新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

湯島の路地裏に「気絶」の看板。謎の店に潜入したら居心地最高だった

 ようやく緊急事態宣言が明けた。僕も記者の端くれとして、刻一刻と変化する状況を報じてきたわけだが、正直ヘトヘトである。これは“やりがい”のある仕事だ。コロナ禍に突入してから「だれかのため」と無我夢中で走り続けた。しかし、ふと気づけば「自分のため」はどこへいった。果たして、これでいいのだろうか――。

俺の夜 上野のサウナで自問自答を繰り返し、答えが見つからないまま不忍池の周辺を歩く。そして、うつむき加減で湯島の裏通りまで来たときだった。足元に「気絶」と書かれた額縁が。どうやら店の看板らしい。見上げればスナックなどが入る雑居ビル。気になってしまい、僕は潜入してみることにした。

「萌え」の強要がない素のままでいられる場

「あ、こんにちは~」

写真左から休符さん、もも花さん、わたなべそうさん。男性のメイドも在籍する。漫画やアニメなど、それぞれ会話の得意分野があるとか

 メイド姿の男女がゆるりと出迎える。昔ながらのスナック然とした店内は多くの客で賑わっており、メイドたちは、まるで友達のように接している。そもそもお決まりの挨拶と言えば、「お帰りなさいませ、ご主人様」ではないのか。いわゆるメイドカフェとは、どこか様子が異なるのだ。

「萌えの強要っぽいのはしたくないんですよね」

 そう教えてくれたのは、カウンターにいた店主のかすやかずのりさん。ここは“疲れ果てて気を失ったメイドたちが見ている夢の世界”というコンセプトのもと、自分の好きなものを集めたのだという。店の奥には、大きな本棚。漫画やゲーム関連を中心にさまざまな書籍が並ぶ。お酒やソフトドリンクを飲みながら自由に読書ができるらしい。

俺の夜

店内にはあらゆる本が並び、メイドと好きなシーンの話で盛り上がることも。ちなみに漫画『スラムダンク』は世代を超えて通じる

 置かれていた漫画『スラムダンク』を手に取る。パラパラとめくっていると、懐かしいページが目に留まる。すると、「そのシーンいいですよね、僕も好きなんです!」とわたなべそうさん。あの桜木と流川がね、と世代を超えて会話に花が咲く。

サブカル好き集合!本や趣味の話を楽しもう

 やっぱり、趣味嗜好を共有できるとうれしい。休符さんが言う。

「読書に専念するコースもあるけど、2回目からは普通におしゃべりに来るお客さんが多いかな」

 同店のメイドたちは、それぞれ何かしらサブカル系の話題を得意としている。そんな個性的な店が湯島にあるとTwitterを通して徐々に広まり、「自分の好きなことを話したい」という客が集まってきたそうだ。実は、もも花さんも最初は客のひとりだった。

「お客さんとして来てみたら、あまりの居心地のよさに『私も働かせてください』って」

俺の夜 本棚には、憧れの沢木耕太郎の名著を何冊も発見。かつて僕は『深夜特急』に影響されて、世界中をバックパッカースタイルで旅した。記者という職業柄、普段は聞き手に回ることの多い僕だが、お酒の力も手伝ってか、自分の過去を“素のまま”で話していた。ほろ酔い加減のかすやさんが、こう打ち明ける。

まるで馴染みのスナックにメイドがいるような新感覚

俺の夜

スナックのような雰囲気の同店で「数少ない“映え”メニュー」というクリームソーダ(880円)

俺の夜

メイドにごちそうすることも可能だ

「もともとは広告業界にいて、フリーでデザインやコピーライティングもしていました。ただ、“やりがい搾取”などの構造的な部分が心底嫌になってしまって。自分が求めている場所は、自分でつくるしかないのかなと考えて」

 こうして誕生したのが「本とメイドの店 気絶」なのだとか。

 さて、もちろん「だれかのため」と思うことは非常に大きな力を生み出してくれるが、それだけでは消耗してしまう。たまには、純粋に「自分のため」の場があってもいいのではないか。改めて、そう実感したのである。

俺の夜

メイドといえば定番のチェキ撮影(550円)。休符さんと来店記念にツーショットをパシャリ。手描きでかわいらしく仕上げてくれた

 メイドたちと過ごした夢のような一夜。翌朝、目が覚めると心がふっと軽くなっていた。

【本とメイドの店 気絶】
住:東京都文京区湯島3-46-6 TS 天神下ビル6F
電:050-3698-7008
営:13~21時(平日)、12~21時(土日)
料:はじめましてコース60分2200円(ドリンク2杯+チェキ券)
詳細はTwitter(@k_i_z_e_t_s_u)で随時更新

