新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

ナースが疲れを癒やしてくれる……秋葉原に現れた“秘密の診療所”

 男、男、メイド、男、メイド、巫女、軍服……秋葉原の中央通りは自粛以前と同じくらいの人口密度。さまざまな衣装を着た女のコたちが一定の距離を保ち、顔を覗き込むように満面の笑みでチラシを手渡してくる。いい年したおじさんには少し気恥ずかしく、つい裏通りを足早に歩いてしまう……。

疲れたあなたは当院へ。可愛いナースが癒やします

 ラーメン店の店頭メニューに目を奪われていると、2人組のカラフルな衣装を着た女のコが微笑みかけてきた。

「新規オープンのナースコンカフェなんですけど、癒やされていきませんか?」。メイド服にはピンとこないが、ナース帽には目がない俺。足先から頭までしげしげと2人を見やる。「最近、あちこちガタがきちゃってさ」と与太を飛ばし、促されるままに雑居ビルのエレベーターに乗り込んだ。

あるこほりっく 扉が開くや飛び込んできたのは白衣姿の女性と診療所のような看板。白衣の女性は内勤さんのよう。女性に案内され、心電図を模したネオン管が妖しく光るカウンターに座る。カウンターのなかでは、色とりどりのナース服を着た女のコたちが、ドリンクを作ったりと忙しい。

あるこほりっく

左からぷぃ(Twitter:@y_m_s_l)、あろまにゃん(同:@_aroma_666)、ひなた(同:@alcoholic_hina)。カラフルなナース服が可愛い

アルコールの効用で患者のメンタルは高揚

「ここは、日々不安やストレスを抱えた患者様に向けて、アルコール療法を用いた癒やしの治療を行っている医院です」

あるこほりっく と説明をしてくれたのは階下で声を掛けてくれたあろまにゃん。

あるこほりっく「飲み薬」と称したアルコール類は飲み放題だと言う。様子見にと緑茶ハイを頼むと、ビーカーに入れて供された。先っちょからすするように飲むと、確かにアルコールの味がするが、あまり酒を飲んだ気にならないのが不思議だ。

あるこほりっく

ビーカーに入れて供される飲み薬(お酒)は飲み放題

オプションは劇薬、メンタル疲れの特効薬!

 意を決してもう少し強いアルコール治療を所望する。

「実は、名物のお注射があるんですけど、一本打っときますか?」

 と満面の笑みのひなたちゃんからの申し出に動揺する俺。聞けばテキーラが入った注射器で、ナースからの点滴もあるが、患者からの“逆投与”もあるという。もろ手を上げて逆投与を選択した俺。可愛い顔を間近に見つつお注射。いやが応でも気分が上がってくる。

あるこほりっく

逆お注射は1500点。テキーラやコカレロの“劇薬”も

 辺りを見回すと、いつの間にか患者が増え、診察待ちもできてている。ナースの数も多く、さまざまなタイプの女のコがいる。

「そんな目移り気味の患者様に特効薬がありますよ~!」

 アルコールのお代わりを持ってきたぷぃちゃんが胸元のリボンをそっと開けると、疲れ目を一気に解消させるような「眼福の光景」が。震える手元を抑えながら、深い谷間にチップカードを挿入する。

あるこほりっく

女のコへのドリンクは1000点(1点=1円)でチップを挟める特典が

 飲み薬が効いたのか、ナースの癒やしのせいか夢見心地に。治療はその後も長引いている……。

【あるこほりっく】
住:東京都千代田区外神田4-4-7 MTビル8F
電:080-4615-9858
営:16~24時
休:なし
料:40分3000円~(生ビール・サワー・ハイボール等飲み放題)
●詳しい情報はTwitter(@alcoholic_akiba

撮影/渡辺秀之

五反田に出現した龍宮城さながらの水着ガールズバーで夏の続きを味わう

 先月、ツイッターの某キャンペーンで10万円が当選した(実話)。

 仕事熱心な僕は、本企画の軍資金として有効活用することを決意したわけだが、さて、どこに向かおうか。今夏は、コロナのおかげで大好きな海には行けずじまい。水着の美女を拝みたい……。そんなことを考えていたとき、五反田で水着ガールズバーが9月にオープンしたという情報を得た。そこで、足を運んでみることに。

有楽街の路地裏に異世界への扉が!

