新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

揺れる谷間とビキニギャルたち。浅草で夏を感じる常夏ガールズバー

 月になれば立春があり、暦の上では春になる。とはいえ、2月は一年で最も寒い時期であるのは、誰でも知るところである。寒さが大の苦手な私にとって、この時期は一年で最も過ぎ去ってほしい時期でもある。

俺の夜 夜遊び仲間であるT先輩から「浅草に夏があった」という意味深なLINEが届いたのは、東京で雪が舞った1月のある日のこと。これまでもT先輩のオススメはハズレたことはない。とにもかくにも浅草へ。駅を出て、スマホ片手に路地を曲がると怪しい光に照らされたビキニ姿のマネキンが目に飛び込んだ。そう、ここがお目当ての店、「CocoPine」である。

ビキニとアロハで常夏気分が楽しめる!

俺の夜

前列左から、るいチャン、もなチャン、るかチャン。後列左からゆかチャン、ももチャン。みんなノリもいいし、お酒大好きだし、居心地ももちろん◎なお店だ

「いらっしゃいませ~」と出迎えてくれたのは、ビキニとアロハのかわいコちゃん5人組。思わず、カーッ! と年がいもなくアガってしまい、その勢いのまま生ビールとキャストの5人に振る舞い酒を注文して「乾杯!」のゴングを鳴らしたのであります。

俺の夜

もちろんソーシャルディスタンス&感染予防もしっかりしている。今回は撮影のため特別に……

 もはや夜の店では定番となった、感染予防のアクリル板。このアクリル板越しの“エア乾杯”も夜遊びの新様式。最初は違和感があったのだけど、安心安全、清潔、除菌は夜の店では必須項目だ。

 加えてこちらのお店は水着ガールズバーである。強調できる胸の谷間も必須項目。グラスのビールが揺れるように、目の前でプルプルと揺れる谷間を眺めながらの酒はなんとも旨い。

俺の夜「やっぱり、女のコの採用基準はプルプルしてることなの?」とママのまなチャンに聞くと、

「水着でいけるぞ!って思ってるコを採用してるから、そこは必然的に……ですね(笑)。あとは海が好きとか、そういうノリが好きなコばっかですよ~」

アゲアゲ気分で乾杯!

 そしてもちろん、ココで働くならばお酒が大好きというのも必須項目だ。ビキニギャル5人の飲みっぷりは、言うなれば“爽快な夏”の感じで、一緒にいるだけで気分はどんどんアガっていく。

俺の夜

やっぱり女のコの水着姿はいいなぁ~と再認識させられた。東京を横断して浅草まで通いたくなる……。そんな店であった

 しかしながらこのご時世である。大声で喋って笑って飛沫を飛ばすのはご法度だ。節度を持って……そう、節度を持って常夏の浅草を堪能したのであった。

俺の夜

胸の谷間もいいけれど、ホットパンツもかなり熱い!

「最近は地元の常連さんが来るくらいだから、早くコロナが落ち着いてほしいですね」

 とはオレンジ色のアロハが似合う、飲みっぷりのいいゆかチャン。早くコロナが落ち着いてほしいなぁ……。真冬でも常夏気分で店を後にしたのであった。

俺の夜【Coco Pine(ココパイン)】
住:東京都台東区西浅草2-25-15ブランシール浅草1F
電:03-5830-6400
営:20時~ラスト
休:年中無休
料:60分3000円(飲み放題)税サ別
※営業時間の変更などがあるかもしれません。最新情報はお店までご確認ください

取材協力/T先輩 撮影/赤松洋太

東京、地方、海外。オンラインスナックをハシゴしてママさんと飲み明かす

 2021年に入り、2度目の緊急事態宣言。新年会もままならず、一人飲みの夜を過ごしているスパムです。夜の飲食店も時短要請で苦境に立たされているなか、昨年5月に誕生したウェブサービスが「オンラインスナック横丁」だ。

