新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

港区出身、美大卒。夜の六本木のセックスシンボルに酔いしれる

 ロアビル解体、リモートワークの定着――いつの世もバブリーな港区・六本木も、時代の波には抗えないのか……。自粛期間を経てようやく通常営業に戻りつつあるこの街を、久しぶりに訪れてみる。

俺の夜

憧れの女性は「メデューサ」で、好きな男性のタイプは「シュワちゃん」。「私が暴れても受け止めてくれそうな人」なら年齢不問とか

 年末年始、ミッドタウンやヒルズはイルミネーションのインスタ映えを狙う観光客で相変わらず賑やかだ。一方、夜の街はやはりどこかおとなしい。ワールドカップの日本戦の後、先輩の命で慣れないナンパに悪戦苦闘した駆け出し時代の苦い記憶が甦り、今となっては少し寂しくもある。

シャンパン乱舞の古き良き「ザ・六本木」

 そんな思い出に浸り、勝手にしんみりしていたが、「ヤバいプロパリピがいる」と連れられていった「RiG@R4F」でたまげた。DJブースにポールダンス、そして鬼のように並ぶシャンパンの空き瓶。

俺の夜「ちょうど一昨日と昨日がスタッフの誕生日イベントで、さすがに胃がやられました(笑)」と店長のRINKOさんはあっけらかんと語る。店自体はカウンターとボックス4つほどでそこまで大きくはない。

俺の夜 女性スタッフも基本はRINKOさん一人。それでいて、2日で開けたというシャンパンはざっと50本近くはある。それが軽い胃痛で済む世界……やはり今も六本木は魔境だ。

 もともとロアビルに入っていたこの店、客層も音楽関係者などを中心に古き良き六本木カルチャーを知る人々が集う。界隈では超有名人というRINKOさんの半生も波瀾万丈だ。

俺の夜「『ターミネーター』に憧れて、美大を出て特殊メイクアーティストになったんです。でも、きらびやかなスクリーンとは対照的に、現場はガチの肉体労働。しかも、メイクで使う薬剤にアレルギーが出ちゃって、結局、ぼろぼろになって夢を諦めました」

特殊メイクからOLそして、夜の蝶へ

 燃え殻になり実家に戻ったRINKOさんだが、たまたま歌舞伎町の夜の店のオープニングスタッフにスカウトされる。それが、今や有名店の「ギラギラガールズ」。

「メイクアーティスト時代は日給8000円で交通費自腹、現場は早朝から深夜までとかだったから、『飲んで暴れてお金もらえるなんて超ラッキー!』って感じ(笑)。そこで、見よう見まねでポールダンスも覚えました。ただ、生活は酒カスそのもの。結局1年半くらいやってから、広告代理店に就職したんです」

俺の夜

一昨年、TikTokのスクショが「ストゼロ一気するヤベー女」としてバズる。カリブ海風だが、実は江の島沖

 OL生活を送っていたRINKOさんのさらなる転機は、30歳を過ぎた頃に訪れた。

「知り合いの経営者からロアビルにお店を出す相談をされて、『いいんじゃないっすか~。飲み行きますよ』なんて言ってたら、『客じゃなくて、店長やってくれない?』って。ちょうど転職も考えていた時期だったので、『ま、いっか』と今に至るという(笑)。もともと六本木は美大生のときにバイト代を握りしめて遊びに来ていた街。当時は、ドリンクチケットを奢ってくれる“ドリチケ配りおじさん”がいて、店を始めたら、意外と私のことを覚えていて来てくれたり、不思議な縁で繫がってる感じですね」

俺の夜

自称“港区の生んだ六本木のゴミ”というRINKOさん

マジもんの港区女子は、ヤバい、エグい、半端ない!

 一晩でタクシーに2度轢かれるなど、そこからRINKOさんが六本木で残してきた伝説は枚挙に暇がない。激動の半生とともに紡いだ歴史があるからこそ、時代が移り変わっても彼女を慕い、「たまにはカツアゲされてやるよ」とシャンパンを開ける馴染みの客も絶えない(お店自体は超リーズナブル。RINKOさんを“姉さん”と慕う女性客も多い)。

俺の夜

さすが六本木のセックスシンボルだけあり、インスタが何度もBANされた

「太く短く。いろいろお声がけいただいたりしますけど、今はこの場所で、六本木の文化と人を盛り上げていくのみです!」

 そんな真っすぐな彼女に会いに行けば、どんな疲れも悩みも吹き飛ばしてくれる気がした。

【RiG@R4F】
住:東京都港区六本木3-15-22 陽光セントラルビル4F
電:03-6434-9230
営:20:00~翌5:00
休:日祝
料:ドリンク800円~
DJブース、カラオケ、ダーツあり。DJイベントも不定期開催。
※詳細や最新の営業情報は電話もしくはTwitter(@RiG_roppongi)にて

