新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

ムッキムキな男たちの筋肉美に思わず見とれるマッスルな夜

 毎年、年初に一年の目標を立てている。厄年が明けた今年、’19年の目標はガチムチである。たるんだ体に喝! 年明けからこっち、日々是筋トレの日々を送っているのだが、ジムには通うものの体重は落ちない、筋肉はつかない、ただ疲れるだけ……。果たしてこのまま通い続けてもガチムチになれるのかと不安になっていたある日、嫁がパソコンを見ながらキャーキャー言っているので、覗き込むと、そこにはワニの腹のように割れた腹筋と隆々とした背筋を見せつける男たちの姿があった。

「あんたもジム通ってんなら、このくらいになったら」

 そんな嫁の一言が胸ならぬ、たるんだ腹にグサリ。その翌日、私はホームページの店、マッスルバー赤坂の扉を開けたのであった。

筋骨隆々たる肉体美の世界


 扉を開けると、そこにはムッキムキの男たちがズラリ。そのあまりにも勇壮な姿に、思わず口をポカーンと開けてしまう。そんな私を尻目に、口開けにもかかわらずひっきりなしに女性客が訪れ、あっという間に満席。店員たちがお出迎えをするたびにキャーキャーと黄色い歓声が店内に響く。

ガチムチな筋肉自慢の店員に囲まれながらプロテインで乾杯!


 ガチムチに憧れてはいるものの、さすがに私がキャーキャー騒ぐわけにはいかないので、店員の“兄貴”たちに振る舞い酒をすることに。だが、そこはマッスルバーである。振る舞ったのは酒ではなく、プロテインであった。

名物マッスル生搾りサワー

名物マッスル生搾りサワー(2000円~)を注文すると、店員たちのスペシャルパフォーマンスを見ることができる

 プロテインをジョッキに入れていざ乾杯。そこで始まったマッスルバー名物の乾杯コールで、店内のボルテージは上がっていく。ドリンクを運ぶたびに筋肉を見せつける店員は、話す言葉の語尾には「マッスル!」と付け加える。店内のそこかしこで筋肉を見せつける店員と、マッスルコールが響き渡り、そのたびに女性客から歓声が上がる。酒を飲んでないのにこのテンションの高さは、いったい何なのだ……。数々の夜の店を取材してきたが、こんなテンションと盛り上がり方は初めてである。

マッスルドル

1枚100円のマッスルドルを10枚単位で購入し、マッスルショーではお気に入りの店員にチップとして渡すことができる



店内のマシンを使って空いた時間は筋トレ!


店員の実演

効果的な筋トレ方法を聞きながら、店員の実演を拝見。隆々とした背筋に思わず見とれてしまい口がポカーンと……

 気になるお値段は90分飲み放題で女性は3000円、男性は4000円。店長によれば、やはり女性客が多いのだが、女性に連れられてくる男性や筋トレ好きの男性客がやってくることも多々あるそうだ。確かに、アフターや同伴で飲み屋のネエちゃんを連れてきたら確実に盛り上がりそうである。後日、馴染みのスナックのチーママにこの写真を見せると「ちょっと連れてってよ~」と、初めてのアフターおねだりをいただいたのであった。

 ジョッキ一杯のプロテインを飲み干し、店を後にした私は、そのままジムへ。なんとも健康的な一夜となったのであった。

【マッスルバー赤坂】
住:東京都港区赤坂3-20-9 岩澤ビルB1
電:03-6886-7001
営:火~土20時~翌3時/ 日19~24時
休:月
料:女性3000円、男性4000円(飲み放題)
チップとして1枚100円のマッスルドルがあり、10枚単位で購入可能

撮影/赤松洋太

22歳現役アイドルが営むスナックで渋谷に確かに残る“人情”を感じた夜

 先日、渋谷の駅前に人だかりを発見。近寄っていくと人気らしい女性YouTuberで、そのまま素通りしたスパムです。近年、大規模な再開発の進む渋谷にはエクストリームやらブリッジやらと、サラリーマンには覚えづらい新名所が続々と誕生。街が新しく生まれ変わる一方で、古くから渋谷にあるスナックの数が減少しているという。そんななか、2年前に20歳の現役アイドルがオープンさせたスナックがあるとの情報をキャッチ。早速、会いに行ってみた!