撮影/長谷英史

ハイカラ美女のゴッドハンドを堪能できる極上マッサージ

 リモート疲れという言葉が、市民権を得て、1年余りが過ぎようとしている。かく言う私も自宅で原稿をシコシコ書いて、オンライン取材をダラダラやっているため、肩も背中も腰も全部バッキバキで悲鳴を上げている。

俺の夜 ダメだ……。そろそろマッサージ行かなきゃ、マジでリモート死する。でも、普通のマッサージじゃ面白くないし……と思っていたときに見つけたのがコチラ。秋葉原にある「和風癒やし処 和ノ国」だ。なんでもハイカラさんと呼ばれる、レトロな袴のコスチュームに身を包んだスタッフがマッサージしてくれるんだとか。

カワイイだけじゃない!施術テクで思わず昇天

 受付でコースを聞かれたので、「キッチリ魂抜かれるくらい、ほぐしてくれるコースで!」と伝えたところ、オーソドックスな耳かき&ほぐしコースの60分7000円がオススメだという。

 さっそくマッサージルームで着替えて待つと、ハイカラさんのあやかちゃんがやってきたのである。

俺の夜「さっそく始めますね~。一番ツラいのはどちらですか? え? 全部? じゃあ、順番に背中から……うわぁ、ガッチガチじゃないですか。いきますよ!」

 グイ! グイ!と、あやかちゃんの指が背中をほぐしていくと、血の巡りがよくなり数分でウトウトとしてしまう。極楽極楽、極楽浄土。気がつけばすっかり熟睡してしまったのである。

「いかがでした?」

「ひやぁ~、ひもちほくて、たまりゃぬですよ(※注 気持ちよくて、たまらんですよと言ったつもり)」

 あやかちゃんの“ゴッドハンド”で図らずも秒殺されてしまい、気持ちいいんだか、寝てしまってマッサージを堪能できなくて損したような、複雑な気持ちに。

俺の夜

写真右がアニメと猫が大好きなあやかちゃん。得意な施術はオイルフット。写真左のもえかちゃんもオイルフットが得意なんだとか

 それもそのはず。あやかちゃんは新人のハイカラさんにマッサージや接客のルール研修を担当する“凄腕”なんだとか。

「それにしても凝ってますねぇ~」

「カッチカチですいません……」

「いえいえ~。お仕事頑張ってらっしゃる証拠ですよ。毎日おつかれさまです」

耳かきはあまりの気持ちよさに数秒で撃沈

 まさか、仕事するフリして日がな一日、ボートレースや競輪をやっているとは言い出しづらくなってしまった。そうこうしていると、全身のマッサージを終え、ドライヘッドスパへ。

俺の夜「うわぁ。お客さん、頭が“硬い”ですよ」

「いや、意外と柔軟ですよ、私は」

「ちょっと~そっちの“固い”じゃないですって(笑)」

 こんな感じでしっかりトークも弾みます。そして、締めくくりは耳かき。耳の入り口を心地よい強さでコリコリコリ……。あまりの気持ちよさに数秒で撃沈されてしまったのであった。

俺の夜

40歳を超えると大半のことは恥ずかしくなくなるのだが、耳かきをされる際、耳毛が伸びていないか恥ずかしくなってしまった

 くにゃくにゃでトロトロにほぐされて店を出る。帰りの電車では着席と同時に熟睡。そのまま寝過ごして、5駅ほど乗り過ごしてしまったのであった。

俺の夜

写真右がアニメと猫が大好きなあやかちゃん。得意な施術はオイルフット。写真左のもえかちゃんもオイルフットが得意なんだとか

【和風癒やし処 和ノ国】
住:東京都千代田区外神田1-14-1 宝田中央通りビル7F
電:03-6206-9622
営:平日13~22時、土日12~22時
料:耳かき&ほぐしコース30分3800円~、オイルフットコース30分4900円~、指名料30分500円、ハイカラさん2人からの施術が楽しめるお殿様コースもある

取材協力/佐藤永記 撮影/赤松洋太

コロナ禍の今こそ出店のチャンス!? 超美人NH(ニューハーフ)ママが率いる新店に突入

 先日、行きつけの居酒屋がひっそりと閉店していたことを知ったスパムです。コロナ禍で夜の街から明かりが減るのは寂しい限り。しかし、そんな逆風のなかでも2020年12月、六本木に新たなお店がオープンしたとの情報をキャッチした。しかもオーナーは超美人のニューハーフだという。なぜこの過酷な状況下で店を開いたのか? 気鋭のニューハーフママが女性を率いるガールズバーに突入した!

連日のシャンパンで喉をからすママ!

