新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

まるで海底の世界!群雄割拠の秋葉原コンカフェ新店でひと時の現実逃避

 定番のメイドカフェはもちろん、あらゆるテーマが設定されたコンセプトカフェ(コンカフェ)が大ブームの秋葉原。僕が「俺の夜」を担当するようになってから数年、“ここに来れば何かがある”と思って間違いなかった。

 とはいえ、今はコンカフェが急増するあまりに、どの店を選べばいいのかわからないという人も多いはずだ。さらに、このご時世である。飲み歩きながら探すわけにもいかなくなっている。実は、店探しにはコツがある。

俺の夜 SNSだ。実際、コンカフェに在籍するキャストがTikTokやTwitterのアカウントを持っているケースは多く、そこではリアルな姿がチェックできる。ハッシュタグ「#コンカフェ」で検索していると「ミスアキバ2021ファイナリスト」の肩書がプロフィールに書かれた美女を発見した。

 彼女が勤める店を調べてみると、“海の中のメイドカフェ”というコンセプト。5月末に移転、リニューアルオープンしたばかりの新店らしい。そこで、訪れてみることにした。

メイド服の胸元にお楽しみ要素アリ!

 多彩な衣装のコンカフェ店員を横目に中央通りのドン・キホーテを目指す。その裏あたりにカフェ&バー「マーメイド」はあった。

 店内に足を踏み入れると、目を疑った。ここは夢の国か……!

俺の夜

写真左から、なぎさん、のあさん、るいさん。キャストは明るくノリの良いコがそろう。衣装は胸元が大きく開いたセクシーなメイド服

 海底さながらの店内に、マー“メイド”が闊歩する。衣装の胸元が開いており、セクシーな雰囲気。なかには、水着姿のコも。同店には、通常のカウンター席のほか、竜宮城と呼ばれるVIP席があり、そこでは隣に着いてもらうことも可能なんだとか。今回はせっかくなので、竜宮城に。

「TikTokとかを見て、“あのコに会いに来ました”みたいなお客さんも多いですね」

 そう教えてくれたのは、明るく元気なノリのるいさんだ。在籍するキャストの投稿がSNSでバズることもあるのだとか。

俺の夜

TikTokで歌を披露するのあさん。今やコンカフェ探しにSNSは必須。投稿を見て、「あのコに会いたい」と訪れる客も多いとか

 あらかじめSNSでプロフィールを確認していた「ミスアキバ2021ファイナリスト」の美女、のあさんとご対面。

「アカウント見てくれたんですね、うれしいです~」

 アイドルグループにいてもおかしくないルックス。それもそのはず、地下アイドルとして活動していた時期もあるそうだ。そんなコと出会えるのも秋葉原ならでは。店内を見渡しても総じてレベルが高く、キャピキャピとした印象。普通のコンカフェでは物足りず、キャバクラよりはカジュアルに楽しみたいという人に向いている。

普通のメイドカフェでは味わえないドキドキ感

俺の夜

店では1円=1パールの独自通貨を使用する

 その理由は、女のコにドリンクをご馳走すれば、胸元にチップを挟むことができるんだとか(笑)。なぎさんに、何カップあるのか聞いてみたところ……。

「EかFぐらいですね」

俺の夜

ドリンクを奢ってあげると、マーメイドの胸元にチップが挟める。目をじ~っと見つめてくるなぎさんに、年がいもなく照れる記者……

 というわけで、大きな谷間を目がけて手を伸ばすと、目をじっと見つめてくる。僕は思わず視線を逸らす。通常のメイドカフェでは絶対に味わえないドキドキ感。これはクセになりそうだ。

 まだ開店直後の夕方にもかかわらず、スーツ姿のサラリーマンから私服の若者まで、ひっきりなしに客が訪れている。

「会社がテレワークで勤務時間中にこっそり来ている人も多いみたいなんです」(のあさん)

俺の夜

竜宮城と呼ばれるVIP席では、隣の席に着いてもらうことも可能だ

 なるほど……と言いながら、編集部から送られてきた原稿催促メールに「今頑張ってます」と、その場で返信する僕。さあ、宴はまだ始まったばかりだ。そして、追加でドリンクをご馳走したことは言うまでもない……。

俺の夜【カフェ&バー「マーメイド」】
住:東京都千代田区外神田4-4-7 MTビル9階
電:090-2240-0447
営:16時~翌1時
休:年中無休
料:飲み放題40分3000円(男性)、1500円(女性) ※竜宮城(VIP席)の場合は5000円

※営業時間や酒類提供の有無が変更になる可能性があります。店舗(HP)にお問い合わせください。

撮影/長谷英史

オトコの欲望をあらゆる角度から満たしてくれるアミューズメントカジノ

「え! 俺の夜っすか!」

 上司から言い渡された担当ページに思わず声を上げた。新卒として週刊SPA!に配属されて1年、まさか自分が「俺の夜」担当になるとは!

