TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

第五十夜【前編】

お水の裏側拝見!

不況下で夜の街に急増している派遣キャバ嬢って何?


【担当記者:テキサス】

「お仕事は何しているんですか?」とキャバ嬢に聞かれたら、「トラックの運転手。だから、営業メールされてもなかなか通えないよ」と、最近は財布の紐を締めるため、早めに防衛策を講じるテキサスです。

 それにしても最近、キャバ嬢と仕事話に花を咲かせていると「昼の仕事と掛け持ち」という声をよく耳にする。聞けば、プロフィールを登録して好きなときにお水のお仕事ができる、派遣キャバ嬢がいるのだとか。そこで、今回はお遊びを控え、業界の裏側を見学。都内唯一の水商売専門派遣会社「アシスト」に話を聞いた。

「お金はほしいけど水商売1本はイヤ」

「派遣キャバ嬢のシステム(左囲み参照)は至って簡単です。面接後に会員番号とパスワードが与えられ、弊社のサイトで店舗情報を検索。仕事をしたい曜日などの条件設定をすると、条件に合った店舗情報が女のコにメールで送信されるようになっているんです」

 営業部長の松浦宏哉氏が、そう解説してくれた。女のコはメールで送られてきた詳細情報をチェックし、気に入った仕事があればシフト登録をして店に直行! ワンコールワーカーという派遣労働が話題になったが、そのお水版と言える。まさに”ワンコールキャバ嬢”と呼んでもいいだろう。

 また、同社の登録スタッフの大半は水商売経験者。登録後に簡単な説明はあるが、「水商売のいろは」を指導することはない。

「依頼の5割強はキャバクラですが、クラブやスナック、ガールズバーなどにも派遣しています。店により接客方法も違うので、基本的には派遣先の店で指示を受けるようになっています」




yoru50_1.jpg

ナイトワークの人材派遣会社「アシスト」(http://assist-web.net/)の
登録者数はなんと約3700人。もともとはスカウト会社だったが、
スカウト行為への規制強化から’04年に開業した



★ワンコールキャバ嬢の派遣されるまでの流れ」

【1】派遣会社に登録」
お店から派遣会社に仕事依頼

【2】お仕事メール確認

yoru50_2.jpg

条件が合えば……

【3】仕事場へ直行

yoru50_3.jpg

登録後、お仕事メールを受信。そこには「スーツはひざ上10cm
以上のもの」など細かい条件が書いてあり、働く条件が合えば
お店へ直行!





撮影/磯野祐次

第五十夜【後編】



【テキサス(29歳)】

 女のコの給料は派遣先の時給計算で、日払いで支払われる。派遣会社の収入は、1日1人派遣して得られる3000~4500円の手数料。一日最高100人もの依頼があるとか。

「キャストの急な欠勤や、人数が必要なイベント日などに利用されています。店側も、必要なときに必要なだけ人数を確保できるため、コストの削減になるんですよ」

 店側だけではなく、女のコサイドの需要も高い。この夜の派遣という働き方が知れられるとともに、登録スタッフの数も増えている。

「当然、経済的な問題で働いているコが多いでしょうね。ほとんどのコが昼間の仕事(下記グラフ参照)を兼ねていますが、満足な収入が得られないんでしょう」

 職種上、派遣キャバ嬢に登録している女性は25歳以下が約8割を占めるが、30代以上の登録者も多いとか。昼間だけでは十分に稼げない、そんな現実が見える。

派遣キャバ嬢は口説きやすい!?

では、実際に派遣登録している女のコに聞いてみた。

「昼間は喫茶店のアルバイトをしています。それだけじゃあ、貯金も買い物もできないから、今は週3~4日ペースで派遣キャバ嬢として働いているかな。前はキャバクラで働いたんですけど、ノルマが厳しくて辞めました。この派遣なら、人間関係のしがらみもノルマもないので、スゴく楽です」(ナナミちゃん・仮名・21歳)

 また、昼間は手取り20万円弱の保育士をしている美咲ちゃん(仮名・23歳)もまた、経済的な理由で派遣登録しているという。

「昼間の仕事が忙しく、かと言って、時間の融通が効く兼業バイトもありません。でも、派遣なら平日でも終電までに終わる店舗で働いたり、休日でも働ける店を探すことができるんです。若い間しかできない仕事だし、女磨きも目的のひとつ。オシャレをしたり、接客を通して気配りのできる女性になりたいんですよね」

 ちなみに、松浦氏によれば、登録女性は首都圏だけでなく、沖縄在住のコまでいるとか。

「東京近郊の登録スタッフも多いですが、東京に遊びに来た際の、滞在中のお小遣い稼ぎとして登録しているコも多いですね」

 そんな気軽なノリの派遣キャバ嬢なら、手練手管を弄するプロのキャバ嬢よりもきっと口説きやすいはず。そう思い、せっかく固く締めた財布の紐を緩めてしまうテキサスでした。


yoru50_4.jpg

大学生、フリーターが多いのはまだわかるが、一番多いのが実は会社員。
それだけOLの給料が安いということなのか



yoru50_5.jpg

登録の理由は「女磨き」と話す美咲ちゃん(右)。ナナミちゃんも「女のコなら一度は
水商売を経験して損はない」と話していた。これも時代か!?



