新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

オリジナルカクテルと手料理で乾杯!サブカル女子とゆったりゲーム夜話

 eスポーツの高まりもあってか、最近では仕事以外の時間を趣味のゲームに費やすゲーオタ女子も珍しくない。なかには、動体視力が重要なFPS(操作するキャラクターが一人称視点で動くシューティングゲーム)で、男子を圧倒するほどの腕前を持つ女子も。

俺の夜 まだまだ寒さが続くこの季節に、こたつに寝そべりながら、女のコとゲームデート。そして、時にはゲーム内の自分をボコボコに打ち負かされ、「うちよりもゲームできないとかダッサ」と罵られたい……。そんな虚しい妄想を叶えられるお店がないかTwitterで探していたところ、ヒットしたのは「bar自宅警備」だった。

一日10時間プレイのゲーマー猛者と乾杯!

 キャバクラやサパークラブなどが立ち並ぶ新宿の区役所通りを上っていくと見えてくるのは、「bar自宅警備」。周りはネオン街だが、店内は落ち着いている印象。棚には、最新のSwitchや懐かしいPS2などが並んでいて、ゲーム機ならなんでも揃っていた地元の先輩の部屋を思い出す。

俺の夜

左から、ももさん、儚依ゆずさん、みあさん。店長のゆずさんは、Twitterフォロワー数5万人のインフルエンサー

「私CoDとか一日10時間やっちゃうくらいゲームが好きで(笑)。自分のお店をつくるなら、陰キャでも落ち着くゲーム部屋みたいなBarにしたかったんですよね」

 そう語るのは、店長&プロデューサーの儚依ゆずさん。Twitterフォロワー数約5万人のインフルエンサーで、彼女のファッションやかわいさに憧れる若い女子も多い。キャストのももさん、みあさんもゆずさんのカリスマ性に強く惹かれ、このお店で働き始めたんだとか。

俺の夜

キャストは全員ガチゲーマー!

推しが作ってくれる「オリカク」

 ゲームの腕前はどうかというと、

「私は7000時間くらい、スプラトゥーンに費やしてて、結構強くなりました。任天堂の公式大会でも何度か呼ばれてプレイしたことありますし、非公式の大会だと何度か優勝したことも(笑)」(みあ)

 7000時間というと、約290日をスプラに捧げたわけだ。オタクを超えて、プロゲーマーと言っていいだろう。最近のゲームしか詳しくないかというとそうでもなく、お兄ちゃんが持っていたというファミコンや64の話でも盛り上がる。

「そういえば、ウチではお客さんのリクエストに応えて、オリジナルカクテルを作るっていうメニューもあるんですけど、やってみませんか?」(ゆず)

俺の夜

推しキャストが作ってくれるオリジナルカクテルは、1320円

 確かにメニュー表を見てみると、「オリカク」という見慣れないお酒が。せっかくなので、「18歳の初恋」というお題でカクテルを作ってもらうことに。「うーん」と小首をかしげながら、お酒が並ぶ棚を見渡すゆずさん。いちごリキュールとカルピスを手に取り、シェイカーで振り、最後に三ツ矢サイダーを多めに注いだ。

俺の夜

リクエストに合わせて、いろんな種類のお酒を作ってもらえる

「高校生の頃は、さわやかな、甘酸っぱい恋が理想だったので、それを再現しました!」(ゆず)

 なるほど、キャストの思い出が垣間見えるオリジナルカクテル。推しのコの性格を知るにはうってつけの注文かもしれない。

ゲームオタク女子の手料理というギャップ

 他にもメニュー表には、「日曜日限定手作りご飯 予約受付中♪」との文字が。どうやら、推しのキャストに好きな料理を頼むと、自宅で作ったお手製のお弁当を持ってきてくれるらしい。

俺の夜

公式キャラクターのニトちゃん。自宅警備の名にふさわしいジャージ姿に、厨二病感のある髪色

「定番の肉じゃがやハンバーグなどを頼まれることが多いですが、なかにはクリームチーズリゾットみたいな難しい料理も(笑)。女子力が試されてるみたいで緊張しちゃいますね」(もも)

 ゲームオタク女子の手料理というギャップまで楽しめる「bar自宅警備」。はい、正直萌えです。

俺の夜

ニトちゃんシャンパンも好評!

