新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

東京にいながら海外気分を満喫!ベトナム美女と40度の酒を飲む夜

GoToトラベルの全国一斉停止が発表された昨年の夜、フェイスブックで数年前の年末に行った“バンコク男旅”の写真を眺めていたスパムです。こんな状況では海外など夢のまた夢。どうにか東京で海外気分が味わえる場所はないか……とリサーチしてみると、ヒットしたのは文京区・湯島だった。

 湯島は昔から中国やフィリピン、タイなど多国籍の飲み屋が集まる場所だったが、コロナ不況下にもかかわらずベトナムガールズバーが急増しているのだとか。なんで? ということで、アジア随一の美人大国といわれるベトナム美女たちに会いに行ってみた。

俺の夜異国情緒が溢れる空間でベトナム美人のおもてなし

 訪れたのは、JR御徒町駅から徒歩5分ほどにあるベトナムガールズバー「333」だ。東京の路地裏なのに異国情緒がありすぎる店構えなのですぐわかる。店内にもベトナム産のランタンや工芸品などが飾られ、なんとも幻想的な雰囲気だ。そこに色鮮やかなアオザイ姿で接客してくれたのは、ベトナム人のハルちゃん(25歳)とフェちゃん(21歳)だった。

俺の夜

左からイチゴちゃん(24歳)、ハルちゃん(25歳)、フェちゃん(21歳)、ダウちゃん(23歳)。衣装はベトナムで買いつけたものだ

ハル「ハノイやホーチミンにはこういう感じのお店が何十軒もあって、それを東京につくった感じですよ。カラオケもないから会話を楽しみたいオジサンが多いです」

 しっかりした日本語での接客に驚かされるスパム。まずは店名と同じベトナムビール「333」を片手に、「ハイ、バー、ヨー!」と、ベトナム語で乾杯!

 実は湯島界隈では’20年、ベトナムバーが4店も新たにオープンし、現在は13店舗もある。「’15年頃からベトナム人の留学生が増えて夜の街にも流れてきたけど、彼女たちはビザの関係でカウンターのある店でしか働けないんだよ」(店の常連客)という背景もあり、ベトナム美女が集結するガールズバーが湯島に多く誕生しているわけだ。

俺の夜

ベトナム産のビールやもち米から造られた強烈なお酒も楽しめる

ハル「ウチは20代前半の留学生が多いです。店の前で立ってるとアオザイ姿が気になって入るお客もいるし、今はコロナで旅行に行けないから、ベトナムの雰囲気を感じに来てくれる人も増えてます」

 そんな彼女たちも、コロナの影響で生活が大きく変わったという。

フェ「今は4人のシェアハウスで全員オンラインの授業。営業時間が短くなると収入が減って、学費を払うのが大変なコもたくさん」

ベトナムの“パリピ酒”はもち米で造られている

 ツラい状況なのは日本人だけじゃないと痛感したスパム。「今日は飲んでコロナを撃退しましょう!」と、ベトナム産のパリピ酒「ネップモイ」(40度)をショットでいただくと、甘い香りでさっぱり飲みやすい。が、そのあとにテキーラの4倍ぐらいの酔い加減が……。

俺の夜

ベトナムの“パリピ酒”はもち米で造られている

フェ「ベトナム人はお酒が強いから、新大久保とかにおいしいベトナム料理を食べに行くときは、お酒と一緒に楽しんだりもするね」

 まだ焦点の定まらないスパムに「もう1杯いきますか?」と笑顔の2人。ベトナム美女、恐るべし。近年ではベトナム女性と結婚する日本人男性が増えているとか。

ハル「ベトナムの女のコはマジメで一途だから、付き合ったら結婚を考える。でも、最近日本は不倫のニュース多い。遊びはダメよ」

俺の夜

「みんな彼氏が欲しいけどチャンスがないんです」(ハルちゃん)

 店を出るとLINEを交換したハルちゃんから、ベトナム語の可愛いスタンプが。’21年はベトナムに行ける世の中になってほしいと師走の湯島で願うスパムでした。

【ベトナムガールズバー「333」】
住:住東京都文京区湯島3-45-2-101
電:03-5846-8808
営:19時~ラスト(※変更の可能性あり。お店に要確認)
休:なし
料:1時間/3000円(飲み放題)、女性ドリンク1000円~。さらにベトナム美女が掲載されているお店のフェイスブックも要チェック(vietnambar333

撮影/渡辺秀之

港町神戸・三宮。美人四姉妹が切り盛りする立ち呑みに酔う

 ブームに乗るのは好まないが、最近サウナ通いにハマっている。神戸に出張の予定が入ったときは小躍りした。「西の横綱」と呼ばれる「神戸サウナ&スパ」があるからだ。

 港での仕事を終えるやサウナへ直行。さっそく広い湯船に身を沈め清める。フィンランドサウナで蒸され、昂ぶった精神を鎮める。ヴィヒタで背中を叩きながらととのえ、露天風呂から見える、暮れゆく三宮のネオンに目を細める。

俺の夜四姉妹の笑顔輝くアットホームな酒場です!

