TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

<奇跡の30歳を探す旅 2>歌舞伎町に現れた“三十路の妖精”をつかまえに行く

DMA-790A0990 売れっ子を見れば、その店のレベルや客層がわかる。ましてや、年端もいかない小娘ではなく、年を重ねたキャストが売れっ子の店は、安心して楽しむことができる。この連載が始まって以来、あまたの店や女のコを取材してきた俺が導き出した法則のひとつだ。

 今回は、日本一の繁華街・歌舞伎町から「奇跡の30歳を探す」という30周年記念ミッションをお届けしたい。不肖・苫米地が33歳で始め、足掛け10年。本稿での“美女探しの旅”史上、最も難易度が高い指令なのは言わずもがなだ。

 訪れたのは区役所通りはロサ会館付近。このあたりは高級キャバクラが軒を連ねており、最も歌舞伎町らしいと言っていい通りだ。

 その中でも“名門中の名門”、“伏魔殿”などとプロアマ問わずその名が轟く娯楽の殿堂、「チェックメイトビル」が今回の舞台だ。

ひと目会ったら虜!? 40代に大人気嬢来る!


 銀色に鈍く光る、重い鉄扉を開くと異様な熱気。「今日は遊ぶぞ!」と言わんばかりに気合の入った男性客もちらほら。それを迎え撃たんとするキャストの女のコのレベルも高い。

 そんな同店で店長氏が強力にすすめてくれたのは、中年男性から若い男子まで、一度席につくと虜にしてしまう売れっ子だという。

「こんばんは~、ウフフフ」

ゆなさん(31歳)

入店して1年のゆなさん。幅広い話題づくりと細かい気配りが、おっさんにとどまらず、20代の男子にも人気なんだとか

 目の前に現れたのは、ふんわりとした雰囲気が、いい意味で歌舞伎町っぽくないゆなさん。平成生まれのコムスメかと思いきや、昭和62年生まれの31歳という。

DMA-790A1006「年取ってて、ゴメンナサイ……」

 と謙遜するが、見た目はどう見ても20代。育ちの良さそうな、おっとりとした話し方に目尻が下がる俺。今どきのギャル(←死語?)のような平坦で、ツッコみがちな話し方に、心拍数が上がりがちなおっさんにとって、しっかりと目を見て話してくれるゆなさんの落ち着きはなんとありがたいことか。

ゆなさん(31歳)《奇跡の30歳~File1.》
ゆなさん(31歳) 87年、東京都生まれ(AB型)
趣味●ゲーム
好きな食べ物●お寿司(とくにウニ)
好きな男性のタイプ●西川貴教(TMR)
今欲しいもの●愛と包容力
チャームポイント●おちょぼ口

ゆなさん(31歳)

中学生のときからTMレボリューションの大ファン。強い風を浴びながら、一緒に「HOT LIMIT」を熱唱したい

「日本酒が好きなんですけど、一緒に飲む人によって種類も酒量も変わります(笑)」

 聞けば、肉よりも魚が好きという「穏健派」。好物の寿司をつまみながらゆっくりと話してみたいと思わせる。

キレイどころとワイワイ楽しもう!


りりかさん(左)、めいゆさん(右)

りりかさん(左)、めいゆさん(右)。20代中心のキャストが40人ほど在籍する、歌舞伎町の高級店だが、カジュアルなノリで肩肘張らず楽しめる

「一緒にごはんに行くなら、お寿司がいいですね。とろけるようなウニを食べたいです……」

 ウニの話題で目を潤ませるゆなさん。実際に食べさせたらどんな顔をするのだろうか……それを想像するだに、おっさんの心と懐は千々に乱れる。

ワイワイ楽しもう「今欲しいものですか? 愛と包容力かな? 最後に愛に包まれたのはもう1年も前なんです……」

 こんなの30代に出会ったのはきっと奇跡じゃない……。世界に冠たる歌舞伎町の“真の実力”を思い知った夜であった。

JUNES

JUNES

【JUNES】
住:東京都新宿区歌舞伎町2-23-12 チェックメイトビル1F
電:03-3232-3222
営:20時~LAST
休:日曜
料:1万円(60分)~、本指名・場内指名3000円、税・サ(8%+25%)
●ハウスボトルはヘネシーVSかオールドパー12年

撮影/野中ツトム(清談社)協力/ポケパラ編集部

<奇跡の30歳を探す旅 1>パリピの聖地 渋谷・道玄坂で年相応に遊ぶ!