俺の夜 JR五反田駅の東口を出て、繁華街の有楽街に。古ぼけた飲み屋からギラギラの無料案内所まで、いつ見ても雑多な印象である。そんななか、薄暗い路地裏から青白い光が差している。お目当ての店「龍宮城~Ryugujo~」の扉だ。地下へと続く階段を下りると、そこには異世界が広がっていた!

俺の夜

看板娘のくるみさん(右)とりんさん。ノリが良く明るい性格のキャストが多数在籍し、季節を問わずセクシーな水着姿が拝める

「いらっしゃいませ~」

 モデルさながらにスタイル抜群の美女、くるみさんとりんさんが水着姿でお出迎え。店内には、水族館と見紛うほどの巨大な水槽。熱帯魚やエイがゆらゆらと泳いでおり、ゆっくりとした時間が流れているように感じる。

 実は本来、8月オープンの予定だったが、準備の面でコロナの影響をモロに受けたという。肝心の水槽が間に合わず、9月に入ってからようやく開店にこぎ着けたとか。

俺の夜

店内には水槽が設置されており、幻想的な雰囲気。時間が流れるのを忘れてしまいそう

「それまでは、家でアニメを見たり、寝ているしかなかったですね(笑)」(りんさん)

 くるみさんも同様の状態だったらしいのだが……。

「むしろ、休むいい機会になったのかも」(くるみさん)

俺の夜

みんなで乾杯しながらも視線は谷間に釘づけ(笑)。現在キャストが水着姿のガールズバーは、五反田エリアでここだけなんだとか

 もともと系列店で働いていた彼女たちだが、水着姿になるのは初めてとか。ハイレベルな美女が揃っているにもかかわらず、60分4000円でビールやウイスキーが飲み放題。都心部の店では、かなりコスパが高い。

“お金配りおじさん”気分でチップが飛び交う泡の宴!

 セット料金だけでも十分に楽しめるが、今日の僕は「カネならある」(一度でいいから言ってみたかった)。少し追加するだけで、さらに楽しむ方法がある。

 非日常空間に浮き立つ彼女たちの姿は、眺めているだけでも眼福だ。しかし、ここはガールズバーなので基本的に対面の接客となる。もうちょっと近づきたいと思うのが男性諸氏の本音だろう。

 そこで絶大な効果を発揮するのが、独自のチップを購入することだ。10枚1万円。それを水着の隙間にねじ込む瞬間、一気に距離が縮まる。僕はFカップあるというくるみさんの大きな胸を正々堂々とガン見したのだ。

俺の夜

女のコに渡せるチップが10枚1万円で購入可能。今はやりの“お金配りおじさん”に

「マエザワさん、目がマジだ~」

 こんな僕でも“お金配りおじさん”気分を味わえるのだ。

俺の夜 この際、ツイッターで手に入れたお金を使い切ってしまおう。シャンパンを頼むと、花火の演出とともに運ばれてきた。みんなでグビグビと飲み干す。僕の10万円は、龍宮城で泡となって消えた。

俺の夜

シャンパンを頼めば、花火の演出で大盛り上がり

 こうして日常を忘れて存分に楽しんだわけだが、最後に姫から「玉手箱」を渡されることはないので安心してほしい(笑)。

【龍宮城~Ryugujo~】
住:東京都品川区東五反田1-17-11佐久間ビルB1F
電:03-6277-2307
営:19時~翌7時
休:年中無休
料:60分4000円(ビール・焼酎・ウイスキー飲み放題)
詳しい情報は、Twitter(@Ryugujo_0)からチェックしよう!

撮影/長谷英史

ビアガールが運ぶ世界のビールで秋の夜長にナイター競輪を堪能する!

