新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

未知なる世界の扉を開いてみる!和風SMバーで緊縛を体験

 宮沢大臣が国を束ねる重圧への憂さ晴らしとして、麻縄で束ねられ(縛られ)たくなってしまったのか否かはわからぬが、ちょっとした変態行為に興味がある男子は多いはずだ。では、話題のSMとはどんな世界なのか?

密蜜-mitsu

艶めかしい雰囲気を醸し出す小雪さんに縛られる。耳元で「痛くない」って息を吹きかけられながら、美女にガンガン縛られるのも一興

 未知なる扉を開くべく、記者が立ち寄ったのは歌舞伎町の和風SMバー「密蜜」。コワモテの女王様でなく、着物姿のしっとり美人が2人、畳の空間で記者を迎えてくれた。経営者によれば、当店の縛りは「心」がポイントなんだとか。

「縛り上げた姿がアートとして美しいとか、縛る所作がパフォーマンスとしてレベルが高いとか、そういうことだけではダメ。縛り手と受け手が、縄を介して心を通わせているかが、一番大事です」

 しかし、記者にはいまいちピンと来ない。そこで実際に縛ってもらうことにした。縛り手は、艶やかな雰囲気のSM美女・小雪さんだ。

心地よい圧迫感が全身を包んでいく

密蜜-mitsu 縛りを覚えて3年という小雪さんは、慣れた手つきで記者のムチムチの肉体に縄を這わせていく。気づけば両足はまるで佐川急便の飛脚マークの状態で、記者の体は宙に浮いていた。

 縄が肌にこすれるたびに、なんだか下半身の深いところが熱くなっていく気がする。ダメです、私は小さい子供がいるのでこれ以上は勘弁してください。そう懇願したが、小雪さんは、記者の耳元に優しく吐息をかけるだけだ。すごくソフトなのに、ものすごく意地悪。これはクセになりそうだ。

【後編】に続く⇒

【密蜜-mitsu】
東京都新宿区歌舞伎町1-4-12 ナカヨシビル4F
電:080-7997-3232
営:19時~翌1時
休:日曜日
料:男性9000円/女性2000円(フリータイム・フリードリンク、姉妹店の初心との同日利用客には割引あり)
木曜日14時~18時に、「縄あそび」を開催

未知なる世界の扉を開いてみる!和風SMバーで緊縛を体験【後編】

←【前編】はコチラ

緊縛に疲れたらサロンで酒を飲む

初心-ubu- さらに、同ビルの1フロア上に姉妹店があるという。迎えてくれたのはもう一人のオーナー吉田よいさん。彼女もプロの縛り手だ。

「縛りが上手な人には、安全第一の初心を忘れないように。SMに興味を持ったばかりの人には、このお店が良い入り口になれるように。そんな願いを込めてオープンしたのが『初心』です」

 入り口を開ければ左手にカウンターがあり、常連客が吉田さんとグラスを傾けているが、奥は畳敷きの平和なちゃぶ台宴会状態。だが、天井から垂れる吊り道具が、ただならぬ気配を醸している。

「毎週月曜日19時から、女性に縛ってもらって縄を楽しむ『宵月会』と、縛りの技術を勉強する『初心縄講習会』を隔週で開いています。気軽に来てください。そのためのお店ですから」

【初心-ubu-】
東京都新宿区歌舞伎町1-4-12 ナカヨシビル5F
電:090-6703-7878
営:平日19時~翌1時、金・土20時~翌5時、日曜18~24時
休:月・祝日
料:男性6000円/女性2000円
水曜日21時から雰囲気次第で緊縛ライブを開催

初心-ubu-取材協力/野中ツトム(清談社) 撮影/赤松洋太

歌舞伎町から嬢も客も流入中!新宿駅西口にある夜遊びスポット

 iPhone6に機種変更したら、LINEが初期化。友達追加機能のロックが解除され、次々と懐かしのキャバ嬢たちが友達追加されて「久しぶり~」メッセージが続々と届いたテキサスです。9割、誰だかわかりません。

 そんなキャバ嬢たちのプロフィール画像を見て、思い出すのは新宿歌舞伎町に足繁く通っていた20代の頃。オラオラしたキャバ嬢にアフターをよくドタキャンされたものである。今では早朝まで酒を飲む元気も、キャバ嬢の“騙され自慢”をする余裕もなく、最近は足が遠のいていた。

 そんなテキサスが最近、よく行くエリアがある。それは新宿駅西口だ。同エリアはテキサス同様、歌舞伎町に疲れたキャバ嬢と客が集う場所……。今回は、そんな隠れた名夜遊びスポットを紹介していこう。

