新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

美人ママ×唐揚げ×ハイボール!ウイスキーがお好きです!

 開幕前は盛り上がりに欠けていた東京オリンピックだが、いざ始まれば自宅観戦で熱狂しているスパムです。そんなときに欠かせないお酒とおつまみ。もっぱらハイボール缶と乾きものを頼りにしているが、やっぱりたまには酒場の雰囲気を味わいたい。

 そんなとき、「ウイスキーはお好きでしょ?」のキャッチフレーズで馴染みのCMが流れた。美人ママとハイボールと唐揚げ……。この組み合わせは、なぜこれほど魅力に溢れているのだろうか。居ても立ってもいられず、“ハイカラ”を求めて街に繰り出した。

俺の夜美人ママがこだわる銀座イチの“ハイカラ”

 今回訪れたのは地下鉄の銀座駅から徒歩5分ほどにあるボトルキープバー「BAR CASIAN」。サントリーのホームページでも紹介されているお店だ。現在は緊急事態宣言のため休業中だが、特別にお邪魔させてもらった。

 店内に入ると、壁やインテリアはシックにまとまったなかに、盆栽などの小物が配置されていたりと和洋折衷の内装だ。カウンター奥の棚には、キープボトルのウイスキーがずらっと並ぶ。そこに登場したのは、美しい着物姿のちあみママだ。

俺の夜

和装美人のちあみママ。小雪さんが出演するサントリーのCMを見て、「フラッと気軽に寄れるバーをつくろう」と思ったとか

ちあみ「ホームページで紹介していただいているのは、お店を始めた10年前ぐらいに、サントリーの人とたまたま飲み会で知り合うご縁があって(笑)。とはいえ何か提供を受けてるわけじゃなくて、ときどき飲みに来てくれるくらいなんですけどね(笑)」

俺の夜

目の前でお酒を作っている所作を眺める時間も至福だ

美人ママが醸す雰囲気はまるで“あのCM”の世界!

 そんな常連客がお目当てにするママが作るハイボールを注文。うすはりのグラスに氷を入れ、ウイスキーを注いだらかき混ぜる。さらに氷を足したら強炭酸ソーダをゆっくり注ぐ。完成したハイボールをくいっとひと口。炭酸の泡が喉を刺激して……うまい!

俺の夜

おいしいハイボールは注いだウイスキーの温度をしっかり下げるのがポイントだという

「私も飲みたくなっちゃった」と、ちあみママ。ハイボールで乾杯。ググッといい飲みっぷりの横顔は、まるでCMの世界観じゃないか。

ちあみ「ほんと? ずっと待ってるのに全然CMの話が来ないんですよ(笑)。私も若い頃はお客さんともいろいろあったけど、もうそういうのはナシなのかな?」

揚げたての唐揚げとハイボールを愛でる幸せ

 アリです! と言いかけたときに、イチ押しフードの唐揚げが登場。料理担当は、聖子チーママ。揚げたてを一口かじると肉汁がブワッと溢れ、熱くなった口内に冷たいハイボールを流す。……うめえ!!

俺の夜

絶品料理はハイボールと抜群の相性。価格は一品1000円~

俺の夜

キッチンから揚げたてで提供してくれる聖子チーママ

聖子「大山どりを使っていて、味つけもお酒が進むように少し濃いめ。私が出汁ソムリエの資格を持っているので、仕込みからこだわっているんですよ」

 チャージ料の1万円は高く感じるかもしれないが、お通しの茶碗蒸しと料理2品も含まれているので、銀座ではかなりの良心価格だ。近年は国産ウイスキーの人気が上がり酒屋ですら入荷待ち。ネットで購入したり仕入れが大変だとか。

