新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

歌舞伎町最深部の変態のるつぼ。「メンヘラ不謹慎暴力冥土バー」とは?

 細い。出だし2行って……斬新すぎるだろ! だが、ギリギリまで写真を大きく使おうとしたデザイナーの心意気やよし! これから紹介するメンヘラ不謹慎暴力冥土バー「ちんちろりん+」の女性たちは、それくらいの価値がある。

俺の夜 なにせオーナーのちるちる☆いちるさんは、現役の人気ストリッパー。スタッフのおりゅぴ丸さんは、スプリットタンに二の腕までぎっしりのリスカ痕にカービィのタトゥーにと……とにかくすんごい。

俺の夜

拷問器具のような椅子もちゃんと針は引っ込みます。いちるさんの周年記念ポスターをバックに。ちなみに2人ともスプリットタン

 歌舞伎町の最深部にふさわしい訳のわからなさ。ちょっと収拾がつかないので、まずはいちるさんに最新のストリップ事情について聞いてみた。

舞台と同じくらいお店に立つのが好きです

「一日3~4ステージ×10日。これが1セットで全国を巡業する感じです。お客さんは、男性はおじさんやおじいちゃんがメインだけど、最近は若い女のコもいて、そのままストリッパーとしてデビューするコもいます」

俺の夜

オーナーのちるちる☆いちるさん。ビジュアルとは裏腹に北海道訛り全開

 本番まな板ショーはもちろん、女性器を使った芸である“花電車”も、いまや見ることはない。代わりに昭和アヴァンギャルドやゴス、コスプレといったカルチャー色の強いショーが主流で、女性に人気なのだという。

「でも、大変ですよ。バチバチの縦社会だし、音源作り、演出、振り付け、メイク、衣装は全部自前。出張公演中は宿泊費がもったいないから、楽屋で寝泊まりしたり。私がデビューしてから劇場も4つくらい閉館になりました。でも、逆境だからこそ負けん気が出るのかも。今年は月に1回は新しい演目を作るようにしています」

コンカフェと勘違いしたら大やけど

 などと取材を進めるが、どうしても集中できない……。というか「メンヘラ不謹慎暴力冥土バー」って何!?

俺の夜

Twitterフォロワー1万人超えのおりゅぴ丸さん。アカウントは「オリュピ・クソ・バッドエンド」。“ラッコの赤ちゃん”らしい

「お店はコンカフェっぽいけど、コンカフェとかガルバと勘違いしてきた人に『ひっかかってやんの、バーカ(笑)』っていうお店です。たまにウェーイが間違って入ってきちゃうけど、音速で帰りますね。トー横のぴえん系とも違う。基本は大人の変態さんが集まるお店なんです」(おりゅぴ丸さん)

 どことなくゴールデン街や下北沢に近いカルチャーのにおいが漂う。実際、漫画家などクリエイターも多く訪れるという。おりゅぴ丸さんは言う。

俺の夜「オーナーのいちるさんが女性だから、変に水商売っぽいコよりも、性格がよくて面白いコが多いんです。居心地がよすぎて、私もオープンからずっと続けているし。女性のお客さんも過ごしやすいと思いますよ!」

 たしかに編集部の飲んだくれ女性部員も常連。新宿ラヴァーの終着駅、いや冥土がここにある。

俺の夜【メンヘラ不謹慎暴力冥土バー「ちんちろりん+」】
住:東京都新宿区歌舞伎町2-13-4 第6金嶋ビル3F
電:20:00~
休:年中無休
料:チャージ1000円、ドリンク800円~
※営業時間や酒類提供の有無が変更になる可能性があります。詳細や最新の営業情報はTEL:03-6874-8609もしくはTwitter(@bar_chinchiro_)にて

撮影/髙橋慶佑

ディープスポット大塚に進化の予兆コンカフェ新店で成長を見届ける!

