新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

寒い夜はおでんと熱燗。日本酒ガールズバーで美女としっぽり飲る

 北風が身に沁みる季節となった。コートの襟を立て、足早に歩く人々とすれ違う。いろいろあった今年もあとふた月弱。酒を心から楽しんだ月日はいつの日か。おセンチな気分に包まれていると、久々に夜遊びガイドのO氏から電話が。

「おでん屋にでも行って一杯やりませんか? 秋葉原です」

俺の夜 はて? アキバにおでんを食わす店なぞあっただろうか? チチブデンキ跡の自販機で売られている名物「おでん缶」ではないか?

 指定された住所に行くと、派手な立て看板が林立している。「アニソンDJバー」「透視カフェ」「仔猫カフェ」……エレベーターに乗ればバニーガールと出くわす。アキバらしいテナント満載のビルに目指す「うさぎつね」はあった。

和服美人が心尽くしのおもてなしをします

「いらっしゃいませ」

俺の夜

左から寿雲丹(@Uni_BNP)、りり(@Lily_BNP)、ぽてと(@Potato_BNP)の女将たち。女将たちは日本酒好きで水タバコ好きだ

 スナックのような小さなドアを開けると和服姿の女将が出迎えてくれた。奥の席ではO氏がご機嫌で手招きしているではないか。

「ここはおでんと日本酒を楽しんでいただけるガールズバーです。全国から集めた地酒が飲み放題で召し上がっていただけますよ」

俺の夜

おでん(500円)をつまみながら、常時10種類程度ある日本酒に合わせる。お気に入りの地酒を持ち込んでふるまうご常連も多いとか

 カウンターに座ると温かいおしぼり、グラスがセッティングされた。おでん鍋からは出汁の香りとともに湯気が立ち上っている。

俺の夜 急いてきたのでまずはビールを所望する。供されたのは瓶ビール、それも「キリンラガー」という優等生だ。和服姿の女将が栓抜きでポンと栓を抜き、「おひとつどうぞ」とグラスに注いでくれる。瓶ビールも飲み放題のメニューに入っているというから、心を摑まれる。

 O氏とともにおでんを注文。入荷したばかりだという新酒を勧められた氏はグイと飲み干している。

俺の夜「お酒を飲んだら同量の水を飲んでくださいね」

 と大きめのグラスに水を注いでくれながら、酒をもっきり入れてくれる。俺もここで日本酒にチェンジ。表面張力に感謝しつつ、口から迎える酒は、よく染みたおでんにベストマッチだろう。

おでんの湯気と水タバコの白い煙と

「実は、名物があるんですよ」

 見慣れぬ器具がセッティングされた。固形の炭をのせると、女将がパイプをふかし始めた。白煙がモクモク、そのギャップに仰天。

俺の夜「水タバコが楽しめるんです。40種類ほどのフレーバーがあるんで、好みの味が絶対にありますよ。私たちもみんなハマっているんです」

俺の夜

水タバコ(シーシャ)は40種類程度の味を用意。一度つけると2時間程度楽しめるので、ゆっくりと女将たちと会話が楽しめる

 白煙をブワァッと吐く女将。吸い口は専用アタッチメントが渡されるので、このご時世でも安心だ。

 O氏と俺もチャレンジ。タバコとは違う味がなんとも不思議だが、煙を勢いよく吐くのが楽しい。

「最後はこれでシメましょうか」

俺の夜

〆はおでんを注文するとサービスされる燗酒をおでん出汁で割った「出汁割り」で。女将がお好みの辛さまで七味を振り入れてくれる

 と女将が作ってくれたのは「出汁割り」。日本酒をおでんの出汁で割った赤羽の某おでん店をオマージュした名物。八幡屋礒五郎の七味がピリリと効いて美味だ。

 心も体もすっかり温まった。

【うさぎつね】
住:東京都千代田区神田佐久間町1-16-1大橋ビル504
電:03-3525-4237
営:18~24時(土日は15時~)※特別営業中
休:なし
料:50分・税込み2840円(~21時)、同3480円(21時~)飲み放題。水タバコ1480円

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

赤坂の中心で「カワイイ」と叫ぶ。アイドルたちの夢に酔いしれた夜

 記者になることが僕の夢だった。紆余曲折ありながら、なんとか叶えることができた。いつしか僕の夢は、記事を書くことで「だれかの夢を応援すること」に変わった。だからこそ、毎日忙しい仕事にも耐えられる。

 大きな夢を追いかけていると言えば、アイドルだ。しかしながら、新型コロナの影響でほとんどのライブは開催自粛。活動の場が限られてしまっている。そんなアイドルたちが働くナイトカフェが赤坂にあるという。

俺の夜現役アイドルたちと生で会って話せる!