 今年で『週刊SPA!』が30周年を迎える。そこで本誌の誕生と共に産声をあげた「奇跡の30歳を探せ」という指令が下されたわけだが、30歳といえば、若さばかりがウリのキャストとは異なり、それなりの人生経験からアジや深みが増してくる頃。第1回を任命された新米記者のタマゴ。さて、どうしたものか。

マークシティ横の路地裏 とりあえず、渋谷でも行ってみるかな……実は某ギャル雑誌の編集者だった僕は、毎晩パリピたちのお尻を追っかけながら夜遊び事情を探ってきた。とはいえ、気づけば自分も34歳。爆音のCLUBや肩肘張るようなキャバクラからは足が遠のきつつもある。新米記者らしからず、すっかりおじさん世代の仲間入りしてしまっているわけだが、若者の街・渋谷で、奇跡の30歳とゆっくり楽しめる店はないものか……。

渋谷にも安く飲める“スナック”が存在!


 渋谷のスクランブル交差点が苦手という人も少なくないと思うが、今風のファッションに身を包んだ若者たちを横目に、やってきたのはマークシティ横の路地裏。スナックとラウンジの中間的な「ROOP」という店だ。出迎えてくれたのは、ママのかおりさんとチーママのありささん。ともに’88年生まれ、今年で30歳。

左・かおりさん、右・ありささん

左・かおりさん、右・ありささん。2人とも’88年生まれ。今年で30歳になるママコンビ。キャストは20代半ばが中心で、スナックの割には若い女のコがそろう

「こないだ40代の常連のお客さんに『奇跡の30歳』として出演することを話したら笑われちゃったんですよ~」(かおり)

 そんなかおりさんはマルキュー店員だった時代があるらしい。当時、タマゴと顔ぐらい合わせていたかも? ともあれ、総じて客層が若い渋谷の飲食店のなかでも常連客は40代が多いという。

店内

店内は落ち着いた雰囲気で、渋谷とはいえパリピな客は皆無。カラオケもあるので、まったりとデュエットを楽しむのもアリだ

店内 ありささんは競馬が好きで、ギャンブルの話題で盛り上がることもあるそうだ。おじさんの扱いはお手のものといったところか。同店がオープンしたのは3年半前だったという。

30歳を目前に控えて一念発起!


「もともと2人とも渋谷でキャバ嬢をやっていたんです。でも将来どうするのか考えるようになって。ノリと勢いですが自分で店をやることに決めました」(かおり)

かおりさん 20代も後半に差し掛かると、だれもが人生を考える頃。

「この街の女のコは、だいたい26~27歳ぐらいが分岐点。銀座に移ったり、昼職を始めたり、結婚したり。辞めちゃう人も多いけど、やっぱり渋谷に長くいるから愛着もあるんです」(ありさ)

 かつて在籍していたキャバクラの店名を聞けば、若かりし日のタマゴが徹夜仕事を抜け出して足を運んだ記憶が思い起される。

 そんな思い出に目を細めつつも、実はこれまでスナックの内輪ノリが苦手で、避けていた部分もある。同店は30歳コンビが切り盛りするスナックだけあって、キャストは20代半ばが中心だが、「お客さんの空気を読んで、無理に絡んだりはしない」という。だからこそ、すんなりと打ち解けられた。若者の街・渋谷の“大人の一面”を覗くことのできた夜であった。

ガールズラウンジ渋谷 ROOP

渋谷のキャバクラで飲めば数万円は覚悟しなければならないが、同店はボトルキープ制で6000円~とお手頃。通ってしまいそう

【ガールズラウンジ渋谷 ROOP】
住:東京都渋谷区道玄坂1-7-10 新大宗ソシアルビル5F
電:03-5784-0177
営:20時~LAST
休:日・祝日
料:ボトル各種6000円~時間無制限 ※初回のみ1時間4000円でハウスボトル飲み放題(税サ別)

撮影/長谷英史