ちあみ「緊急事態宣言が明けたら、銀座にも飲みに来てね。最高の“ハイカラ”でおもてなしをします」

 同じお酒でも、どこで誰と味わうかによってまったく別物になる。見えを張って少し高いボトルをキープして帰るスパムでした。

【BAR CASIAN】
住:東京都中央区銀座6-7-9 丸喜ビル4F
電:03-3571-7123
営:18~24時
休:土・日曜
料:チャージ1万円(茶碗蒸し+料理2品付き、初回のボトル代は別途)。
リニューアルオープン日の詳細などはお店のインスタグラム(@barcasian)まで

撮影/菊竹 規

「俺、Mっぽい」よくあるSM談議がどれだけ浅いかを思い知った夜

 大山海著『奈良へ』は傑作だ。漫画でありながら、漫画を読んでいる気がまったくしない。これは映画なのか、文学なのか? ふと似た感覚に襲われた記憶が甦る。学生時代に読んだ、喜国雅彦著『月光の囁き』だ。

月光の囁き

’94年、『ヤングサンデー』にて連載開始、全6巻。’99年、実写映画化され、熱烈なファンも多い

 高校剣道部が舞台の青春物語が、やがてリアルなSMへと展開していく──当時の衝撃を思い返しながら、新宿二丁目のフェティッシュバー「アマルコルド」を訪れてみた。

俺の夜本当のSMとは、“脳汁で遊ぶ”こと

「SEXとSMは別ってわかってないんだよね。M男以下でしょ」

 席に着くなり、女性客の剣呑な会話が耳に飛び込む。SM自体ずぶの素人の自分は、よほど素っ頓狂な顔をしていたのだろう。代表のアンジーさんが優しく教えてくれた(外見はドS女王様でビビったが、すごく気さく!)。

俺の夜

代表のアンジーさん。「ここで意気投合して主従関係になる方も。SMは体力がいるのでヘルシー。皆さん、元気ですね(笑)」

「SEXって、結局は射精で終わりでしょ。でも、SMの基本は人間関係。『この人、どんな反応するんだろう?』って、お互いを掘り下げ合い、しかも、そこには果てがない。深いからこそ求めるものが十人十色で、合う合わないが激しいし、SEXとは別物なんです」

俺の夜 M女の雛りなさんが続ける。

「脳汁で遊ぶのがSMなんです~。だから、変態さんほど単純な性から遠ざかります。SMプレイって、肉体的な刺激に目がいきがちですけど、実際は精神的な快楽のほうが断然大きいんです」

俺の夜

雛りなさんの背中には、見事なスカリフィケーション(皮膚を傷つけ、ケロイドを利用して描く文様)。「元メンヘラだけど、M女やり始めてから生き生きしちゃって(笑)。SMは心の筋トレなんです~」

SMネタと本当のSMの違いを教えてあげる

 講義に夢中になっている間に盛況となった店内には、意外と紳士淑女が多い。「『偉くなって叱られなくなっちゃって』と40、50歳からM男を始める奴隷もいるわね」と教えてくれた花子女王様に「自分もMだと思うのですが……」と打ち明けてみる。

俺の夜

いきなり鞭をねだるなんて愚かな男ね

「責められるのが好きなのね。だったら、『それはさすがに嫌だな』ってことはできる?

俺の夜

軽いノリで花子女王様に鞭をお願いすると、徹底的に放置された。SMは信頼関係。初対面で恥知らずにも晒した背中を猛省する

 できないの? じゃあ、ただの“エゴマゾ”ね。あなた、奴隷以下の最下層よ。エゴマゾ、エゴサドっていうのは、“やりたいことしかやらないヤツ”。たとえば『痴女に責められたい』って、結局、自分が望むことをしてほしいだけ。本当のM男は、女王様が喜んでくださるならって、嫌なこともできる人ね」

 雛りなさんが続ける。

俺の夜 俺の夜「でも、SMはいじめじゃないから、ガチで嫌なことはしちゃダメ。だから、信頼関係が何より大事。信頼関係もないのに『俺、Sなんだよね』とか言いだす人は、SMの範疇ですらない、“シンプルに性格の悪いクソ野郎”です~」