 多くのビジネスマンが集まる赤坂だが、繁華街の人通りはまばらな印象。そんななか、開店待ちする客の姿がチラホラ……。そこが目的の店「CafePerfetta」だ。扉を開けると、白い制服姿のキャストたちが目に飛び込んできた。まさに、正統派のアイドル!

俺の夜

右から、光月うらら(Twitter:@urara_happy1007)、寧子夏(同:@NENEKA_0805)、とよたかなみ(同:@ToyotaKanami

「いらっしゃいませ~」

 ここでは、ライブやグラビアなどで活動するアイドルを中心に、モデルや声優などのタレントたちが事務所公認で働いている。店長によれば、「もともとそういうコンセプトのつもりはなかったけど、アイドル数人が働き始めると、自然と口コミなどで集まってきた」という。

 通常、アイドルのライブ会場などではチェキ撮影をお願いしても1分程度しか触れ合う時間がない。しかし同店では、ゆっくりと会話を楽しめるのが魅力だ。

“理科の実験”感覚!? 名物オリジナルカクテル

 名物はオリジナルカクテル。材料は決まっておらず、キャストがその場のノリで作るという。

俺の夜

キャストが客の好みなどを聞きつつ、その場の雰囲気で材料を混ぜ合わせるオリジナルカクテル(1000円)。ウマいかどうかは運次第!?

 海好きな記者が「海っぽいので」とオーダーすると、「任せてください!」とかなみさん。シェイカーをフリフリ。そして注がれた液体に口をつける。果たしてお味は……カルピスの甘みとトニックウォーターの爽やかな苦味が絶妙にマッチ(しているような気がする)。

俺の夜「お客さんはみんな優しいので、何を作っても大体おいしいと言ってくれる(笑)」(うららさん)

 今回付き合ってくれた3人は、もともとユニットに所属していたが、現在はそれぞれソロで活動している。コロナによってイベントの中止が相次いでおり、ユニットが解散してしまう流れが増えているそうだ。

前向きに生きる姿に涙腺崩壊

 活躍の場が狭まりつつあるなかで、新たなファンづくりを兼ねて店頭に立つ。そんな話を聞けば、応援せざるをえないだろう。今後は芝居を中心に活動するというかなみさん。声優に挑戦したいという寧子夏さん。

俺の夜

コロナの影響でイベントの開催自粛が続くなか、ここではブロマイドの購入(3枚1000円)やチェキ撮影(1000円)などが可能

 そして、うららさんはコロナの自粛期間でリアルの動きができなかった分、現在は“歌ライバー”に転身したと話す。

「何も活動できなくて焦りました。ただ、そのおかげでライブ配信を始めて。新しい層にも知ってもらえている実感があります」

 酔いも手伝って、前向きに生きる姿に涙腺崩壊。僕にはシャンメリーを注文することしかできないが、みんなで乾杯した。

俺の夜 こうして彼女たちの夢を応援しているつもりだった。だが、気づいた。頑張る人を応援することで、自分自身が元気になる。

 実際、そこまでアイドル事情に詳しいわけではなかった僕。ハマる人たちの気持ちが少しは理解できた気がする一夜だった。

【Cafe Perfetta】
住:東京都港区赤坂3-7-11 レジーア赤坂3F
電:03-6879-4537
営:19時~23時30分
休:不定休
料:40分2500円(ビール・ワイン・ウイスキーなど飲み放題)、枝豆500円、タコ焼き600円、焼きそば700円など。
詳細は、ホームページでチェック!

撮影/長谷英史

地上4階地下1階大人の男の楽園、SOD LANDでアガる夜をすごせ!

 ソフト・オン・デマンドが男たちの胸と股間を熱くする、全フロアコロナ対策が施された楽園を歌舞伎町につくりあげた。その名も「SODLAND」。この不夜城について、野本ダイトリ社長はこう語った。

俺の夜「コロナ対策を万全にして、ファンとできるだけ低価格でふれあうことができる店を出そう、女優の引退後の働き場所をつくろうと。今は歌舞伎町が弱ってるから歌舞伎町に出そうじゃないかと。男が一度はお世話になる街でもありますからね、歌舞伎町は」

 というわけで、いざ歌舞伎町へ。

有名女優から風俗嬢まで遊べる夢の国

俺の夜 まずは「SODLAND」のシステムを簡単に説明しておこう。地下1階の「SOD女子社員酒場ウブ新入社員」は秋葉原店のスタイルを継承した立ち飲みスタイルだ。新人女優さんがメインで接客してくれる。地上に上がり、1階は女子社員たちが遊び方などを説明する総合受付で、DVDやグッズの物販スペースもある。そして2階は現役の風俗嬢たちと飲めるバー「風俗研究所カクブツサロン」。トークしてスタイルも見ることができるから、“失敗”の心配がなくなるはずだ。

俺の夜 続いて3階は有名AV女優と対面で飲める「SODSyain BarKABUKICHO」が広がる。有名AV女優とトークだけでなく、遊べるオプションもあるのでファンにはたまらないはずだ。そして頂上、4階は全席私語厳禁のカウンターバー「SILENT BAR」となっている。水着姿のセクシーバーテンダーたちを、マジックミラー越しに見て楽しめるくつろぎのフロアとなっている。

俺の夜

青空ひかりチャンは「接客のお仕事は初めてなんですよ〜」とはにかみながら乾杯。初々しくてこれがなんともたまらない!