 コロナ禍で鬱々とした日々を過ごすなか、僕は「人生の棚卸し」をする機会が増えた。

 振り返ってみると、夜遊びライターとしてのキャリアは、大塚から始まった。約15年前、右も左もわからないなか、先輩から1万円札を渡されて「これで3店舗リポートしろ」と指令を受けたのだ。実際に足を運んでみると、すぐにその意味が理解できた。昭和の面影を残した街にくたびれた激安店が立ち並ぶ。

 衝撃だった。先輩は、何も知らない後輩に洗礼を浴びせ本当にやっていけるのか試そうとしたのだろう。あれからずいぶん長い月日がたち、少しは成長したと思う。一方で、慣れてしまった自分がいる。

 あの頃の新鮮な気持ちよ、もう一度……。僕は原点に返るべく、大塚に向かった。

整備された北口方面に今ドキのメイドを発見

 駅の北口を出ると、驚いた。ロータリーが整備され、オシャレなモニュメントが建てられている。近未来感がすごい。呆気にとられつつも商店街に歩を進めると、ようやく懐かしい景色が。しかし、そのなかに今ドキのメイド服に身を包んだ若い女のコがいることに気づいた。こんなところにコンセプトカフェ……?

俺の夜

写真左から、めるさん(Twitter:@meruchi_may)、ゆうにゃるさん(同:@May_no_yuu)、おはなさん(同:@ohanachan_May)

「じつは、8月3日にオープンしたばかりなんですよ~」

 これもライターとしての本能だろうか。僕は雑居ビルに吸い込まれていた。訪れたのは「cafe & bar May」という店。

俺の夜

取材を受けた日が初出勤だったというめるさん

「今日が初出勤でコンカフェで働くのも初めてなんです……」

 少し緊張した様子で話すめるさん。そんなコが、なぜ大塚で?

「地方から出てきたので、全然知らなくて。できたばかりの店だから人間関係も良さそうだなって」

 ピンク髪がトレードマークのゆうにゃるさんは、慣れた雰囲気で料金システムなどを説明してくれるが、「じつは私も接客業自体が初めてなんです。でも他店に“推し”がいて、私もやってみようかなって」。

俺の夜

チェキの撮影スペースには、かわいらしいソファと専用のリングライトが設置されている

 憧れのコンカフェ嬢がいて、自分も働き始めるパターンは多いらしい。おはなさんもそれにうなずきながら「あとは、やっぱり衣装。ウチは4種類あるので、毎日着替えられるのがうれしくて」と続ける。まだオープンして間もなく、初々しいキャストばかりだからこそ、今から通えば今後の成長を見届けられるだろう。

ノンアルコールのオリシャンで乾杯!

 ゆうにゃるさんには「将来は自分で店をプロデュースしたい」という夢があるそう。明るい未来を祈ってノンアルコールのオリジナルシャンパンを入れると、まだ店で統一のシャンパンコールは決まっていないらしいが、「マエザワさんからオリシャンのロゼをいただきました。サンサン、ニーニー、イチイチ、よいしょ~!」と、ゆうにゃるさん独自のものを披露してくれたのだ。

俺の夜

新オープンならではの初々しさにキュン

 実際、定まっていない部分も多いのだが、むしろ「“推し〟を育てる」醍醐味が味わえるというもの。店主の男性に聞けば、「あなただけのアイドルが見つかる」というコンセプトのもと、あえて大塚に出店したのだとか。

俺の夜

1000円で女のコにカラオケをリクエスト可能。ただし客側が歌うのはナシ。店主いわく「今後はアイドルイベントなども検討中」とか

「ここは発展途上の街だからこそ、開拓する楽しみがあるというか。若者でも来やすいクリーンなイメージに変えていきたくて」

 とはいえ、大塚ならではの苦労もある。訪れる客のなかには、そもそもコンカフェを知らない人もいるそうだ。それでも前を向いて挑戦することをやめない。

俺の夜 そんな話を聞いていたら、自分自身も気持ちを新たにがんばる勇気が湧いてくる。今日が人生でいちばん若い日。僕のスタートラインは、やはり大塚にある。そして夢の続きを見るため、コンビニのATMまで走ったのだった。

【cafe & bar May】
住:東京都豊島区北大塚2-13-4 白鳳大塚第1ビル2F
電:16時~LAST
休:月曜
料:飲み放題40分3000円(1人)、2500円(2人)、2000円(3人)
※詳細はTwitter(@cafebarmay)をチェック!
●営業時間や酒類提供の有無が変更になる可能性があります。店舗にお問い合わせください