俺の夜

オンラインスナック横丁

 日本全国だけでなく、なんと海外(!?)も含めた約40店舗のスナックにリモートで遊びに行くことができる。遊び方は、「一対一」「ほかのお客と相席フリー」「仲間でグループ貸し切り」と好みの飲み方に合わせてチケットを購入。予算は1時間3000円程度と明朗会計なのも嬉しい。早速、オンラインスナックでハシゴ酒を楽しんだ。

モスクワから銀座まで贅沢な飲み歩きが可能

 1軒目に選んだのは山形県にある「Lounge華美」だ。さっそく「山形さ、ようこそ~!」とバリバリの山形弁で接客してくれたのはあみママ。こちらは実店舗も営業しているので、ほかのお客が盛り上がる声を聞きつつ、用意したお酒でリモート乾杯!

俺の夜

生ビールの中ジョッキが似合うあみママ。見た目はギャルだが、実店舗では40席ほどのお店を仕切っているというギャップがすごい

あみ「自粛中、当時はオンライン営業だけしったっけがら、こうして店さ出向いで酒飲んでっど、こだい(こんなに)疲れっけがぁ~って、体もテンションも元さ戻るまで大変だっけず~。しかも、今年はほんて(本当)雪うがくて(多くて)車の雪下ろしやら、除雪すねどいげねがら、店さ行くまで苦労すっけはぁ~」

 一部何を言ってるのかわからないが、茨城県出身のスパムにとってなんとなく親近感が湧く。オンライン営業を始めて、全国からお客さんが訪れるようになったとか。

あみ「こないだは『東京さ、来たことないべ。夜景さ見せたいからドライブしよう』って、それで1時間が過ぎちった人がいて(笑)。『あなたの山形弁を聞いて元気がもらえた』って、お店に菓子折りが届いてたこともあったな~」

 日頃の悩みをママに笑い飛ばしてもらうだけでも気分転換になる。

【Lounge華美】
住:山形県寒河江市本町2丁目1-7江戸寿司ビル2F
電:0237-85-7661
料:コース料金は一対一が60分/5500円、フリー60分/3300円など

山形弁のママと楽しんだ直後にモスクワのママにロシア情勢を聞く

 続いては、なんとロシアのモスクワにある「BAR清水」。昨秋まで純和風スナックとして営業をしていたが、コロナの影響で閉店。今は自宅でオンラインスナックをしている。

俺の夜「まずは出会いに乾杯」と、清楚な和服姿の恵美子ママ。

恵美子「モスクワはワクチンが出回り始めて、65歳以上のお年寄りは外出禁止の要請があるけど、若者の自粛ムードはゆるいですね」

 さらに「今日は反体制派のデモ中なの」とリアルな世界情勢が知れる。実店舗があった頃は、日本人の駐在員や日本から出張で来たビジネスマンで賑わっていたそう。

俺の夜

取材当日には大規模なデモが起こっていた

恵美子「ほとんど知り合いもいない状態からスタートして、今はアメリカやインドなどにいる日本人の駐在員をはじめ、世界中からアクセスが来るのでありがたいです」

 スコッチを片手に海外で闘うママの話を聞いているだけでも面白い。コロナが落ち着いたら、お店の再開に向けて動きだす予定だ。

俺の夜

自宅の一部をスナック仕様にして配信している

恵美子「ロシアはアニメやマンガなどサブカル人気が高くて、『日本人の彼氏が欲しい』ってロシア人女性が本当に多いんです。一度訪れた方は口を揃えて、『ロシアは最後の楽園だ』って言いますね」

【BAR清水】
住:モスクワ初の純和風スナック。オンライン営業のみ
料:コース料金1人60分/2800円(2人は5000円)
インスタ(@shimizu_moscow

普段は行けない銀座の高級店にだって行ける!

