新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

ドレスは20種類! 下町の一角でチャイナドレス美女と泥酔する夜

 今や日本のポップカルチャーとして定着したコスプレ。それは夜の街でも同じで、繁華街を散策すれば花魁やチアガール、アーミーなどコスプレをコンセプトにしたお店が山ほどある。そんななかで、実はそれほど見かけないレアなコスプレが……チャイナドレスである。衣装代が高いからなのかそもそもニーズが少ないからなのか、その理由は定かでないが、スパムの経験則からして都内でも数えるほどしかないはず。

 そんななか、今年4月にチャイナドレス女子を前面に押し出したコンセプト店が誕生したという情報をキャッチ。ありそうでなかった組み合わせに胸躍らせながら、現場へと急行した。

妖艶なチャイナガールが深夜はパリピ族に変貌!?

 今回訪れたのは、漫画『こち亀』でお馴染みの両津勘吉像がお出迎えしてくれる葛飾区・JR亀有駅。徒歩3分ほどにあるのがチャイナガールバー「神龍(シェンロン)」だ。入店して驚いたのが、高級中華料理店を思わせる重厚なカウンター席。さらに中国のお面や高価そうな置物など、装飾も凝った店内だ。そこへ「いらっしゃい」と、セクシーなチャイナドレス姿のくうちゃんとゆかちゃんが登場した。

右からくうちゃん(26歳)とゆかちゃん(25歳)。20代を中心に10人のチャイナドレス娘が在籍。週末の夜は宴が盛りあがるとか

くう「お店の装飾品はオーナーが横浜の中華街で仕入れてくるんですけど、日々増えてます(笑)」

店名の由来は漫画『ドラゴンボール』のキャラクターから。オーナーが中国の装飾品を買い揃えているのでグッズが日々増えている

 ちなみにお店の周辺は、タイパブなど多国籍な飲み屋が集まるゾーンになっている。それだけに「チャイナドレスを着たままお店の外に出ると、中国人の人だと間違われますね(笑)」とのこと。

深すぎるスリットから生々しい太ももが覗く!

パリピ酒好き・ミニ丈チャイナ服のあいりちゃん

 さて、本場の空気を感じさせる空間でチャイナドレス娘たちと乾杯すれば、ここはどこだ!? と錯覚するレベル。カウンターの向こう側の深いスリットからのぞく美脚が男心をビンビン刺激する。こちらのお店では、約20種類のチャイナドレスを用意。その形状だけではなく、年齢によっても見栄えに変化が出て楽しめるとか。

ゆか「チャイナ服はボディラインがしっかり出るから、若いコと年齢が上の人では曲線が変わるんですよ。30歳近くになるとお尻が出てきちゃうので(笑)」
くう「魅力にハマって自前でチャイナドレスを買うコもいますね。今日の私は、背中がシースルーだから後ろ姿がエッチな感じ(笑)」

背中パックリ&ミニスカ豊富なドレスが揃う!

 ドリンクを作るバックショットも好評だそうで、これは何杯でもお代わりしてしまう。そしてなんと、21時までは1時間1000円というナイスプライス!

あいり「亀有の人は飲み始めるのが早いから、毎日1000円だけで帰る常連さんも(笑)。30日連続で通う人もいました」

お店に飛び込めば日本とは思えないチャイナガールとのひと時を堪能。

 そして時間が深くなるにつれて、店の雰囲気もチェンジ。実は同店では、店内の雰囲気に似合わず、クライナーやテキーラ、コカレロ……と10種類以上の“パリピ酒”が豊富に揃えられている。店長のはれちゃんは、ショットしか飲まないほどの酒豪なんだとか。

はれ「中国のお酒ですか? えーと、杏露酒だけですね(笑)」

 というわけでショットをグイッと飲めば、すっかり泥酔。店内カラオケでお店のヒットナンバー「WeAreTheWorld」を大熱唱。下町の片隅から極東の平和を祈るスパムでした。