ママの手料理を目当てに中年オジサンたちが集う


芹奈

お店オリジナルの芋焼酎「芹奈」(1万円)を抱えるママ。渋谷系6人組アイドルユニット「SCRamBLE」の青担当としても活動中

 今回訪れたのは、渋谷の道玄坂から路地を入った百軒店の一角にある「ヤングスナック-芹奈-」だ。入店すると、カウンター席とソファ席を合わせて15席ほどの昭和感漂う雰囲気。違うのは「いらっしゃい!」と、笑顔で迎えてくれた川崎芹奈ちゃん(22歳)。アイドル7年目の彼女だが、16歳から将来はスナックを開きたいと思っていたとか。

「ライブ帰りにスナックの前を通ると楽しそうな声が聞こえてきて、人との交流が好きな私に向いてるなって。あと私、昔からスーツ姿のオジサンがすごく好きなんです」

ママはオジサン好きの現役アイドル!


 そんなオヤジ殺しのセリフに瓶ビールがいつもより旨く感じる。アイドル特有のサービストークかと思いきや、結構ガチのご様子で。

「百軒店は渋谷でも静かで老舗の飲食店も多くて。最近は、私のことを知らない中年サラリーマンのお客さんも増えてきて嬉しいんです。特にお腹がぽっちゃり出てる人を見るとかわいいなって思うし、触りにいっちゃうぐらい(笑)」

お客

お客の年齢層は40~50代。「口説くみたいな人はいないけど、近所の風俗店から出てきた常連さんと鉢合わせしたことがある(笑)」

 また同店では、芹奈ママが作るおばあちゃん直伝の料理も人気だ。

「家庭料理も楽しんでもらえるスナックにしたかったんです。好評なのは、きんぴらごぼうやだし巻き卵。ご飯とお味噌汁のセットにもできるので、夜ご飯だけ食べにくる常連さんも多いですよ。たまに失敗しちゃうこともあるけどそれも含めて手料理かなって(笑)」

料理姿

現役アイドルの料理姿を堪能できる。

カラオケの代わりにギターで即興の引き語り!


 注文後、カウンターでママの料理姿を眺めつつ酒を飲みながら待ってる間も至福のひと時だろう。スナックといえばカラオケだが、ここはカラオケがない代わりに芹奈ママにギター弾き語りをリクエストすることができる。

弾き語り

弾き語りリクエストは1曲1000円。

「’80年代や’90年代の歌謡曲が得意で、40代に人気なのは森高千里さん。一緒に歌ったりしていると、青春時代を思い出すのかな。帰り際に『感激した!』って、握手されることがよくあります」

 今はアイドルとスナック経営を兼業している彼女だが、「スナックはずっと続けていきたい」とも。

「お金だけ見てキャバクラに流れるコは多いけど、スナックのほうが幸せになれると思う。お互いに年を重ねながら、深い人付き合いが学べて。私はもうお客さんの老後まで心配してます(笑)。ウチに寄ったら、少しでも気持ちが和らぐような居場所に育てたいです」

 変わりゆく街だからこそ、変わらずに残してもらいたいお店がある。彼女のスナック愛に胸を打たれ、川崎芹奈のYouTubeチャンネルを登録するスパムでした。

南蛮風から揚げ

特製の南蛮風から揚げ700円

【ヤングスナック-芹奈-】
住:東京都渋谷区道玄坂2-19-11 JP道玄坂ビル2F
電:03-6416-0383
営:17時~23時30分(月曜のみ19時オープン)
休:日曜
料:チャージ500円
不定期開催のイベントなどは、お店のツイッター(@ysnack_serina)まで

撮影/水野嘉之

大阪・ミナミに突如現れるド派手な遊郭ガールズバー

 大阪・ミナミに行くといつも感じることがある。東京が失ったどこか猥雑で淫靡な空気。煽情的な看板、ド派手な店構え、客引きのお兄さん、お姉さん、そして酔客がそれらを冷やかして歩く。この界隈で“発明”された水商売がやがて東京に流れてくることも多く、俺にとっては夜遊びの教科書的な街だ。

 とりわけ人で溢れる宗右衛門町界隈を流していたら、目に飛び込んできた遊郭風の佇まい。角地に白提灯に暖簾、そして朱色の引き戸、酔客や観光客が足を止めている。はて、ここは飛田か松島か!?