 六本木駅から徒歩5分。六本木ミッドタウン向かいのビルにあるのがガールズバー「GENIE」だ。店内はこぢんまりとしながらも、シックで落ち着いた雰囲気。

俺の夜

オープン初日には、シャンパンタワーで相当数のボトルがあいたという。「まだ1回もツブれたことはないんです。酔って寝ちゃっても20分で蘇ります(笑)」

「いらっしゃいませ~。本日も人工マ〇〇と天然〇〇コのスペシャルコラボでお届けしてま~す!」

 入店するや、目の前に立つ美人から特大のシモネタがぶち込まれた。彼女が同店のオーナーママ、矢神サラさん(28歳)だ。見た目と発言のギャップがすごい……。

俺の夜 もともとは新宿歌舞伎町のガールズバーでママをしていたが、当時出会ったお客さんの一言が、この店を開く決心につながったとか。

「いつかは独立したいけど、コロナだし、さすがに今はムリだよなぁと思っていたんですよ。でも、ある経営者のお客さまから『違う。こういう逆境でこそ活路を見いだした人が、将来は富を築くんだ』と言われたんです。それで私、単純だから『なるほど! 夢を実現するのは今だ!』と思っちゃって」

内装費と美容整形代はどちらも1000万円超

 実際に開店に動くと、コロナ禍だからこそ家賃か安く済むなどメリットが多かったという。しかし、トラブルも多かったそうだ。

「大工さんがコロナにかかって工事が止まったり、500万円くらいだと思っていた内装費の見積もりが1300万円もしたり……。でも『六本木なのにしょぼい内装だと意味がない』と思って、1000万円ぐらいはかけましたよ」

俺の夜

内装で一番お金をかけたというトイレ。「ラメの壁紙だけで30万円。便器は最新式のものを入れたんですけど、壁のほうが高いんですよ」

 そんな苦労話を聞きながらシャンパンで乾杯しつつも、やはりサラママの迫力満点な谷間に目がいく……。聞けば、全身の整形代も1000万円超(!?)だとか。

「目のプチ整形から始まって、全身脱毛とヒアルロン酸注入、おっぱいも作って、24歳のときにタイで性転換手術を。帰国してからは顔面の顎とエラと頬骨を削ったり、植毛したりもしてますね。おかげで中学の同級生には、『見た目は誰かわかんないけど、喋ったらわかる』って言われますよ(笑)」

 ネタの宝庫というか、ママのトークスキルが高すぎる。

俺の夜「私、器用な性格じゃないからウソのない正直な自分で生きたいと思って、中学の頃には周りにカミングアウトしてましたね。うちのパパはおっぱいが大好きだから、実家に帰るときには露出度の高い服で帰るとすごく嬉しそうで(笑)」

有名ショーパブで鍛えた美女たちとも乾杯!

俺の夜

左から、ゆずちゃん(26歳)とかえでちゃん(28歳)。個性豊かなスタッフが15人在籍している

 そんなママのもとに集まったスタッフもまた個性的。この日、スパムを接客してくれたのは、六本木の有名ショークラブで働いていた、かえで&ゆずコンビだ。

かえで「コロナ禍のタイミングで前のお店を卒業してから夜のお店で働くつもりはなかったんですよ。でも知り合いに『面白い店があるよ』って紹介されて、ニューハーフのママだって言うから。『なにそれ、最高じゃん!!』ってバイヴスあがりまくって、すぐ働くことにしましたね。ただ、今は自分史上、最も表面積の多い服で働いているので逆に落ち着かない(笑)」

 そんなサラママには「60店舗まで増やしたい」との野望がある。

「今は歌舞伎町時代からのお客さんがメインですが、緊急事態宣言が明けたら新規客にドンドン来ていただいて、シャンパンをガンガン開けたいですね!」

 コロナ禍でも大胆な決断を取ったママの人柄に触れて、自粛疲れが癒やされたスパムでした。

【GENIE(ジーニー)】
住:東京都港区六本木7-8-5藤和六本木コープⅡ204B
電:03-6438-9378
営:20時~ラスト(現在は時短営業中)
休:日曜
料:カウンター席40分/3900円、VIP席90分/1万円(どちらも飲み放題込み)税サ20%
インスタグラム(@genie_roppongi

撮影/渡辺秀之

浜松町にオアシス果樹園登場。サワーと美女に癒やされる夜

 緊急事態宣言もふた月目。夜、ふらりと繁華街に飲みに行くことも叶わず、逆に「もう酒飲まなくてもいいんじゃないか」と思えるようになってきた俺がいる。 浜松町の片隅で看板女優が待ってます  夕方、山手線の浜松町で電車を降り、 […]

新着記事

バックナンバー