【神龍(シェンロン)】
住:東京都葛飾区亀有5−28−12吉田第5ビル1F
電:03−5849−5152
営:19時~ラスト
休:なし
料:19~21時まで1000円/60分(21時以降は3000円/60分)
※SPA!見たでお店オリジナル今治タオルを先着30名にプレゼント

取材・文/水野善之

福利厚生用!? あのSODが本社の一角で始めた“社員バー”

 新中野に野暮用があり、灼熱の青梅街道を西日に向かってトボトボと歩いていると、男子憧れの超一流企業、ソフト・オン・デマンド(以下SOD)本社がある。(いつもお世話になっております)とひとりごちて通り過ぎた刹那、「女子社員と飲めるBAR」と書かれた立て看板を発見。これはもしや!?

 そう、男の夢と希望を体現したSODが誇る大ヒット作「女子社員シリーズ」のAV女優が「社員」に扮して接客してくれるというバーが“総本山”にオープンしていた。

 さっそくO氏を呼び出し、その重たいドアを開ける。

「いらっしゃいませ~」

 ワイシャツにタイトスカート、そして社員証という「お馴染みのスタイル」。2人の女のコに導かれ、カウンターに腰かける。どこかで見たことのあるコだなと思いきや、SODstarとして活躍中のみながわ千遥ちゃんではないか!

名作の名を冠したカクテルに瞠目

今年2月にデビューしたみながわ千遥(@Chiharuminagawa)ちゃん(右)とストリップにも出演中という椎菜アリス(@arisu_green)ちゃん。最新情報はツイッターで

 ドリンクメニューを開けば、思わず熱くなるオリジナルカクテルを発見。「マジックミラー号」を所望する。テキパキと注文を取り、厨房に伝える千遥ちゃん。

「AV女優になる前は、金沢の温泉旅館で仲居をしていたんです」

 なるほど。その物腰の柔らかい接客を褒めると、Hカップという胸を張る。はちきれんばかりのワイシャツのボタンを凝視する俺。

「SOD女子社員」「青春時代」レーベルを冠したオリジナルカクテルでさっそく乾杯。ご同輩の椎菜アリスちゃんも加わって、「女子社員」の艶話が始まった。

マジックミラー号に乗車経験ありのアリスちゃんの話に興味津々。「マジックミラー号」、「SOD女子社員」などのオリジナルカクテルも

「女子社員」が日替わりでおもてなし

 ふと店内の一角に目をやると、DVDの棚があるではないか。

「料金に1本分含まれるので、お土産にお好きなものをどうぞ」

 そう促され棚の前に立つ。

「これ、デビュー作なんですよ。ぜひ見てください……」

 天使のような笑みを浮かべる千遥ちゃん。裏パッケージを凝視するとあられもない姿が……。

おおらか&ちょっと過激な”社風”!

「専属女優あるあるなんですが、月に一度しかAVの撮影はないから、現場には“ひと月溜めた状態”で臨むんです。だから男優さんが目の前に来るとついガッツいちゃうんです~(笑)」

 裏パケを肴に酒を飲む。確かにアナタはガッツいているが、俺はオレを静めなければならない。

 秋葉原にも同コンセプトの立ち飲み屋があるそうで、そこに行ったことがあるというO氏は慣れたもの。ここぞとばかりにツッコんだ質問をぶつけているではないか。

 その秋葉原店で「接客ナンバーワン」の称号を持つ、瀬乃ひなたちゃんがカウンターに。推しメニューというローストビーフを頼んだら、黒ひげ危機一発がついてきた。負けたアリスちゃんがセクシー罰ゲームという僥倖に。