 残暑というのか、それともまだまだ夏というのか……。9月に入っても連日30℃オーバーの日が続き、そしてコロナもまだまだ収束する気配はなく、暑いわコロナだわで引きこもりな毎日を過ごしていたある日のこと。

 ギャンブルライターのシグナルRightこと、佐藤君から、3密回避でビールが旨く、おまけに美人なビアガールがいるところがあるから……と呼び出されたのは、千葉県の松戸競輪。

俺の夜 競輪? ビール? 美人なビアガール? まるで想像もつかないのだが、まぁ、外出もままならない今日この頃、プチ旅打ち気分を味わいながら常磐線に飛び乗ったのであった。

ライトアップされたバンクは幻想的!

俺の夜

松戸競輪のバンクは1周333mで通称・サンサンバンクとも呼ばれる。他場よりも短い距離のため、波乱が起きやすいとも……

 少々失礼だが競輪場といえば、オッサンだらけで寂れた観客席というイメージがあったのだが、来てみてビックリ。ライトアップされた場内はビックリするほどキレイに整備されていた。平日夜にもかかわらず客席は埋まり、会社帰りのサラリーマンや地元の兄ちゃん、カップルや夫婦でデート、おまけに家族連れまでいて、イメージとは違った世界が広がっていた。

世界のビールとビール売りの美女

俺の夜 さっそく1コーナー近くの客席で佐藤君と合流すると、現れたのはタイの国民的ビール「Chang」のTシャツを着たビアガールのさくらチャン。

俺の夜

客席で注文すれば、並ばずに席まで持ってきてくれる

 さくらチャンはゴール前付近2階にある、世界のビールが楽しめる売店「With Dream」の店員さん。さくらチャンたちビアガールが客席を回って、ビールの注文を取り、持ってきてくれるのである。

ズラリと並ぶ世界のビール。ビアガールは勝利の女神か!?

俺の夜

まるでビアカフェのようなラインナップで、ビールを楽しむために来る客も

 店頭にはアジアやヨーロッパのビールがズラリ。ちなみに私、学生時代にベルギービールのビアバーでバイトをしていたので、ビールには少々詳しいのだが、このラインナップには思わず唸った。そんな中から注文したのは、一周333mの松戸競輪にちなんでベトナムのビール「333(バー・バー・バー)」。佐藤君と乾杯して、競輪で勝負するもまるで当たらない。

俺の夜

タイ料理の店でも珍しい「Chang」のドラフトビールも楽しめる。また、チョリソーなど、ビールと相性抜群のおつまみも人気だ

 こうなったら、ベトナムのラッキーナンバーである「3」と勝利の女神、さくらチャンのパワーにすがろうとレースのたびに「333」をさくらチャンに注文するも、この日は厄日か、車券はかすりもせずに惨敗。

俺の夜

暑い残暑の夜をさらに熱く……ナイター競輪は大人の遊園地だ!

 とはいえ、世界のビールとナイターレースを楽しみながら、秋の夜長を過ごすのは一興であった。

俺の夜【松戸競輪】
住:千葉県松戸市上本郷594
電:047-362-2181
常磐線北松戸駅より徒歩5分。
今回取材した「With Dream」の場所はバンク側2階。本場開催だけでなく、場外発売の日も営業。開催日などはホームページまで

取材協力/シグナルRight 撮影/赤松洋太

パリピギャルがプロデュース!テキーラで夏バテを吹き飛ばす夜

 夏らしいことをなにひとつしないまま9月を迎えたスパムです。近頃はプライベートではほぼ夜の店に行くことを控えていたが、取材のついでに久しぶりに六本木の街をふらついてみると、やはり人もまばらで寂しい限り。  いつも入店待ち […]

感染対策はバッチリ。安心して愉しめるガールズワインバーin新橋

 酷暑とコロナ禍、齢四十を過ぎた身には、日々の生活を送るにも何かと気を使う。外回りの帰り、大きな汗染みをつくったシャツにほとほと嫌気が差して、新橋の老舗サウナに駆け込んだ。汗を流し、水風呂で体を冷ますと、腹が減る。サウナ […]

繁華街を避けて日暮里の駅前でチアガールに元気をもらった夜

 コロナとのいたちごっこが続き、憂鬱な気分は当分晴れそうもない。  繁華街には近寄れそうもなく、もっぱら郊外のバーでひとり寂しく飲んでいるマエザワです。ツイッター上には前澤友作氏をはじめ、お金(10万円)を配ることで「み […]