TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

「俺の夜」史上初!聖地・歌舞伎町のホストクラブで男の話術に惚れる

ホスト 先日、飲み会で知り合ったMちゃんから「夜遊びの連載やってんなら、ホスト連れてってよ」と唐突なメールがきた。夜遊びにうつつを抜かしてきた人生だからといって、ホスト遊びはさすがの私も未経験である。当たり前だ。夜遊びというカテゴリーでは一緒かもしれないが、その存在は男の夜遊びからすれば極北に位置しているのは言わずもがな。

 その道に詳しい人に聞くと、ホスト専門の案内所で聞けばオススメを紹介してくれるというので、とりあえずはホストの聖地・歌舞伎町で案内所に入ってみた。Mちゃんがパネルを見ながらキャーキャー言って選んだのが、PLATINAなのであった。

あえて言おうホストは楽しいと

ホスト そもそも男がホストクラブに行っていいものなのか? やっぱり二丁目系の方々がお客でくるのだろうか?

「そういう(ゲイの)方もいますけど、女のコと一緒に来たりする方もいますね。この前は50代の夫婦の方も来ましたよ」

ホスト

ナンバー3 瀬女 蘭

 と説明してくれたのは代表取締役の瀬女蘭さん。ホスト初体験で緊張している私とMちゃんを盛り上げながら、会話をリードするのはさすがホストといったところ。

「Mちゃんって年齢いくつかな? 当てていい? でもさ、オレ、キスしないと年齢当てられないんだ」

 さっそくホストトークを炸裂させてくれたのはナンバー2の東城誠さまさん。オラオラ系な見た目そのままだが、とにかく会話がうまい。Mちゃんとのやりとりを隣で聞いているだけで、こちらも楽しくなってしまうのである。ここでハタと気がついた。キャバクラよりも楽しくないか?と。キッチリ同伴している私を立ててくれながら、その横では「Mちゃんお酒あんまり飲めないけど、明日は“オレ”に二日酔いだぜ!」とか言ってたりして、これにMちゃんもまんざらでもない顔をしている。

【後編】に続く⇒

「俺の夜」史上初!聖地・歌舞伎町のホストクラブで男の話術に惚れる【後編】

←【前編】はコチラ

シャンパンなど“抜きモノ”は高くつく

ホスト

ホスト初体験のMちゃんはアルバムを見てご満悦。シャンパンタワーは断念したが、シャンパンコールを特別にしてもらいご機嫌!

 そんなMちゃんが興味を示したのは、ホスト遊びの真骨頂、シャンパンタワーであった。

「じゃあ、200万くらいかかるけどいい?」

 シャンパンタワーのお値段はなんと200万円から。酔いも一気に冷めて背筋が伸びたところで、お会計の時間に。

ホスト「今日は2人で2000円ですね」

 え? 目が点になる金額だ。

「初回の方はお試し料金で60分1000円なんですよ。普通に来てもシャンパンとか“抜きモノ”を頼まなければ、1人2万円もあれば豪遊できますから」

 う~ん、こんだけ楽しかったら、2万円ってそんなに高くないんじゃないか……。男の私が思うくらいなので、同行したMちゃんはというと上機嫌で「200万円貯めなきゃ」とスキップをしながら店を後にしたのであった。

【PLATINA】
東京都新宿区歌舞伎町2-9-10 G2ビル4F
電:03-6457-6565
営:19時~ラスト
休:月、毎月1日
料:初回20時まで1000円/1時間 20時以降3000円/2時間
通常料金など詳しくはhttp://club-platina.jp/

ホスト撮影/赤松洋太 取材協力/高木先輩 KK

大阪夏の陣!鎬を削る水着ガールズバーで大炎上の夜

「流行りモノ」は関西から。これは夜の世界では常識である。景気浮揚の折には、女のコのスカートの丈が短くなるとナントカ総研の調査結果も出ていたが、お馴染み夜遊びガイドO氏からも「関西では景気浮揚の影響かミニスカどころか、水着ガールズバーが増加しているんですよ!」との鼻息荒い“盛り場総研リポート”があったのだ。