「社会人になったら必ず……」と憧れていた女のコのいる店にコロナの影響でいまだ行けず、食い入るように俺の夜を読んでいた俺に対する上司からの粋な計らいだろうか。

俺の夜

左から、みずきちゃん、まきちゃん、まりあちゃん。可愛らしいバニーガールの衣装が人気で、それがきっかけで働く女のコも

 せっかくなら、ギャンブル、酒、女のコと、あらゆる“男の嗜み”を謳歌したい……。編集部に集う百戦錬磨の先輩おじさんたちに聞いたところ、東京・赤坂に美女たちが集う“アミューズメントカジノ”なるものがあるらしい。

 煌びやかなカジノはデビュー戦にふさわしいはず。さっそく足を運んでみた。

日常で味わえないカジノの高揚感

 赤坂のしぶといキャバクラのキャッチをすり抜け、たどり着いたのが、今回足を運んだ「Luck Raise」。地下への階段を降り薄暗い店内に入ると、露出度の高い3人のバニーガール美女がお出迎え。本格的で重厚感のあるシャンデリアやルーレットなど、まるで本場のカジノのような空間にテンションが上がる。

俺の夜「何して遊ぶ~?」

 というフランクなノリに安心しつつ、4000ポイントのゲームチップを持ってポーカーテーブルに着席。この店は3000円から購入できるチップを元手に、好きなゲームに参加できるシステムだ。ディーラーを務めるみずきちゃんの指先から放たれたトランプが、スーッと俺の手元に吸い込まれていく。

 鮮やかなトランプ捌きに感心していると、後ろからまきちゃんが俺の手札をチラリと覗き見る。

「これだったら勝負したほうがいいかも……」

俺の夜

トークはもちろん、ディーラーとしての腕でもゲームを盛り上げてくれる

 耳元で囁いてくれたアドバイスに従うと、初戦で勝利を収めることができた。その後も、なんだか好調な俺は手元にどんどんチップが積み重なっていく。日常では味わえない高揚感からか、思わずハーフ系美女のまりあちゃんの胸元におひねりを挟んでしまった。

俺の夜

大勝したので、まりあちゃんの胸元にチップを入れる俺

カジノ初心者でも優しく手ほどき

「せっかくウチに来たなら、バカラもやってみませんか? 初心者用の講習もありますよ~」

 聞けば「カジノ法案で日本にもカジノができるだろうから、一度やってみたくて」と全くの初心者の方が来店することも多いそう。

俺の夜「私も、全然ルールを知らずに入りました(笑)。シンガポールのカジノに行った時、ディーラーの女性たちがカッコいいなと思って」

 とみずきちゃんがニコリ。

 一から丁寧な説明を受け、初のバカラに挑戦。ポーカーで稼いだチップがみるみる減っていくが、

「次は行けますよ!」というバニーガールたちの声援に、気持ちよく背中を押されてしまう。本格的な内装も相まって、カジノの世界にどんどん引き込まれていく。まりあちゃん曰く、「普通にバー営業もしているので、カジノの雰囲気を味わってみたいっていうだけの人も歓迎です」とのこと。

俺の夜 気がつけば手元のチップはすっからかんになっていたが、まだまだ遊び足りない。ルーレットやダーツ、ブラックジャックなど、ゲームの幅広さはまるでアミューズメントパークだ。

 カジノもよし、お酒もよし、女のコもよし。「もう一勝負せずにはいられない!」と、さらにチップを購入したのは言うまでもない。

【Luck Raise】
住:東京都港区赤坂3-12-7 赤坂ソシアルビルB1F
電:03-5544-8849
営:18時~翌5時 4時30分ラストオーダー
休:年末年始※不定休あり。
キャストやイベントなど、詳細はHPまで
料:入場料男性2000円、女性1000円

撮影/ヤナガワゴーッ!

連載当初から通うゲイバーで振り返る“俺の夜”12年の歴史

 コーナー、俺の夜の開始当初からメンバーとして参加し、足かけ12年にわたって夜の街をさまよってまいりましたが、このたび卒業と相成りました。

俺の夜「俺の夜、読んでますよ!」と言われたことは数知れず。仙台の街を歩いていたときなどは「あ! 雑誌に出てる人だ!」と呼び込みに大声で指をさされ、そのまま店に連行されたこともあった。

