新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

東武東上線の夜遊び激戦区 志木のキャバクラはオアシスだった

「志木って知ってる?」と、唐突に夜遊び仲間の高木先輩から言われたのだが、まったくもって馴染みもなければ思い当たる節もない。そもそも東京に住んで20年以上たつのだが、東武東上線に乗ったことなど数える程度だ。

 で、そんな志木という街には何があるのか聞くと、

「イイ店!」

 と一言。高木先輩が言うならば、間違いはないだろう……ということで、仕事をそそくさと終わらせて、池袋から東武東上線に駆け込んだのであった。

 電車で30~40分はかかるだろうと思って覚悟していたのだが、急行で20分。予想以上に早く到着して拍子抜けしてしまった。ちなみに志木駅は志木市になく、新座市にあると知り、不思議な気持ちになった。駅前にはデパートの丸井、路地を見ると楽しそうな店が何軒もあり、この街、意外と楽しいんじゃ……と嬉しい予感が漂う。駅前で高木先輩と合流して向かったのが今回のお店、LUXEだ。

池袋から20分の志木は夜のオアシスだった


 店の扉を開ける前から漂う“パラダイスタウン”の空気に期待を寄せていたのだが、その予感は見事的中。結論から言うと、電車を2度乗り継いでもまた来たいと思ったくらいに楽しかった。

みんなお酒大好き

写真左から、佐賀出身のゆりチャン(26歳)、静岡出身のりおチャン(25歳)、地元埼玉出身のあやチャン(27歳)。みんなお酒大好き

 席に着いたあやチャン(27歳)、りおチャン(25歳)、ゆりチャン(26歳)の3人とまずは乾杯。さて、志木の地元娘と埼玉トークでもしようと出身を聞くと、地元はあやチャン1人だけ。りおチャンは静岡、ゆりチャンに至っては佐賀だという。佐賀と聞いて、私、胸が熱くなってしまった。なぜなら、今から12年前、原付で九州まで旅打ちをして、最後に行き着いたのが佐賀の武雄競輪だったのだ。

「実は原付で佐賀まで行ったんだけど、最後は嬉野温泉で肌ツルツルになったよ。ちなみにおじさん、サッカー好きだから鳥栖のスタジアムは2回行ったことあるよ」

 なんて思い出話をすると、

「え~私、鳥栖って地元ですよ」

 この話に佐賀のゆりチャンが大ウケ。そして食いついたのが静岡のりおチャン。

出身地ネタで盛り上がり酒もトークも弾みまくる!


「バイクじゃなくて原付ですか?」

「そうそう。いろいろワケあってね。あの旅で一番の思い出は静岡だね。静岡の長さに心折れて、中田島砂丘で野宿しそうになった」

「アハハハ。わかる、静岡ってものすごく横に長いんですよね~」

 まさか12年前の思い出話がネタになるとは思いもよらなかった。だが、最近わかってきたのだが、適当な地方ネタほどその土地出身の女のコにはウケるのだ。

とにかく女のコのノリがいい。電車で20分かけて行く価値は大アリ。今なら「SPA!見た」で焼酎キープボトル1本プレゼント

 ちなみにこちらのお店、地元出身者も多いのだが地方出身者も数多く在籍しており、飲むといろんな地方の方言が飛び交うこともあるのだとか。

 ラグジュアリーな店内で地方ネタを肴に飲むという楽しさ。雰囲気も女性も都内の高級店に引けを取らない。つっけんどんなお高い女を相手に1時間1万円も払って酒を飲むより、池袋から電車を20分乗って楽しい話ができてお酒もグイグイ飲んでくれるカワイイ女のコと50分5000円で飲んだほうが、精神衛生上も財布にも明らかに優しい。

 店長によれば、志木は東武東上線では川越に次ぐ夜遊び激戦区で、実に30軒近いキャバクラやスナックがしのぎを削っているという。そんな激戦区で勝ち残っているからには、それなりのワケがある。そのワケは……行けばわかるさ、その楽しさとでも言っておこうか。ガラガラの終電で、余韻に浸って思わず顔がニヤけてしまった。

LUXE

LUXE

【LUXE】
住:埼玉県新座市東北2-30-25 パル8番街ビルB1
電:048-487-0117
営:20時~ラスト
料:20~21時(50分3000円)、21時~ラスト(50分5000円)税サ別
「SPA!見た」で焼酎キープボトル1本プレゼント

撮影/赤松洋太 取材協力/高木先輩

本場アメリカのノリをそのまま再現! ジェントルマンズクラブに突入!

