新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

第百夜【後編】



あの夜に戻りたい! マイベスト夜、発表

スパ じゃあ、そろそろ各々のマイ・ベスト夜を聞かせてください。


テポ そうだな……、「仙台の夜」かな。まず、紹介したキャバ嬢が今までで一番かわいかった。やっぱり女のコがスレてないんだよな、地方は。あと、撮影後に仙台駅周辺で「あ、テポドンだ!」と声を掛けられた。連載の知名度もけっこうあるみたいで嬉しかったね。




スギ 僕は最初にやった「チークダンスを踊れる店」です。チークのお店って、そこでは女のコを口説くことの着地点が、アフターとかじゃなく、ラストダンスを一緒に踊れるかどうかなんだ。それが”アガリ”なんだよね。あれからプライベートで3回くらい行ってるけど、お気に入りのコがほかの客と踊っていると悔しいのなんのって。逆に俺が踊ってるとそいつがギリギリこっちを睨みつけたり。そういうドラマがあるんだよ。





テキ 僕は「婚活キャバクラ」ですね。キャストと客の結婚率が高い店なんだけど、最近、「あの後も2組結婚しました」って店長に言われて、それが誌面に登場したコだったという。感慨深いですよ。




苫米 そりゃすごいわ。俺は「女体盛りの店」が忘れられん。実は写真は載せられなかったんだけど、準備中はカーテン閉められて、その裏でゴソゴソ食材を載せてるんだけど、シルエットが妙にヤラシイんだよ。むしろそれに興奮した。





テキ あ、そういえばナカソネ(世界一の美女を探して海外放浪中)の分はどうするの?


スパ ナカソネ先輩には事前に、国際電話で聞いておきました。「俺が旅に出るきっかけを与えてくれた『土佐のルーマニア美女』に、今すぐ会いたい」だそうです。

全員 ホームシックか?





撮影/山川修一(本誌)

第百夜【前編】

裏話盛りだくさん! 連載100回記念。

精鋭記者が「マイ・ベスト夜」を発表!


101026_yoru_01.jpg
読者にさまざまな夜遊び術を指南し続けた俺の夜も、ついに連載100回目。それを記念し、今回は精鋭記者5人が集まり、「マイ・ベスト夜」を語り合うこととなった。メンバー内では新米のスパムを進行役に、裏話も次々と……。


スパム(以下スパ) 皆さん、振り返ってみてどうですか?


テポドン(以下テポ) 思い返してみると、いろんな所に行ったもんだ。でも、俺の1回目って昼キャバだったんだよ。「俺の夜」なのに、いきなり夜じゃねえし(笑)。


テキサス(以下テキ) まあ、遊び方がおもしろければOKでしょ。でも、2年もやってると、つぶれちゃった店もチラホラありますね。


苫米地(以下苫米) 俺が連載初期に行った、歌舞伎町の「こたつキャバクラ」はもうないみたい。


スギナミ(以下スギ) 立川の「ニップレスバー」も。寂しい限りだ。


テキ でも、たまにお店からのいい反響もありません?


テポ 神田のガールズバーは「SPA!見た」って客がすげー来たらしくて、店長から電話かかってきたよ。昼は普通の仕事やってる素人ばかりを集めた店なんだけど、俺が「昼間の職業を聞いたらいいんじゃないか」って書いたら、来る客来る客みんなそのとおり「昼間何やってんの?」って聞くらしい。


苫米 直接の反響じゃないけど、歌舞伎町のキャバクラ「ナースコール」には俺の掲載誌面が「SPA!に出ました」って貼ってあるよ。歌舞伎町のど真ん中だし、歩きづらいからやめてくれと(笑)。


スパ ちなみに、今だから話せる裏話とかあります?


スギ 実は「土下座すればヤラせてくれるキャバ」とかもあったけど、それは書けないからね。そういうのは、横の”一行情報”で。


テキ T線沿いのキャバクラも、実はVIP席に行くとヌいてくれるんですよ。「載せていい」って聞いたけど、「それはさすがに」って店長に言われて、こっちも「そうですよね~」と、なりました(笑)。


苫米 リサーチだけして掲載はやめたとこはあったな。王様ゲームキャバクラに行ったんだけど、「王様以外は全員女のコに1杯おごる」とかを連発されてさ。王様ゲームの名を語ったボッタクリだよ。読者には「王様ゲームキャバには気をつけろ!」と言いたい




【撮影協力/つるべ】

101026_yoru_02.jpg

電:03-3431-0408





撮影/山川修一(本誌)

第九十九夜【前編】

秋深し……。コアな空気漂う

中央線沿線でアートな夜を嗜む



101019_yoru_00.jpg
東京では自分が住む路線がその人のステイタスを語るひとつになっている。とくに地方出身者の俺にとっては、オレンジの車両の中央線はまさに憧れの路線だった。「ミュージシャン」「アーティスト」「文化人」「アングラ」……中央線と途中までほぼ平行に走りながらも、どことなくサイタマの匂いを運んでいる某線沿いに住んでいた田舎っぺは、都会らしい形容詞に身を熱くしていたものだった。