 この後には重要なミッションが待っている。それは関西在住の敏腕ライターK氏に「神戸に来るならどうしても紹介したい店がある」との誘いを受けたからだ。

 張り込みからグルメまで幅広い人脈とネタ元を持つ氏がそこまで言うのにはきっと何かある……。

 生田神社の参道から延びる三宮屈指の繁華街「東門街」のネオンアーチの下で火照った体を冷ましていると、K氏が現れた。

「もうノドカラカラですわ〜。さ、さ、はよ行きましょう!」

俺の夜 クラブやキャバクラを横目にK氏が案内してくれたのはスナックが密集する雑居ビル。エントランスを奥へ奥へ。小料理屋か何かだろうと思っていたら「立ち呑み」と染め抜かれた深紅の暖簾が下がっている。重たい金属製のドアはまさしくスナックそのもの。勇気を振り絞って開けると「おかえんなさーい!」という黄色い声が。

林立する男性客。カウンターの奥には……

 目に飛び込んできたのはカウンターに林立する男性客。かき分けるようにして卓にたどり着く。

「お飲み物、何にします〜?」

俺の夜

右から長女の祐加さん、次女で店長の清可さん、三女の佐和さん、四女の杏奈さん。ファンが、手土産持参で店にやってくることも

 柔らかな声のほうを向くとエプロン姿の女性たちが笑顔をくれる。

「このコたち実の姉妹。四姉妹で切り盛りする立ち呑みなんですよ」

 と、鼻を膨らませるK氏。立ち呑みといってもイナタイ雰囲気は皆無。華やかな空気に包まれている。

 メニューを見ても生ビールが450円、酎ハイ類390円〜と心配ご無用、普通の立ち呑み屋だ。

俺の夜

アットホームな店内。40〜50代が中心のご常連が一見にも気を使ってくれる。実は四姉妹は下戸なので、乾杯はソフトドリンクで!

 早速生ビールで乾杯。次女でオーナー兼店長の清可さんが注いでくれた生ビールをグイと飲み干す。

自慢の手作り料理をたくさん召し上がれ

「12年前に長女の祐加とここで始めた店で、今では三女の佐和と四女の杏奈が手伝ってくれています」

 実は、四姉妹が一堂に会すのは久しぶりだそうで、その情報を聞きつけたご常連が押し寄せていた。

「料理もみんな手作りなんです。神戸に来たならお肉を食べてね」

俺の夜

長女が豪快に焼いてくれた、やのみ、はらみ、塩タン(各1300円)

 黒毛和牛の焼き肉、やのみ・はらみ・塩タン(各1300円)をオーダーすると、大皿にてんこ盛りで現れた。男性客が多いからか、ボリュームは満点だ。

「丹波篠山のカツミさん?」

 隣の男性からご常連と間違われたのを契機に話が弾む。「東京から出張で」と言うと「マレーシア出張の帰りにわざわざ寄り道して来るインディアナポリス在住のアメリカ人がおるよ」と各地から訪れる四姉妹ファン列伝を披露される。「東京から来たならカネ使こうて帰ってな〜」。なんとカウンターの端からは瓶ビールの差し入れが!

「常連さんばかりだけど、一見さんも大歓迎。ここで仲良くなって通うようになるんです」(清可さん)

俺の夜

ハート形のだし巻き(300円)は出汁が効いて美味!

俺の夜 四姉妹の醸し出すフレンドリーな空気は格別。神戸の港に決めた。

【立ち呑み かんぱい】
住:神戸市中央区中山手通1-4-12ダイヤモンドビル1F
電:090-5895-7828
営:17〜24時(月〜木)、17〜翌1時(金・土)
休:日
料:生ビール(450円)、レモン酎ハイ(390円)、刺身2点盛り(1000円)、カキフライ(500円)、イチボステーキ(4500円)

撮影/加藤慶

ひとり忘年会もいいじゃない。湯島の小料理屋で美人女将と乾杯

 忘年会の季節である。しかし世の中がこんな状況では、みんなで集まって飲み会などできそうもない。今年はひとりで飲むべきか。とはいえ、ぼっちでキャバクラやガールズバーに行くのは余計に寂しい。若いコのノリに気圧されてしまいそう。僕は、「俺の夜」企画でどのような店を紹介するべきか悩んでいた。そんなときに、「小料理屋」が思い浮かんだのだ。