 最後は東京だ。シメに選んだのは銀座の「お茶屋バーいろ葉」。普段はハードルが高くて、飲みに行けないエリアでも料金が明朗なので、気軽に利用しやすい。「オンラインならではのお客様も多いですね」と話すのは、銀座で働いて15年超のみづほママ。

俺の夜

実店舗の背景画像で接客してくれるみづほママ

みづほ「普段は銀座に来ない若い方がお試しで来られたり、奥さまが予約して、ご夫婦で利用される方もいます。晩酌を楽しむ雰囲気で銀座の美味しいご飯屋さんやスイーツの話で盛り上がりましたね」

 それぞれの店舗にはオリジナルのオプションがあり、追加オーダーをすることで、いつもとは違う飲みの場を演出することも可能だ。

みづほ「ウチは私が日本各地の地酒やお取り寄せグルメに詳しいので紹介したり、お酒が飲めない方向けにお茶を点てたりもします。オンラインならではの付加価値を楽しんでもらえるようなメニューも体験してもらいたいですね」

俺の夜

店は’19年に閉店したが’21年中に再オープン予定

【お茶屋バーいろ葉】
2月22日には新店舗「銀座いろ葉」がオープン
中央区銀座7-7-19ニューセンタービルB1
電:03-6263-8040

 コロナ禍で生まれた新しい交流を堪能して、すっかり旅行をしたような気分に浸る。コロナ明けに実店舗のあるスナックなら再訪するのもありだろう。次回の飲み歩きリストを作りながら、いつの間にか寝落ちしていたスパムでした。

メイドから特攻服。着せ替えコンカフェで妄想世界にどっぷりハマる

 2度目である。我々夜の生活者にとって今回の「緊急事態宣言」は死活問題。果たして街はどうなってしまうのか。狭いアパートでじっと手のひらを見ていると、夜遊びガイドのO氏からのLINE。「アキバが今すごいんです、とにかく来てください」と興奮のご様子だ。

東京中の女のコがアキバに集結!?

俺の夜

左からいのりちゃん、にこちゃん、いつきちゃん

 日が傾き始めた1月の夕刻、秋葉原でO氏と合流。一緒に街を流すと、これが宣言下か?と思うほど人が溢れ、メイドやコスプレをした女のコが愛想を振りまいていた。「メイド通り」と呼ばれる通りには、去年までなかったアキバ初の「無料案内所」までできている。

 氏曰く「コンカフェ、メイド喫茶専門の案内所」なのだとか。新宿、池袋などの繁華街の景気の悪化と反比例するように、この街はコンカフェの出店ラッシュに沸いており、活況なのだという。

「去年180軒だったのが、今年1月で270軒に増えています。東京中の女のコが集まってきてるんじゃないかと思うほどですよ」

 そう言うO氏だが、今日は気になる新店があり、偵察したいそう。

現実と妄想世界の間でシチュエーションプレイ

 中央通りの一本裏、ひっそりとした雑居ビルにコスチューム姿の女のコがどんどん吸い込まれていく。追いかけるようにエレベーターに乗り、停止階で降りるとカウンターだけの小さな店があった。

俺の夜

哺乳瓶に入った「バブちゃんカクテル」(4000円)は店の名物で哺乳瓶は持ち帰り可能。※実際はマスクを着用し、接客しています

 カウンターのなかにはメイド服姿の女のコ、はて? 普通のメイド喫茶ではないか。席に着くと、メイドのひとり、いのりちゃんが店のコンセプトを説明してくれる。

「今日迷い込んだのは、現実世界と妄想世界の間にあるカフェです。自分の殻を破らないと絶対に楽しむことができませんよ!」

俺の夜

俺の夜

普段はメイド服だが、お客さまの嗜好に合わせて、コスチュームに着替えてくれる

 目の前に出された一枚の紙。聞けば、女のコに好きな衣装を着せることができ、女のコはその衣装に応じて“シチュエーションプレイ”をしてくれるという。

俺の夜 ナースなら「患者とナース」、OLを選べば「部下と女上司」といった具合に、計12種類のコスチュームとそれぞれの設定がある。

 ナースとOLは鉄板。変わり種として「特攻服」がある。「河川敷でぼっち男子がヤンキー女に声をかけられる」という設定だ。一体なにをされるというのか? O氏はOL、俺は特攻服を選択。メイドたちは微笑んで、カーテンの奥に消えた。待つこと3分。