 もうすぐ2月だというのに、心身共に新たなスタートが切れないスパムです。時代は進み続けているが、人は年を重ねるほど後退していくのか……。そんな憂鬱を打破すべく、渋谷へと久しぶりに足を延ばす。クラブ前は若者のパリピ集団で溢れかえっている。結局どこかに入る気力も湧かず、ラーメンでもすすって帰ろうと道玄坂を歩いていると“ジェントルマンズクラブ”なる看板を発見。耳馴染みのない言葉に惹かれ、入店してみた。

筋トレで鍛え抜かれた世界基準の美尻ダンス


 今回訪れたのは、昨年11月にオープンしたジェントルマンズクラブ「MADAM WOO TOKYO」だ。ジェントルマンズクラブは本場アメリカだと、音楽や酒とともにセクシーなダンサーとチップ遊びができるという大人の遊び場だとか。入店すると白を基調にしたデザインのカウンターやソファ席を赤や青のネオンが照らし、DJブースやダンスポールも置かれたアートな空間が広がる。

ダンサー

ヒップホップやレゲエ、ゴーゴーガールなど多ジャンルのダンサーが在籍。衣装はセクシー水着以外にボディコンやワンピースの日も

「ダンサーも厳選していて、SPA!的にいうと、店員が全員エロい女の揃った大人のクラブですね」(プロデューサーのRYUZO氏)

 店内には、セクシーなTバックビキニ姿のダンサーたちがフロアだけでなく、カウンター上に横たわり淫靡な雰囲気を漂わせている。

いいダンサーはお尻でわかる!とか


スタンディング

スタンディングで入場してもチップ遊びが堪能できる。

「気に入ったコの名前でチップを買えばダンサーが近くに寄っていって至近距離でダンスを独り占めできる。ジェントルマンの姿勢を崩さず遊んでってください」(同)

カウンター席

カウンター席に座れば、ガールズバーのような雰囲気に

 また「いいダンサーはお尻が魅力」というRYUZO氏の助言を受け、TOMOYOさんにロックオン! 目の前でお尻を上下に激しく振る“トゥワーク”ダンスのド迫力に押し倒されそうに……。聞けば、海外の有名ラッパーが来店した際に、「君のケツを俺のPVに出したい」と熱望されたという。

「音楽とお酒、そして女のエロスを楽しむのが醍醐味。ワイングラスを回すようにセクシーにお尻をくねらせる“ワイニー”ダンスが得意なコもいたり。ジャンルが違うダンサーたちのお尻の魅力を堪能してほしい」(TOMOYOさん)

ダンサー軍団が舞う! チップが飛んでいく!!


ダンサーたち

フロア以外にポールダンスやカウンター上から魅惑するダンサーたち

 お礼のチップはお尻のヒモや胸元に挟んだり、お客さんが咥えてダンサーが口で受け取りにいくパターンも。お代わり希望! その後は、カウンターでバーガールとの話を楽しみつつ、火照った体をクールダウンするスパムだった。

 また、同店の料金システムがワンフロアで3段階(VIPソファ/カウンター/スタンディング)と分けられているのも理由がある。

「海外のジェントルマンズクラブに行くと一般席からVIP席が見えて、シャンパン飲んでダンサーたちにチップをバラ撒く“MakeitRain”のシーンに出くわして。俺も『金稼がなアカン』と思ったし、そのマインドが培われる場所です」(RYUZO氏)

チップ片手に観賞

一流のお尻をチップ片手に観賞するスパム

 大金の雨とはいかずとも、小雨ぐらいを降らせるジェントルマンになろうと決意を固めた夜でした。

【MADAM WOO TOKYO】
住:渋谷区道玄坂1-22-12長島第一ビル9F
電:03-6416-0577
営:22時~ラスト(木・金・土のみ)
料:エコノミーエントランス2000円(1ドリンク込み。カウンター席・VIPシートは別料金)。
3月より火曜~土曜までオープン予定HP。(https://madamwoo.tokyo/

撮影/水野嘉之

歌舞伎町に開店。有名AV熟女優のラウンジで新年の幕開けを!

 平成最後の正月が明けた。年末年始のテレビは平成を振り返る特集ばかりでいささか食傷したが、多感な少年期から、投げやりな中年期まで過ごした時代が終わるのはやはり寂しい。そんな感傷に浸っていると、夜遊びガイドのO氏から頂戴した年賀状に添えられていた文言を思い出した。

「スーパー熟女優の店で平成最後の“新艶会”をやりましょう」

 なんでも、あの熟女AV女優の川上ゆうがラウンジバーをオープンさせたというのだ。

 川上ゆうといえば、出演作は1000本以上、足掛け12年、我々中年の「独り寝の恋人」として活躍しているトップオブトップのAV女優である。あるときは寝取られ妻、あるときは妖艶すぎる義母として、俺の心も体も熱くさせてくれた“恩人”だ。そんなスターのお酌で酒が飲めるとは、これは新春から縁起がいいや。

 歌舞伎町に着いた俺は、猪突猛進、区役所通り最奥のラウンジばかりが入る老舗ビルに向かった。

 ビル前で落ち合ったO氏もタバコをせわしなく吸って、柄にもなく緊張している様子がありあり。

超有名女優が癒やしのおもてなし


DMA-181212wh008

ママの川上ゆうさん(左)とキャストの大塚咲さん。明るく気さくで自然体の接客は、緊張気味でコチコチの男たちをほぐしてくれる

 重厚なドアを思い切って開けると、「いらっしゃいませ~」と華やいだ声が。そこにはブラウン管、いや液晶画面の向こうで俺を誘惑していたあの女ひとがニッコリと微笑んでいるではないか。「おおっ!」思わず声を漏らす俺とO氏。横にはショートカットが“どストライク”だった元AV女優の大塚咲さんも妖艶な笑みを浮かべている。