 さっそく大阪はキタに飛んだ俺。大阪特有のべっとりとした暑さに少々辟易しつつも、お初天神に向かうアーケードを突き進んだ。

アゲアゲガールズがビキニに着替えたら

MIAMI

右からアンちゃん(20歳)、キャサリンちゃん(22歳)、ジェシーちゃん(23歳)。「今年はこの水着で白浜に行く!」とのこと

 訪れたのは「MIAMI」。西海岸を彷彿させる(?)トロピカルでド派手な看板をくぐり、地下への階段を下りると……「いらっしゃいませ!」。7~8人のホットパンツ&ショートスリーブ姿の女のコたちがお出迎え。一瞬ひるんでしまうほど眩しい、ホットパンツから伸びた太腿。ビバ、景気浮揚! 暑さで落ち窪んだまぶたと口角が自然に上がってくる。

MIAMI 席に案内される。女のコの立つ通路をぐるりと取り囲んだコの字カウンター。男たちのギラギラとした熱気が伝わってくる。

 まずは乾杯。「飲み放題なんでどんどん注文してくださいね」というアンちゃん(20歳)の申し出を快く受け、渇いた喉に一気に生ビールを流し込む。「では、恒例の……」2杯目を持ってきたジェシーちゃん(23歳)を合図に、おもむろにTシャツとホットパンツを脱ぎだす女のコたち。思わず前のめりになる俺に「ガン見しすぎ!」とツッコむ女のコ。関西娘のラテンなノリに、ビールの杯を重ねた。

【後編】に続く⇒

【MIAMI(お初天神店)】
大阪市北区曽根崎2-14-13
電:06-6364-3923
営:18時~LAST(月~金) 15時~LAST(土日祝)
料:1時間3000円(~20時)、3500円(20時~)本指名2000円、場内指名1000円、税+サ20%
3人以上から団体割引あり●「SPA!見た」で税+サ20%OFF

大阪夏の陣!鎬を削る水着ガールズバーで大炎上の夜【後編】

←【前編】はコチラ 破壊力も抜群!関西の下ネタに仰天 続いて訪れたのは、お初天神から歩いて5分ほどの堂山町の「ロコガール」。ここは関西の水着ガールズバーの元祖とも言える店で、界隈で増え続けるガールズバーを代表するともいう […]

西麻布→恵比寿へ。続々オープンする会員制ラウンジがいまアツい!

 指紋認証で開かれたドアの向こうに広がる大人の社交場。そこで、酒の相手をしてくれる絶世の美女たち……。20代の頃、先輩に西麻布の会員制ラウンジに連れて行かれたとき、いつか自分も会員になってみたいと思ったテキサスです。   […]

西麻布→恵比寿へ。続々オープンする会員制ラウンジがいまアツい!【後編】

←【前編】はコチラ  秘匿性の高い会員制ラウンジは本来、取材NGなのだが、今回1軒だけ特別に撮影に応じてくれた。そのお店は3月にリニューアルオープンした会員制ラウンジ「Adore」だ。 昼は受付嬢をしています 恵比寿駅か […]

人気ギャル誌の休刊は何を意味する?今どきギャルが働く店で飲みまくった!

 12年前に大学進学で上京した際、キャンパスを練り歩くギャルとギャル男を見て「東京、すげぇなぁ」などと感じたスパムです。そんなギャル文化も最近では『egg』と『ageha』が休刊になるなど、変化を迎えている様子。そこで今 […]

人気ギャル誌の休刊は何を意味する?今どきギャルが働く店で飲みまくった!【後編】

←【前編】はコチラ ハイテンションを味わえ! さて次に向かったのは、ギャルの聖地・渋谷センター街のギャルカフェ「10sion」だ。本連載には再登場の同店。ドアを開けると「ちょりおつ~!」と、ハイテンションで迎えてくれた。 […]

夏の蒸し暑さをお酒で爽快に解消!酔いと狂乱のパーティ系バー

 フィギュアスケートの髙橋大輔選手。“クラシカルな貴公子”というイメージが強いが、酒の席では「もっぱらパーティピーポー」だという。「HIP-HOPやレゲエをBGMに、飲めや踊れやでワイワイやるのが最高の息抜き」という彼の […]

夏の蒸し暑さをお酒で爽快に解消!酔いと狂乱のパーティ系バー【後編】

←【前編】はコチラ ギャルとテキーラで熱くなる 訪れたのはスギナミのホームタウン・中野。いつもはスナックばかりだが、「絶頂に達する」と噂のパーティバー「Rogeri」に突入。暗めの照明のカウンター奥には、ブラックライトの […]