新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

第二十夜 【前編】

不況が生んだ副産物!?
キャバ嬢のレベルがグ~ンとアップ!
夜の名古屋万遊記

【担当記者:テポドン】

 男児に生まれたからには、故郷に錦を飾りたいと願うのはごくごく普通のこと。名古屋を飛び出して早15年。帰省のたびに、次こそは帰郷の前に”凱旋”という枕詞を置きたいと願い続けているものの、いまだに新幹線乗車がささやかな贅沢となっているテポドンでおま。

 さて今回の夜遊びターゲットは、昨年末に「第二の派遣村ができるのでは?」とまで騒がれた名古屋。車が産業の中心な街だけに、不況という名の台風が直撃中の今、どんな変化が表れているのかは気になるところだ。

 名古屋駅に到着したのは午後4時を少し回ったところ。地元の友人との待ち合わせまで時間があったので、名駅裏のキャンパブで軽く遊んでおこうとしたんだが……。

 ない! キャンパブがない!

 栄華を極めた名古屋が誇る最強の風俗・キャンパブがないじゃないか! 高校時代に女から「来ないの……」と言われたとき以来の衝撃で思わず目眩がした。廃墟と化したキャンパブビルの前で立ち尽くし、地元の悪友・オカダに連絡すると、「逮捕! ヌキなし! キャバ! ない!」と、単語を連発されて切られてしまった。

 説明しておこう。キャンパスパブ、通称・キャンパブとは名古屋で大流行した個室型のピンサロのことである。安くて女のコの質が高かったことから、出張組が新幹線に乗る前に一発抜けると大評判になり、名駅裏一帯にキャンパブ村とも呼べる密集地帯ができあがっていた。しかし、そのキャンパブも昨年末に摘発が相次ぎ、村は壊滅。鞍替えしてキャバクラになったものの、抜きに慣れきったファンからは見放され、そのキャバクラも潰れたというのだ。

 まるで初恋の相手が不治の病で死んでいた……。そんな気持ちである。肩を落としてオカダと合流するために、名古屋一の繁華街、錦三(キンサン)こと、錦三丁目に向かった。

yoru20_1.jpg

yoru20_2.jpg

かつては新幹線乗車を控えたエロゾンビが大挙して
押し寄せたキャンパブビルも、今では空室が目立つ。
キャンパブで働いてたレベルの高いコが、デリヘルなどに
流れている

取材協力/響波速人

第二十夜 【後編】

【担当記者:テポドン】

■夜はキャバクラ 昼は出会い系

 手羽先をつまみながら、最近の事情を聞くが、明るい話はない。

「名古屋でよぅ、三本の指に入る高級クラブ『X』が年末に給料遅配したんだわ。車関係の連中がもう来ぇへんもん。キャバクラも暇だから売れんコは休ませとるもんで、レベルは上がっとるわな」

 景気が冷え込んでいるようだが、そのおかげで女のコの質が上がったというのはなんとも皮肉なことだ。腹ごしらえもできたので、いよいよ夜遊びスタート! まずは、軽く錦三を歩いてみたのだが、道行く人の3倍くらい呼び込みがいる。こりゃ重症だなと、思いつつ連行されたのは「K」というやや高級なキャバクラ。50分セットで8000円。オカダによれば8000円が名古屋では高級店のラインだという。

 店内に客はまばらで、木曜日の22時にしては寂しすぎる光景だ。奥のテーブルで待機するネエちゃんたちのレベルは確かに高い。指名せずに適当にネエちゃんを回していく。まぁ、愛でて楽しめってことだわな。結局、さらに2軒はしごして泥酔。

yoru20_3.jpg

名古屋は栄の繁華街、通称・錦三とプリンセス大通り。
夜遊びなら、この界隈に行けばまず間違いはない。
週末でも名古屋の夜は早いので注意しよう!

 翌日、むかったのは名古屋が発祥と言われる出会いカフェ「Z」。マジックミラーの中にいる素人のコを指名して交渉。そして連れ出して……という店だ。勝手のわからない俺は常連と思しきオッサンに、それとなく話を聞いた。すると、まぁ、話す話す。「アイツはメシだけ」やら「デート欄の『その他』にチェックはアツい」など。やはり先輩たちの話は役に立つ。まずは連れ出して話を聞かねばということで、「楽しみたい★」という25歳OLを指名。連れ出し料金を払って外に出た。店を出ると女はさっそく切り出してきた。

「ところで今日はどうしたいの? 早く楽しもうよ★」

 もじもじしていると、「2(万円)でいいよ」と畳みかけてきた。とりあえずカフェで……と、お茶を飲みながら話を聞いた。すると女は、「この店は久々」と言いつつも、相場や常連のことなどをやたらと詳しく話してくれた。そして、なぜこの店のことを知ったのかと尋ねてみると……。

「SPA!って雑誌読んだの。知ってる?」

 母さん、俺は自分の仕事に誇りが持てなくなりました……。

yoru20_4.jpg

連れ出した女をパチリ!
これで撮影料3000円って、ボッタクリですか?

取材協力/響波速人

第十八夜 【前編】

SかMか。
新しい自分を発見できるボンテージ・バーで実演調教!