俺の夜「おつかれ! 企画書できた!?」

 タイトなOL服に身を包んだいのりちゃんがO氏に尋ねる。

「すいません、パソコンが苦手で企画書がうまく書けません……」

 弱々しく言い訳をするO氏を叱咤するいのりちゃん。と思いきや「頑張れるかな」と頭をナデナデ。デレるおっさん。これは萌える。「こんなとこで何してんだ!」

俺の夜 続いては“天下無敵”と大きく刺繡が入った特攻服のいつきちゃんが俺の顔を覗き込んでくる。

「転校してきたばかりで話し相手がいないんです……」

俺の夜

耳元で内緒話をしてくれるいつきちゃん。飛沫が飛ぶ心配がない「ニューノーマル接客」

「ちょっと顔貸しな!」。襟を摑まれ、顔を引き寄せられ、殴られると思いきや、耳打ちしてくる。(いっしょにいいコトしよっ♡)

 ドスの利いた声から一転、猫なで声。シャンプーの匂いが鼻腔をくすぐり、ツンデレがおじさんの琴線に触れる。浮世を忘れ、妄想の世界に浸かるのも悪くない……。

俺の夜【Funfare】
住:東京都千代田区外神田4-6-2 いすゞビル5F
電:03-5296-9191
営:営(平日)17時~、(土日祝)15時~LAST
休:なし
料:3000円(ご新規様60分・飲み放題)着せ替え3000円、チェキ1000円、フード持ち込み1000円。Twitter(@akibafunfare

協力/O氏(夜遊びガイド) 撮影/渡辺秀之

年始の夜遊びはパジャマ美女と宅飲み気分でウォームアップ

 年末年始、すでに世間が長期休暇に入るなか、僕は本企画「俺の夜」の取材の調整を進めていた。コロナ禍ということで、多くの人が自宅でダラダラと過ごしていたはず。  今回は、パジャマ姿の女のコたちと“家気分”でまったりと楽しめ […]

夜遊び始めは花魁コスの美女と心ゆくまで艶やかに酔う!

 あけましておめでとうございます。今年も一年、我ら俺の夜取材班一同をよろしくお願いいたします。  さて、正月といえばどうしても「和」を求めたくなってしまうのは、日本人の心に染みこんだDNAのなすところか。飲み慣れない日本 […]

東京にいながら海外気分を満喫!ベトナム美女と40度の酒を飲む夜

GoToトラベルの全国一斉停止が発表された昨年の夜、フェイスブックで数年前の年末に行った“バンコク男旅”の写真を眺めていたスパムです。こんな状況では海外など夢のまた夢。どうにか東京で海外気分が味わえる場所はないか……とリ […]

港町神戸・三宮。美人四姉妹が切り盛りする立ち呑みに酔う

 ブームに乗るのは好まないが、最近サウナ通いにハマっている。神戸に出張の予定が入ったときは小躍りした。「西の横綱」と呼ばれる「神戸サウナ&スパ」があるからだ。  港での仕事を終えるやサウナへ直行。さっそく広い湯船に身を沈 […]

ひとり忘年会もいいじゃない。湯島の小料理屋で美人女将と乾杯

 忘年会の季節である。しかし世の中がこんな状況では、みんなで集まって飲み会などできそうもない。今年はひとりで飲むべきか。とはいえ、ぼっちでキャバクラやガールズバーに行くのは余計に寂しい。若いコのノリに気圧されてしまいそう […]

歌舞伎町のイケメンホストが握る江戸前鮨を心ゆくまで堪能!

 新宿に一風変わった寿司屋がある……。  そんな噂を耳にして調べてみると、なんと現役ホストが大将として鮨を握っているという。ホームページを見ると「ホスト歴14年の大将SHUNが握る」とあり、そこには私と同じ男とは思えない […]

「俺の夜」500回突破記念! リムジンに乗ってコロナ禍の夜遊びを振り返ってみた

 本連載「俺の夜」がついに500回を突破。新型コロナの影響で夜の街はまだ静かだが、今日だけはハジけた夜を過ごしたい! ということで、今回はコンパニオン派遣サービス「飲み女子セレクション」から美女2人を招集。  副業コンパ […]

新着記事

バックナンバー