歌舞伎町入り口は「魔界」への扉。噂のシーシャBARでひと時の現実逃避

 師走である。一年を振り返りやり残したことはないか。個人的に未開拓のジャンルがあることに気がついた。シーシャである。

 近年、男女を問わず若者たちに人気。SNSでも「シーシャ行きたい」なんて投稿をよく見かける。

俺の夜 各地に続々と新店が生まれているが、「歌舞伎町に良い店ができた」という情報を知人の夜遊び通にも聞かされていたのだ。とはいえ、いったい何が魅力なのか。自分の目で確かめるべく、足を運んでみることにしたのだ。

美女に囲まれながら極上のチルタイム

 その店は、「歌舞伎町一番街」のアーチをくぐって真横のビル10階。じつは、ここが“魔界”への入り口だったのだ……!

俺の夜

写真左から、ちゅんさん、いちごみるくさん、あやかさん。ネオンが輝き、サキュバス姿の女のコが闊歩する店内は、まるで異世界

「ようこそ! マイダ~リン!」

 薄暗い店内にネオンサインが煌々と輝く。そこに姿を現したのはサキュバスに扮した妖艶な美女たちだ。おお、露出度高めで素晴らしい。今回訪れたのは、シーシャBAR「サキュバス&エンジェル ABYSS歌舞伎町店」。

 そもそもサキュバスとは、男性を夢の中で誘惑する悪魔の使いなんだとか。同店は彼女たちを目の保養にお酒を飲みながらシーシャまで嗜めるとのこと。また、基本的にはソファ席なので、ゆっくりとくつろげるのだ。

魅惑的な世界でストレスを発散!

俺の夜

乾杯のかけ声は「サキュバスキッス!」。これは、彼女たちと正式に“ダーリンとハニー”の関係を結ぶための重要な儀式なんだとか

 ちゅんさん、いちごみるくさん、あやかさんの3人と「サキュバスキッス!」のかけ声で乾杯。これで正式にダーリンとハニーの関係が結ばれたのだとか。しばらくすると、シーシャが運ばれてきた。

俺の夜

シーシャ初心者でも優しくレクチャーしてもらえる

 ノンニコチンはもちろん、さまざまなフレーバーがあり、オプションで吸い心地を冷たくする「アイスホース」や「アルコール」など、自分好みのアレンジが可能。初心者の僕にあやかさんが優しく手ほどきしてくれる。続いて、いちごみるくさんがお手本を見せてくれたのだが……。

俺の夜

さまざまなフレーバーやオプションが用意されており、自分好みにアレンジ可能

「シーシャを吸っている表情がエロいってよく言われます」

俺の夜

新規客にはチップ5枚が無料でつき、衣装の好きな場所に挟んでOK。ただし、サキュバスに直接触れると「人間界に戻れなくなります」

 思わず、よからぬ妄想をしてしまう(笑)。そんな僕に吉報が入る。新規客にはチップが無料で5枚ついてくるので、サキュバスたちの胸やお尻など、衣装の好きな場所に挟んでいいのだとか。

魅惑的な世界でストレスを発散!

 ただし、注意点がある。いちごみるくさんが続ける。

「直接触れてしまうと、人間界に戻れなくなってしまいます!」

俺の夜

ボディラインが際立つサキュバスの衣装。どこから見てもセクシーで、ふとした瞬間にドキッとしてしまう。後ろ姿にも注目だ!

 サキュバスたちはノリが良く、盛り上げ上手なコばかり。これまで自粛生活で鬱憤が溜まっていたが、年末ぐらい景気良くいきたいものである。そんな夢のような時間があっという間に過ぎていく。店を出る頃には、あらゆるストレスから解放された気分だった。

俺の夜

シャンパンを入れて3万円以上で「シャンパンライフル」を発射してもらえる。インスタ映え目的で注文する人も多いらしい

 今年も残すところ僅か。多くの人が仕事の整理に追われているかもしれないが、シーシャでひと息つくのもいいだろう。

【サキュバス&エンジェル ABYSS歌舞伎町店】
住:東京都新宿区歌舞伎町1-23-15 SUZUYAビル10F
電:03-6547-6578
営:17:00~23:30(月~木・日)17:00~翌5:00(金土)
料:60分4000円(新規3000円)飲み放題、シーシャ1台2000円
※詳細はTwitter(@SA_shinjuku)にて随時更新

※営業時間や定休日が変更になる可能性があります。最新情報は店舗にお問い合わせください

撮影/長谷英史

忘年会に最適!プロも使うレースシミュレーターで大盛り上がり!