 だが、取材で訪れた店で常連になって通うようになった店は、実のところ1軒だけ。二丁目のゲイバー「ぱるぷんて」である。

“ママ”との付き合いは気がつけば12年

 ママのとおるちゃんとの初めて出会いは’09年の4月。俺の夜第二十八夜で訪れた某ゲイバー。その店で働いていたとおるちゃんが独立して「ぱるぷんて」ができた。訪れたのは緊急事態宣言発出を控えた4月某日。とおるちゃんを相手に思い出話に花を咲かせた。

俺の夜

ママとの出会いは12年前。ヘタなカップルよりも長い付き合いに……自分だけでなく嫁やその友達、編集部の若いコまでも常連になっていた。とおるちゃんのこと、みんな大好きなんだよなぁ

テポドン:ちょうど連載を始めて半年くらいたったときに来たんだよ。それ以来の付き合いだから、実に12年。ヘタなカップルよりも長い付き合いになっちまったね。

とおる:そうですよね~。「대포동(テポドン)」って、何本の鏡月ボトルに書いたことか。

テポドン:30代の頃とかさ、一日でボトル2本とか3本空けてたのが懐かしいわ。

とおる:注ぎながら「ストップって言ってね」って言うから「ストップ! ストップ!」って言っても、絶対に注ぐのヤメない(笑)。そりゃ、ボトルも2本、3本って空きますよ。

俺の夜

AV女優のみおり舞ちゃんと取材で訪れた際に、サインを書き込んでもらったボトルは、継ぎ足し継ぎ足しで今も使われる思い出の一本

テポドン:この店に来ると、次の日、使い物にならないくらい飲んだもんなぁ~。

数々の店を振り返り思い出話に花が咲く

俺の夜 こんなにゆっくりとおるちゃんと飲む酒は珍しいなと思いながら、時間は過ぎていく。

とおる:思い出に残っているお店ってあります?

テポドン:池袋のデブ専スナックと大宮の水着キャバかな。池袋のデブ専スナックは悪夢だったね。奢るのがドリンクじゃなくて、焼きそばとかのフードなの。で、5人くらいのポッチャリから散々カレーやから揚げをたかられて、とんでもないカネを払った揚げ句、オーナーが出てきて「撮影終わらせて、早く帰れ!」だもん。

とおる:ドリンクたかられたんじゃなくて、食べ物って(笑)。

テポドン:カレー一皿3000円、トッピング1000円とかなの。それでガンガン盛られて一皿6000円くらいでさ、銀座の有名洋食屋でもねぇっての。カレーは飲み物ってネタで言うけど、まさに飲み物で、力士が優勝したら大盃で酒飲むじゃない。まさにあれ。

とおる:アハハハハ(爆笑)。じゃあ大宮は?

テポドン:大宮は天国だったなぁ~。水着の超アゲアゲなギャルにワーって囲まれて、担がれるようにして撮影したもん。頼んでもないのに、「こんなのとか、盛り上がります~」って、いきなり俺の口の中に指入れてきたり、股間さわり始めたり(笑)。場所が大宮じゃなかったら通ってたな。

取材で行った店じゃさすがに口説けない

とおる:結局、何軒くらいのお店に行ったんです?

テポドン:数えてないけど、ロケハンしたりもしてたから、300軒以上は行ってるね。

俺の夜

12年前のSPA!を引きずり出して見たところ、あれ、このジャケットまだ持ってるなということで当時の服でお店へ行くことに

とおる:それで常連になったのは「ぱるぷんて」だけって、すごくないですか、ウチの店。

テポドン:取材の後にまた行って、「アフターええやん、な、ちょっとだけ、ちょっとだけだから」とか絶対に言えない。

とおる:確かに(笑)。どこの何者かって素性もバレてますからね。

テポドン:そうそう。愛はあるけど絶対に一線を越えないとおるちゃんを相手にハッチャケるってのは、安心安全で楽しめる。

とおる:ちょっとひどいなぁ~(苦笑)。一線を越えないって、テポドンさん、あたしじゃダメなんですかぁ~(笑)。

テポドン:はい。愛はあるけど、一線は越えません。

 そんなこんなで時間は過ぎ、残念無念のバイバイタイム。読者の皆様、12年間お付き合いいただき、ありがとうございました。

俺の夜【ぱるぷんて】
住:東京都新宿区新宿2-18-5 第二天香ビル2F
電:03-6273-2064
営:20時~翌5時
休:日
料:チャージ1000円 飲み放題2時間4000円 ボトル各種4500円~
※新型コロナウイルスの影響で営業時間が変更されることもあります

撮影/我が畏友 赤松洋太

超セクシーな“サキュバス”を愛でながらシーシャを満喫!

 ゴールデンウイーク中はロクに遠出もできず、仕事のストレス発散もままならなかったスパムです。同じように長く続く自粛で鬱々としている人も多いだろう。そんななか近年、若者を中心に“近場の癒やしスポット”としてブームなのが水タ […]

新着記事

バックナンバー