撮影/長谷英史

失われた青春は秋葉原にあり!女のコと過ごす放課後のような時間

 オリンピックも閉会式を迎え、折り返し地点を過ぎた緊急事態宣言下の夏。いまだ飲食店は時短営業を続けていて、夜の街には活気が戻らない。自宅で一人、コンビニで買ったつまみを肴に日本酒をあおるのにもすっかり慣れてしまった。

俺の夜 これはこれで悪くないが、当初思い描いていた社会人2年目の夏とはだいぶ違っている。『東京ラブストーリー』のような、恋愛群像劇を繰り広げていたはずなのに……彼女もいなければ出会いもない。というか俺、そもそも恋愛というものに縁がないじゃないか。

セーラー服美女たちが時計の針を巻き戻す!

 中学時代はサッカー部のエースに彼女をとられ、高校時代は好きな女のコを4回デートに誘うも全て断られて終了。灰色の学生時代は、これからどう生きようが塗り替えることはできない。

 どうにかして俺の青春を取り戻すことはできないものか……いたたまれない気持ちで日本酒をあおっていると、ふと友人がハマっているという「二次元カノジョ」というガールズバーの存在を思い出した。

 今年5月にオープンしたばかりにもかかわらず、激戦区の秋葉原ですぐさま人気店になったそうだ。「俺の青春はここにあった」と真顔で豪語していた友人の言葉を信じて入店する。

俺の夜

左奥から時計回りに、ゆりかちゃん、りあんちゃん、うみちゃん、こうきちゃん、インフルエンサーの微少女ちゃん、かんなちゃん

クラスメイトのような楽しい距離感

 出迎えてくれたのはセーラー服を着た女のコたちだ。清楚っぽいコからギャルっぽいコまで、いろんなタイプのコが楽しそうに雑談している。「本当に高校生なんじゃないか?」と疑ってしまうほどのリアリティがあった。

「ここはできたばっかりなのもあり、こういうお店で働いたことのないコが多くて。上下関係が全然ないから、女のコ同士が本当に仲良くて楽しいです!」

俺の夜 と、学級委員のような雰囲気をもったうみちゃんが教えてくれた。そう聞くと、ここがクラスメイトが集まった教室のように思える。高校時代はバスケ部だったというりあんちゃんと部活動談議に花を咲かせていると、クール系美女のこうきちゃん、ロングヘアの似合うゆりかちゃんも会話に交じる。女子たちと放課後に話しているような懐かしさを感じてしまう。

本当に高校生なんじゃないかと錯覚しそうに

 ふとテーブルに目を落とすと、

「君にひとめぼれ」と書かれたプレートが。気になったコの前でこれを掲げると、そのコと話せるというシステムらしい。要は指名と一緒だが、こういうちょっとしたイベント感がたまらない。

俺の夜

俺の夜

ゆりかちゃんから誕生日や好きな食べ物を質問される。かわいい似顔絵が描かれた「私立 ニジカノ学院」の学生証を渡してくれた

 目の前を通りかかった、ボブが似合うかんなちゃんの前でプレートを掲げると、まるで告白のような雰囲気に。「ありがとう!」と無邪気に喜んでくれる様子が嬉しい。

「2人でチェキ撮ればいいじゃん!」と勧められ、店内でパシャリ。現像されるまでみんなで待っている時間、俺は本当に高校生なんじゃないかと錯覚しそうになった。

俺の夜

充実したイベントで思い出いっぱいに

 その後も一緒にパンケーキを食べたり、お互いの恋愛話に花を咲かせたりしていたら、あっという間に時間が過ぎてしまっていた。2時間ぶりに携帯を見ると、先輩から書類を催促するメールが1通。「社会人きついなあ」と小さく呟き、青春の城を後にした。

【二次元カノジョ】
住:東京都千代田区外神田4-4-7 MTビル4F
電:03-6260-7130
営:平日17:00~翌1:00 休日16:00~翌1:00
休:不定休
料:50分飲み放題2980円、延長25分1980円 1set3回転
●新型コロナウイルスの影響で営業時間や定休日が変更の場合があります。詳しくはHPをチェック

撮影/渡辺秀之

新着記事

バックナンバー