【担当記者:ナカソネ】

「SとMどっち?」

 合コンでの中盤戦。自然な形で下ネタトークに移行するためのイントロダクションとして用いられがちな常套句。今までそんなSM小話を酷使してきたナカソネですが、果たして自分はどっちなのだろうか? 先日、合コン終わりの反省会で自問自答。「じゃあ、ちゃんと答えを出してもらおう」と、悪友Iに連れて行かれたのがボンデージバー『Kedama』だったんです。

現役女王様によるSM診断。論より証拠の調教プレイ!

 六本木交差点のほど近くにある雑居ビル。出迎えてくれたのは、飛室イヴさんと麻生みづきさん。Vシネマの出演経験もある女王様たちです。特にイヴ様は、縄師としてAV出演200本以上。東スポ紙上で調教連載をしていたこともあるカリスマ女王様なのです。

「あなたたちみたいに、『自分はSとMどっちか?』なんて、聞きにくるお客さんが多いのよ」

と言いつつ、ジラすかのようにタバコをトントン。

「火を点けさせてあげるわね」と言うイヴ様に対し、「幸せです」と、思わずライターを差し出しちゃいました。キャバクラで女性から火を点けられるのが当たり前になっていたナカソネにとって、この行為はすごく新鮮。「なにげない日常会話から、調教が始まってるのよ」と、横で見ていたみづき様もほくそ笑みます。そして、話は核心に。

「ナカソネ君って話をしているとき、じっと目をそらさないし、まばたきもしない。かまってほしがりのM男の素質アリね。じゃあ、調教してあげる。今日は取材だから特別。普段はしないのよ」 

 戸惑いの表情を浮かべるナカソネとは対照的に、隣にいた赤い首輪のヨウコさんは羨望の眼差しに。このお店には、彼女のようなM女も在籍。SかM、振り切った性癖の女性しかいないんです。

 縄を取り出し、あれよあれよという間に、ナカソネの体を縛りつけていくイブ様。体の自由を奪われたうえ、手で視界を塞がれました。そして、耳元で一言。

「大丈夫? ……って言いながらキツくするんだけど(笑)」

 優しい囁きと同時に、より強く締められる縄。まさにアメとムチ。このサジ加減がたまりません。目を閉じてされるがままになっていると、女王様の淫靡なパフュームがナカソネの鼻孔を刺激します。ああ、六本木のど真ん中で、僕は何をされてるんだろう。母さん、ごめんなさい。でも、このドキドキは今まで味わったことのないドキドキであり……。

 次の瞬間、宙吊りにされ、いつのまにか亀甲縛りをされていた悪友Iを見下ろす格好に。熱いロウを舌に垂らされながら、「この世界にハマる人がいるのもわかるなぁ」と妙に納得したナカソネでした。

yoru18_1.jpg

左がイヴ様、右がみづき様。ものの十数分で、縛り上げられてしまう。まさに匠の技!
表情は見えないが、恍惚の顔のナカソネと悪友I

yoru18_2.jpg

妖しく黒光りするムチの数々。
ただのオブジェというわけではないはず!?

⇒【後編】へ続く

撮影/渡辺秀之(本誌)

第十八夜 【後編】

【担当記者:ナカソネ】  調教プレイが終わり、カウンターで一杯。「縛られると私しか頼れないのよ。自由にさせるのも私にしかできないからね」と、イヴ様。たしかに、自由を奪われると身を委ねるしかありません。そこで感じるのが、妙 […]

第十九夜 【前編】

♪すばらしいYMCA 懐かしの’80&’90年代歌謡曲でフィーバーする夜 【担当記者:苫米地】  歌は世につれ人につれ。誰にも心に残る歌ってものがある。俺が初めて聴いたレコードは兄貴が持ってたシャ […]

第十九夜 【後編】

【担当記者:苫米地】 さぁ、立ち上がれ! 憂鬱など吹き飛ばして 君も元気出せよ!  BOOWYの「わがままジュリエット」がかかればヒムロックの声色をまねる宴会部長。そこにエアギターで絡む布袋ファンとおぼしき人。BOOWY […]

第十七夜 【後編】

【担当記者:テキサス】 「顔相にはその人の生き方や性格、心理が滲み出ます。手相と同じで日々変化するものなのです」とは、顔相占い師として人気の新堂未來氏。そこで、テキサスがお気に入りの新宿歌舞伎町『レジェント』のキャバ嬢3 […]

第十五夜 【後編】

【担当記者:苫米地】  帰り際、店長に気になっていたことを聞いた。ズバリ「女のコたちは営業などするんですか?」と。  すると意外や「イエス」とのお答え。 「あくまで普通のキャバクラと同じノリで楽しんでいただき たいと思っ […]

第十六夜 【前編】

男の夜遊びに女はいらねぇ! ゴールデン街でとことん泥酔 【担当記者:テポドン】  嫁に内緒で始めた出会い系だったが、なぜか相手に送ったメールの内容をつきつけられてびっくり仰天。それもそのはず口説いた相手が嫁の友達。世の中 […]

第十六夜 【後編】

【担当記者:テポドン】 ■激ウマの煮込みが堪能できる名店  ゴールデン街のお店は、どの店も小さい。そのため、お店でしっかりとしたつまみを食べられる所は、意外に少ない。そんななか、食べながら飲みたいという方にオススメなのが […]