【bar自宅警備】
住:東京都新宿区歌舞伎町2-11-4 Lee3ビル4階
料:60分男性1100円~、女性880円~(1ドリンクオーダー制)、飲み放題60分3300円~
営:16:00~21:00(まん延防止等重点措置期間中)

※キャストの出勤日などの最新情報はTwitter(@bar_zitakukeibi)でチェック
※営業時間や定休日が変更になる可能性があります。
最新情報は店舗にお問い合わせください

美女が日替わりで一日店長をする店に行くと、経営者まで美女だった!

 前回はアイドルカフェで“推しごと始め”をしたスパム。以来、推し探しにどっぷり浸かっています。近年は芸能事務所を離れ、独立してフリーランスとして活動している芸能人も多い。推し活もYouTubeやSNS中心に変化しているが、推しを見つけたらリアルに会える場所でも楽しみたい。

 そんななか、「誰でも気軽に一日店長ができる」というコンセプトで、交流の場として話題の店があるという情報をキャッチ! 早速、向かった。

俺の夜

写真左から、琴乃オーナーと新橋あいちゃん。開業時に行ったクラウドファンディングには、100万円以上の支援金が集まった

元秋葉原のトップメイドが立ち上げた斬新なお店!

 訪れたのは湯島駅から徒歩3分ほどのカフェ&バー「Palette」だ。昨年11月にオープンしたばかりで、白を基調にした店内は20席ほどの広さがある。同店のオーナーを務めるのは、秋葉原の大手メイド喫茶でプレミアムキャストだった、琴乃さんだ。

琴乃「私は就職をきっかけにメイドを卒業したのですが、半年に一度のペースで交流イベントはやっていたんです。同じように個人で場所を借りてイベントを開くコが増えているから、需要もあるしはやるんじゃないかと思って」

俺の夜

琴乃オーナーや女性スタッフが接客する通常営業日は、週1~2日で開催。「ゆっくりお店の雰囲気を堪能してもらえます」(琴乃さん)

 現在は、毎週末に一日店長イベントが開催されることが多いそうで、いろんなジャンルの美女たちが店長を務めるという。

ライブに代わる新しい交流の場に

琴乃「アイドルやコスプレイヤーに加えて、YouTuberやインフルエンサーも増えてきていますね。あと最近だと、引退した元タレントさんがファンとの交流場所を探しているケースも多いんです。イベントは、1か月で10人以上が開催してますよ」

俺の夜

イベントごとに一日店長のオリジナルシャンパンも販売される

 限定イベントというと、常連ばかりで新参者は入りづらいイメージがあるが、最近ではライブステージなどが減ったことで、“新たな推しを見つける場所”としても盛り上がっているんだとか。

琴乃「お店のHPのスケジュールを見れば、一日店長のコの顔写真や活動内容も書いてるので、気になったイベントにフラッと遊びにくるお客さんもいます。ライブよりも近い距離で接することができて、時間によって推しが独り占めできるのがウチの醍醐味ですね」

 早めの時間に来れば店長と一対一の空間も期待できるので、ファンにはたまらない時間だろう。席でお酒を飲むだけでなくミニステージやチェキ(有料)も楽しめ、まさに新しいスタイルのファンとの交流の場になっているのだ。

俺の夜

乾杯した後はミニライブやカラオケが楽しめるイベントも

私たち水着グラビアやってみたいんです!