撮影/磯野祐次

第四十九夜【前編】

会社帰りのOLとまったり遊べる!

素人ガールズカフェが人気急上昇中!


【担当記者:テポドン(33歳)】

 野球にせよ、サッカーにせよ、素人の試合よりも観たいのはプロの試合であり、彼らの悶絶級のテクニックである。だが、ことエロ業界に目を移すと、文字どおりプロの悶絶テクニックを味わったり、見たりしたい人もいるにはいるが、”素人”という言葉が持つ耽美な響きに悶絶する者は多い。

 しかし、ここで問題がある。33歳になってしかも嫁まで抱え込んでしまっている身分の俺だ。今さら楽しく遊べる素人ネエちゃんと出会うのは、まさに至難の業。出会い系で”半素人”を漁るのもリスクが高いし、趣もへったくれもない。深いため息をつきながら、三十路の既婚者に夢はないという現実を受け入れようとしたとき、俺はこの店に出会ったのである。

 今回突撃した神田のガールズカフェ・「TOKYO GIRL’S CAFE」は、なんと登録している女性スタッフが全員”素人”なのである。しかもその数、総勢300名ときたもんだ! 店長に話を聞いた。

「ウチのコたちの大半は、昼間の仕事を持ってるんですよ。仕事帰りにウチで軽くアルバイトする感じですね。だから、出勤シフトも申告制だし売り上げのノルマもナシ! あえて条件を言うなら、私服が”制服”になるから、オシャレにしてくることですかね(笑)」

 平たく言うと、こちらのお店は、仕事帰りのOLや学校帰りの学生と飲んだりおしゃべりできるのだ。たまにキャバクラなんかで「昼はOLなんですぅ~」ってな手合いに会うが、あのドレスと盛りまくったヘアスタイルから昼間の姿を想像するのは、至難の業。しかしここでは想像するまでもない素敵な現実がお出迎えなのだ。



「嬉しいから万歳してもいいですか?」と、キャストを集めて一人で「素人万歳!」を三回。
いやぁ~それにしてもイイ匂いがした





TOKYO GIRL’S CAFE
住:東京都千代田区内神田3-14-7 3.14ビル
電:03-5256-8851
http://www.tokyo-girls-cafe.com/

営:19:00~翌1:00 料:セット料金3780円(税・サ込みの40分)
●女のコがコスプレする制服DAYや水着DAYなどのイベントもあり。ホームページで要確認!


撮影/磯野祐次

第四十九夜【後編】

【テポドン(33歳)】 日常会話こそ、最大の武器! 「こんばんは!」  キュートで張りのある挨拶と、はにかむ笑顔で出迎えてくれたのは麻衣ちゃん(24歳)だ。本業を訪ねると「昼間は歯医者さんの受付してるんですよ」とのこと。 […]

第四十八夜【後編】

【担当記者:スギナミ(31歳)】  カウンターを挟んで美女二人を鑑賞しつつトークをするのも楽しいが、「もっとハーレム感を味わいたい」と懇願する僕に姉妹が案内してくれたのが、同じビル内にある「DOUBLE」というバー。カウ […]

第四十八夜【前編】

歌舞伎町の名物美人姉妹としっぽり楽しむ”双子丼”の夜 【担当記者:スギナミ(31歳)】  夜の蝶の二大潮流といえば、”お姉系”と”妹系”。ツンデレ美 […]

第四十七夜【前編】

伝説のカリスマキャバ嬢が薄給リーマンのための夜の攻略法を伝授!! 【担当記者:ナカソネ】  キャバクラからの帰り道。1セット40分という束の間の宴を振り返りながら歩いていると、夜空に満月が出ていることに気がつきました。満 […]

第四十七夜【後編】

⇒第四十七夜【前編】はこちら 【担当記者:ナカソネ】 「お誕生日のときにスタンド花を出すととても喜ばれますよ。キャバ嬢は自分の存在を周りに誇示したい生き物ですから。あとは、キャバ嬢って酔っ払ってハンカチや名刺入れをよくな […]

第四十六夜【後編】

【担当記者:テキサス】  また、バニーガールたちには同伴などノルマの強制もないため、肉食系キャバ嬢のように客の奪い合いになることもない。  そんな見た目どおり草食系な彼女たちの接客態度も魅力のひとつ。つい調子に乗って「年 […]

第四十六夜【前編】

肉食系女子台頭の時代だからこそ、行きたくなる草食系バニーのいるお店 【担当記者:テキサス】 「今日はお店に来ないのかな? もし来てくれたら一緒にアフターしてもいいよ。そのくらい、テキサスさんに会いたいの★」  キャバクラ […]