「なんの取材? ちょっと待っててね! 今、営業中なのよ!」

俺の夜 電話の先で威勢の良い声が響く。客の注文をさばきながら応対していることがうかがえる。それが、湯島にある小料理屋「おばんざい 心」の女将・長澤美枝さんとの初めての出会いだった。

美人女将が精魂込めた手料理の数々に舌鼓

 後日改めて店に足を運ぶと、そこには開店準備に精を出す美しい女性の姿があった。女将の長澤さんだ。毎日、15皿の料理がカウンターに並ぶのだが、そのすべてを長澤さんがイチから手作り。普段は開店の2時間前から仕込みを始めるのだとか。どの料理を食べようか種類豊富で目移りする。

俺の夜

店をひとりで切り盛りする女将・長澤美枝さん。銀行員やプログラマーなどの経歴を経て、30歳のタイミングで一念発起したのだとか

「お客さんは若いカップルから年配の方まで幅広いので、お肉が食べたい、お魚が食べたいとか要望を聞いて出すことも多いですよ」

 そこで「バランスよく」とお願いすると、自家製チャーシュー、旬の野菜のポテトサラダ、剥きアサリと豆腐の卵とじが出てきた。さっそくチャーシューから箸をつけてみると、お世辞抜きで今まで食べたなかで最もおいしかった。

俺の夜

カウンターに並んだ料理を選ぶ仕組みだが、女将にお任せすることも可能。写真は「バランスよく」とお願いした3品(1700円)

 肉が非常に柔らかく、味がしっかりと染み込んでいる。一方で、ポテトサラダと卵とじは、素材の旨味が生かされており、日本酒によく合う。そして、「お酒をご馳走してもらうのも大歓迎」という長澤さんと杯を合わせて乾杯!

俺の夜人情溢れる女将の手料理が「心」にじんわりと響く!

 酔いが回ってくると、やはり気になるのは、美人女将・長澤さん自身のことである。

「母親から『料理が得意なら男が逃げないよ』と言われたことが料理を始めたきっかけかも(笑)」

 普段は食べ歩きが趣味で、味の研究に余念がない。だが、もともとは銀行員だった。その後プログラマーなどを経て、30歳の節目で自分の店を開こうと決意した。

俺の夜

開店の2時間前から仕込みを始め、合計15皿が並ぶ

「京都が好きで月イチぐらいで通っていました。おばんざい屋を巡るなかで、自分ならこうしたいという思いもあって……」

 和食だけではなく、洋食から中華まで。ジャンルに囚われず、多彩な味の選択肢を揃えた。店名の「心」には、“新しい”と“気持ち”の意味が込められているのだという。大皿の料理は季節の食材などを使って毎日違ったものが出されるので、通うたびに新しい味と出合えるだろう。

俺の夜

素材を生かした優しい味で年配の客層にも配慮。もちろん、お酒との相性は抜群だ

「今はネットで予約ができたり便利な時代だけど、やっぱり実際に話して雰囲気をつかんでほしい。気軽に電話で問い合わせてもらえたらうれしいですね!」

 コロナ禍も相まって、現在はオンライン全盛期に。人と人とのつながりが希薄になりつつある昨今ではあるが、だからこそ「心」を大事にする女将の人情に胸が熱くなった。いろいろあった今年の最後、この店に出合えて良かった。ひとり忘年会も悪くない……!

【おばんざい 心】
住:東京都文京区湯島3-35-2-2F
電:03-3835-2144
営:16~22時(月~金)、16~21時(土)
休:日・祝
料:大皿(480円~)料理は日替わりで旬の食材を使用。日本酒も豊富に揃う(880~980円)
※喫煙可能店
※湯島駅(4番出口)徒歩1分、御徒町駅より徒歩4分

撮影/長谷英史

歌舞伎町のイケメンホストが握る江戸前鮨を心ゆくまで堪能!

 新宿に一風変わった寿司屋がある……。  そんな噂を耳にして調べてみると、なんと現役ホストが大将として鮨を握っているという。ホームページを見ると「ホスト歴14年の大将SHUNが握る」とあり、そこには私と同じ男とは思えない […]

「俺の夜」500回突破記念! リムジンに乗ってコロナ禍の夜遊びを振り返ってみた

 本連載「俺の夜」がついに500回を突破。新型コロナの影響で夜の街はまだ静かだが、今日だけはハジけた夜を過ごしたい! ということで、今回はコンパニオン派遣サービス「飲み女子セレクション」から美女2人を招集。  副業コンパ […]