「どうぞどうぞ、固くなってないで、座って座って!」と気さくなお二人。きらびやかなドレス、大きく開いた胸元。ここは撮影現場なのではないかと一瞬、錯覚する。

ホステス役はたくさん演じたけど


「演技ではさんざんやってきたのに、お酒を作るお仕事は初めてで、手際が悪くてごめんなさい。ハイボールも氷が先か、炭酸が先か、いつも迷っちゃう……」

 そうコロコロと笑いながら、出してくれたお通しはゆうさんの手作り。サイン会やイベントで全国を回るゆうさんが選んだ、各地の「うまいもの」も添えられる。

お通し

お通しは日替わりで2~3品

 
 さっそく乾杯。大サービスで、にんじんのマリネを食べさせてもらうと、胸元が俺の目の前に!

飲んだあとの〆には味噌汁ならぬ、ゆうさんが研究を重ねたという「にゅうめん」がふるまわれるのも嬉しい

「本当は四谷の裏路地で小料理屋か、カフェをやりたかったんですけど、業界の人の勧めもあって、ラウンジに。でもこんな歌舞伎町のど真ん中ってベタですよね……」

ここは、撮影現場か!? 小さなラウンジで密着気分


 自分ツッコミがかわいい。というか、AVとはまったく違うと言っていいほどの“素”。なぜか愛犬をラベルに配したクラフトビールを作っていたり、名物の「ラビリンスカクテル(1000円)」を作ろうとして、咲さんと2人で悪戦苦闘したりと、笑いが絶えない。

ラビリンスカクテル

オリジナルの「ラビリンスカクテル」はバラの香り。レシピを見ながら真剣にシェイカーを振ったりする2人を見るもの楽しい

 この日は非番だったが、熟女優仲間の友田真希さん、川崎紀里恵さんもキャストとしてお店に立つ。

写真

咲さんは現在、写真家としても活躍。撮り下ろした作品やカレンダーも飾られる

 夢のような空間がここにあった。

【ラウンジバー ラビリンス】
住:新宿区歌舞伎町2-13-6メトロプラザ1 ビル3F
電:03-6457-6180
営:20時~LAST
休:月、水、日
料:60分1セット1万2420円~(税サ込み、飲み放題)
●キャストは日替わりゆえHPで要確認。カウンター8席、テーブル4席のため、予約を!

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

クラブさながらの店内でノリノリ! 下着姿の美女に眼福な新横浜の夜

 横浜生まれで横浜育ちの記者。地元を愛する“ハマッ子”というやつだ。以前より、せっかく本企画を担当しているのだから、地元の夜を盛り上げたいと思っていた。歓楽街としては関内が有名だが、それ以外の場所には、なかなか足を運ぶ機 […]

博多最高級のガールズバーで夢のような一夜を過ごした

「博多、どうですか?」  近所のスナックで飲みながら唐突に話を振ってきたのは、娘の保育園のパパ友であるイトーさん。なんでも昔の同僚が博多に転勤して、あちらの楽しさにどっぷり浸かっているのだとか。 「メシは旨いし、酒も旨い […]

平成生まれのミニスカポリスと飲み、予想外の“いい話”で撃ち抜かれる夜

 今年の流行語大賞は「そだねー」に決定。とはいえ、忘年会の日時を後輩に確認したところ、LINEでひと言「そだねー」と返信されて、少しイラッとしたスパムです。さて、忘年会シーズン真っただ中。駅周辺のベンチでは酔いつぶれたサ […]

西麻布にひっそり佇む老舗SMバーで“変態紳士”に近づく夜

 齢四十を過ぎると、「隠れ家」というものを持ちたくなる。先輩にも、同僚にも、恋人にも、家族にも、誰にも邪魔されず、誰にも遠慮せず、心静かに過ごす。そんな場所が欲しいものだ。  カチカチに凍ったレモンに甲類焼酎を注ぎながら […]

静岡駅周辺で唯一Tバックの美女とハッスルできる噂のキャバに突撃

 エロ本出版社時代は、さまざまな夜の店を取材してきたが、ヌキを封印された本稿でも下半身が滾る遊びはできないものか――思案していると、こんなLINEが届いた。 「静岡に面白い店があるらしいんですよ。Tバックの美女たちのショ […]

大人の街・赤坂でサラリーマンの財布に優しいVIPルーム遊び

 近所のスナックで娘の保育園のパパ友と飲んでいたときのことである。 「テポドンパパ、こんな場末のババア相手じゃなくて、たまには高い女と遊びませんか?」  唐突に誘ってきたのは、保育園のパパ友の中でも一、二を争う遊び人のイ […]