゆちゃん以外は、みやびママを含めて全員ダンス力に自信アリ。オカマバーのようにおバカなトークとセクシーショータイムの二面性がお店のセールスポイントなのだ

 一見客には厳しい雑居ビル系店舗での夜遊びであるが、ついに名店を発見。歌舞伎町、風林会館よりもさらに奥。人通りもめっきり少なくなった職安通りの手前ビルにある「Allure」というお店。ボックス席が5つほどとお店自体は広くないが、開店直後の時間ということもあり、店の中には女の香水臭が充満。ランジェリー姿のコたちがせわしなく動く様子が見てとれる。

「至近距離でポールダンスを見れる、新感覚のパフォーマンスラウンジです。怖い場所にあるけど、明朗会計なので安心してね」(みやびママ)

 チャージ料は10分1000円……と聞けばスナック派のスギナミとしてはチョイお高く感じるが、

「2時間以上は打ち止め」という、コイン駐車場のような料金システムを採用している。ポールダンスのショータイムは、明確な時間は決めてなく、お店の状況を見て適切なタイミングで始めるという。

 ポールが始まる前に急ピッチでテンションを上げようと、女のコたちとの一気飲みゲームで場を温めていく。負けたのはのぞみちゃん。「チョー悔しぃ~」と言いながら、ソファに立て膝をついてセクシーポーズで酒を呷る。飲みながら「大丈夫? オ○○コ見えてない」、「平気平気、見えてもメモリ消去するから」とバカな下ネタの応酬が繰り広げられる。

 だいぶ酒も進んだところでショータイム。1m先の至近距離でヒラヒラと女体が舞い、やんややんやの大喝采。特筆すべきは1枚500円で購入するチケット。体のどこかに付けておけば、演技中のダンサーがそれを目がけて女豹のように近づき誘うような視線と吐息を絡ませながら、チケットを咥えるなんてサービスも。

 そして帰りには、「これが衣装だもん」と、席についたキャスト全員、ビルの入り口まで下着姿でお見送りする気合の入り方。

 街行く人たちの好奇な視線を背中に感じつつ、明るく、バカで、セクシーな夜の名店の誕生に、喜びを噛みしめるのであった。

Allure

ビル下までのお見送り。セクシーな衣装を隠そうともせず、通行人の目も釘付けに!

【Allure】
新宿区歌舞伎町2-20-11 玉野ビル2F D号室 
電:03-3202-7155
営:20~25時 
休:日・祝
料:10分1000円 120分以上フリータイム 原則ボトルキープ制(5000円~)

撮影/石川真魚

盛衰激しいコスプレ系バー。生き残るヒントは部屋飲みにあり

 栄枯盛衰激しい夜の街を見始めて早10年。欲望にまみれ、時にはボッタクリの被害に遭いながら、ある真理に到達した。その業態にこだわらず、コンセプトありきの店はまず長続きしない。正確に言えば、コンセプト“だけ”の店は長続きし […]

まるでクラブのVIP席のよう。下着姿の美女と超接近戦を展開!

 先日、久しぶりに再会した学生時代の友人と飲んでいると「俺、離婚するんだ」と“卒論提出”を打ち明けられたスパムです。仕事の傍ら趣味でクラブDJなんかもやっていた友人ですが、いつしか夫婦仲が冷め切って、5年の結婚生活にピリ […]