 まずはトークで盛り上がりたかったので3階「SODSyainBar」へ。お相手をしてくれたのは、ピカきんこと青空ひかりチャン。アクリル板越しに“握手”をして、淫語を耳元で囁いてくれるサービス付きのスペシャルカクテルSODstarを注文。

「どういう淫語がお好みですか〜?」とひかりチャン。ド級のエロ言葉をリクエストしたかったのだが、ここは断腸の思いで「誌面に書けるくらいのソフトなヤツで」とリクエスト。

俺の夜「ねぇ……勃ってるんじゃない?」

 と囁かれ、思わず直立。

水着姿でシェーカーを振る姿がエロい!

俺の夜 そしてその勢いのまま、今度は4階「SILENTBAR」へ。そこにいたのは、のんチャンこと超人気AV女優の羽田希チャン。M字開脚でシェーカーを振ってお出迎えである。

俺の夜 水着姿の女優たちを見ながら酒を飲むスタイルは、まるでタイのゴーゴーバー。今度は男同士、連れだって遊びに行きたいなぁと思い、店を後にした。

【SOD LAND】
住:東京都新宿区歌舞伎町1-21-3
電:090-4421-5134
営:平日17〜23時 土日祝15〜23時
料:60分2750円(むくむくマムシドリンク1杯付き)延長30分1100円
2、3階では席を確保できるファストパスも販売中。
詳しくは公式サイトにて

取材協力/沼澤典史、野中ツトム(清談社) 撮影/渡辺秀之

これぞ錦糸町流の「クラブ遊び」ステージで大熱唱してストレス撃退!

 10月某日、久しぶりに錦糸町を訪れ、数年前に外国人パブでロシア人女性に食べさせてもらった黒パンの味を懐かしんだスパムです。  錦糸町と聞けば外国人パブのイメージが先行するが、実はかつて一軒だけクラブがあったという。それ […]

ナースが疲れを癒やしてくれる……秋葉原に現れた“秘密の診療所”

 男、男、メイド、男、メイド、巫女、軍服……秋葉原の中央通りは自粛以前と同じくらいの人口密度。さまざまな衣装を着た女のコたちが一定の距離を保ち、顔を覗き込むように満面の笑みでチラシを手渡してくる。いい年したおじさんには少 […]

五反田に出現した龍宮城さながらの水着ガールズバーで夏の続きを味わう

 先月、ツイッターの某キャンペーンで10万円が当選した(実話)。  仕事熱心な僕は、本企画の軍資金として有効活用することを決意したわけだが、さて、どこに向かおうか。今夏は、コロナのおかげで大好きな海には行けずじまい。水着 […]

ビアガールが運ぶ世界のビールで秋の夜長にナイター競輪を堪能する!

 残暑というのか、それともまだまだ夏というのか……。9月に入っても連日30℃オーバーの日が続き、そしてコロナもまだまだ収束する気配はなく、暑いわコロナだわで引きこもりな毎日を過ごしていたある日のこと。  ギャンブルライタ […]

パリピギャルがプロデュース!テキーラで夏バテを吹き飛ばす夜

 夏らしいことをなにひとつしないまま9月を迎えたスパムです。近頃はプライベートではほぼ夜の店に行くことを控えていたが、取材のついでに久しぶりに六本木の街をふらついてみると、やはり人もまばらで寂しい限り。  いつも入店待ち […]

感染対策はバッチリ。安心して愉しめるガールズワインバーin新橋

 酷暑とコロナ禍、齢四十を過ぎた身には、日々の生活を送るにも何かと気を使う。外回りの帰り、大きな汗染みをつくったシャツにほとほと嫌気が差して、新橋の老舗サウナに駆け込んだ。汗を流し、水風呂で体を冷ますと、腹が減る。サウナ […]

繁華街を避けて日暮里の駅前でチアガールに元気をもらった夜

 コロナとのいたちごっこが続き、憂鬱な気分は当分晴れそうもない。  繁華街には近寄れそうもなく、もっぱら郊外のバーでひとり寂しく飲んでいるマエザワです。ツイッター上には前澤友作氏をはじめ、お金(10万円)を配ることで「み […]

新着記事

バックナンバー