新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

第九十夜【後編】



100803_yoru_06.jpg
「9年前、全女がなくなって、新しくファンとの交流の機会と後輩たちが集う場所をつくろうとしたのがオープンのキッカケですね」

 京子ママと一緒に働く現役の女子レスラーたちもお店でお酒を作ってくれるという。

「まあ、とにかく飲んで飲んで。アタシも今日はずいぶん飲(や)っちゃってるから、アハハハハーッ」

 多いときは「ワイン7本、日本酒2升、ビール2ケースを空ける」と豪快に笑う京子ママ。有名な全女の”3禁”(酒、タバコ、男はご法度)もどこ吹く風だ。

「飲めないレスラーは強くなれないってのがポリシーだからね。後輩にも、口を酸っぱくして、潰れるまで飲めって言ってんのよ」

 アスリート然としたレスラーが増える昨今、豪放磊落な昭和の新日イズムがここに!といった感じだが、「この前も酔った勢いでケンタッキーに入って、『この店のチキン、全部持ってこい』とか言ったらしくてさ。20ケースくらいかな。全然覚えてないのよ(笑)」なんて笑えない失敗談も。

 酒量が増すごとに豪快な逸話がポンポン飛び出し(過激すぎて誌面では書けません)、それにつられて客同士のバトルトーク(プロレス与太話)も熱を帯びてくる。「邪道か王道か?」「前田日明のビッグマウスは何をしたかった?」「新日は誰が潰した?」。

 カウンター内の京子ママを挟んで、プロレス会場で見られるような”掛け合い”合戦。このお店において新規客は入門生と同義だが、常連客(先輩レスラー)の温かい”シゴキ”を受けつつ、お客さん同士の垣根が低い、スナックコミュニティも存分に味わえる。

 京子ママの快活なトークに闘魂を注入されて、ついでにアルコールもしこたま注入。ふらつく足取りで店を出ると、いまだ熱気冷めやらぬ店内から、ビューティ・ペア「かけめぐる青春」の大合唱が聞こえてきた。


100803_yoru_04.jpg
京子ママのスリーパーホールドに
得意の高速タップのスギナミ。



100803_yoru_03.jpg
「来年、新団体を設立します。お店はもちろん、会場もアツい
ので、ぜひ足を運んでくださいね」(京子ママ)



【あかゆ】

100803_yoru_05.jpg

住:東京都品川区小山3-17-5
電:03-3785-8521 
営:21時~翌5時
休:火
料:セット3000円(お通し、初回氷&割物代込み)
各種ボトルは3000円~ 週1回、リクエストに応じた試合映像が流れる「プロレス・デー」を開催。
曜日は未定なので、事前に要確認


協力/小野田 衛 撮影/丸山剛史

第九十夜【前編】

ママは女子レスラー 客は道場入門生。

スナックを舞台に酒飲みバトル開始!


 小学生の頃、どのクラスにもなぜか一人はいた”女ボス”という存在。女子小学生の早熟な体は男たちを上から目線で睨みつけ、腕っぷしは男勝り。もちろん、口喧嘩だってめっぽう強い。

 気弱なスギナミ少年にとって、”強い女”は恐怖そのものであり、憎むべき相手。全日本女子プロレス(全女)の黄金カード、「クラッシュギャルズ×極悪同盟」は、もちろんクラッシュギャルズ寄り。長与千種の髪を掴み、場外を闊歩するダンプ松本に対して、憤りを感じていた……のだが、ある出来事がきっかけで、心境に変化が。

 当時熱中していたバラエティ番組『女だらけの水泳大会』で、アイドルの水着を容赦なくはぎ取るダンプ松本の勇姿を目の当たりにして、思わず「ダンプ、行け~ッ」と声を嗄らして叫んでいたのだ。

 それは子供心ながらに「ヒールがヒーローに変わった」瞬間であり、強い女同士の戦い――つまり女子プロレスに傾倒していく契機となった。ダイナミックな技の数々と、「イッくぞ~」、「テメェ、コォノヤロー」と感情をむき出しにして飛びかかる姿。思春期にさしかかり、次第にしおらしくなる周囲の”元・女ボス”とは裏腹に、いつまでも変わらず”暴君”であり続けるリング上の女たち。

 個人的な女子プロ熱中時代から長い歳月はたったが、「彼女たちはリングの外でも女ボスであり続けるのか?」を知りたい気持ちに変わりはない。その問いに答えを出すべく、一軒のスナックへと足を運んだ。

新規客は道場入門生
体育会ノリで大騒ぎ


 武蔵小山駅東口のすぐ側に軒を連ねる小規模スナック群。昭和の風情を残すエリアに、お目当てのお店「あかゆ」はあった。

 扉を開けると「いらっしゃ~い」と、店内の喧噪をかき分けるようにひと際大きな声が。特徴的な赤色の顔面ペイント――そう、ここは全女黄金期をもり立てた女子プロレスラー・井上京子選手がママを務めるお店なのだ。




100803_yoru_01.jpg
「可憐な女のコはいないかもですが(笑)、明るく楽しく飲めることは間違いなしです」(京子ママ)


100803_yoru_02.jpg
伝統的に武蔵小山はプロレスラーが多い。お店には有名レスラーも客として続々来店する





協力/小野田 衛 撮影/丸山剛史

第八十九夜【前編】

真夏の風物詩

ビアガーデン&ビアホールでバブル時代を!