 さらに、同店で働く女性スタッフたちは、元メイド喫茶のキャストだという。一日店長イベント以外の通常営業日(基本は木曜日)には、彼女たちや琴乃オーナーの接客も楽しめる。「メイドを卒業した後も推し続けてくれる古参のお客さんが多くて嬉しいです」と話すのは、スタッフのあいちゃん。

あい「もともとは一日店長イベントを目的にオープンしましたけど、『オーナーやスタッフも会える日をつくって』という声をいただいたので、需要があるうちは開催していこうと(笑)。それに湯島は隠れ家的なお店が多いので、フラッと入ってきて、そのまま閉店まで過ごすお客さんも結構いるんですよ」

 たしかに2人はそれも納得の美貌ぶり。そんな琴乃さんから、最後にSPA!へのご提案が……。

琴乃「私たち水着グラビアやってみたいんです! どうですか!?」

 職権を乱用した推し活として、提案しようと誓うスパムでした。

俺の夜【Palette】
住:東京都文京区湯島3-39-7 湯島STビル3F
電:19~23時(イベントによって変更あり)
営:不定期
休:070-8498-1460
料:1000円/60分(1ドリンクオーダー制)
一日店長のスケジュールはhttps://www.bar-palette.jpまで

撮影/菊竹 規

朝から飲めるアングラバーでリモートワーク!

 再び、時短営業だ。いつも22時すぎから飲み始める自分にとって、「飲むな」と言われているようなもの。早くから開けている地元の飲み屋を通りがかると、リスク高めなご年配の方々で賑わっていたりする。どないやねん!!

俺の夜

昼から酒場へGO。これが「俺の夜」流の“新しい生活様式(もはや死語)”です。リモートワーク最高!

 というわけで、「夜に飲むなってんなら昼から飲んだろ!」と歌舞伎町の「BAR DOQUDOQU」に駆け込んだ。通常時は365日ほぼ24時間営業というイカれ……いや、優しさに溢れた店である。嫌なことぜーんぶ、さっさとお酒で忘れちゃわないと!

朝でも昼でも、店に入ればそこは“この世の果て”

俺の夜 東宝ビルのさらに奥、ビルの4階の扉を開けると明るい街から一転。禍々しい空気が充満する薄暗い店内に、一瞬頭がバグりそうになる。オーナーの四道氏が7年前にオープンしたこの店は、エログロ、サブカルなんでもありのギャラリーバー。アングラカルチャーの展示会が頻繁に催され、スタッフもその世界の住人たちだ。

俺の夜 元々常連客だったというアンソニーさんは、グラインドコアバンド「DISGUNDER」のフロントマン。

俺の夜

アンソニーさん

「コロナ禍でバンドやめた人も結構いますね。食えないだけじゃなくて、“おうち時間”で人間らしい幸せに目覚めちゃって(笑)。でも、私は逆にやめる人が増えるほど『絶対続けてやる!』って燃えてます。ドッジボールの最後の一人になりたいタイプなんですよ」

 寺山修司や丸尾末広の遺伝子を継ぐ劇団「虚飾集団廻天百眼」の女優・紅日毬子さんも「女優と酒場は絶対やめない」という。

俺の夜

紅日毬子さん

「ただ、稽古や舞台で決まった時間に働けないので、こうやって自由にスタッフとして立てる場所があるのは、本当にありがたいです」

 客層もサブカル系からド変態までめちゃくちゃ。コロナ禍で消えかけるアングラの灯を、歌舞伎町の片隅で守り続ける店でもある。

俺の夜

「かもめは飛びながら歌をおぼえ 人生は遊びながら年老いてゆく(中略)人はだれでも遊びという名の劇場をもつことができる」(by寺山修司)

煙草を吸いながら仕事できる日が再び

 骨髄さんは特殊造形やメイクアップに没頭し、店で個展を開いたことがきっかけでスタッフに。

俺の夜

骨髄さん

「最初は人形作家の中川多理さんの作品に影響を受けて、学生時代はマリリン・マンソンやティム・バートンも訪れた『マリアの心臓』という人形博物館に通い、この世界にどっぷりハマってしまいました」

 花音菜さんは、多摩美出身で現在は神楽師として活動する。

俺の夜

花音菜さん

「学生時代から『月蝕歌劇団』という劇団で舞台女優をしていて、神楽の師匠に弟子入りした途端にコロナ禍。現場も減ってしまったので、最近は植木屋も始めました。厳しい状況だけど、少しでも神楽の魅力を伝えていきたいんです」

 そんな濃い面子が揃うが、仕事が残ったままじゃ楽しく飲めない……。でも、無問題!