 SM道、深すぎる! これで「ウチは初心者歓迎の入門編よ」(アンジーさん)というから、その深淵、計り知れない。

俺の夜【フェティッシュバー「アマルコルド」】
住:東京都新宿区新宿2-18-7 S3ビル1F
営:17:00~20:00(木・金)16:00~20:00(土・日)
休:月・火・水
料:チャージ1h6000円(男性)、3000円(女性)飲み放題

※詳細や最新の営業情報はtel:03-6457-7477もしくはTwitter(@amarcordtokyo)にて

※営業時間や酒類提供の有無が時期により異なる可能性があります。店舗にお問い合わせください。

撮影/髙橋慶佑

新橋に登場した日本初となる競泳水着カフェで気分は“カメコ”!

 コミックマーケット(コミケ)などの大規模展示会が開催できない状態となって久しい。コロナ禍に突入する以前は毎年夏と冬、会場を彩るコスプレイヤーたちを撮影するべく、カメコ(カメラマン)として参加していた僕。彼女たちに会いに行きたい……まるで、心にぽっかりと穴があいてしまったようだ。

 そんなある日、Twitterを検索していると、フォロワー3万人以上の人気コスプレイヤーがユニークなコンセプトカフェをオープンさせたという情報をキャッチ。場所は編集部から近く、サラリーマンの街と呼ばれる新橋。居ても立ってもいられず、足を運んでみることにした。

撮影会でもトレンド。キャストは「競泳水着」

 7月上旬の週末、JR新橋駅の烏森口を出ると、飲み屋街には人出が戻りつつあることに驚いた。桜田公園を過ぎたあたりで、今日の目的の店「競泳水着カフェ」の看板が目に留まった。

俺の夜 そう、今回は競泳水着を拝みに来たのである。看板には、かわいらしい女のコのイラストが描かれている。もしかして……?

「あ、いらっしゃいませー」

 イラストそっくり。彼女が店長の酒乱にゃまさんだ。キャストはコスプレイヤーを中心に、フェチモデルから女子大生まで幅広い。コロナ禍でも「負けたくない」一心で競泳水着カフェを今年4月22日にオープンさせたという。

俺の夜

それぞれがコスプレイヤーとしても活動。左から黒ノ森聖さん(Twitter:@E_H_true)、店長の酒乱にゃまさん(同:@Nyama_0310)、笹野ゆりさん(同:@sasanon0101

「このご時世で、どうしたらお客さんに来てもらえるか。撮影会やグラビアでも競泳水着がトレンド。単発のイベントではなく、常設店舗としては日本初なんです」

禁断のローアングルも……1分動画撮影が可能!

 コスプレとはいえ、競泳水着は“ガチ”。一着1万円以上するものまであり、実際の競技などでも着ることができる仕様なんだとか。しかしながら、素人目には何が違うのかわからない。

俺の夜

お尻に注目してほしい。水着は、実際の競技大会などでも着用される「FINAマーク」がついた本格仕様だ

 すると、「ここを見てください」とお尻を突き出す。一瞬ドキッとしてしまうが、上部の小さなタグがその証しなんだとか。ぴちっとしてボディラインが際立つ競泳水着。席に着いて乾杯しながらも、つい目がいってしまう。それに気づいたのか、「撮りますか?」とにゃまさん。通常のコンカフェなどでは、チェキが一枚1000円程度。一方、同店では1分の間、動画や写真が撮り続けられるというのだ。

俺の夜「ゴープロや4Kカメラを持参するお客さんもいます」

 どんなポーズが好評かを聞けば、「そんきょの姿勢ですね」と言いながら、僕の目の前に大股開きでしゃがむ。キャストの了承を得れば、ローアングル撮影も可能。コミケで盗撮に悩むコスプレイヤーも多いが「お金を払ってうちで正々堂々と撮ってほしい」。