 30も半ばになると単に中央線には変わり者が多かっただけと気づくのだが、中野から高円寺、西荻窪にかけてはまさにカオス。今でもその雰囲気には気おされる。

 そんな中央線沿いに、山手線の内側では見られない風変わりなガールズバーがあるという。さっそく向かったのは阿佐ヶ谷。おなじみのO氏も「修業時代」にこの街に住み、多くの先人から薫陶を受けたと言っている。

「芸術の秋ですからね。アーティスティックな気分で遊べるお店をご用意しましたよ」
 いつになく瀟洒に語るO氏に連れられ入ったのは駅からすぐの「POP’N BODY」だ。

「いらっしゃいませ!!」

 店の扉を開けて、まず目に入ってきたのは声の主の女のコではなく大きな太股。アラレもなく開かれた女性の両脚のオブジェがカウンターに向かってせり出している。

 天井は鏡張り、派手なシャンデリア。周りを見ると赤いパンティのみを身につけた女性のマネキンがズラリと並んでいる。さながら現代アートの展覧会のような不思議な空間はとてもガールズバーとは思えない。カウンターの女のコも少し変わったコばかりなのかと身構えていると……。


ガールズバーとは思えぬ内装に……


「皆さん、まずアレに驚かれますね。働いている私も最初は恥ずかしかったんですけど(笑)」

 いたって普通に説明してくれたのはサキちゃん。なんでもアート好きなオーナーが自らデザインして作り上げた渾身のオブジェだという。

 アート鑑賞という大義のもと巨大な両の脚の下でお酒を頂く。が、中身がどうなっているのかが気になるのも男の性。カウンターから乗り出して股の中を覗くと……。なんと股の間に現れたのは俺の間抜け面。”大事な部分”は鏡になっていた。シュールな仕掛けに驚いていると、

「(鏡を指さして)じゃぁ、サキちゃんのココはどうなってるの?」

 違う意味でシュールな質問を浴びせまくっているO氏が。

 しかしお値段は見事に「中央線価格」。散々楽しんで1時間2000円とは感心だ。時間が来ても粘るO氏を引っ張り次へと向かう。




101019_yoru_07.jpg
太股オブジェの下で盛り上がる。「近所に住んでいる」というサキちゃん(右)と
せりなちゃんの癒しトークに「胎内回帰」の気分になる?



【POP’N BODY】

101019_yoru_04.jpg

●女のコは学生やOLが中心。近隣のコが多いともっぱらの評判

住:東京都杉並区阿佐谷南2-17-8ランドエイトビル4F
電:03-3311-2290
営:22時~翌5時
料:2000円~(焼酎飲み放題/60分・2人以上)延長1500円(30分)





協力/O氏(夜遊びガイド)
撮影/渡辺秀之

第九十九夜【後編】

 オレンジの電車に乗ること3分、お隣の荻窪駅前には昭和の薫りを色濃く残す商店街がある。その一角、スナックが立ち並ぶ地下に目指す店「SPARK」があった。「いらっしゃいませ~!」。駆け寄るように出てきたホットパンツ姿の女の […]

第九十八夜【後編】

 写真のように、松山社長自ら接客することもあるのだが、現役女子大生とあってか、ほとんどが撮影NG。派遣場所も都内で、家やホテルの一室などカギがかけられるプライベートな空間は不可で、2人以上の派遣が条件という配慮されたシス […]

第九十八夜【前編】

現役女子大生が出張してくれる 夢の派遣キャバで合コン気分を満喫! 「ウチはスレていない女性がたくさんいますから」  客引きの甘い言葉にダマされて、今日もスレたキャバ嬢にダマされる。「体の傷は癒せるけれど、心の痛手は癒せな […]

第九十七夜【後編】

 秋葉原・中央通り。メイド喫茶が濫立するエリアを抜けたあたりに、お目当てのお店「DOLL TOKYO」はあった。店内に入るとまず目につくのが、壁面に飾られたアダルトDVDの存在。パッケージを見ていると、「いらっしゃいませ […]

第九十七夜【前編】

ホステスはみんな企画AV女優! エロ娘たちと過ごすフェチ全開の夜 高度成長期のサラリーマンが「いつかはクラウン」と5年落ちのカローラを乗り回すのと同じく、「いつかは六本木」を合言葉に、中野の安キャバを主戦場に夜討ち朝寝を […]

第九十六夜【後編】

魚介スープと乳製品 衝撃の一杯が完成 試作品が俺に与えたインパクトは強烈だった。  スープは魚介がやや強めの豚テールを使った塩ベース。そこに甘辛く煮た豚バラとわけぎ、さらには粉チーズと一味唐辛子。粉チーズと一味がさっぱり […]

第九十六夜【前編】

ラーメン界の美女と出版界の野獣が 最強コラボを結成し、大つけ麺博に出店 つけ麺界のオリンピックと称される大つけ麺博が今年も開催される。昨年はジャンクガレッジとのコラボ「まぜつけ」が大成功し、食う者の五臓六腑に強烈なディー […]