俺の夜

4人のほかにも精神的支柱兼マスコットの猫山さんなど個性的な面々が集う。いつ行っても誰かいるし、店もやってる安心感!

 高速Wi-Fi完備で仕事もできるし、なんなら煙草も吸える。「煙草片手に仕事」という昨今絶滅しつつあるシチュエーションをもう一度味わえるとは! やっぱり捗るんですよねぇ……。

俺の夜

「自腹で集めた夜遊び情報」といっても「人に教えたくない店」もある。カウンターでしこしこ原稿書いてる奴がいたら、サーセン!

 そして、仕事片付けたら速攻お酒飲めるなんて、最高すぎやしませんか? スタバでマックブック開いてる場合じゃねー!(したことないけど)

 自分、明日からここに籠もります。いつものように編集部にいなくても、ちゃんと仕事はしてます、編集長!

【BAR「DOQUDOQU」】
住:東京都新宿区歌舞伎町2-39-2 三幸ビル4F
電:03-6273-8765
営:ほぼ24時間(日によって営業していない時間もあるので詳細はTwitterで)
休:無休
料:チャージ500円、ドリンク500円~
※詳細や最新の営業情報はTELもしくはTwitter(@BAR_DOQUDOQU)にて

撮影/芝山健太

渋谷パセラの地下にコンカフェ発見!夢見る少女の姿に心が洗われた……

 いつだって渋谷には夢がある。多くの若者たちで溢れかえり流行の音楽が聞こえてくる。ここで10~20代の大半を過ごした僕も今は30代後半。次第に足が遠のくようにもなっていた。ただ、ふとした瞬間に、渋谷の青くさい空気を吸い込 […]

アグレッシブな沖縄ギャルとテキーラで乾杯!in 那覇

 正月のおやすみムードから一転、バリバリ働きだした同僚についていけない俺。というか、11月ごろから全く仕事が手につかない。グラビア撮影のために訪れた沖縄で最高の“俺の夜”を過ごしてしまったばっかりに……! 東京の寒空を見 […]

新年は仕事よりも“推しごと“はじめ。粗削りアイドルが頑張る姿に感動!

 今年も寝正月で気づけば、三が日が過ぎていったスパムです。年末に家で紅白歌合戦を見ていると、スーパー銭湯アイドルの純烈が登場。コロナ禍でお客と直接握手ができない代わりに、マジックハンド握手というパフォーマンスを披露してい […]

港区出身、美大卒。夜の六本木のセックスシンボルに酔いしれる

 ロアビル解体、リモートワークの定着――いつの世もバブリーな港区・六本木も、時代の波には抗えないのか……。自粛期間を経てようやく通常営業に戻りつつあるこの街を、久しぶりに訪れてみる。  年末年始、ミッドタウンやヒルズはイ […]

歌舞伎町入り口は「魔界」への扉。噂のシーシャBARでひと時の現実逃避

 師走である。一年を振り返りやり残したことはないか。個人的に未開拓のジャンルがあることに気がついた。シーシャである。  近年、男女を問わず若者たちに人気。SNSでも「シーシャ行きたい」なんて投稿をよく見かける。  各地に […]

忘年会に最適!プロも使うレースシミュレーターで大盛り上がり!

 まもなく年の瀬。今年は仲間内だけで開催する忘年会の幹事を任されたスパムです。まだまだ羽を伸ばして飲み歩ける状況ではないが、少しだけハメを外せる一夜を過ごしたい。どこかにいいお店はないか……。  と思っていたところ、なん […]

名門女子大出身のギャルと男のロマンを語り合う

 昭和~平成期、「競馬」「野球」「格闘技」という男の三種の神器が揃った水道橋は“聖地”と呼ばれていた。令和となり、かつての熱気は薄らいでしまったが、男のロマンに変わりはない。しかし、である。趣味嗜好の多様化により、なかな […]

新着記事

バックナンバー