俺の夜

1分1000円で動画撮影が可能で、両脚を開いてしゃがむ「そんきょの姿勢」が人気。各キャストに要確認だが、コミケでは禁断のローアングル撮影が許される場合もあるんだとか

 店がスタートして約2か月。SNSでじわじわと話題を呼び、開店時間には客が入る。なかには、ワクチンを接種したうえで地方から来たという人もいるとか。

 店内をパワフルに動き回る店長のにゃまさん。その裏には、信念が隠されている。今は亡き父親が、生前は飲食店を経営していた。最期に枕元で彼女に対して「絶対に成功してほしい」という言葉を残していったそうだ。

 ひたむきに頑張る姿に、思わず胸が熱くなる。酔いが回ってきたせいなのだろうか。なんだか興奮と感動で忙しい夜だ。コミケなどのイベントは見通しが立っていないが、コスプレイヤーたちは逞しく生きているのだった。

俺の夜【競泳水着カフェ】
住:東京都港区新橋3-8-5 さとぺんビル5F
営:16~20時
休:日曜
料:飲み放題60分3000円、缶もの1000円、キャストドリンク1000円、1分動画撮影1000円
※詳細はTwitter(@HEAVENkyouei)をチェック!

※営業時間や酒類提供の有無が変更になる可能性があります。店舗にお問い合わせください。

撮影/長谷英史

“宇宙ガールズバー”が荻窪に突如出現!キュートな宇宙人たちと心を通わせた夜

 500回を超える連載のなかで、ものすごい数の夜遊び情報をお届けしてきたであろう俺の夜。女のコと話して給料がもらえるハッピーすぎる仕事であることは重々承知しているが、コロナ真っただ中に新卒として入社し、まだまだ夜遊び経験 […]

五輪開幕直前!スポーツGBでなんのかんの盛り上がれ!

 東京五輪が近づき、なんのかんのお祭り気分を思い出しつつあるスパムです。長かった緊急事態宣言が終わったこともあり、東京五輪は外に飛び出して観戦したいもの。そんななか、サラリーマンの街・新橋にビルの3フロアを丸ごと使ったス […]

人生初の女装は、酒以上に刺激的。禁断の扉の向こうの底なし沼にハマる!

 緊急事態宣言中、「酒なんて飲まなくても全然いい」などという声も耳にしたが、「本気か?」と思う。年を重ねれば、いろいろなことが見えてくるが、見えるからこそ辛いこともある。「こんなもんだろう」「いや、もっとできたはず」。い […]

まるで海底の世界!群雄割拠の秋葉原コンカフェ新店でひと時の現実逃避

 定番のメイドカフェはもちろん、あらゆるテーマが設定されたコンセプトカフェ(コンカフェ)が大ブームの秋葉原。僕が「俺の夜」を担当するようになってから数年、“ここに来れば何かがある”と思って間違いなかった。  とはいえ、今 […]

オトコの欲望をあらゆる角度から満たしてくれるアミューズメントカジノ

「え! 俺の夜っすか!」  上司から言い渡された担当ページに思わず声を上げた。新卒として週刊SPA!に配属されて1年、まさか自分が「俺の夜」担当になるとは! 「社会人になったら必ず……」と憧れていた女のコのいる店にコロナ […]

連載当初から通うゲイバーで振り返る“俺の夜”12年の歴史

 コーナー、俺の夜の開始当初からメンバーとして参加し、足かけ12年にわたって夜の街をさまよってまいりましたが、このたび卒業と相成りました。 「俺の夜、読んでますよ!」と言われたことは数知れず。仙台の街を歩いていたときなど […]

超セクシーな“サキュバス”を愛でながらシーシャを満喫!

 ゴールデンウイーク中はロクに遠出もできず、仕事のストレス発散もままならなかったスパムです。同じように長く続く自粛で鬱々としている人も多いだろう。そんななか近年、若者を中心に“近場の癒やしスポット”としてブームなのが水タ […]

新着記事

バックナンバー