クラブやキャバがひしめく宗右衛門町界隈の角地に突如現れる異空間。多くの酔客や外国人観光客が足を止める


格子の中で花魁姿の女のコが手招き……


 ガラガラと引き戸を開けると、目に飛び込んできたのは「張見世」と呼ばれる格子。その中には一段高くなった畳敷きの部屋があり、そこをぐるりと囲んだカウンターに座ると、盛装した遊女たちが、手招いてくる。ここは遊郭を模したガールズバーなのだ。

豪華絢爛な太夫たち。写真左下から時計回りに紫穏(しおん)ちゃん(23歳)、いのりちゃん(22歳)、雛鳥ちゃん(22歳)、ちはやちゃん(20歳)

 外の喧騒から一気にタイムスリップしたような異空間。うろたえていると法被を着た女性番頭がやってきて、システムを説明してくれる。飲み放題の「お殿様の巻(5000円/60分)」コースを所望すると、枡に入った日本酒と乾き物が用意された。枡の角に盛られた塩をちびちび舐めながら格子戸の中の遊女たちを眺めるが、正直目移りしてしまう。


豪華絢爛の遊女がしっぽりとお出迎え


 格子戸から手を出しての呼び込みにグッとくる。不思議な高揚感と背徳感。最初に声をかけてくれたちはやちゃん(20歳)に、コースに含まれていた「小判一両(女のコのドリンク券)」を手渡し乾杯。お殿様気分を味わうため、店に常備されている「バカ殿ヅラ」をかぶってみる。

ヅラ

殿様や町人のヅラは無料で借りられる

 小判を払ったことをいいことに、ちょんまげを触ってもらう“狼藉”を働く俺。目線の先に、ちはや太夫の白い膝小僧が目に入る。これは日本酒が進む……。

格子戸から手を出して乾杯!

格子戸から手を出して乾杯!


小判一両(1000円)が女のコのドリンクカードとなる。

 遊郭と言えば、我々おっさん世代には五社英雄の映画『吉原炎上』の暗く、淫靡なイメージがあるが、若いコたちには蜷川実花の『さくらん』のロックでビビッドな世界がクールでカワイイのだそう。

「女性のお客さまも多いですし、これを見て、ココで働いてみたいと言ってくれる女のコもいるんですよ」とちはや太夫。格子戸の中の遊女たちもこのきらびやかな衣装と世界観がお気に入りだと言う。

 さらに、インバウンドでミナミを訪れた外国人も多く訪れるよう。

「英語・中国語などに堪能な女のコもいますし、ポケトーク(翻訳機)も用意してありんす(笑)」

遊女たちは畳敷きの台に座っているので、着物の裾からはだけたナマ脚を拝めたりもする

 事実、お店のインスタグラムには店内で撮ったきらびやかな写真がズラリ。許可を取れば店内での「ばえる」撮影は可能なのだ。

 東京にも遊郭をテーマにした店はあるが、ここまでこだわったものはない。さすがミナミ。俺の想像のナナメ上をついてくる。

OIRAN de ENJOU~炎城

【OIRAN de ENJOU~炎城】
住:大阪府大阪市中央区東心斎橋2-6 三ツ寺ギャラクシービル5号館1F
電:06-6212-5516
営:20時~翌4時
休:日曜
料:45分3000円(日本酒・ソフトドリンク飲み放題)、60分5000円(すべて飲み放題)
※女性はコース料金からすべて500円引き

撮影/加藤 慶