TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

第七十夜【後編】



【担当記者:テキサス】

シズ お客さんに「このコ、俺でも口説けるかも」と、思わせるのがキャバ嬢の腕の見せどころ。店外デートに誘われても、いかにうまくかわしてお店に通ってもらうかを考えるよね。

アケ 私は、出会ってまもない人なら「お店の出勤前ならデートできるよ」と言い、暗に「同伴」を匂わせますね。プライベートなデートをするなら、もっとお店に通ってもらってからでないと……。

シズ 私も「しばらく忙しいから、ヒマになったら連絡するね」と言って、とりあえずその場は凌ぐ。デートは、何回か指名しに来てくれてからの話かな。もし彼氏がいたら、休日にデートなんてできないから「別の仕事と掛け持ちで休みがないの」って断るのは、キャバ嬢の常套手段だよね。

――休日のデートって、けっこうハードルが高いんですね!

アケ 私は、週6で働いてるから、週1の休みくらいは家でゆっくりしたいのが本音。でも、何度も指名してくれて、いい人だったら休日にデートすることもありますよ。

シズ そういう意味では、毎日働いているようなコが休日にデートしてくれたら、気に入られていると思っていいかも!

――なるほど。ほかにもキャバ嬢の「脈あり」サインってありますか? テキサス的には、アフターに二人っきりで行ければ、かなり「脈あり」だと思うんですが。

アケ 確かに、アフターを二人っきりで行く相手って、仲の良いお客さんですよね。最初は怖いから、友達のキャバ嬢を誘ったりするし。

シズ でもさ、アフターで「脈あり」かどうかを判断するのって難しいよね。付き合いで行く場合もあるし。私は、休日にディズニーランドに誘ってみるのが一番わかりやすいと思う。早起きしないといけないし、何十分も一緒に行列に並ばないといけないから、よっぽどお気に入りの人じゃないと行きたくないもんね。

アケ まあ、そこに辿り着く前には、キャバ嬢の「建前」にへコたれず、食らいつくことですね。

シズ 私たちの本音は「お店に通って指名してね」ってことに繋がっているんだけどね(笑)。


yoru70_3.jpg
※現役キャバ嬢20人にアンケートを実施。「指数」は、彼女たちが賛同した割合を示す


第七十夜【前編】

キャバ嬢たちの心理がマルわかり!

“建前⇔本音”翻訳語辞典


【担当記者:テキサス】

 「チョコを渡したいからお店に来てほしいの♪」

 キャバ嬢の営業メールにダマされ、お店のバレンタインイベントに参加。義理チョコをもらうのに、セット料金を支払っても「いつか本命に!」とキャバクラに夢を持ち続ける不屈の男、テキサスです。 

 先日も、お気に入りのキャバ嬢をデートに誘ったら「今は忙しいけど、お店を辞めたら遊ぼうね」と言われ、素直に信じてお店に通い続けたが、彼女はお店を辞めた途端、音信不通に……。今思うと「お店を辞めたら」は建前で、純真な男心を弄ばれたわけだ(泣)。

 もし彼女たちの建前に潜む本音を見抜くことができれば、ダマされずに済むはず。そこで、今回は小誌の人気企画「建前と本音翻訳辞典」のキャバ嬢版を作成すべく、キャバ嬢20人にアンケートを実施。匿名を条件に現役キャバ嬢2人に”本音”を教えてもらった。

「癒し系だね」は特徴のない人向け

――まずは、お店で初対面のお客さんについたときに使う「本音と建前」を教えてください!

アケミ(以下:アケ) 初対面のお客さんには「キャバクラにはよく行くの?」とか「普段どこで遊んでるの?」って聞くけど、これは「キャバクラ遊びが好きかどうか」を探って、太客になるかを判断してますね。で、もし太客になりそうだったら、指名をもらいたいからとにかくホメる。「モテそう」「大人ですね」とか社交辞令のオンパレード(笑)。

シズカ(以下:シズ) 私も心にも思ってないことを平気で言っちゃう。どうしてもホメるところがない人には「癒やし系ですね」とか。特に、太めの人には効果テキメンのホメ文句ですよね!