 まもなく年の瀬。今年は仲間内だけで開催する忘年会の幹事を任されたスパムです。まだまだ羽を伸ばして飲み歩ける状況ではないが、少しだけハメを外せる一夜を過ごしたい。どこかにいいお店はないか……。

 と思っていたところ、なんと本格的なレーシングシミュレーターで遊びながら、レースクイーンと乾杯ができるお店があるというではないか。早速下調べに行ってみた!

サーキットで活躍するレースクイーンが接客!

俺の嫁

写真左からAYAKAさん、RIKOさん、YUNAさん。20代を中心にしたキャストが8人在籍。常時2~3人が出勤している

 訪れたのは地下鉄・六本木駅から徒歩1分ほどにあるモータースポーツバー「GANTRY ROPPONGI」だ。赤と黒を基調とした店内は高級カーをイメージさせる。そこに「いらっしゃいませ」と、綺麗なレースクイーンたちがお出迎え! お店の奥には、巨大モニターを3台並べたレーシングシミュレーターが置かれている。ちなみにお値段は一台なんと400万円(!)という豪華さだ。

俺の嫁

一台400万円(中古なのでこれでも半額とのこと)のレーシングシミュレーター。「最近はF1カーで首都高を走るのが人気ですね」(RIKO)

YUNA「オーナーがスーパーカー好きで自分でも走るから、ゲームじゃなくて本物志向なんですよ」

AYAKA「車種やコースが自由にカスタムできるし、イスやペダルなどは本物のマシンと同じパーツなんです。実際のサーキットに近い環境で走行できるので、プロドライバーさんがレース前に練習に来るぐらいなんですよ」

美女の声援を受けながらコースを駆ける爽快感

俺の嫁 長年マリオカートで鍛えた腕を披露すべく、レーシング用グローブをはめてマシンに乗り込むスパム。しかし、車種が多すぎてどれがいいのかすらわからない……。するとスタッフさんが「初心者向けの車種は『HONDAのS-2000』で、走りやすいのは『モテギ』かなぁ」「だよね。あそこは“ストップ&ゴー”だから走りやすいよね」などと流れるように走りやすいセッティングを進めてくれる。最初は素直にお任せしよう。

 エンジン音がかかり、いざスタート。3画面モニターに映る迫力満点な映像と、動きに合わせて振動するシート、さらにゴゴゴという駆動音……なんだコレ、超楽しいんですけど!! ストレートでは一気にアクセルを踏み込んで時速300kmに加速! 直後の急カーブでは一気にハンドルを切って華麗なコーナリングを披露……と思いきや、派手にスピンしました。

シミュレーターの操作方法も優しく教えてくれる!

俺の嫁

お店では、F1の表彰式で使われている公式スパークリングワイン「フェッラーリ」も飲める。ただし、シャンパンファイトはNG

 また、運転中もレースクイーンさんがサポートしてくれる。「コーナー前にブレーキで80kmまで落としてからハンドルを切ってください!」と的確な指示を送られ、コーナリングを決めると、「今の最高です!」と一斉に拍手。悪戦苦闘しながら10分間走った後には全身がじんわりと汗ばんでいた。

 そんなスパムに続き、「休みの日でもお店に来て乗るんです」と話すRIKOさんが運転すると……なんとみごとなハンドルさばき。腕の違いを目の当たりにしました。

RIKO「運転する男性を観察してると『激しい人』『優しい人』に分かれるんですよ。それが女性の扱いにも繋がる気がしますね」

YUNA「スパムさんは『我慢できずにブレーキを離して勝手に“いっちゃう”タイプ』かな(笑)」

俺の嫁 運転だけじゃなく、トークスキルも彼女たちに完敗です。同店には2台のマシンを備えたフロアもあり、「対戦」も楽しめるという。

AYAKA「12月に入って、会社の親睦会や忘年会で、利用されるグループも増えてきてます。お酒を飲んでも合法的な飲酒運転なので、思いっきり弾けてください」

 当然のごとく忘年会の予約を入れて帰るスパムでした。

俺の嫁【GANTRY ROPPONGI】
住:東京都港区六本木3-11-2-3F・4F
営:平日14時~翌5時(土日12時オープン)
休:月曜
電:03-6869-1709
料:チャージ2000円/60分(レーシングシミュレーターの利用は7000円/30分)特別プランはお店まで要確認。Twitterは@GantryRoppongi

撮影/菊竹 規

名門女子大出身のギャルと男のロマンを語り合う

 昭和~平成期、「競馬」「野球」「格闘技」という男の三種の神器が揃った水道橋は“聖地”と呼ばれていた。令和となり、かつての熱気は薄らいでしまったが、男のロマンに変わりはない。しかし、である。趣味嗜好の多様化により、なかな […]

新着記事

バックナンバー