瀬乃ひなた(@seno_hinata)ちゃんが合流。食事メニューにも力を入れている同店。「創業者高橋がなり直伝」のペペロンチーノもあり

 ガチ社員も福利厚生として使うというこのバー。クリエーティブな発想はここから生まれる。

【Syain Bar】
住:東京都中野区本町6-20-12SAN新中野ビル1F
電:なし
営:17時~ラスト
休:なし
料:2980円~(60分・お土産DVDつき)
●エロメンや人気風俗嬢がカウンターに立つことも。キャスト、イベントなど、最新情報はツイッター(@syain_bar)で

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

水着で始まり、水着で終わる。酔いも深まる静岡・浜松の夜

 もう夏は峠を越えようというのに、原稿が山積みで引きこもりがちなマエザワです。仕事という大義名分のもと、都会の喧噪を抜け出そうと、今月も地方出張を画策。普段はネットニュースを担当しているので、調べ物のフリしてローカルな夜遊び情報をググる。

 そういえば学生時代の夏休み、ヒッチハイクで旅していたときに静岡の浜松で良い思い出がある。汗まみれで小汚い僕を軽自動車で拾ってくれた綺麗なお姉さん。家で手料理を食べさせてもらい、泊めてもらった。浜松の人たちは総じて優しい印象がある。よし、久しぶりに足を運んでみるか!

人間をダメにする不思議な空間……

 浜松の繁華街・鍛冶町の交差点を渡って少し歩くと、目的のマビーセブンビルがそびえたっている。1階の居酒屋で遠州地方のご当地料理と酒をつまんでから7階に上がる。今回、訪れたのは水着キャバクラ「はちみつ」だ。

左から、れおなさん、ことさん、まりなさん、さらさん。人工芝にヨギボーのクッションが並ぶ店内。キャストは常夏ムードの水着姿だ

 エレベーターの扉が開くと、そこは異空間。数々のキャバクラを見てきたが、こんな店は初めてだ。人工芝に大量のクッションが置かれ、常夏の楽園といった雰囲気。そんななか、水着の女のコたちが登場。お相手してくれたのは、れおなさん、ことさん、まりなさん、さらさんの4人だ。みんなでカンパーイ!

紳士たちの渇きを癒やす、真夏のオアシス!

クッションの上で肩肘張らずにワイワイ楽しめる


れおなさんの大きな谷間に釘づけの記者

 クッションに深く腰掛けると、その威力がスゴい。体が吸い込まれていき、まったりと過ごせるのだが、女のコとの距離感が近く感じる。そのとき、僕とまりなさんの手が一瞬触れ合った。思わずドキッとしてしまう。

「クッションの陰に隠れて、こっそりと手をつないでくるお客さんもいますよ(笑)」

海やプールもいいけど、水着キャバで夏を堪能

 酔いが回り、れおなさんのDカップあるという谷間をガン見していると、「そんなにマジマジと見る人はあまりいないかも」と照れた様子。記者のムラムラを察してか、さらさんから「下の階に系列店のおっぱぶがありますよ」との助言が。その後、うっかり5階にハシゴする記者(※詳細は割愛)。さらにハシゴを重ね、気がつけば時計の針は零時を回る。

「いらっしゃいませ~。あれ、また来たんですか!?」


 ことさんが驚いた様子。そう、飲み歩いた後、はちみつに戻ってきたのである。火照った体に、やっぱりココが落ち着く。また浜松で良い思い出ができたなあ。

楽しみ方は人それぞれ。水着を拝みながらムッツリするのもよし、セクシーな刺激でヒートアップするのもよし。その場のノリでれおなさんと組み体操も……!?


 将来は真剣に移住を考えております。それにウンウンとうなずいてくれることさん。ゴロゴロしていると幸福感で満たされ、動く気が失せてしまう。もちろん延長。そのまま閉店時間まで居座ってしまったのだった……。

【はちみつ】
住:静岡県浜松市中区田町330-1 マビーセブンビル7F
電:053−413−2530
営:20:00~LAST
休:月曜
料:1セット50分4500円(20:00~21:00)、5500円(21:00~23:00)、6500円(23:00~LAST)
※延長確認アリ、税サ別

撮影/長谷英史