――「癒やし系」ってホメる所がない場合の営業トークだったんですね。よく言われるのに……。





yoru70_2.jpg
六本木で働く現役キャバ嬢のアケミちゃん(写真左)とシズカちゃん





第六十九夜【後編】



【担当記者:スギナミ】

 いろんなところの血行も良くなったところで、サービスで出てくるテキーラでカンパイ。ほどよく酔いが回ってくるうちに、「女のコとではなく、おっぱいと対話をしている」ような錯覚に陥った。

 なぜなら、女のコたちの立ち位置は通常のカウンターよりも一段上。視線の正面に常にあるのは彼女たちの顔ではなく下乳。天井近くのドリンクホルダーへ腕を上げれば下からおっぱいをチラリと拝める。気持ちを落ち着かせようとカウンターに目を向けると、これまたちょうどいい位置に備えつけられた鏡に、おっぱいが映っているからだ。

 座っているだけでもお腹いっぱいだが、これでもかといわんばかりに各種ゲーム(有料1000円~)も豊富。写真で紹介した以外にも、胸元にはさんだ注射器からドリンクを飲む「おっぱい注射器」、計量器に片乳をのせる「パイ重測定」、「いたずらネコじゃらし!!」などその数20種類以上! (過激すぎて)誌面では紹介していない裏メニューもあるので、お店で試してほしい。

「おさわり厳禁」というルールにいささかの寸止め感はあるが、じっくりとおっぱいを鑑賞できる場所はそうない。胸元を凝視している自分にさほど恥ずかしさを感じないのも、”ニップレス”が程よい毒消し作用として働いているからかもしれない。

 ボクサーの聖地が後楽園であるなら、「おっぱい星人の聖地は立川にあり」と声を小にして言おう。


yoru69_4.jpg
オモチャの釣り竿で釣り上げるとすそがまくれあがる。「おたわ
むれを~」気分を満喫できる



yoru69_5.jpg
ブラウスのボタンが掛け違いになると片乳がポロリン。”コロン
ブスの卵”的な発想の遊び



yoru69_6.jpg
胸元に挟まったポッキーを口でくわえて、女のコが端から食
べる定番のポッキーゲームへ移行



【プリティーエンジェル】

yoru69_7.jpg

住:東京都立川市曙町2-21-10 ニュー立川ビル4F
電:042-548-5658 営:18:00~25:00 休:日・祝
料:入会金3000円(オープンキャンペーン中は2000円割引)
60分3000円 延長2000円(30分) 3名以上で団体割引あり
http://pretty-angel.com/index2.html



撮影/石川真魚

第六十九夜【前編】

まさにチラリズムの波状攻撃! ニップレスバーが首都圏初上陸 【担当記者:スギナミ】   アフターの定番、歌舞伎町「野郎寿司」でスナック嬢との深夜デート中、ふと視線を落とすと、「あ~っ、スギナミさん、いま見てた… […]

第六十八夜【後編】

【担当記者:ナカソネ】 これが噂のグルジア美人……と思いきや?  カスピ海ヨーグルトで有名な長寿国・グルジア。地理的にはベラルーシよりも日本に近いですが、グルジア料理店は日本にあるのはたったの数軒 […]

第六十八夜【前編】

ロシア系美女が家庭料理を振舞うレストランで 看板娘を激写! 【担当記者:ナカソネ】  久しぶりに金髪娘と触れ合うべくホームタウン六本木へと馳せ参じるも、最近は「俺の夜」の取材でアキバ通いが続いたせいか、すっかりナンパもで […]

第六十七夜【後編】

【担当記者:苫米地】 飲んで食べて、見て。注文時は渾身のトーク  ほろ酔いで店を出ると、ガラス張りの店舗の奥でショートパンツ&ヘソ出しルックの女のコがお運びをする店が……。「串揚げ居酒屋まんてん」 […]

第六十七夜【前編】

目下、都内で急増殖! “ガールズ居酒屋”の清く正しい楽しみ方を学ぶ! 【担当記者:苫米地】 近頃、夜の街で目立つのは全品均一の料金で営業している「270円居酒屋」。我々フトコロの寂しいサラリーマン […]

第六十六夜【後編】

【担当記者:テキサス】  巨乳好きのテキサスの「おっぱい大きいね?」のオッサンな問いかけにも「新鮮な牛乳を飲んでるからかな?」(心美ちゃん・Dカップ)と「たぶん寒くていつも肩をすぼめているから、寄せて上げて効果で大きくな […]

第六十六夜【前編】

雪まつりで賑わう札幌・ススキノに上陸! 極寒の地で得た美女の温もり 【担当記者:テキサス】   特に、人肌恋しいこの季節。どこかにハートウォーミングなキャバ嬢はいないものか? そんなとき、北海道出身の夜遊びの先輩に言われ […]