どうも、スパムっす。いきなりの私事ですが、ジメジメした梅雨の最中だった7月某日、仕事で大失態を犯してしまいまして……。当然、上司を怒らせてしまったのですが、バブル世代の上司というのはお説教が好きなようで、話が長い長い。まだ外は梅雨でジメジメしてるし、ゲリラ豪雨のような説経はしんどいし、ストレスは溜まる一方。

「こんな気分をふっ飛ばすにはビールを浴びるほど飲むしかない!」

と思い立ったわけです。しかも、せっかくの夏間近。居酒屋ではなく夜空の下、開放的な気分で飲みたい。そこで”夏の風物”ビアガーデンを目指し、書きかけの原稿を投げ出して会社から逃亡したのでした。


水着美女と夜景を横目に乾杯!

yoru_100727_06.jpg
 時刻は19時過ぎ。空がまだ薄暗いなか、六本木交差点から歩くこと5分。六本木”初”の屋外ビアガーデンである、名前もそのまま「六本木ビアガーデン」に到着です。店内に入ってみれば、右には六本木ヒルズ、左には東京タワーと、華麗な夜景が一望できます。席に座り、「とりあえず生!」と注文したスパム。すばやくビールを運んできてくれたのは、オランダとのミックス美女で、眼力が魅力的なリサちゃん(21歳)でした。

「ここは場所柄、ハーフのコとか海外からの留学生が集まってくるんです。ほかにも韓国系やスペイン系、もちろん日本人もいますよ」
 
さすが六本木。インターナショナルな気分も味わえ、さらに店内はビーチをイメージした内装で、さながら都会に現れた「海の家」。ひと足早い常夏気分に癒されたスパムでしたが、そのとき、突然のゲリラ豪雨が。しかし、ご安心。傘を貸してくれるサービスもあり、リサちゃんがそっと傘を渡してくれました。ただ、僕の後ろでは相合傘をして愛を育むカップルの姿。リサちゃんの笑顔は名残惜しいですが、いたたまれなくなりお店を後にしました。だが、このまま帰るなど愚の骨頂です。さらなる刺激を求め、移動!




yoru_100727_05.jpg
「目の中にホクロがあるんですよ」と
僕の顔に目を近付けてきたリサちゃん。
ビールでも飲まないと理性を保てません



【六本木ビアガーデン】

yoru_100727_0.jpg

住:東京都港区六本木5-5-1 六本木ロアビル5F 
電:03-3478-1818 
営:18~23時30分 
フードは500円~、ドリンクは700円~。混雑時のみ2時間制。
「19時くらいから来てほしいですね。空が徐々に暗くなって、イルミネーションの輝きが増してくるんですよ」(店長)
HP:http://r.gnavi.co.jp/a027603/





撮影/渡辺秀之

第八十九夜【後編】

ビールがすすむ! バドガールの歓声  第2ラウンドに選んだ舞台は、新橋「バドワイザーカーニバル新橋店」。さっそく店内に入ってみると、飛び込んできたのはバドガールたちの音頭に合わせて、学生ノリでイッキする中年サラリーマンの […]

第八十八夜【前編】

コスプレの新聖地池袋で 可憐な乙女に恋焦がれる夜  渋谷・新宿に並ぶ巨大ターミナル池袋。俺にとっては、埼玉の玄関口といった印象しかなく、夜遊びと言えば、豊島区役所辺りでの、ここでは到底書けない”人妻遊び […]

第八十八夜【後編】

 やってきたのは乙女ロードとは線路を挟んで反対側の池袋西口。ここに「学園キャバ」を名乗るお店がある。店に入って仰天。店内(?)はまさに教室。黒板はもちろん、机や防災頭巾が敷かれた椅子、板張りの床、そして習字などの掲示物も […]

第八十七夜【前編】

一見さんお断り! 閉鎖的な西麻布の会員制ラウンジで過ごす大人の夜  キャバ嬢に「いつもどこで飲んでるの?」と聞かれたら、つい「西麻布かな」と嘘をつき、遊び馴れたアラサー男を演じてしまう、見えっ張りなテキサスです。  でも […]

第八十七夜【後編】

 さて、これだけ敷居の高い店なのだから、絶世の美女がいるのかと思いきや、働いているのは普通の一般女性。確かに、レベルは高いが昼はOL、女子大生といった素人っぽいコが多い。きらびやかな六本木のキャバ嬢とは違う雰囲気を醸し出 […]

第八十六夜【前編】

芸人 vs 精鋭記者 キャバクラトークバトルの行方はどちらに軍配? ◆キャバクラガチ対決 六本木死闘編 後編 東京03 vs 俺の夜 息の合ったコンビネーショントークで、嬢たちのハートをがっちりキープした東京03こと「チ […]

第八十五夜【後編】

場を瞬間沸騰させる巧みなコンビプレー  決戦の舞台は六本木「R」。ルールは簡単。東京03こと「チーム夜の帝王学」と「チーム俺の夜」が、それぞれ客として入り、同店の人気ホステス3人・愛原蛍(けい)ちゃん、山上紗和ちゃん、和 […]