ヨドバの横にキャバクラガールズバーがひしめく

CH

テキサスの過激な下ネタにも笑顔で接客してくれた専門学校生のゆうちゃん(左)と、少し引き気味の女子大生・れいなちゃん(右)

 新宿駅西口と言えば、都庁に向かう冴えない公務員、ヨドバシカメラ、深夜バスの発着場といった、夜遊びスポットとは程遠いイメージの場所である。しかし、ヨドバシカメラ横のストリートにはキャバクラ、ガールズバー、ラウンジ、さらにはスナックまで存在。わずか20m程度の狭小エリアながら、複数の女のコが店先でビラを配り、客引きする姿が目につく一角があるのだ。

「客層はサラリーマン。歌舞伎町に比べ、遊び慣れた人は少ない印象ですね」とは、ガールズラウンジ「CH」のオーナー。肌感覚ながら最近、サラリーマン客が増えてきたという。

CH

西口に乱立する夜遊びスポット。お手頃価格で飲みたいなら「CH」の飲み放題がオススメ。約70種類のカクテルが用意してある

 同店は女のコが横について接客するラウンジスタイル。にもかかわらず、40分3000円飲み放題と安く、しかも女のコはかわいい。テキサス好みのEカップ、吉高由里子似のゆうちゃん(20歳)がおっぱいを寄せながら、教えてくれた。

「歌舞伎町は“お金を使わされるから逃げてきた”って話すお客さんは多いよ。女のコもノルマがないし、歌舞伎町に疲れた人が新宿駅西口に流れてくるのかもね」

【後編】に続く⇒

CH【CH】
東京都新宿区西新宿1-15-13西新宿島田ビル4F
電:03-6279-4184
営:19時~ラスト
休:日曜
料:40分3000円(飲み放題・税サ別)
席の横にもついてくれるラウンジスタイルのお店。約25人が在籍している。

歌舞伎町から嬢も客も流入中!新宿駅西口にある夜遊びスポット【後編】

←【前編】はコチラ 歌舞伎町にだって負けないレベル! 一方、同じ通りになるキャバクラ「KIZUNA」にも同じ傾向が見られる。同店には新宿歌舞伎町で働いた経験のあるキャバ嬢も多く、巨乳のみみちゃんもそんな女のコの一人だ。 […]

物悲しい秋……。酸いも甘いも知る超個性派ママと人生を語る夜

 年のせいか、寒暖の差が心身に堪える。夏場の暴飲の反動か、胃腸は不調。酒量は減り、安酒を呷っては舟を漕ぎ、はしご酒も今は昔。歌舞伎町の精力剤店のウインドーに大書きされた「男の更年期障害」という文字が目に染みる……。  シ […]

物悲しい秋……。酸いも甘いも知る超個性派ママと人生を語る夜【後編】

←【前編】はコチラ バブルのカリスマが今どき草食男子に喝! 次に訪れたのは銀座。重厚な扉を開けた瞬間、耳をつんざくばかりのユーロビート。「いらっしゃいませ~!」。デッド・オア・アライブのチューンに乗って出迎えてくれたのは […]

もはや判別不可能。高級キャバ嬢より可愛いニューハーフキャストが揃う店

 今夏、六本木や渋谷界隈のクラブではイビサ風「泡パーティ」を売りにするハコが大流行り。六本木では予定を延長して9月末まで泡イベントを開催するクラブもあり、そそくさと乗り込んだスパムだったが、夜風の涼しい季節となってはさす […]

もはや判別不可能。高級キャバ嬢より可愛いニューハーフキャストが揃う店【後編】

←【前編】はコチラ 「昭和最後のNH」が異世界に誘う ふとももを軽くさすられるスパムが全面同意していると、店の目玉であるショーが始まった。ド派手なBGMとともに、「ここはタイか!?」と錯覚しそうな豪華なステージを満喫。一 […]

白砂のリゾート沖縄・宮古島の夜と昼を遊び尽くす!

 夜ごと喧噪と狂乱の絶えない東京・中野のスナック「C」は、年に1度、凪のように穏やかな表情を見せる。宮古島出身のマスターR氏が、繁忙期にさしかかった家業のたばこ農園を手伝うため1か月ほど帰省、店を空ける時期がそれだ。 「 […]

白砂のリゾート沖縄・宮古島の夜と昼を遊び尽くす!【後編】

←【前編】はコチラ 夜の宮古島で陽気に乾杯♪ R氏が案内してくれたのは「ラウンジ 美月」というお店。入店したのは夜10時。すでに酔客たちでほぼ満席という活況ぶり。 「女のコは20人近く在籍していて週末は全員出勤してます。 […]